ピッティ宮殿

整備された庭園が素晴らしい!ピッティ宮殿

風邪引いちゃったけど…
楽しく良い思い出を作れた!
フィレンツェ・ハネムーン!

投稿者/旅行形態
30代女性 / ハネムーン
滞在都市
フィレンツェ
旅行期間
2018年7⽉13⽇~7⽉19⽇の7日間

フィレンツェ(イタリア)旅行体験記・レビュー『風邪引いちゃったけど…楽しく良い思い出を作れた!フィレンツェ・ハネムーン!』。【トラベルスタンダードジャパン】をご利用されたお客様によるクチコミ・評判をご紹介します。当社では自由にツアーアレンジが可能、オリジナルのフィレンツェ(イタリア)旅行をお楽しみいただけます。

フィレンツェ旅行の訪問スポット

丁寧に話を聞いていただき、
柔軟に対応していただけたのでお願いしました!

会社の結婚休暇という制度を利用して、新婚旅行でイタリアのフィレンツェに行って来ました!
夫が鞄などの革小物が好きで「フィレンツェに行ってみたい」と言っていたことから、行先はフィレンツェに決まりました。色んな高級ブランドのアウトレット「ザ・モール」を、さらに安く買えるセール時期に見てみたいというのも目的の一つでした。私は、観光や食べ物をメインに楽しむつもりでしたが、夫に革製品について色々と教えてもらい、ショッピングも楽しめました。

ツアーは費用を抑えて1都市か2都市で、内容を自由に決められるプランを探していました。探し始めが遅かったので、私たちの希望に合うツアーはどこの会社でも「もうないです」と断られることが多く、御社も最初に問い合わせしたツアーはすでにありませんでした。けれど、御社はこちらの希望や予算の上限をヒアリングしてくださり、代案をいくつか出してくださいました。2都市だと移動で結構忙しくなってしまうというアドバイスもいただき、今回はハネムーンなのでゆっくり過ごしたいという思いもあったので、フィレンツェのみに滞在することにしました。そういう風に丁寧に対応してくださった会社は他にどこにもなかったので、御社に旅行の手配をお願いすることに決めました。予算は若干オーバーしたけれど、希望を叶えてくれるようなご提案をしていただき、本当に良かったです。

イタリア第2の都市フィレンツェへ出発!

旅行当日は、羽田からドーハを経由して、午後ピサに到着。空港から直接フィレンツェ行きの電車に乗れるものだと思っていたのですが…。フィレンツェ行きの電車には、ピサ空港から1駅電車に乗ってピサ中央駅まで行きそこから乗るそうで、その認識がなかったので戸惑いました。欲を言えば、予約の時にそのことを案内してくれたら良かったかな。フィレンツェに到着して、ひとまず荷物を置くためホテルにチェックインしました。宿泊したホテル「Grand Hotel Baglioni」は本当に駅からすぐのところにあり、とても立地が良くて便利でした。

ホテル室内

重厚感あるホテルの室内

行きの飛行機の中で私は風邪を引いてしまい、急にのどが痛くなってしまったので、まずは薬局を探しに行きました。機内のクーラーが効いていてものすごく寒かったので、寒さと乾燥でやられてしまったのだと思います。
薬局で薬を買って、ガイドブックに載っていたいたレストラン「イル・ラティーニ」へ。お店に行ったらまだ開店前でオープンまで時間があったので、近くでウィンドウショッピングをして時間をつぶしていました。「イル・ラティーニ」はフィレンツェ名物の巨大ステーキ「ビステッカ」が有名なお店で、地元のお客さんもいっぱい並んでいました。早速ウワサのビステッカを注文してみたら、厚さが5㎝くらいある1kg超えの肉の塊が出てきてビックリ!味は良かったけど、肉がちょっと硬かったかな。「トリノ」というトマトを煮込んだリゾットみたいなものの方が、私は美味しかったです。2人で分けて食べてお腹いっぱいになりました。

ビステッカ・アッラ・フェオレンティーナという1.3キロのTボーンステーキ

「ビステッカ・アッラ・フェオレンティーナ」という1.3㎏のTボーンステーキ

ハイ・ファッションのアウトレット「ザ・モール」へ

翌日はアウトレット「ザ・モール」に行きました。フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅近くのバス停から専用バスに40分くらい乗って行くのですが、ホテルが近かったので行きやすかったです。元々現地価格で安い上さらにセールで安くなっていたため、私は相場があまりわかっていなかったのですが、夫は安い!と言っていました。そこで靴や鞄、スーツなどを見て1日過ごし、夫は気に入った服やお財布、スーツを日本だと考えられないくらいの割引価格で買えて満足していました。お昼はGUCCIカフェでクロワッサンサンド。日本のGUCCIカフェだと3,000円くらいするけれど、現地では意外とそこまで高くなかったです。

ザ・モールのGUCCIカフェの写真

日本ほど高くなかったGUCCIカフェ

20時頃フィレンツェに戻り、ホテルの近くをぶらぶら歩いて、たまたま入ったレストランで夕ご飯を食べることにしました。そこでミートソースみたいな具が入ってるラビオリ?の上にソースがかかっているものと、チキンのグリルをオーダー。お店の人に風邪を引いていることを話したら、店員さんが小さいボトルに入ったレモンのお酒をくれました(笑)。優しい店員さんのご厚意も虚しく、この日の夜ぐらいから私は声が全く出なくなってしまいました…。

ラビオニと鳥を焼いたもの

店名不明のお店で食べた、ラビオリと鳥を焼いたもの

 ハネムーンにピッタリ!芸術の都フィレンツェのツアーはコチラ

バテながら…(笑)ピッティ宮殿を見学

翌日は市内観光で、ピッティ宮殿を見学に行きました。イタリアの夏は湿気がなくて過ごしやすいけれど日差しが強くかなり暑くて、さらに風邪を引いてたのでバテながらでしたが、それはそれで楽しかったです(笑)宮殿内のボーボリ庭園がすごくきれいで、中世から時が止まったような風景を眺めながら、しばらく庭の散策をしていました。
とっても広い宮殿だったので、それだけで14時近くになってしまい、ガイドブックに載っていた近くにある「ゼブ」というお店へ。ランチタイムの営業終了時間間際だったので、走って行って駆け込みで食べられました。煮込み料理が有名なお店のようで、そこで食べたウサギを香草で煮た郷土料理がとても美味しかったです。
ゼブに入る前、別のお店で靴を買ったのですが、うっかり購入した靴をゼブに置き忘れてしまったのです。途中で思い出して取りに戻ったら、お店を半分開けて待っていてくれて、笑顔で渡してくれました。親子で全部手作りしているアットホームな感じのお店で、店員さんも人柄が良く、とても素敵なお店でした。味もとても良かったです。

「ゼブ」で食べたウサギの香草煮とトマトの料理

そのあとガイドブックに載っていたジェラート屋さん「ジェラテリア デッラ パッセラ」でジェラートを食べて帰りました。素材にこだわりがあるお店らしく本当に美味しかったです。この日までは味がわかって食欲もあったのですが、翌日から鼻水が止まらなくなり、だんだん味がわからなくなって来てしまいました…。

ジェラート

おススメ!「ジェラテリア デッラ パッセラ」のジェラート

美しいフィレンツェの景色に感動!

翌日はフィレンツェで有名なドゥオモに行って来ました。大聖堂のドーム型屋根クーポラに登るチケットは売り切れてしまって昇れませんでしたが、隣接するもう一つの塔ジョットの鐘楼には登って来ました。ドゥオモのクーポラに登るには、早めの事前予約が必要だったのかも知れません。全部階段なので休み休み昇って、一番上まで行くには時間が掛かりました。風邪も引いていたので大変でしたが頑張って昇り切り、上から見た景色はすごくきれいで、感動もひとしおでした。ドゥオモでチケットを買ったり見学しているとあっという間に時間が経ちました。ベッキオ橋の辺りを歩く頃には夕方になり、夕日が川面に映ってとてもきれいでした。

ドォーモ隣の建物最上階からの風景写真に写っているのが、ドォーモ

ジョットの鐘楼から見下ろすドォーモのクーポラ越しのフィレンツェの街並み

ベッキオ橋辺りからの夕陽

ベッキオ橋辺りからの夕陽

 ハネムーンにピッタリ!芸術の都フィレンツェのツアーはコチラ

レストランで食事中に押し売りに遭う!

夜ご飯はガイドブックに載っていたお店「イル・グッショ」に行きました。サラダのボリュームがすごく多くて、パンナコッタがとても美味しいお店でした。夫は「お肉も香草が効いていて美味しかった」と言っていましたが、私はそのあたりから味がよくわからなくなってしまったので悲しかったです…。
そのお店で少しハプニングがあって、いきなりバラを持った人が現れ、バラを1本買わされてしまいました。色んなテーブルを回りバラを売りつけてくるのですが、私たちのテーブルが一番奥で最後になり、日本人ということもあってか一番しつこかったです。私が断ったら、今度は夫に「あなたがプレゼントすればいい」と食い下がるので、「じゃあ1本だけ…」と根負けしてしまいました。お店の中だからと油断していたのですが、お店の中にも押し売りする人が入ってくるので、気を付けた方が良いです。口裏を合わせてるのかわからないけれど、その時たまたまお店の人もいませんでした。

イル・グッショというお店の写真バラ屋が売りに来たところ。

ハプニングがあった「イル・グッショ」での食事

世界最古の薬局でショッピング

翌日の午前中はサンタマリアノヴェッラ教会と、サンタマリアノヴェッラ薬局に行きました。サンタマリアノヴェッラ教会は、ガイドを付けることもできましたが、英語だけだったので、ガイドを付けずに見て回りました。ステンドグラスや絵画もきれいで迫力があり、見るだけでも十分楽しめました。
サンタマリアノヴェッラ薬局は、800年の歴史がある世界最古の薬局で、人気の観光スポットのひとつです。天然のハーブを使ったタブレットや、自然治癒・予防医学の考え方に基づき作られたというたくさんの種類の香水があって、1番有名な匂いの香水を購入して来ました。

サンタマリアノベッラ教会写真

装飾が美しいサンタマリアノベッラ教会

午後は、ザ・モールでもうちょっと見たいものがあったので、再びザ・モールに行きました。両親へのお土産など、前回目星を付けていたものを買って来ました。

イタリアは21時近くまで明るいので、時間の感覚を忘れてしまいます。遅くまで出歩いても危なくないので、いつも気づいたら22時とか結構遅い時間になっていました。体力があれば、めいっぱい遊べるので良いですけどね…(笑)
夜は私が体調が悪く、早く休みたかったので、ガイドブックに載っていたホテルの近くにあるフォカッチャのお店「フォカッチーネ ボンディ」でフォカッチャを買って来てホテルの部屋で食べました。好きな具を注文して色んな組み合わせができ、こだわりのフォカッチャを作っているお店のようです。夫は「すごく美味しかった」と言っていましたが、私はやはりイマイチ味がわかりませんでした…。

ザ・モール帰りバスからの風景:夜8時過ぎているのに明るい。

20時過ぎているのに明るい「ザ・モール」帰りのバスからの風景

職人が作る老舗革工房でバッグをオーダーし帰国!

最終日は「チェッレリーニ」という革製品の老舗工房へ。夫がネットで見てすごく行きたがっていたお店だったので、行くことが叶い夫は喜んでいました。ホテルの近くにあるのですが、普通のアパートの一室にチャイムを押して入るような感じで、外からはわかりにくいお店です。革の色や形を指定して注文すると、腕の確かな職人が作って後日送ってくれるオーダーメイドもできるので、夫はお母さん用にバッグを注文して帰って来ました。

風邪引きでも、楽しく良い思い出が作れました!

旅行中私は体調が悪かったですが、前半は食べ物も堪能できていましたし、楽しい旅行になりました。私はとくに食べ物を楽しみにしていたので、旅の後半は味がわからなくなってしまったのが残念でしたが、それもまた良い思い出になりました。
宿泊した「Grand Hotel Baglioni」は歴史あるホテルで、古いですが雰囲気がありました。お部屋も重厚感があって、バスルームなど広く、たまにトイレが流れにくかったですが、それ以外は快適に過ごせました。水やジュースを部屋に常に補充してくれて、それが無料飲めるサービスがすごく良かったです。ホテルの炭酸水がとても美味しかった!朝食バイキングも美味しく、朝食会場の窓からドゥオモが見えるのも良かったです。会場に入った瞬間感動してしまうくらい、きれいな景色でした。また日本人スタッフの方がいて、気さくに話しかけて下さったり、サービスして下さったりととても過ごしやすかったです。

ホテルの朝食会場からの風景です。

ドゥオモのクーポラが見える!ホテルの朝食会場からの風景

池畠さん、本当にありがとうございました!

帰国後、今度は夫が風邪を引いてしまいました。
旅行中、私は現地で買ったマスクをつけていたのですが、素材があぶらとり紙みたいなタイプのマスクで(笑)、つけていると破れてくるし、顔の油を吸い取るだけでマスクとしての役割を果たさなかったようで、夫にもうつってしまったのかもしれません。日本人とばれて犯罪者に狙われやすくなるという話もありますが、飛行機の中での予防や、現地で万が一風邪を引いてしまった時のために、日本のマスクは持って行った方が良いのかもしれません。

手配は最初から最後まで迅速でありがたかったです。担当の池畠さんは、一番最初に対応してくださった時に代案も出してくださいましたし、こちらから「こうなりませんか?」といくつか要望を出した際にも、とても丁寧に「できること、できないこと」を素直にお伝えくださって、誠実さを感じました。こちらが提出した書類に抜け漏れが多かったので、池畠さんはこまめにご連絡もくださったりと、お手数をお掛けしました。もちろんまた池畠さんにお願いしたいなと思いました。今回は本当にありがとうございました!

03-6630-0202
当社のツアーはアレンジ自由自在!
当社のツアーはアレンジ自由自在!

お電話でもご予約・ご相談承ります。営業時間:月-土 10:00-18:30/日祝 休業

こちらの記事もオススメ

お客様のご旅行日程

1日目
羽田発~ドーハ経由~ピサ経由~フィレンツェ着
【宿泊】フィレンツェ
2日目~5日目
フィレンツェ観光
【宿泊】フィレンツェ
6日目
フィレンツェ発~ピサ経由~ドーハ経由~
【宿泊】機内
7日目
成田着
TOP