パタヤグルメ情報

パタヤグルメ情報!パタヤの美味しい店やレストラン・絶景カフェをリピーターが伝授!

タイ・パタヤリピーターが絶対に外せない美味しい食堂、レストラン、カフェなどパタヤグルメ情報を伝授。バンコク・スワンナプーム空港からバスやタクシーでわずか1時間30分ほどのビーチリゾート・パタヤ。外国人観光客だけではなくタイ人も人気の庶民的なビーチです。パタヤリピーターの紳士(?)達はタイ人美女に穴場を教わっているから詳しい!

観光客向けではなく本当に美味しいパタヤの店を教えてください!

パタヤには安くて美味しいお店がいっぱい!

バンコクからバスや車で気軽にプチリゾートできるパタヤは、観光客だけではなく、タイ人にも大人気。特にタイ人は「シーフードだけ食べに来た」と、フットワーク軽くバンコクからやってくるのでタイ人向けの美味しい店も多いのです。

余談ですが以前、プーケットの美味しい食堂のオーナー夫人が「明日からパタヤに遊びに行ってくる」と自慢げに教えてくれた時には衝撃を受けたものです。日本人的にはパタヤよりプーケットの方が良さそうですが「ほら、プーケットって、観光客向けだからつまらないじゃない?高いし」とぶっちゃけられた時には、その日の食事代を本気で疑ってかかってしまいました。

一見パタヤは「ウォーキングストリート沿いの夜の女性目当ての男性観光客が多いからぼられそう」とか「高そう」と思われがちですが、そんなことはありません。逆に歓楽街の女性も安くて美味しい店をたくさん知っているし、タイ人旅行者向けの、安くて美味しいお店もたくさんあります。

また長期滞在のアメリカ人やヨーロピアン(だいたいシニアから老人層が多い)も目立ち、彼らを満足させる故郷の味も本格的。そしてリーズナブルです。お店が沢山ある分、そうしないと顧客に逃げられてしまうだけに、価格競争も激しい!

パタヤ大看板付近の夜の様子

リゾートと歓楽街が共存する特異な町には美味しいレストランがいっぱい!

パタヤおじさん、再び登場!

前回、パタヤへの思いを熱く語ってくれたパタヤおじさんことガレージかっちんはパタヤ通い歴13年。今回の記事ではパタヤで絶対に外せない現地タイ人おすすめの店や、自身で発見したグルメ情報を伝授してもらいます。タイ美女とのFacebook上でのトラブルは未だ落ち着かず、奥様へ媚びへつらう(言い方!)修行期間も長引いているようですが、・・・どれだけこじれても知ったこっちゃありません。そんなパタヤ話は下のブログを要チェック!

パタヤおじさんの語る パタヤの魅力

パタヤに行けない地獄に耐えるパタヤおじさん

パタヤおじさん唯一のストレス発散は日本でタイ料理を食べる「タイ行きタイ病」の集中治療。思い出すのはパタヤの美味しいお店ばかり。タイ料理を食べながらも「パタヤのあの店がうまいのよ!」「いや、あそこも捨てがたいな!」と話が止まりません。今回もじっくり語っていただきましょう!

①世界で最も美味しい料理の一つ「マッサマンカレー」の名店「デンダムレストラン」

タイカレーと言えば思い出すのはグリーンカレーですよね。近年「世界一美味しい料理50種」の中の一つに選ばれてから急に知名度が上がったタイカレーは、マッサマンカレー。ピーナッツか、カシューナッツの入った甘めのゲーン(汁)とジャガイモ、鶏肉が入っていることが多く、まろやかで美味しいカレーです。タイに行ったら一度は食べておきたい料理。

海沿いがゆえに「パタヤと言えばシーフードだろ?」と決めつけられがちなパタヤにも、美味しいマッサマンカレー の名店があります。

デンダムレストラン(Dang Dum Pattaya Restaurant)」は麺類やぶっかけご飯がメインの飾り気のない町なかの食堂。行き方はセカンドロードを周回するソンテウ(小型トラックを改造した乗り合いバス)から、セントラルロードのソンテウに乗り換えれば便利。いかにも「タイ」というローカルな雰囲気に浸れる上に安くて美味しいです。

パタヤグルメ情報

いかにも!な、タイの食堂

バイクタクシーの運ちゃんや警察官など、パタヤで勤務する普通の人たちがランチを食べに来るので、ランチタイムは混雑します。

タイのランチの定番は、好きなおかずを選んでご飯に数種類かけもらう「ぶっかけごはん」。お店の右側におかずが並んでいるので眺めて決めると良いでしょう。ただしコロナ後は、感染防止のためにスタイルを変える可能性もあります。おかず2品乗せでB70~90(250円~300円)くらいかなあ。パタヤ庶民の憩いの場です。

パタヤグルメ

好きなおかずをチョイスするのも良し

二日酔いの翌日は店の名物の一つルークチン(肉団子)とタイの汁麺クイティアオナームがベスト。

パタヤグルメ マッサマン

やっぱり酔った翌日は汁麺だよな!

そんな庶民の食堂の「ゲーンマッサマン(マッサマンカレー)が美味しい!」と、徐々に有名になってきました。

「本日はマッサマン」気分の日は、ボクは席に座ってすぐ、メニューも見ずに「マッサマンカレーとライス」を注文します。2020年9月現在、ライス付きでB100(約340円)

パタヤグルメ マッサマン

この鶏肉を見よ!

他店ではぶつ切りの鶏肉使用の場合が多いですが、この店は違います。鶏モモ肉は骨付きで大きくて柔らか!味もしっかり染み込み日本に持ち帰りたくなります。 ゲーンもいわゆる観光客用の甘味の多いものではなく、少しスパイシー。辛さが調節できるよう別ダレも付いてきます。

タイ人はあんなに辛い物が好きなのに、日本では考えられないほど甘ーいアイスコーヒーが大好き。最近は僕も甘ーいアイスコーヒーと共に食事をするようになりました。やはりその土地で好かれる味ってあるんですよね。タイの暑い気候の中ですすると、これが上手いんだな。

もし日本にこの店があったら、値段が高額になろうがこの味なら間違いなく通いますね。

ここでマッサマンカレーを食べながら、パタヤ在住のタイ人がバイクで行き交う姿や、日常のタイの生活を見ている方が、海辺のレストランより旅情を感じてしまいます。

パタヤグルメ マッサマン

日常のパタヤを眺めながらいただくマッサマンカレーは最高

デンダムレストラン(Dang Dum Pattaya Restaurant)

所在地:Phatthaya Klang 10 Alley, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri

アクセス:ビーチロードから1km・セカンドロードから500m。セカンドロードからソンテウ利用可能

営業時間:24時間※新型コロナウィルス感染拡大以降、営業時間を短縮しています。2020年9月現在は18:00~深夜2:00の模様。今後も状況によって変更の可能性あり

②タイ人には超人気!ジョムティエンビーチの「プーペン」

パタヤの中心部はパタヤビーチがあるビーチロードあたりですが、一般的に「パタヤ」のエリアで紹介されている場所はバンコク寄りのナクルアビーチ、パタヤビーチ、そしてそのお隣のジョムティエンビーチを含んだエリアです。

タイ人に人気のお店は、ビーチロードやウォーキングストリートではなくナクルアビーチやジョムティエンビーチのちょっと外れた場所にあることも多く、そんなお店の中の一つです。

そう、パタヤはやっぱりシーフード。タイ人が「パタヤでシーフードを食べるなら」と出かけるのがジョムティエンビーチの外れにある「プーペン(Pupen Seafood Restaurant)」。「プー」とは蟹のこと。巨大な蟹さんがお出迎えです。

パタヤグルメ プーペン

蟹さん、ドーン!

パタヤは便利な乗り合いバス「ソンテウ」の巡回ルートが張り巡らされているのですが、行きはソンテウの周回ルートの最終地点なので、何とかたどり着けます。帰りは周回ルートではなくなるのか、それともたまたまその時だけだったのか謎ですが、2019年に行った時には、帰りのソンテウがなく、大変な思いをして、中心部まで戻りました。

バンコクからやってくるタイ人は車で行くし、地元の人はバイクで行くので、あまり気にならないのでしょう。この日もタイ人家族やタイ人のグループで賑わっていました。

目の前は海です。

パタヤグルメ プーペン

オープンな雰囲気の店内から海が見渡せます。

巨大蟹さんが訴えかけるように、蟹の料理が得意な上に安い!僕たちは蟹肉のチャーハンをいただきました。日本では蟹チャーハンは高い料理ですけど、タイではどこでも食べられるポピュラーなもの。「プーペン」で食べれば新鮮な蟹肉がたくさん入っているので、ぜひお試しを。

本当はプーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)やプーオップウンセン(蟹の春雨蒸し)をドカーンと大勢でいただきたいところですが、少人数のため、この日はパス。

日本で言うと小エビのかき揚げ?クンローイペーはサクサク!つまみながらビールを飲んでいい気分です。

パタヤグルメ プーペン

蟹肉たっぷりのチャーハンとクンローイペー

こちらは「オースワン」。牡蠣ともやしと卵の鉄板焼きです。タイは生牡蠣がとても美味しいですが、旅先、しかも南国の生牡蠣、ちょっと恐い・・・と思う人はこちらをそうぞ。小ぶりの牡蠣はプリプリです。

パタヤグルメ プーペン

チリソースをつけて食べます

これは日本で言うスルメです。実はプーペンの外で屋台を出していたスルメ屋さんで買いました。タイは干したイカを食べやすいように伸ばしてくれます。ビールのつまみに最高ですよ!外で買ったものものなのに、プーペンの従業員の方がお皿を持ってきてくれました。タイ人は優しいです。

パタヤグルメ プーペン

独特のタイの干しイカ

プーペンシーフードレストラン(Pupen Seafood Restaurant)

所在地:63, Moo 1, Tambon Na Jomtien, Sattahip, Chonburi 20250

アクセス:サウスパタヤ通りとセカンドロードの交差点からソンテウ乗車。最終地点から徒歩すぐ。ただし最終地点まで行かない場合あり。帰りもあるかどうかは運次第。不安な方は帰りの足を用意(ソンテウのチャーターなど)するかお店の人にタクシーを呼んでもらいましょう。

営業時間:10:00~22:00

③パタヤ女子が大好きなパブ・レストラン「センス・オブ・ザ・シー」

パタヤ女子はおしゃれなお店が好きですよね!(誰に「ね」といってるのやら!)あんまり詳しくは話しませんが(おい!)タイ人女子たちに自分が行きたいお店に強引に連れて行かれました。それがパブ・レストラン「センス・オブ・ザ・シー(SENSE OF THE SEA)」。何と先ほど紹介した「プーペン」のすぐ隣です。・・・つまりパタヤのウォーキングストリートから、ここまで離れた場所であっても連れて行ってほしいみたいですね。

それもそのはずです。離れているので「いかにも外国人観光客」というような団体がわんさといるわけではなく、タイ人のハイソサエティ層とか、パタヤ在住の外国人とか、僕のようなパタヤを愛するリピーター・・・がお客さんでしょうか。圧倒的にタイ人が多いです。

離れた場所にあってもおしゃれ、そしておしゃれな分、プーペンなんかと比べればお高め。それでもここは男性がきちんと払ってあげないとね!ケチは嫌われますよ。

パタヤグルメ センスオブザシー

プーペンの蟹を見たせいか蟹に見えなくないフーセンオブジェ

パタヤは夕陽の名所。海の対面にあるため、日没時を狙っていくと素晴らしい景色が楽しめます。このお店の特徴はシチュエーションに合わせた様々な席が選べること。屋根なしの完全オープン席(雨季は危険)、半個室、エアコン付き屋内席が選べます。

パタヤグルメ センスオブザシー

ソファー席の屋外席。おしゃれ・・・

パタヤグルメ センスオブザシー

半屋内席、ちょーおしゃれ。女の子が喜ぶ理由、わかるでしょう?

日も暮れると、生バンドの演奏が入り、賑やかに。タイ人は生バンド演奏のあるお店が大好きです。

パタヤグルメ センスオブザシー

お洒落な店で、生バンド。パタヤ女子にウケる店

料理は洋物からタイ料理まで種類豊富。この時はパタヤ女子だけではなくタイ人男子も含めた集団に連れて行かれましたが、クンチェーナンプラー(生海老のニンニクナンプラー漬け)、生ガキを注文。他にもカオパット(チャーハン)、おつまみをいくつか。えっ?たかられてるんじゃないかって?そうかもしれません(遠い目)。

味は酔っぱらっていて、よく覚えていませんが(笑)、ナマモノをタイ人が嬉しそうに食べていたので新鮮なのでしょう。

このお店、ワインの品ぞろえが豊富。タイはワインが日本よりお高めなのですが、そのせいか皆いつもウィスキーとかビールなのに、ワインを飲みまくりまして、かなり高くつきましたね。ただ雰囲気が良いので妥当だと思います。

「プーペン」でビールを飲みながらシーフードをたらふく食べて、まったりお酒を飲みに「センス・オブ・ザ・シー」に移動して過ごすコースがお得に思います。ただし、パタヤ中心部まで帰るのは大変。僕はこの時タイ人とのグループで来たので、帰りはみんなに任せられ安心でしたが、「プーペン」同様、帰りの足は確保しておくことをおすすめします。お店でも車を呼んでくれるはずです。お願いしてみましょう。

パタヤグルメ センスオブザシー

お洒落なお店で、まったりと過ごしたい時に

センス・オブ・ザ・シー(SENSE OF THE SEA)

所在地: 289 หมู่ 1 Na Chom Thian, Sattahip District, Chon Buri

アクセス:サウスパタヤ通りとセカンドロードの交差点からソンテウ乗車。最終地点から徒歩すぐ。ただし最終地点まで行かない場合あり。不安な方は帰りの足を用意(ソンテウのチャーターなど)

営業時間:17:00~2:00

肉食さんに捧げるパタヤのステーキ事情

僕は基本的にタイ料理が大好きなので、パタヤ滞在中はタイ料理がメイン。パタヤでもシーフードよりは肉が好き。でも肉系のタイ料理があれば満足しています。日本人のパタヤ好き友達(すでにそれだけで怪しい)と「飯食おう!」となる時は、タイ料理の次にステーキ屋さんに誘われることが多いです。

パタヤは欧米人が多いので、ステーキ屋さんがたくさんあります。味も値段もピンキリ!

④340円から食べられるステーキも「ツリータウン」

欧米人の多く集まるSoi Buakhaoやツリータウン(Tree Town)には、安いステーキ屋さんや、屋台スタイルのお店でステーキを提供するお店が多いです。安いお店だと一皿B100(約340円)くらいから食べられます。

パタヤグルメ ステーキ

ちょっとおしゃれな屋台スタイルレストランがある「TREE TOWN」

ただ・・・B100程度の安いビーフステーキは肉が硬く、味もイマイチ。もしこの界隈で安いステーキを食べたいならポークソテーやチキングリルの方が美味しさとのコストバランスが良いかと。

パタヤグルメ ステーキ

安くてもポークソテーは美味しい!

ツリータウンストリートフードエリア(Tree town street food area)

所在地:502, 19 Soi Buakhao, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150

アクセス:パタヤナイトバザールから250m

営業時間:17:30~2:00

⑤一番のおすすめ!ビーフイータ

せっかくなら、少し高くても美味しいビーフステーキが食べたいじゃないですか!そんな時にはセカンドロード沿いから1軒入ったところにあるビーフイーター(Beef eater)がお勧め!ここは「パタヤでステーキと言えばここ!」と評判のお店です。

パタヤグルメ ステーキ

この看板が目印

タイの牛肉事情も最近はだいぶ良くなってきましたが、それでも安い牛肉を食べた時の絶望感は、日本では味わえないほどの衝撃です。和牛ほどのクオリティは求めていませんが、せめてアメリカンビーフの赤味程度の野趣を感じさせつつも「肉食ってるぜー!」くらいの食べ応えは欲しい。でも、タイの安い牛肉は硬い上に旨味ナシ。それをごまかすためにソースで煮込んで出すようなお店も多く、それでも「ステーキ」でまかり通っているのです。

ビーフイーターは、パタヤで「美味しいビーフステーキを食べたい!」と思った時、駆け込んでほしい店なのです。見てください。おいしそうでしょう?

サイドメニューが豊富なのですがどれもこれもボリュームたっぷり。再度と言うよりメインか?と思ってしまうほど。ステーキ一品とサイドメニュー一品でお腹がいっぱいになります。

パタヤグルメ ステーキ

盛り付けも美しい・・・

お店の雰囲気もなかなか良いですよね。この屋内席以外にも道に面したテラス席もあります。

パタヤグルメ ステーキ

女子旅でも入れる素敵なお店です

もし、グループで行く場合は「リブ」を食べてみてください。バーベキューソースのような濃い目のソースで焼かれたお肉は柔らかく、美味しさのあまりあっという間になくなります。いやほんと、ひとりでも追加注文するかどうか悩むほど美味しいですよ。

・・・まあ、僕たちのパーティではちろん追加注文しました。どんなパーティーなのかはナイショです。

何だか食い散らかした写真しかなくて申し訳ないです・・・。

パタヤグルメ ステーキ

大勢で違う部位をオーダーして取り分けると大満足

ビーフイーターステーキハウスアンドパブ(Beefeater Steak House and Pub)

所在地:216/30-31 Soi Diana Inn, Pattaya 2nd Road, Nongprue | Near The Diana Inn, Pattaya

アクセス:セカンドロード沿いにあるアーケード街内入ってすぐ

営業時間:16:00~24:00(土・日12:00~24:00)

公式サイト:Beefeater Steak House and Pub

⑥コスパ抜群!ビーチロード沿いの「ニューヨークダイナー」

ギラギラの歓楽街であり、観光客もたくさんいる「ウーキングストリート」。海に突き出したテラスがある観光客向けシーフードレストランが多く、一瞬「どこの店も高そう」「ぼられそう」と身構えてしまいがちですが、実は・・・ステーキ屋さんがたくさんあります。

しかも「えっ?ウォーキングストリートでこんなに安くていいの?」と思ってしまうお店もあるので、味うんぬんよりコスパで紹介。その名もパタヤの紳士が集う(?)ニューヨークダイナー(New york diner)です。

パタヤグルメ ステーキ

ウォーキングストリートに現れるニューヨーク!朝7時まで(爆笑)

とりあえずこの看板見てくださいよ。シンハ―ビールとグリーンカレーソースのチキンステーキでB99(約340円)ですよ!笑っちゃいませんか?

パタヤグルメ ステーキ

自由の女神もいる・・・お台場みたいなもんですよ

ウォーキングストリートのゴーゴーバーやバ―ビアに繰り出す前の紳士が、早い時間に軽く食事をする、なんて感じの場所でしょうか(笑)。ウォーキングストリートでは有名な ディスコ「インソムニア」に 付随する「ibar」と同系列のお店です。

もちろんコロナ禍でこの超お得なプロモーションはできなくなってしまっているかもしれませんが、ホームページを見るとピザがB89(約300円)で食べられたり、チョコレートムースがB12(約38円) だったり、現在もどうかしています(笑)。パタヤにここまで良心的なお店があるって素敵でしょう?

さらにここで食べて、飲んでいると、ウォーキングストリートを歩く男と、それを待つ女性たちの人間観察が楽しめて、面白いんですよねえ。

女性の旅行者の方もここでさりげなく食事をしながら通りに目をやっていれば、安全にパタヤならではのギラギラした光景をさりげなーく覗くことができます。お試しを。

ちなみに奥には海が見える席もアリ!使えます!

パタヤグルメ ステーキ

これで99バーツって凄くないですか。屋台より安いでしょう・・・。

ニューヨークダイナー(New york diner)

所在地:110/2 Walking St, Pattaya City, Bang Lamung District, Chon Buri 20150

アクセス:ウォーキングストリート 上のアドレスのクラブ「インソムニア」隣接

営業時間:17:00~7:00

公式サイト:New york diner

⑦パタヤの素敵絶景カフェ「コーヒーブレイク パタヤ」

あれっ?パタヤ在住タイ人が大好きなお店や、美味しいお店を紹介するつもりが、結局ウォーキングストリートのギラギラに戻ってきてしまいましたね。はははは・・・。

気を取り直しまして、こんなパタヤおじさんでも、爽やかイケメンに戻れる(?)場所を紹介したいと思います。ここはね・・・カップルにも、ステキ女子にもおすすめの、僕のとっておきのカフェです。

パタヤビューポイントとして知られるタイの人たちの観光名所にあり、近くにはお寺や電波関係施設と・・・歴代の王族でしょうか?タイ人の皆さんが熱心に祈っている像があります。

パタヤグルメ 絶景カフェ

パタヤの全景を一望できます

パタヤグルメ 絶景カフェ

詳細は失念。タイの人々が熱心に祈る尊敬されている方のようです

見つけたきっかけは数年前、酷い二日酔いで(やっぱり)「食欲がないからどこかで爽やかな景色を見ながらコーヒーでも飲みたいなあ・・・」と思いバイクで走っていて見つけた、山の上のカフェ「コーヒーブレイクパタヤ(Coffee Break Pattaya)」

見てください!すごい絶景でしょう?

パタヤグルメ 絶景カフェ

ステキ女子も一人でコーヒーが飲める環境!

パタヤの山の上にあるので、ソンテウの周回ルートからは外れています。パタヤはレンタルバイクが安いのでバイクを借りて移動するのも良いですが、それ以外はタクシーやバイクタクシー、ソンテウのチャーター(一台B100~B200※約340円から680円)で行くべし。

それだけの価値があります。

カフェは可愛いワーゲンのキッチンカーを中心に飲み物や軽食を作る設備があり、そこを抜けて崖側に進めば、眺めが見えるよう段差を持たせて作られたフロアに、これまたかわいいテーブルとイスが並びます。テーブルは昔の足踏み式ミシンを改造したものなど、なかなかレトロで凝った造りです。

パタヤグルメ 絶景カフェ

人工芝に置かれた足踏みミシン改造のテーブル。カワイイ雰囲気作りがいい!

タイは最近本格的なカフェがたくさんできました。特にバンコクは大企業が多くヨーロッパや日本などに留学したことのあるタイ人や在住の外国人(日本人含む)が、本当に美味しいコーヒー求めているので東京並みに充実していますが、パタヤは意外とまだまだ。

元々タイ人は甘いコーヒーを好むので、甘さの加減の注文は絶対です。僕は「少しだけ甘くして(タイ語でタム ワーン ニッノイ)」とオーダー。好きな席に座って待っていると、持ってきてくれます。

パタヤグルメ 絶景カフェ

段差があるので、どこの席に座っても海が見えます

パタヤには岬の断崖を使った絶景カフェや絶景おしゃれレストランができているのですが、どこも高い!ここはローカルの人たちが通える安いカフェですが、きちんと美味しいコーヒーを豆からひいて作ってくれます。19時までやっているので、夕陽の時間に行くのも最高です。パタヤの夕日は素晴らしいですよ!

僕はここで景色をながめながらSNSやメールのチェックをしますが、団体は時々、タイ人家族が来る程度で、そこまでは混雑はしません。夕日を見るために夕刻は混むとのうわさはありますね。

1時間くらいぼーっとしながら過ごせるパタヤで一番お気に入りのカフェ。特にパタヤを発つ朝に来ると、感慨深くて涙が出てきちゃいます。おじさんが1人でうるっとしていると、注目の的ですね。

皆さんも、ぜひ行ってみてください!

パタヤグルメ 絶景カフェ

おじさんが、おじさんに見られている・・・・

コーヒーブレイクパタヤ(Coffee Break Pattaya)

所在地:Phra Tamnak, Pattaya City, Bang Lamung District, Chon Buri 20150

アクセス:ビーチロードからソンテウ、タクシー、バイクタクシーで約10分。レンタルバイクでの移動もおすすめ

営業時間:9:00~19:00

公式facebook:Coffeebreak pataya

パタヤグルメMAP

2021年・コロナ明けのタイ旅行はパタヤへGO!

パタヤは典型的なパタヤ好きおじさんのもだけではありません。バンコクから気軽に行けるので、バンコク&パタヤ旅の都会と海を楽しむ旅は断然おすすめです。

筆者も含めタイに行けないコロナ禍の2020年ははっきり言って地獄。早く過ぎ去ってほしい~。2020年9月現在、タイ国内の旅行関係部署の見解は様々で

「最速で2021年明け~春節、中間を取って5月~8月、最悪で2021年末」。

という意見が出ています。詳しくはこちらのブログを要チェック!

「最悪2021年末までタイに行けない」=「それ以上伸びることはない」

よく取ればそういうことです。2021年にはタイ旅行再開の可能性が大きいということ。中間を取って5月~8月、夏休みあたりにはもう何か希望が見えそうな気がしてきますよね。これはおすすめの旅行会社トラベル・スタンダード・ジャパンでツアーの予約をしておいたほうがいいかもしれません。

タイは2020年は多くのキャリアが新型コロナウィルス感染拡大の影響で破綻しました。LCCもそうです。通常の入国ができるように戻っても、シートはソーシャルディスタンスのために少なく、値段は以前より上がります。今の予約が最大のチャンスなのです!

「何言ってるの?旅行に行けないかもしれないでしょ?」と思う方、もし下の条件だったらどうします?

 ◆ツアー出発日直前までに、双方の国の入国制限緩和が間に合わなければ、ツアー催行を中止。返金してくれます!

◆トラベル・スタンダード・ジャパンのツアーは31日前までならキャンセル可能。もちろん返金してくれます!

これなら損をすることはありません。絶対に行きたいという人はとりえず予約しておいても良いでしょう。

トラベル・スタンダード・ジャパンのパタヤツアーは全てタイ・バンコクスワンナプーム空港からの往復日本語ガイドの送迎付き!

旅慣れた人は空港からバスで行くという人も多いですが、初めての人や、着いてすぐ何も考えずにパタヤに直行したい!という人には断然おすすめです。

※ツアーエリアにより、一部返金できない料金が発生する場合があります※ツアー中止の場合の返金に関する詳細はお気軽にお問い合わせください。※ピーク時期は41日前までとなります。時期についてはお気軽にお問い合わせください。

トラベル・スタンダード・ジャパン
(アジア専門ダイヤル)
TEL:03-6732-1908 電話で無料相談する
この記事のカテゴリー・旅先・キーワード
ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月-土 10:00-18:30/日祝 休業

03-6630-0202
TOP