美川憲一
特別対談
Vol.03
special

そのエネルギーに惹きつけられるロサンゼルス

美川憲一×井上富紀子 特別対談

美川憲一×井上富紀子

当社トラベル・スタンダード・ジャパンADキャラクターを務めてくださっている、美川憲一さんをメインMCに迎え、「海外旅行での忘れられない!」をテーマにゲストと語り合っていただく対談企画第四弾。 ロサンゼルスをこよなく愛する美川憲一さんと、ザ・リッツ・カールトンホテルカンパニーLLC公認親善大使 井上富紀子さんが、ロサンゼルスの魅力、海外旅行の素晴らしさを教えてくださいました。

日本と空の高さが全然違う、青の色が全然違う!

美川憲一さん よろしくお願いいたします。以前お仕事でロサンゼルスに滞在されていたとか。

井上富紀子さん はい、そうですね。ロサンゼルスには一か月くらい居ました。ファッションの仕事をずっとしていまして、アメリカのロサンゼルスにある会社と提携していたんですよ。その社長のお家がビバリーヒルズにあって、工場はダウンタウンだったんです。ですのでビバリーヒルズにホームステイさせていただいて、ダウンタウンの工場まで毎日通っていたんです。

美川憲一 そうですか。ロサンゼルスのダウンタウンはやっぱり、そういうお洋服関係の会社やお店が多いですよね。私自身、今でも行きますよ。

井上富紀子 そうなのですね。一か月居たときはもうずいぶん昔で仕事で行ったんですけれど、その後もちょくちょくロサンゼルスへは旅行で訪れています。やっぱり私が好きなのは、サンタモニカからラグナ・ビーチまでのビーチ沿いです!

美川憲一 わかります、サンタモニカいいですもんね。私はね、アメリカに初めて行ったのは昭和44年だから、もう50年くらい前。若い頃から結構旅行していたの、アメリカの前はヨーロッパ。ヨーロッパってファッションのメッカじゃないですか、だから私はやっぱりヨーロッパがいいなって思って、ずっとヨーロッパに行ったりしてて。でもアメリカに行ったらロサンゼルスがすごく良くて!それで目移りしながら若い頃はあっちこっち旅行していたの。そして、そのうちにやっぱりね、年を重ねていったら、太陽のさんさんと降り注ぐ、サンタモニカの空が心地よくて。もう空が青くて、すごい澄み切っていて高いのよ。

井上富紀子 そうなんです!日本と空の高さが全然違う、青の色が全然違うんですよね!!

美川憲一 そう、あの空。私、ロサンゼルスってエネルギーが高い場所と思ったの。だからもう40年くらい前に、ロサンゼルスにお家が欲しいわって思って、ずっと心に秘めていたの。自分にはそれが夢だったのよ。それが絶対叶うと思って信じてやってきて、それで叶えたの。

井上富紀子 ロサンゼルスにお家!素晴らしいですね!ずっと思ってきたことって、いつか必ず叶いますよね。場所はどちらにあるんですか?

美川憲一 私が住んでいるところ、ちょうど目の前がビバリーヒルズなの。もう本当に。下見たらビバリーヒルズの街並が広がっているの。だからビバリーヒルズのお屋敷を眺めて、あの「気」を全部いただいているわ(笑)。購入した決め手は夕日だったわね。物件を見学した時に、ちょうどビバリーヒルズに落ちる夕日を見ちゃったんです。夕日の美しさに感動して思わず涙を流しちゃったわ。夕日を見て涙を流す事なんてないじゃない!一目ぼれだったわね。だから、もう縁だったのよ。ロサンゼルスのお家は、私のエネルギーを浄化する場所なんです。

井上富紀子 素敵ですね。ロサンゼルスにいらっしゃるとき、お食事はどうなさるんですか。美味しい所とか教えていただいたらすごく嬉しいです!

美川憲一 食事はイタリアンも中華も和食も好き。ビバリーヒルズの和食店「SHIKI Beverly Hills」がいいわよ。芸能界の人もよく連れて行っています。その隣のイタリアンも美味しいわね。でもそこはね、予約しないといつも満席いつも。うん。そこはね、イタリアンでもリーズナブルなのよ。トリュフのパスタが美味しいわ。

井上富紀子 わーおいしそう!ロサンゼルスはいつもお仕事なしで行かれて、食事など楽しんでゆっくりされるのですか?

美川憲一 コンサートもやりました、今年は。ゆっくりはあんまりできないわ、友達に誘われてもう本当に色んな所にいくから(笑)。ウィンドウショッピングに行ったりね。結構工事しているけど「ビバリー・センター」とか、あと「ニーマンマーカス」とかよく行くわね。それから「ザ・グローブ」の方いったり。グローブって遊園地みたいな感じで、敷地内に列車が走っていて回れるくらい広いの。ショッピングも食事も全部あるのよ。だから楽しいわよ、旅行者におすすめよ!

海外旅行は次のステップへのエネルギー

美川憲一 今も海外に長期滞在しているのですか?ロサンゼルス以外におすすめの都市ありますか?

井上富紀子 海外旅行は大好きなので、国数でいうと50カ国以上行ってますし、都市だと100以上。日本をベースにしていますが、オーストラリアのゴールドコーストには長期滞在をしています。

美川憲一 オーストラリアね。昔、大使館の方からご招待を受けて、シドニー行ってコアラ抱いたわ。でもあの時は、私が若い頃だからだと思うけど、なんか寂しい印象だったわ(笑)。でもオーストラリアは自然いっぱいで良いところですよね。

井上富紀子 そうなんです、自然がいっぱいで。ロサンゼルスもそうですけど、アメリカの中ではニューヨークが有名ですが、長期滞在したいなっていう感じじゃないんですよね。東海岸はたまに行くのはいいですけれど、ボストンでもワシントンDCでも、わーここに住みたいわっていう気はしないのです。ゴールドコーストは、やっぱり空が高くて、海がターコイズブルーていう所がロサンゼルスと一緒で魅力なんです!ビーチ沿いのサーファーズパラダイスは、ビーチが目の前で、レストランやショップが充実していて。とにかくビーチが大好きなんです(笑)。美川さんは、ビーチで泳がれることはないんですか?

美川憲一 ないですね。日に焼かないようにしているから大変なの。あなた肌白いですね、きれいな肌!

井上富紀子 いえいえ、スポーツ大好きなんで。マラソンとかトライアスロンとか。もう焼けまくりです(笑)。 ロサンゼルスは出ていないですけれど、ホノルルマラソン、ニューヨークマラソン、結構色んな所で参加しています。ホノルルマラソンはもう16、17回は走っていますね。

美川憲一 尊敬しちゃうそういう人!ハワイは好きだったわ。若い頃は良く行きました、ホノルルにお友達もいたんで。ディナーショーも何回かやっています。でも最近は行ってないわね、日本の方が多いじゃないですか。それに買い物行くと人がすごくて。特にホノルルはね。泳ぐ人は満喫できていいでしょうね。

井上富紀子 そうですよね。ハワイも、マウイとかカウアイ島とか、違う島に行くとすごくのんびりしていて良いですけどね。
私はとにかくビーチが好きなんです。 今は、仕事を確立しているので、どこにいてもビジネスに影響がありません。だから、ロサンゼルスとかホノルル、ゴールドコーストのビーチで暮らしたいんです。

美川憲一 すごいわね。旅行したいからっていうしぶとさでバリバリ仕事してきて、今のあなたがあるのね。だってそうでしょ、楽して仕事なんかできないですよ。私もしぶといから次、次ってがんばってるの。

井上富紀子 そうですね、しぶとさ作るのは、ロサンゼルスのここに行きたい、ホノルルのここに行きたい、ゴールドコースのここに行きたいっていうビジョンがあるから。ビジョンがないとしぶとくなれないです。

美川憲一 だから海外旅行するっていうことはね、身につくことなのよ。それは逆に次のステップのエネルギーになるのよ。だから思い出は大事にして、帰ってきたときに命一杯仕事をすること。私、本当に海外旅行をしてきて良かったなって思う。これからも挑戦し続けるから。皆さんにも海外旅行でパワーをもらって、バリバリ仕事がんばって、人生を楽しんでほしいわね。

プロフィール/敬称略

ザ・リッツ・カールトンホテルカンパニーLLC公認親善大使 井上富紀子

1981年ラブリークイーンに入社。 1985年に独立、テイクオフを設立。 エアロビクスとジムのフィットネスクラブを運営、レオタードを中心としたスポーツウエアを企画・生産・販売などを手がける。 ザ・リッツ・カールトンホテルカンパニーLLC公認親善大使も務めている。 主な著書に『リッツ・カールトン20の秘密』(オータパブリケイションズ)『関心力』(ビジネス社)がある。

ロサンゼルスへ行こう!

対談後記

ロサンゼルスについて美川憲一さんと井上富紀子さんで対談して頂きました。 テレビでも公開されていた美川さんのロサンゼルスのご自宅も話題にのぼり 周りのスタッフは羨望の眼差しをもってお二人の対談を見守っていました。 対談の途中には肌の美しさの秘訣に話が脱線して、対談後には 美川さんが愛用しているクリームを井上さんにプレゼントするという出来事もありました! お二人の対談から、本当にロサンゼルスを愛しているといった事が感じられました。 是非、皆様も美川憲一さんが愛する街「ロサンゼルス」を訪れて、澄み切った青い空を 感じてみては如何でしょうか。

当社AD キャラクター
美川憲一さんはこんな方です♪

若い頃から世界中を飛び回り、今も日本と海外を行き来し海外旅行に精通する美川憲一さん。歌手としてはもちろん、個性&愛情溢れる発言から幅広い層に認知度の高い美川憲一さんに、当社から広告出演をお願いしAD キャラクターを務めていただいています。

美川憲一さん

取材時の美川さん

大御所にも関わらず、ノリノリで写真撮影に応じてくださった美川憲一さん。裏表がなく、TV で見るあのままの気さくなキャラクターが素敵でした!!スタッフにも最後「がんばってね」と、声をかけてくれる気遣いまで。美川憲一さん大好きです!これからも美川さんのアグレッシブな魅力で、海外旅行の魅力をより多くの方へお届けしていきたいです!

TOP