タイの雨季は天気に恵まれたサムイ島で過ごそう!夏休みやお盆はベストシーズン!

タイ湾にあるサムイ島では、タイ本土やタイ西側のアンダマン海に面したプーケットと気候が逆になっており、2~9月ごろまでは晴れの日が続くベストシーズンとなっています。日本の大型連休、春休み・ゴールデンウイーク・夏休み・お盆などの時期にピッタリの渡航先です。タイ本土とサムイ島の天気の違いや、透明な海を楽しめるスポットを合わせてご紹介します。

サムイ島の年間の天気について

サムイ島の天気と気温グラフ

実は、サムイ島は一年を通して気候の変化があまりありません。もっとも過ごしやすいのは2~6月頃。晴れた日が多く、海をめいっぱい楽しめます!3~4月の乾季は雨が少ない分、海の透明度が増し非常に美しいシーズンです。6月末〜1月が雨季に当たりますが、スコールが降る程度ですので1日屋内で過ごすというようなことはありません。

特に10〜1月は天気が不安定で、温度が低くなります。そのため年末年始のサムイ島はピーク時より安くシーズンオフ料金で楽しめるというメリットがあります。海で泳ぐよりもホテルでお得にゆっくりと過ごしたいという方にオススメの時期です。

タイ本土が雨季の時はサムイ島がベスト!

バンコクやプーケットは雨季だからタイに行くかどうか迷っている、という方にはサムイ島がオススメです!タイ本土やプーケット島の雨季は、地形の関係でサムイ島と逆になっているんです。

アンダマン海に面したプーケット島を含めたタイのほとんどの地域は6月頃から10月までが雨季だと言われており、一方サムイ島では2~6月頃は最高の天気が続く時期とされています。また、サムイ島の7~9月はセカンドベストシーズンといわれる時期で、夕方に1時間ほどスコールに見舞われることはありますが、長く降り続くことはほとんどないので7月以降でも十分楽しめます。

海が一番きれいな時期とシュノーケリングスポット

ナンユアン島でのシュノーケリングの様子

サムイ島から行けるナンユアン島でのシュノーケリング

ダイビングやシュノーケリングなどのマリンスポーツを楽しみたいなら、天気の良い日が多く海の透明度が格段にあがる6月頃が一番オススメです。サムイ島のベストシーズンのビーチは波が穏やかなので、子連れでも安心して海水浴ができます。きれいな海を楽しめるビーチや島を地図と一緒にご紹介します。

サムイ島のシュノーケリングスポット

サムイ島のビーチ

・クリスタルビーチ
・タリン ンガムビーチ
・ヒンダヒンヤイ
・ラマイビーチ
・メナムビーチ
・ポープッドビーチ
・チョンモンビーチ
・チャウエンビーチ南部

サムイ島から行ける離島

・タオ島
・ナンユアン島
・アントン諸島国立公園

>>どのビーチがおすすめ?サムイ島の人気ビーチ&ホテルはここ!

 

当社のサムイ島ツアーはアレンジ自由自在!

以上、タイ本土とサムイ島の天気の違いをご紹介しました。タイの雨季を避けたい方は、サムイ島を訪れてみては!? サムイ島はバンコクから飛行機で約1時間半、船に乗らずに行けるリゾートアイランドです。タイで3番目に大きい島なので、何でもあり!アクティブに過ごすもよし、自然に囲まれたホテルで過ごすもよし、特徴の違うビーチがいくつもあるのでレンタルバイクで巡ってみるのも良いですね。夏休みやお盆のタイ旅行をお考えの方は是非ベストシーズンのサムイ島へ!

トラベルスタンダードジャパンは大手他社と違って「丸投げ」がOK。地域別専門スタッフがお客様のご希望やご予算に合わせて理想の旅行をご提案します。「価格の安さ」と「対応スピード」はもちろん、旅の「質」が高いことも顧客満足度が高くリピート数が多い理由です。あなただけのオンリーワンのプランで一味違う海外旅行をしませんか?

お得な航空券とホテルのセットツアーでサムイ島へ行こう!
トラベル・スタンダード・ジャパン
(アジア専用ダイヤル)
TEL:03-6732-1908 電話で無料相談する