インドネシア(バリ島)に行ける?
行くためには何が必要?
新型コロナ関連インドネシア(バリ島)渡航最新情報

インドネシア(バリ島)入国・帰国条件

日本からのフライト情報

■デンパサール
直行便
なし

経由便
NRT:PR毎日
HND:SQ毎日
KIX:PR/SQ 毎日
NGO:PR毎日
FUK:PR毎日

インドネシア(バリ島)への入国

ワクチン接種証明書
パスポート及び有効なビザ・入国許可等
アプリへの登録
電子税関申告書(e-CD)のQRコード

<入国地点>
イ・グスティ・ングラ・ライ国際空港、タンジュン・ブノア港

①ワクチン接種証明書
到着時に、ワクチン接種証明書を提示する
※出発の14日以上前に2回目のワクチン接種を完了していることが英文で記載されていること。
※18歳未満の子供は不要。
※医療上の理由によりワクチン接種ができない場合、
 国立病院の発行する証明書の提示で入国可能。

②パスポート及び有効なビザ・入国許可等
・残存有効期間が6か月以上あるパスポートが必要。
・査証または入国許可を提示する。
バリ島のイ・グスティ・ングラ・ライ国際空港及びタンジュン・ブノア港における日本人に対する観光及び公用目的の特別到着ビザの発給が開始。
詳細は下記
https://www.id.emb-japan.go.jp/visaj_10_01.html

※最新の査証申請手続きの詳細や実際の運用状況については、入国管理総局や入国管理事務所、
在京インドネシア大使館または在大阪インドネシア総領事館にお問い合わせください。
最新の査証申請手続きの詳細や実際の運用状況については、入国管理総局や入国管理事務所、
在京インドネシア大使館または在大阪インドネシア総領事館にお問い合わせください。

※2022年11月9日より、外国人観光客向けに発給している到着ビザについて、
 入国前にオンラインで取得が可能なオンライン到着ビザ(e-VOA)の運用が開始される。

<オンライン到着ビザ(e-VOA)>
入国目的:観光、商談、商品購入、会議、政府関係用務、トランジット目的
ビザ有効期限:90日
入国後の滞在可能期間:最長30日以内
ビザ発行代金:50万ルピア(クレジットカード決済)
必要書類:残存有効期間6か月以上のパスポートの顔写真ページ
     パスポートサイズの顔写真
     Eメールアドレス
     クレジットカード
※渡航14日前から申請可能。48時間前までに申請リクエストを行うことが推奨される。

③アプリへの登録
到着前に「pedulilindungi」というアプリをダウンロードし、アカウント登録する。
<入国時の手続き>
・到着時に検温し、37.5度未満であれば入国へ進む。
・到着ビザの購入手続き
・入国審査
・荷物の回収、荷物の消毒
・税関検査 
万が一、37.5度以上だった場合は、実費にてPCR検査
検査後、同じ流れで入国しホテルへ直行
・ホテルの部屋でPCR検査の結果を待つ。PCR検査の陰性結果が判明するまでは部屋から出ない。自宅で結果を待つ場合、待機中は他の人と直接のコミュニケーションを取らない。
・PCR検査結果が陰性であれば、予定されていた活動を実施できる。
※18歳未満の子供は登録不要。

④電子税関申告書(e-CD)のQRコード

インドネシア(バリ島)のPCR検査を受けられる病院

▼弊社にて現地PCR検査手配可能です。
<バリ島>
①ホテルでのPCR検査プラン
お1人様 18,000円
ご宿泊ホテルで出国前PCR検査を行うプラン。
②病院でのPCR検査プラン
お1人様 18,000円
ホテル⇔病院の往復送迎&日本語ガイドが付いた病院でPCR検査を行うプランです。
※①/②ともに ウブド/ウルワツ/チャングー/チャンディダサエリアご宿泊の場合は、+1,000円追加。

PCR検査サポートプランでは、バリ・マンダラ病院やウダヤナ大学病院と提携しております。

インドネシア(バリ島)へから日本への入国

①出国72時間以内のPCR検査の陰性証明書の提出※
②Visit Japan Webの登録
③質問票の提出(ファストトラックを利用できない方)
④ワクチン接種証明書※

▼2022年10月11日以降の入国について
全ての帰国者・入国者に対して入国時検査及び入国後の自宅等待機、公共交通機関の不使用等について不要となる。

▼海外から日本へ入国する場合
2022年9月7日午前0時(日本時間)以降、有効なワクチン接種証明書(3回接種が条件)
を保持している全ての帰国者・入国者については、出国前72時間以内の検査証明の提出を求めない。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C073.html

※ワクチン接種が3回未満の方は、引き続き現地でのPCR検査陰性証明が必要。
①出国72時間以内に受検した検査の陰性証明書の提出※
(1)必要情報(以下の内容を検査証明書へ記載する)
・氏名 /生年月日
・検査法/採取検体
・検体採取日時/検査結果
・医療機関名/交付年月日
※すべての項目が日本語または英語で記載されたもの
※原則厚生労働省所定のフォーマットを使用すること
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html

(2)検査方法(以下のいずれかに限る)
①核酸増幅検査(NAAT: Nucleic Acid Amplification Test)
・PCR法(Polymerase Chain Reaction)
・LAMP法(Loop-mediated Isothermal Amplification)
・TMA法(Transcription Mediated Amplification)
・TRC法(Transcription Reverse-transcription Concerted reaction)
・Smart Amp法(Smart Amplification process)
・NEAR法(Nicking Enzyme Amplification Reaction)
・次世代シーケンス法(Next Generation Sequence)
②抗原定量検査(Quantitative Antigen Test(CLEIA、ECLIA))※
※抗原定性検査ではない

(3)検体採取方法(以下のいずれかに限る)
・鼻咽頭ぬぐい液(Nasopharyngeal Swab)
・鼻腔ぬぐい液(Nasal Swab)※
・唾液(Saliva)
・鼻咽頭ぬぐい液・咽頭ぬぐい液の混合(Nasopharyngeal and Oropharyngeal Swabs)
※鼻腔ぬぐい液検体は核酸増幅検査のみ有効

(4)検体採取のタイミング
検体採取から搭乗便の出発予定時刻までが72時間以内であることが必要。

▽指定のフォーマットでの提出が推奨されるが、上記条件を満たしていれば問題ない。
※詳細は下記
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html


②Visit Japan Webの登録
【Visit Japan Webとは?】
入国手続き「検疫」、「入国審査」、「税関申告」をウェブで行うことができるサービス。
海外から入国される方のほか、日本に帰国される方も利用可能。

<利用可能空港>
成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡空港、新千歳空港、那覇空港

<ご利用の流れ>
1.入国(または帰国)前に行うこと
STEP0.アカウント作成/ログイン:新規アカウント作成を行い、ログインする。
             メールアドレスにてアカウントを作成。

STEP1.利用者情報の登録:利用者の情報を登録。
            同伴する家族の情報を登録可能。

STEP2.スケジュールの登録:入国・帰国の予定を登録。

STEP3.必要な手続きの情報登録:登録した予定における入国・帰国の手続の情報を登録。
① 検疫(ファストトラック)
② 入国審査(外国人入国記録)※日本人と、再入国する外国人は不要。
③ 税関申告(携帯品・別送品申告)

2.日本到着時に行うこと
STEP4.入国/帰国の手続でQRコード表示:入国・帰国の手続でQRコードを表示する。
① 検疫のQRコード
② 入国審査のQRコード※日本人と、再入国する外国人は不要。
③ 税関のQRコード

Visit Japan Web(11月1日からファストトラックは登録可能)
https://vjw-lp.digital.go.jp/

③質問票の提出(ファストトラックを利用できない方)
ファストトラックを利用できない場合、質問票記入を事前に終わらせる必要があります。
質問票WEBより回答し、QRコードを作成してください。
QRコードはスクリーンショットで保存または印刷し、検疫時に提示をしてください。
https://arqs-qa.followup.mhlw.go.jp/#/

④ワクチン接種証明書※
ワクチンを3回接種していることが確認できる証明書を検疫で提示してください。
※ワクチン接種が3回未満の方は、引き続き現地でのPCR検査陰性証明が必要。

(1)以下の全ての事項が、日本語又は英語で記載されていること。
・氏名/生年月日/ワクチン名又はメーカー/ワクチン接種日/ワクチン接種回数
(2)政府等公的な機関で発行された証明書のうち、下記のいずれかに該当するものであって、
ワクチンを3回以上接種したことが分かるもの
※日本で発行された証明書は、以下のいずれかに該当するものが有効です。
・政府又は地方自治体により発行された、「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書」
・地方自治体により発行された、「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」
・医療機関等により発行された、「新型コロナワクチン接種記録書」
・その他同等の証明書と認められるもの
(3)以下のワクチン(ワクチン名/主なメーカー)のいずれかを
3回以上接種していることが分かること。
①コミナティ(Comirnaty)筋注/ファイザー(Pfizer)
②スパイクバックス(Spikevax)筋注/モデルナ(Moderna)
③バキスゼブリア(Vaxzevria)筋注/アストラゼネカ(AstraZeneca)
④ジェコビデン(JCOVDEN)筋注/ヤンセン(Janssen)
⑤COVAXIN/バーラト・バイオテック(Bharat Biotech)
⑥ヌバキソビッド(Nuvaxovid)筋注/ノババックス(Novavax)
※ジェコビデン(JCOVDEN)筋注/ヤンセン(Janssen)の場合は1回のみ接種をもって2回分相当とみなします。
※1~3回目で異なる種類のワクチンを接種した場合も、有効と認められます。

インドネシア(バリ島)への旅行

お客様のご希望に合わせた航空券+ホテルの個別手配も承っております!ぜひお気軽にお電話・オーダーメイドフォームにてご相談ください。

営業時間:月-土曜日10:00‐18:00/日祝休
※土曜日はメール対応のみ行っています
(電話は繋がりません)。

営業時間:月-土曜日10:00‐18:00/日祝休
※土曜日はメール対応のみ行っています
(電話は繋がりません)。

現在ツアーを受け付けております。(状況により不催行になる場合がございます。)

インドネシア(バリ島)おすすめツアー

おすすめ特集

その他の国の渡航情報

TOP