エルニド基本情報エルニド基本情報

エルニドに行く前に基本情報をチェックしましょう。学生向け格安ツアー、女子旅におすすめ、ファミリーに人気、など地域別専門スタッフが4万本以上のツアーコースの中から「宿泊数」「ホテル」「航空券」などお客様に沿った旅行をご提案。顧客満足度が高い理由も他社にはできない「自由自在なアレンジ」が可能です。

フィリピン フィリピン

正式国名
フィリピン共和国 Republic of the Philippines
首都
メトロ・マニラ Metro Manila
人口
約1億人
面積
29万9404平方キロメートル
時差
1時間(日本の方が1時間進んでいる)

マクタン島のビーチ(イメージ)

天国のビーチで非日常を楽しむ!

フィリピンのパラワン島にある街、エルニド。透明度の高い海はダイビングスポットとしても有名です。特に近くのティルマカド島にある水中洞窟の長いトンネルは見モノです。そのほか、白い砂浜やサンゴ礁を楽しむのにもぴったりでロマンチックな旅行にオススメです。

気候と服装

ベストシーズン

エルニドは熱帯性気候です。乾季は12月から5月、雨季は6月から11月ですが、あまり違いはありません。一年を通して気温は25度以上、4、5月の気温が高く、12月から1月にかけては低いです。平均は約27度。日本に似て湿度が高いのが特徴なので、綿や麻など通気性のいい服がおすすめです。

服装

昼はタンクトップにショートパンツ、サンダルなど、夜になると少し気温が落ちるので、Tシャツやはおりものなどがあってもいいでしょう。また紫外線がきついので、帽子やサングラス、日焼け止めを忘れずに(どの季節も同じ)

言語

言語

フィリピンの公用語はタガログ語と英語ですが、その他にも約80種類の言語が使われています。

フライトスケジュール

エアスウィフトでの移動がおすすめ!

エルニドへは直行便は就航しておりません。フィリピン航空でマニラまたはセブまで行っていただき、そこからエアスウィフトに乗り換えて頂く方法が一般的です。 または、プエルトプリンセサまで飛行機で行って頂き、そこから陸路で移動する方法もございます。(約6時間)

パスポート/ビザ

ビザ(査証)

30日以内滞在は査証不要。※ 31日以上の滞在を希望する場合は、59日間有効のツーリストビザを日本のフィリピン大使館や総領事館で取得可能です。

パスポート(旅券)残存期間

帰国時まで有効なものが必要。入国時6ヵ月+滞在日数以上の残存期間が望ましいとされています。 旅券の未使用査証欄が見開き2頁以上要です。

※ビザ・パスポート等の情報は、予告無く変更になる場合がございますので、必ず詳細については、大使館、領事館へご確認ください。
※記載内容はすべて、日本国籍の方の、観光目的の場合のものです。外国籍の方、他目的の方は、大使館、領事館へご確認ください。

パスポート/ビザについての問合せ先

  • フィリピン共和国大使館(領事部) 代表 TEL 03-5562-1600 領事部 TEL 03-5562-1607 HP
  • 在大阪フィリピン領事館 TEL 06-6910-7881~83 HP

入国と出国

フィリピン入国について

フィリピン航空、日本航空、全日空、セブパシフィック航空、バニラエアなどが成田や羽田、関空などの日本の空港からからマニラかセブ島まで直行便を運行しています。そこから国内線に乗り継いでエルニドへ。

フィリピン出国について

セブから出国する場合は、セブの空港にて空港税750ペソの支払いが必要です。

※その際日本円やクレジットカードは使用できません。必ず現金を残して頂くようお願い致します。

入国カードの書き方

税関申告書の書き方

交通事情

バン

マニラからだとプエルト・プリンセサ空港あるいはエルニド空港に、セブ島からだとプエルト・プリンセサ空港に到着します。プエルト・プリンセサ空港からエルニドまでは、バンかバスとなります。バンのほうがバスに比べて高く、料金は約700ペソ〜。スタンダードタイプから高級車まであり、それに応じて値段が変わってきます。エルニドまで6時間から7時間。その間数回の休憩が入ります。トイレは有料の所が多く、トイレットペーパーも持参しなければならないので注意。

路線バス

プエルト・プリンセサ空港からエルニドへの路線バスは約500ペソ。牧歌的なターミナルで待っていると、大きめのバスが到着します。時間は7時間半から9時間をみておいてください。全ての停留所で停まる分、時間が長くなってしまうのです。そのため、バンをおすすめする方が多いです。

直接エルニド空港へ

本数は非常に少ないですが、マニラかセブからエルニドに直行便が出ています。ただし、本数が少ない分、とくにハイシーズンなどには航空券が非常に高額になるようです。

通貨/両替/チップ

通貨

単位はフィリピン・ペソ(P)。補助通貨はセンタボ(¢)。P1=100¢。2018年4月現在、US$1≒P52、P1≒2.06円。
紙幣はP1000、500、200、100、50、20、10、5の8種類。
硬貨の種類はP10、5、1、¢50、25、10、5、1の8種類。

両替

両替は、ホテル、市内の銀行、両替所、空港内の銀行で、USドルまたは日本円からフィリピン・ペソへの両替が可能です。レートが一番良いとされているのは街中にある両替所で、悪いのはホテル。銀行では、日本円の両替を受け付けないことも多いので注意が必要です。お金を受け取ったら必ずその場でレシートの金額と合っているか確認してください。タクシーや小さいお店ではクレジットカードや大きな紙幣が使えない場合があるので、なるべく細かく両替してもらいましょう。地方に行くときは、マニラやセブなどで日本円からペソへの両替を済ませておいたほうが無難です。

チップ

空港やホテルのポーターには荷物1個につき20~30ペソ、レストランでは伝票にサービス料が含まれていない場合は請求額の10%程度が一般的です。ベッドメイキングのチップも20~50ペソ程度が妥当です。
フィリピンにはチップ文化は無いのでチップを必ず渡さないといけないわけではありませんが、気持ちの良いサービスを受けた際や期待以上のサービスを受けた際などは是非渡してあげてください。

電話事情

フィリピンから日本への電話

00(国際電話識別番号)

81(日本の国番号)

相手先の電話番号(市外局番の最初の0は取る)

日本からフィリピンへの電話

国際電話会社の番号:001(KDDI)/0033(NTTコミュニケーションズ)/0041(ソフトバンクテレコム)/005345(au携帯)/009130(NTTドコモ携帯)/0046(ソフトバンク携帯)

010(国際電話識別番号)

63(フィリピンの国番号)

相手先の電話番号(市外局番の最初の0は取る)

その他

電圧/プラグ

220V、60Hz。プラグは日本と同じAタイプがほとんどで、まれにB3、C、Oタイプも見られます。100-240Vに対応していない電気製品を使うためには変圧器が必要です。特に熱を発する電子機器(ドライヤーやヘアアイロン等)を日本から持っていく際には変圧器は必須!

治安

どちらかというと治安の悪いフィリピンの中でも、ここパラワン島は比較的治安がいいことで有名。スリ、置き引き、引ったくり、詐欺など旅行者があいやすい犯罪も少ないのんびりした地域です。常識的に行動していれば、安全に旅行することができます。といっても、お財布やカバンなどは常に携帯しておきましょう。

マナーとルール

宗教・祝祭日について

フィリピンは東南アジアの中で珍しいほどキリスト教徒が多い国だとされています。 国民の約90%はキリスト教徒でそのうち大半を占めているのがローマ・カトリック教会です。フィリピン南部の一部ではイスラム教信者が存在しています。
フィリピンの祝祭日と記念日は、キリスト教関係が非常に多く、毎年この祝祭日の日程が変わるので注意が必要です。

喫煙について

2017年7月、フィリピン国内における喫煙による法律が変わりました。決められた場所以外での喫煙は10万ペソ(約24万円)又は懲役6年となります。決められていない場所での喫煙には十分にお気を付けください。