世界遺産「シェーンブルン宮殿」の広場にて

世界遺産「シェーンブルン宮殿」の広場にて

令和元年のGW 美食と芸術に
たっぷり触れたプラハ&ウィーン!
リーズナブルなツアーで大感激!

投稿者/旅行形態:
30代女性 / 女子旅、友人旅行
滞在都市:
プラハ、ウィーン
旅行期間:
2019年4月29日~5月5日の7日間

プラハ(チェコ)、ウィーン(オーストリア)旅行体験記・レビュー『令和元年のGW 美食と芸術にたっぷり触れたプラハ&ウィーン!リーズナブルなツアーで大感激!』。【トラベルスタンダードジャパン】をご利用されたお客様によるクチコミ・評判をご紹介します。当社では自由にツアーアレンジが可能、オリジナルのプラハ(チェコ)、ウィーン(オーストリア)旅行をお楽しみいただけます。

プラハ、ウィーン旅行の訪問スポット

令和元年の10連休GWに、驚くほどうれしい価格で中欧2都市へ!

トラベルスタンダードジャパンさんのツアーを利用して、会社の友人とGW期間中にプラハ&ウィーンの2都市に行ってきました。ヨーロッパは、フランス、オランダ、スペイン、イギリスなどに旅行経験があったため、今回は行ったことのない中欧の2都市にしました。令和元年の10連休で日本が盛り上がったGWに、今回の価格で旅行に行けたことはとても感謝しています!まわりの人がみんな「高かったでしょ?」というのですが、ツアー料金を聞いて羨ましがっていましたよ!もう大満足です!

友人と美味しいものをいっぱい食べてきました!

友人と美味しいものをいっぱい食べてきました!

初日は、夜遅くに1都市目のプラハに到着

アエロフロート航空を利用して、モスクワ経由でプラハに到着しました。夜遅い時間でしたのでこの日は寝るだけでした。プラハで宿泊したホテル「オールド プラハ ホテル」は、旧市街やカレル橋まで歩いてすぐで観光に最適!立地抜群でした。古い建物ではありますが清潔感があり過ごすのに快適でしたよ。エレベーターが自身で鉄の引き戸を開けて利用する構造になっていて、そのレトロ感がジブリの映画の中のようで、私は雰囲気抜群でお気に入りでした。

2日目、こぢんまりとしたプラハの街歩きを満喫!

2日目、朝早く起きてプラハの旧市街観光へ。午前中は散策をしながら、チェコのガラス製品やオーガニックコスメなどお買い物を中心に楽しみました。オーガニックコスメのおすすめのお店は、チェコ発の製品が充実の「MANUFAKTURA(マヌファクトゥーラ)」と、日本人が多かった「Botanicus(ボタニクス)」。コスメだけでなく、オーガニック食品なども購入できます。東欧のオーガニック事情は日本より進んでいますので充実していて楽しいです。興味のある方はぜひショップを巡ってみてください!

にぎわうプラハのショッピングエリア

にぎわうプラハのショッピングエリア

その後、「ミュシャ(ムハ)美術館」へ。ミュシャの絵画はアニメのようにカラフルで可愛らしく、美術にそこまで興味がない方も楽しめる、親しみやすい美術館だと感じました。それから王道の「カレル橋」を渡って「プラハ城」へ。プラハ城では衛兵の交代式を鑑賞しました。プラハ城のすぐ横にスターバックスがあるのですが、ここが断崖にあり眺望抜群!プラハの美しい街並を眼下に望みながら、美味しくコーヒーをいただきました!

「カレル橋」の風景

「カレル橋」の風景

プラハ城の城壁内には数々の宮殿や教会などがあるのですが、おすすめは「聖ヴィート大聖堂」!内部には入ってはいないのですが、外観の迫力に圧倒されました!悪魔などの凝りに凝った複雑な彫刻、そして建物全体が経年により黒くくすんでいるのです。その歴史を感じさせる荘厳な雰囲気が抜群に見応えがありました。

聖ヴィート大聖堂のすぐ脇には小さなお店がたくさん集まっていて、チェコのソーセージやチョココロネなどちょっとした食べ歩きを楽しめます。お昼は手軽にここで済ませました。チェコのソーセージはジューシーで絶品でしたよ!

チェコのホットドックをほおばり中♪

チェコのホットドックをほおばり中♪

その後、中心部から少し離れた「ペトシーン展望台タワー」へ向かいました。ロープウェイに乗って到着する広い公園のような場所にある展望台です。見た目はエッフェル塔に似ていて、上りと下りでルートが分かれている、ぐるぐるした階段を上っていきます。エレベーターもありますが、階段の途中で休めるようになっていますし、十分自力で上がれますよ。夕方頃でまだ明るかったので、プラハ城や旧市街など、プラハの街全体を一望できました。

夕食は、チェコ料理・東欧料理を楽しめる「Plzenska Restaurace(プルゼニュスカー レスタウラツェ)」へ。日本の銀座ライオンのような、ビアホール的な雰囲気のレストランです。お目当ては、チェコの郷土料理「豚の膝肉のロースト」。豚の膝と聞くとグロテスクかもしれませんが、驚くほど美味しかったです!なんとなくブヨブヨしているのかなと思っていたら、しっかりとしたお肉!ラグビーボールくらい大きくて食べごたえも抜群、本当に美味しいのでイチオシです!

絶品だった「豚の膝肉のロースト」!

絶品だった「豚の膝肉のロースト」!

 アエロフロート・ロシア航空利用!プラハ&ウィーンへ行くツアーはコチラ

3日目、プラハでお買い物をしてから鉄道でウィーンへ!

3日目は、プラハからウィーンへ14時の鉄道で移動です。プラハはこぢんまりした街なので、昨日1日でまわりたい場所は全て行くことができました。なので鉄道の時間までもう一度オーガニックショップと、それからスーパーに行きチーズなどお土産を購入に専念しました。

ウィーンへの高速鉄道レイルジェットには無事乗車できましたが、電光掲示板に情報が表示されるのが遅くてびっくり!30、40分前にやっと乗車する鉄道名が表示され、乗車ホームが表示されたのはなんと20分前。スーツケースをもって急いでホームへ移動。階段しか見当たらなかったのでホームまでの移動がギリギリで少しあせりましたね(笑)。プラハで鉄道を利用する方は心構えを!

「プラハ城」を背に記念撮影

「プラハ城」を背に記念撮影

ウィーンに到着後、ホテルに荷物をおいてからザッハトルテで有名な「ホテル ザッハー」のレストランへ。夜遅くまで開いていてディナーを食べられるので、地元の方も多く店内はにぎわっていました。私たちも夕食とザッハトルテを堪能しました。

ウィーンで宿泊した「ホテル メルキュール ウィーン ウエストバーンホフ」は、西駅の近くで大変便利、お部屋も広くて快適でした。今回の旅行は、2都市ともホテルを便利なエリアにアップグレードしていただきましたので、おかげさまで効率良く観光スポットを廻ることができました。しかもアップグレードもとてもリーズナブルな価格。本当にありがとうございます!

4日目、ウィーンの名所観光を堪能!

4日目は、ウィーンの主要な名所観光を詰め込みました。最初は「シェーンブルン宮殿」へ。広大な敷地で結構歩きました。その後にいった「美術史美術館」が素晴らしかったです。ピーテル・ブリューゲル、ジュゼッペ・アルチンボルドなどの作品をじっくり鑑賞しました。また、ホールの壁にはクリムトの絵画が飾られています。こちらの作品は移動ができないため、世界でここでしか見れません!必見です。そして美術史美術館内には、天井が吹き抜けになっている大変お洒落なカフェがあります。あまりに素敵でテンションがあがりました!もちろんこのカフェでランチをいただいてきましたよ。

後方に見えるのが「シェーンブルン宮殿」

後方に見えるのが「シェーンブルン宮殿」

「美術史美術館」のエントランス

「美術史美術館」のエントランス

その後は、ウィーン歴史地区にあるシンボル的存在「シュテファン大聖堂」、マリー・アントワネットが過ごした「ベルヴェデーレ宮殿」などを見て廻りました。夕食は、老舗のカフェ・レストラン「Zum Schwarzen Kameel」へ。スペインのタパスのような、見た目にも美しいカナッペを選んで注文できます。とっても美味しかったです!

カラフルで大きなカナッペ!

カラフルで大きなカナッペ!

 アエロフロート・ロシア航空利用!プラハ&ウィーンへ行くツアーはコチラ

5日目は、ウィーン観光+お土産購入+バレエ鑑賞!

シシィチケットを購入しておいたので、「旧王宮(シシィミュージアム、宮廷銀器コレクション、皇帝の部屋)」&「王宮家具博物館」を見学してきました。豪華絢爛な宮廷芸術をたっぷり楽しめました。

その後はお買い物へ。まずオーストリアの高級スーパー「ユリウス・マインル(Julius Meinl)」へ行きました。日本の成城石井のようなスーパーです。ザルツブルクの塩や、ジャムを購入しました。ジャムはどれを買おうか迷っているとき、日本人観光客の方が声をかけてくれました。『Staud‘s(シュタウト)』というメーカーのあんずジャムが絶品で、前は4瓶購入して帰ったとのこと。私もそれを購入して帰って食べたら、本当に美味しい!!ウィーン土産に超おすすめです!

そしてウィーンでもオーガニックコスメショップへ。「Saint Charles Apotheke(セント チャールズ アポテーケ)」というショップに行きました。ブランドというよりセレクトショップになっていて、さまざまな製品をおいています。シャンプーなども販売しているのですが、容器を持って行くとお試しにシャンプーを無料で入れてくれたりするんです。もらって帰って、ホテルで試してから購入などできますので、時間がある方はぜひ試してみてください!

ランチは、老舗カフェ「Café Landtmann(カフェ・ラントマン)」に行きました。観光客が少なく、大使館などのあるエリアなのでハイソな現地の方が多かったです。ウィーン観光中、ブランドバッグを持った人など全然見かけなかったのですが、このレストランはみなさんブランドなどでリッチな装い。店内も高級な雰囲気です。なのに思ったより食事はリーズナブル!グラーシュ(シチューのようなもの)、サンドイッチ、グラノーラ、メランジェ(クリームがのったコーヒー)など、2人でいっぱい頼んでも1人2,000円程度でした。

「Café Landtmann(カフェ・ラントマン)」でのランチ

「Café Landtmann(カフェ・ラントマン)」でのランチ

そして最後の夜は「ウィーン国立歌劇場」でバレエを鑑賞。優雅なひとときを過ごしました。夕食は国立歌劇場の中に入っているレストランでいただきました。牛肉のタルタル(半生の牛肉料理)、ショートパスタとソーセージのコンソメスープなど、ヨーロッパの伝統料理を堪能しました!

6日目の昼頃にウィーンを発ち、翌日の午前中に成田着。本当に大満足の1週間!芸術と美食をたっぷり吸収して、エネルギーチャージできました!

内装がとっても素敵な「ウィーン国立歌劇場」

内装がとっても素敵な「ウィーン国立歌劇場」

大橋さん、GW中なのに本当にリーズナブルな旅をありがとう!

御社のツアーは本当にリーズナブルで驚きました。2都市間の鉄道移動が1回のみで内容もタイトでなく私たちにぴったり。航空券、鉄道チケット、ホテルのフリープランで、自由に観光できて最適でした。しかも観光しやすいように、2都市とも好立地ホテルにアップグレードしていただいたのですが、その料金もGW期間とは思えないリーズナブルさで大満足です!

担当いただいた大橋さん、ホテルのロケーション本当に抜群でした!プラハでは歴史を存分に楽しみ、ウィーンでは音楽と芸術に触れ、多くの観光スポットを巡ることができました。とても感謝しています、ありがとうございました!

友人と素敵な思い出ができました!

友人と素敵な思い出ができました!

価格重視!プラハ&ウィーン2都市周遊7日間

プラハ_イメージ
【成田発】アエロフロート・ロシア航空利用/高速鉄道レイルジェットで2都市を巡る/朝食付き/ホテルアレンジ可能!
  • 5日間
  • 6日間
  • 7日間
  • 8日間
  • 9日間
  • 10日間
1名様あたり

116,000円347,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

122,000円359,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

128,000円415,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

132,000円452,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

138,000円458,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

142,000円402,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

03-6630-0202
当社のツアーはアレンジ自由自在!
当社のツアーはアレンジ自由自在!

お電話でもご予約・ご相談承ります。営業時間:月-土 10:00-18:30/日祝 休業

こちらの記事もオススメ

お客様のご旅行日程

1日目
成田発~モスクワ経由〜
プラハ着(アエロフロート航空)
【宿泊】プラハ
2日目
プラハ城と旧市街観光
【宿泊】プラハ
3日目
午前プラハでお買い物 午後プラハ発〜ウィーン(高速鉄道レイルジェット)
【宿泊】ウィーン
4日目
シェーンブルン宮殿、美術史美術館、シュテファン大聖堂、ベルヴェデーレ宮殿など名所観光
【宿泊】ウィーン
5日目
シシィチケットを利用して旧王宮/王宮家具博物観光&バレエ鑑賞
【宿泊】ウィーン
6日目
ウィーン発~モスクワ経由〜
【宿泊】機内
7日目
成田着(アエロフロート航空)
TOP