セブ島 最北部の自然豊かな島「マラパスクア島」へ行ってみた!

フィリピンは7,000以上の島からなる国で、セブ島周辺だけでもいくつもの島があります。足を伸ばすと、まだ手付かずの自然が残る島がたくさんあるんです!今回はセブ島最北部にある離島「マラパスクア島(Malapascua)」をご紹介します。

ローカルの乗り物を使ってセブのノースバスターミナルから、セブ島最北端にあるマヤ港まで車で揺られること約3~4時間。そこからさらにパブリックボート(乗り合いボート)に乗り継いで約30分!少し時間はかかりましたが、島にたどり着くまでの海が本当に綺麗でした!

セブ島最北部の自然豊かな島『マラパスクア島』

ホテルはいろいろ調べた中で写真が1番気に入ったホテル、「ティパニー ビーチ リゾート(Tepanee Beach Resort)」へ。 基本的に、マラパスクア島には大型リゾートがないので、ローカル運営のホテルになります。

マラパスクア島の『Tepanee Beach Resort』
『Tepanee Beach Resort』
『Tepanee Beach Resort』

この選んだホテルが大正解!ツインで部屋(エアコン付き)は小さめでしたが、 2名で1泊3,100ペソ(朝食なし)でした。※フィリピンのホテルは基本的に人数ではなく、1部屋分の値段で計算されることが多いです。

立地も、マヤ港のパブリックボートが到着するビーチから歩いて3分とアクセスもよし!マラパスクア島は小さな島で、徒歩移動が楽なのがとっても助かりました。

アンジェリーナ

また、ホテルは人気イタリアンレストラン「アンジェリーナ」と隣接しています。歩いて5分圏内にいくつかレストランがあったので、2泊3日の食事にはまったく不便なかったです。

なんといっても、ここのプライベートビーチからの眺めは絶景です!

『マラパスクア島』のビーチ
『マラパスクア島』のビーチ

これらの海の写真はノーフィルター(加工なし)ですが、とても綺麗な青色なのがわかりますか⁉天候などの運もありますが、今回の訪問時の海の透明度は抜群でした。

『マラパスクア島』のビーチでサンミゲル

セブ島の海よりも透明度が高いといいますか、より深いターコイズのような青みが印象的。毎日午後はここのビーチで、海でぷかぷか浮かんだりビーチベッドでごろごろしたり、お昼寝したり、「何もしない」最高の贅沢を楽しんできました。

『マラパスクア島』のビーチ
ティパニー

ちなみに、ホテルの名前にある「ティパニー」とは、こちらの花の名前から由来しているのだとか。花の中心が黄色く色づいていて、可愛らしいですよね。落ちた花を髪飾りにして写真を撮るのにも良さそうです。

天候にも恵まれた最高の3日間を過ごすことができて、本当に良かったです!

『マラパスクア島』
『マラパスクア島』の夕焼け

旅程に少し余裕のある方は、ぜひセブ島周辺の離島にも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?セブ島とはまた違った海と島の雰囲気を味わえますよ!

『マラパスクア島』の地図

『オーダーメイド』のセブ島ツアーへ!

トラベルスタンダードジャパンでは、お客様が思い描くご旅行の形をスタッフが一緒に考え、プランをご提案しております。たとえば、セブ島周遊のオリジナルコースとご予算を決めて、あとは弊社スタッフへ「丸投げ」も可能!お客様のこだわりのポイントをお聞かせください。もちろん行き先が決まっていなくてもOK。まずは、お気軽に お電話 or フリーオーダー にてお問い合わせください。

トラベル・スタンダード・ジャパン(アジアビーチ専用ダイヤル)
TEL:03-6634-7788

【セブ島】美しい島々をめぐる最高のバケーションへ!ツアーはコチラ