バリ島基本情報バリ島基本情報

バリ島に行く前に基本情報をチェックしましょう。学生向け格安ツアー、女子旅におすすめ、ファミリーに人気など地域別専門スタッフが4万本以上のツアーコースの中から「宿泊数」「ホテル」「航空券」などお客様に沿った旅行をご提案。顧客満足度が高い理由も他社にはできない「自由自在なアレンジ」が可能です。

バリ島 バリ島

正式国名
インドネシア共和国 Republic of Indonesia
首都
ジャカルタ Jakarta
人口
約2億5500万人
面積
約190万4569平方キロメートル
時差
首都ジャカルタ=2時間(日本より2時間遅れ)
バリ島=1時間(日本より1時間遅れ)

バリ島/ウルン ダヌ ブラタン寺院

神の力が宿る島、バリ島を満喫したい!

インドネシア・バリ島は、美しいビーチのほか、火山や水田が広がる自然豊かなアジア屈指のリゾート地です。宿泊施設も充実しており、ラグジュアリーな滞在ができるため、ウェディングやハネムーン先としても人気があります。スパ&エステ、遺跡やパワースポットも、バリ島ならではの魅力です。神秘的な島で最高のビーチリゾートを満喫いただけます。

気候と服装 気候と服装

ベストシーズン

インドネシアは赤道直下の熱帯性気候のため、乾季と雨季のふたつの季節があります。バリ島に関してはおおむね4月~10月が「乾季」で、11月~3月が「雨季」となります。乾季は湿度があまり高くならずに過ごしやすく、雨季は午後になるとスコールのような大雨が降り、湿度も高くなります。ただし、雨季でも一日中雨が降るということはありません。

服装

年間を通じて南国らしい気候のインドネシアでは、基本的に一年中、半袖で生活を送ることができます。日差しが強いため、紫外線対策も必要です。
動きやすく通気性の高い服装がおすすめですが、強烈な蒸し暑さとは相反して、建物や乗り物の中は冷房が非常に強いため羽織る上着なども必要です。
寺院やラマダンの期間は露出の低い服装にすることがポイントです。

言語 言語

言語

公用語はインドネシア語。
大型スーパーやカフェ、お土産屋さんなどは英語がある程度通じる場合もあります。

パスポート/ビザ パスポート/ビザ

ビザ(査証)

観光目的で滞在期間が30日以内の場合は査証は不要です(滞在延長不可)。

パスポート(旅券)残存期間

インドネシア入国時に残存有効期限が6ヵ月以上必要です。

※ビザ・パスポート等の情報は、予告無く変更になる場合がございますので、必ず詳細については、大使館、領事館へご確認ください。
※記載内容はすべて、日本国籍の方の、観光目的の場合のものです。外国籍の方、他目的の方は、大使館、領事館へご確認ください。

パスポート/ビザについての問合せ先

  • 在本邦インドネシア共和国大使館 代表 TEL 03-3441-4201 HP
  • 在インドネシア日本国大使館 HP

入国と出国 入国と出国

インドネシア・バリ島 入国について

日本からバリ島へは、成田、大阪からガルーダインドネシア航空の直行便が運航しています。また、経由便であれば、成田、羽田、大阪、名古屋、福岡などから見毎日フライトがあります。所要時間は、バリ島までは直行便なら約7時間30分、ジャカルタ経由なら約13時間30分、マニラ経由で約10時間程度です。
飛行機の中では税関申告書が配布されます。デンパサール空港に到着し、税関審査の時に提出しますが、機内で記入しておくと入国がスムーズです。

インドネシア・バリ島 出国について

混雑することもあるので、余裕を持っていきましょう。特にハイシーズンには注意が必要です。搭乗手続きを終えたら、出国カウンターでパスポート、航空券を提示しましょう。

通貨/両替/チップ 通貨/両替/チップ

通貨

通貨単位:ルピア
1ルピア=約0.0078円(2019年3月現在)
紙幣は1,000、2,000、5,000、10,000、20,000、50,000、100,000の7種類
硬貨は100、200、500、1,000ルピアの4種類
※2016年12月19日より、インドネシアで新しいルピア紙幣と硬貨が流通スタート。旧来の紙幣・硬貨も今まで通り使用できます。

両替

日本円からルピアへの両替は、バリ島で行う方が良いです。日本の空港や銀行でも両替は可能ですが、米ドルやユーロといった主要通貨ではないためレートが悪いです。バリ島には両替所がたくさんあるので、現地到着後の両替で問題ありません。空港やホテルより、街なかにある両替所のほうがレートが良いのですが、中には観光客を狙ったぼったくりの両替所もあるので、トラブルに遭わないためには、大手の両替所や政府公認店で両替するのが安心です。

チップ

レストランやホテルの料金にサービス料が含まれている場合、基本的には不要です。
タクシーを利用する場合、小額のおつりは要求しないのが慣例となっています。

電話事情 電話事情

インドネシアから日本への電話

国際電話会社の番号は001など数種類、日本の国番号は81、市外局番の最初の0は不要
国際電話会社の番号(どれかひとつ)
001、007、008、009

81(日本の国番号)

相手先の電話番号(市外局番の最初の0は取る)

日本からサムイへの電話

国際電話会社の番号:001(KDDI)/0033(NTTコミュニケーションズ)/0041(ソフトバンクテレコム)/005345(au携帯)/009130(NTTドコモ携帯)/0046(ソフトバンク携帯)

010(国際電話識別番号)

62(インドネシア国番号)

相手先の電話番号(市外局番の最初の0は取る)

その他 その他

電圧/プラグ

電圧は220Vで、周波数は50Hz。
プラグは丸ピン2本足のCタイプが一般的なので、 日本国内の電化製品を使用する場合には、変圧器とアダプターが必要です。

治安

バリ島は比較的治安の良い街ですが、スリや置き引き、詐欺など観光客を狙った軽犯罪に気を付け、自分の荷物にはしっかり目を配っておきましょう。街なかの両替所では、ぼったくりの被害に合うケースもあるため、できるだけ銀行や政府公認店を利用することをお勧めします。

マナーとルール マナーとルール マナーとルール

宗教・祝祭日について

2019年の祝祭日
1月1日(火):新年
1月5日(土):クニンガン
2月5日(火):イムレック(中国暦 新年)
3月7日(木):ニュピ(サカ暦 新年)
4月3日(水):ムハマッド昇天祭
4月19日(金):キリスト受難日
5月1日(水):メーデー
5月11日(土) :サラスワティ
5月15日(水):パゲルウェシ
5月19日(日):ワイサック(仏教大祭)
5月 30日(木):キリスト昇天祭
6月1日(土):パンチャシラの日(憲法記念日)
6月3日(月)~ 4日(火):政令指定休日
6月5日(水)~ 6日(木):イドゥル・フィトリ ※断食明け大祭
6月7日(金):政令指定休日
7月23日(火):プナンバハン
7月24日(水):ガルンガン
7月25日(木):マニスガルンガン
8月3日(土):クニンガン
8月11日(日):イドゥル・アドハ ※メッカ巡礼最終日
8月17日(土):インドネシア共和国独立記念日
9月 1日(日):イスラム暦 新年
11月9日(土):ムハマッド降誕祭
12月7日(土):サラスワティ
12月11日(水):パゲルワシ
12月24日(火):政令指定休日
12月25日(水):クリスマス

マナーについて

バリ島では、新年のニュピに、外出や火を使用することは一切禁じられています。旅行者も同様で、緊急時でもない限りホテルの敷地を出ることはできないので、注意が必要です。
風習として、不浄の手とされている左手で、食べ物を持ったり、握手を求めてはいけません。また、頭は精霊が宿る神聖な場所なので、相手が子供でも頭をなでてはいけません。