ドゥオモ

夫婦でミラノを満喫しました

暮らすように旅をする!
最高に魅力的で大好きな街ミラノ

投稿者/旅行形態:
60代女性 / 夫婦旅行
滞在都市:
ミラノ
旅行期間:
2019年5月15日〜5月20日の6日間

ミラノ(イタリア)旅行体験記・レビュー『暮らすように旅をする!最高に魅力的で大好きな街ミラノ』。【トラベル・スタンダード・ジャパン】をご利用されたお客様によるクチコミ・評判をご紹介します。当社では自由にツアーアレンジが可能、オリジナルのミラノ(イタリア)旅行をお楽しみいただけます。

ミラノ旅行の訪問スポット

ミラノの日常を味わいたい、暮らすように旅がしたい

夫婦で小物や洋服などのセレクトショップを経営しています。今回の旅の目的は年に2回ほどの個人買い付け&ディスプレイの勉強兼夫婦旅行です。でも自分の楽しみでもありますね。買い付けに行くのはミラノが1番多いです。以前、御社に息子とツアーを申し込んだことがありまして、その時ホテルも便利でいい感じでしたので、今回もう一度お願いすることにしました。

観光というよりは、ミラノの日常を味わいたい。普段のミラノの人と触れ合いたい。暮らすように旅をしたい。お洒落な人たちを眺めたり、奥まった路地の先で静かに生活してる人を眺めたり…。そんな現地の暮らしを味わえる旅をするのが目的でした。

1日目は夜到着。スーパーで食料を買ってホテルでゆっくり

初めてのドバイ乗り換えでしたが、運良くスムーズでした。夕方6時半くらいに到着。今回の滞在先は「ホテル コラーロ」。ホテルの周りは、あまり何もなく比較的静かな場所でした。近くのスーパーで食料と飲み物を買い、ホテルの部屋で食事をしました。

街並み

ミラノの街並みとミラノっ子たち

2日目 ミラノの街散策とアペリティーボを楽しむ

2日目は快晴。ドゥオモからトリノ通り、ポルタティチネーゼを歩き、ミラノの風や街並み、お洒落なお店やミラノっ子たちを楽しく眺めました。帰りは、ナヴィリオ地区でアペリティーボを楽しみました。運河沿いで景色が良くて素敵でした。ナヴィリオ地区は最近ではまあまあ有名になってきましたが、以前は全然有名じゃなかったんです。昔は日本人に全然会わなかったけど、最近はチラホラ見かけるようになりましたね。地元の人が行き交う場所は、自分が観光客であることを忘れて、ミラノっ子気分を味わえるので、とても気に入っています。

ハッピーアワーの時間帯から、それぞれのお店が個性を出してアペリティーボをやっていてどこも賑わっています。壁ひとつ取ってみても、軒を連ねるお店に負けないお洒落さは、イタリアならでは。運河沿いをゆっくりお散歩しながら「こんなお店あったのか!」「今度はあのお店に入ってみようかな♪」と見て歩いてるだけでも楽しいです。

ナヴィリオ地区

ナヴィリオ地区

アペリティーヴォ

アペリティーヴォを楽しみました!

 5つ星エアライン カタール航空利用!ミラノへ行くツアーはコチラ

3日目 街歩き&昔馴染みのピッツェリアでディナー

3日目もドゥオモの周りを歩き、モスコバ駅からガリバルディーの駅までお店を見て歩きました。いわゆる観光らしい観光はせずに、古い教会や景色を見ながら歩きました。それだけで幸せです。

ホテルの近くのマックマオン通りで、たまたまピアノフェスをやっていたので、通りすがりに立ち止まって耳を傾けました。年に一度開催されているんだそうです。素敵な雰囲気に音楽がとても合っていました。

この日は地下鉄リマ駅からブエノスアイレス通りを歩きました。お昼はホテルで食べ、夜はリマから歩いて10分ほどのピッツェリアでディナーをしました。こちらのお店は、20年来のオーナーの店で、長い間通っているわたしたちのお気に入りのお店なんです。

ドゥオモ

荘厳な「ドゥオモ」にて

ピアノ

通りすがりに聴いたピアノフェス

4日目も街に繰り出しミラノっ子やディスプレイ観察

4日目はスターバックスでまったりしてから、成り行きで知らない道を歩いてみることに。街をのんびり散策しました。ミラノのウィンドウショッピングは本当に楽しい!歩いて眺めているだけで幸せな気分になれます。ミラノはファッショナブルな街なのに、小道をのぞくと古い建物や教会があったりと、深い味わいがあります。新しいものと古いものが共存している街なんです。ローマやフィレンツェなどと違って、観光名所はそう多くありません。でも、一本路地に入ると、また新しい発見がある。そういうのを掘り下げていく楽しみ方があるんです。

ディスプレイ

お店のお洒落なディスプレイを見て勉強

ディスプレイ2

ファッショナブルなお店が連なるミラノの街

 5つ星エアライン カタール航空利用!ミラノへ行くツアーはコチラ

最終日も飛行機の時間までまったり過ごしました
が、ハプニングが・・・!

最終日もポルタロマーナの駅の近くでまったり過ごしました。夕方、地下鉄で中央駅まで行ったのが間違いだったのかもしれませんが、空港に向かうバスの中でスリに遭い携帯が盗まれた事に気が付きました。空港の警察で被害届をお願いしましたが時間がかかり、出発に間に合わないので諦めました。30年近くミラノに行ってますが初めての経験でした。残念ですが、やはりスリは多いです。行かれる方は、その点はお気をつけ下さいね。

ミラノの魅力

ミラノは、街そのものが魅力的で、まるで美術館を歩いているようです。理屈ではなく、本当にいつも行きたくなるし、ミラノに滞在しているときはそれだけで幸せです。大都市の割に考え方や生活ぶりが古風で素朴な感じもします。わたしは九州出身なんですが、なぜかミラノに行くと故郷に帰ってきたような懐かしい気持ちになるんですよね。どこか日本的な、古き良きものを大切にする、それでいて、ちょっと田舎っぽい素朴な考え方があるのかもしれません。

昔は本当に働かないイタリア人という印象が強かったですが、今はそうでもないかもしれません。でも、楽しむことが大好きで、遊ぶことをとても大切に考えている人たち。イタリアのTVはつまらないので(笑)、みんな外で楽しむのかもしれないですね!だからこそ、あんなにアペリティーボが流行っているのかも。家族や友人との時間を何より大切にするイタリアの人々の習慣なのだと思います。

例えば、閉店時間1分前にお店に行っても「もう閉めるから明日おいで」と開けてくれなかったり、スーパーでレジ係が親しい人と遭遇しちゃって、レジ待ちの行列ができているのに、気にせずお喋りし続ける(笑)。並んでる人たちもそれを気にしないんですよね(笑)。現地の人はそんなことは日常茶飯事で慣れているんです。駅(地下鉄やトラムやバス)でストがあっても誰も慌てない、怒らないその時間さえも楽しむ。駅員さんに聞いたら、「ランチでもしておいで」って。待っている人たちは、待つことを気にもせずにお喋りを楽しんでいます。

ストレスや怒りがない、楽しむ気質なんでしょうね。考え方が違うし、生活様式が違うんです。はじめは驚きましたしストレスも感じましたが、今はわたしも慣れ、そんなミラノっ子たちが大好きですし、この街の魅力だと思っています。そう、ミラノの人々は人生を楽しむ達人なんですよね。

素敵なお花屋さん

街角

街角。1本路地を入るととても静か

濱崎さん、ありがとうございました!

お世話になっております。何度も何度もお電話でお話させていただき、大変だったと思います。お手数をおかけいたしました。おかげさまで、とても楽しい旅となりました。いつもご丁寧にご対応いただきまして、感謝しています。ありがとうございました!

ファッションの最先端都市<ミラノ>

トッレ・ブランカから見たミラノの街並み
羽田深夜発/5つ星エアライン カタール航空/フリープランでアレンジ自在
  • 5日間
  • 6日間
  • 7日間
  • 8日間
1名様あたり

75,000円201,000円

旅行代金+燃油代金 0円含む

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

79,000円207,000円

旅行代金+燃油代金 0円含む

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

82,000円216,000円

旅行代金+燃油代金 0円含む

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

86,000円254,000円

旅行代金+燃油代金 0円含む

※諸税等別途必要

重要!

03-6630-0202
当社のツアーはアレンジ自由自在!
当社のツアーはアレンジ自由自在!

お電話でもご予約・ご相談承ります。営業時間:月-土 10:00-18:30/日祝 休業

こちらの記事もオススメ

お客様のご旅行日程

1日目
羽田発〜ドバイ経由~ミラノ着(エミレーツ航空)
【宿泊】機内
2日目
ミラノ観光
【宿泊】ミラノ
3日目
ミラノ観光
【宿泊】ミラノ
4日目
ミラノ観光
【宿泊】ミラノ
5日目
ミラノ発〜ドバイ経由~
【宿泊】機内
6日目
羽田着(エミレーツ航空)
TOP