アラメダ公園、不思議な人形?と

アラメダ公園、不思議な人形?と一緒に

スペイン北部から中部の首都マドリードまで
5都市を巡った夫婦旅行!旅先での出会いにも感謝

投稿者/旅行形態:
60代男性 / 夫婦旅行
滞在都市:
サンティアゴ・デ・コンポステーラ、オビエド、サンティリャーナ・デル・マル、サン・セバスティアン、マドリード
旅行期間:
2019年6月17日~7月1日の15日間

サンティアゴ・デ・コンポステーラ、オビエド、サンティリャーナ・デル・マル、サン・セバスティアン、マドリード(スペイン)旅行体験記・レビュー『スペイン北部から中部の首都マドリードまで5都市を巡った夫婦旅行!旅先での出会いにも感謝』。【トラベル・スタンダード・ジャパン】をご利用されたお客様によるクチコミ・評判をご紹介します。当社では自由にツアーアレンジが可能、オリジナルのスペイン周遊旅行をお楽しみいただけます。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ、オビエド、サンティリャーナ・デル・マル、サン・セバスティアン、マドリード旅行の訪問スポット

サンティアゴ・デ・コンポステーラなど4都市を追加したカスタマイズ旅行

毎年夫婦で海外旅行をしているのですが、今回はスペインの古い街をメインに旅をしました。初めはマドリードに行ってみたいなぁと思っていたところ、御社のツアーを発見。ビジネスクラスで行けるところも希望通りだったので、お願いしました。サンティアゴ・デ・コンポステーラ、オビエド、サンティリャーナ・デル・マル、サン・セバスティアンも追加で廻るようにカスタマイズ。価格もお手頃だったし、希望通りのプランが組めて嬉しかったです。どちらかというとマイナーな街を廻った今回の旅。スペイン北西部のガリシア地方から、北部のアウトゥリアス州を経て、中部のマドリードまで、スペインの地方を満喫しました!移動時間は長いですが、それでもやっぱり見に行く価値あり!素晴らしいスペイン旅行ができました。

マドリードのウェスティンホテル

マドリードのウェスティンホテル

サンティアゴ・デ・コンポステーラを散策!

到着1日目はサンティアゴ・デ・コンポステーラに夜の到着。この日は食事だけしてホテルで休みました。2日目、3日目は街を観光。サンティアゴ・デ・コンポステーラにはキリストの12使徒、ヤコブの遺骨が祀られていると言われていて、ローマ、エルサレムと並ぶ世界の三大巡礼地の1つなんですよね。巡礼地の最終地点ということもあって、世界中の巡礼者が集まっていました。この街の魅力は、それだけではありません。巡礼地でありながら観光都市としても趣があって、古き良きスペインの雰囲気が味わえます。日本でいうなら金比羅山が京都にあるような感じでしょうか。とても魅力的な街でした。

サンチャゴ ・デ ・コンポステーラに到着

サンティアゴ・デ・コンポステーラに到着

アラメダ公園、不思議な人形?と

アラメダ公園

スペイン国王の始まりの地・オビエドへ

4日目と5日目はオビエドへ。バスで山を超えて揺られること4時間。サンティアゴ・デ・コンポステーラより街が大きくて賑わいがありました。観光客は少なめで地元の人が多いですね。オビエドはスペイン国王の始まりの地。アウトゥリアス王国時代の建物がたくさん残っており、歴史ある建造物が楽しめます。

バスで山を超えて揺られること4時間

バスで山を超えて揺られること4時間

サンタ・マリア・デル・ナランコ教会&サン・ミゲル・デ・リーリョ教会

世界遺産のサンタ・マリア・デル・ナランコ教会とサン・ミゲル・デ・リーリョ教会も素晴らしかったです。2つとも質素で素朴ながらも存在感がある古い教会。帰りは街まで歩いていたら、素敵なご婦人にお会いしました。現地のおばあ様なのですが、私達が道が分からずキョロキョロしながら歩いていたら、ご婦人の方から「どうしたの?」と声をかけて下さって道案内をしてくれました。偶然にも1970年代に、横浜に遊び来たことがあるそうです。スペインの田舎町で渡日したスペイン人と偶然出会うなんて、何だかご縁を感じますよね。正直に言うと、オビエドはスペイン北部を廻るまでの中継点くらい考えていたんです。でも実際に行ってみると大きくて賑わいと歴史がある、見応えのある街でした。

世界遺産サンタ・マリア・デル・ナランコ教会

世界遺産サンタ・マリア・デル・ナランコ教会

1970年代東京にいた事のある素敵なご婦人

1970年代に東京にいた事のある素敵なご婦人

 あなただけのスペイン周遊旅行にアレンジも可能!マドリードへ行くツアーはコチラ

初めて乗ったスペイン国鉄がまさかの故障⁉

6日目はサンティリャーナ・デル・マルへ。前から乗りたいと思っていたスペイン国鉄に乗って移動します。順調に進んでいるかと思いきや、途中で列車が止まってしまうというハプニング!途中で降りてバスに乗り、次の駅からまた列車に乗りましたが、予定通りの時間に中継点の駅に着きました。スペインではよくあることみたいですね(笑)。

EVEが途中で停車!

列車が途中で停車!

街全体が重要文化財の美しい街・サンティリャーナ・デル・マル

そこからサンティリャーナ・デル・マルまでのバスが2時間待ちだったのでタクシーで街まで移動。サンティリャーナ・デル・マルは街全体が重要文化財で、立派な紋章のついたお屋敷などが保存されています。オビエド以上に古くて美しい街です。道路も舗装されていないので、スーツケースを運ぶのが大変でした(笑)。泊まったホテルも15世紀築のサンティリャーナ侯爵の邸宅を改装した建物。アルタミラの洞窟が近いため、観光客も多かったです。

中世そのままのサンティリャーナデルマル

中世の雰囲気そのままのサンティリャーナ・デル・マル

.サンチャゴデコンポステーラに向かう巡礼の道

サンティアゴ・デ・コンポステーラに向かう巡礼の道

アルミタラの洞窟観光&不思議な出会い

翌日はアルタミラの洞窟観光へ。壁画は素晴らしかったですね!ダイナミックで写実的。おおよそ1万3,4千年前の人が描いたとは思えないぐらい精工な画です。そうそう!街のカフェで日本人の奥様を持つご家族と隣席になったんです。残念ながら奥様はいらっしゃいませんでしたが、娘さんが一生懸命通訳してくれて交流できました。この旅行中「日本」がキーワードとなる出会いが2回あって、不思議なご縁を感じました。

日本のハーフのお嬢さんと隣合せ、おりがみ

日本のハーフのお嬢さんと隣合せ、おりがみ

アルタミラの岩絵

アルタミラの岩絵

フランスのサン=ジャン=ド=リュズへ

8日目はオンダリビアへ移動しました。サンティリャーナ・デル・マルからオンダリビアまではバスで5時間ほど。着いた日は食事をしてホテルでゆっくり過ごしました。翌日は電車で国境を超えてフランスのサン=ジャン=ド=リュズへ。リゾート地でありながら、マカロン発祥の地であったり、ルイ14世の結婚式が執り行われた場所であったり、歴史や産業もしっかりしている街です。この日は海をみながら食事して、まったり。前日までは肌寒かったけど、この日からちょうど天気が良くて気持ちよく海辺を楽しめました。

オンダリビア

スペインのオンダリビア

仏のサン・ジャン・ド・リュズ

フランスのサン=ジャン=ド=リュズ

翌日はアンダイエへ。海辺のリゾートを満喫!

翌日は船で渡ってフランスのアンダイエへ。ここも海辺のリゾート地です。サン=ジャン=ド=リュズよりも海岸が広くて、この日もビーチを楽しみました。

オンダリビアから渡し船で10分、アンダイエへ

オンダリビアから渡し船で10分のアンダイエ

前日と打って変わって、マドリードはなんと46℃!

10日目はマドリードへ移動。先日までと気温が大きく変わって、なんと46℃!翌日はにコンスエグラの風車を観光予定だったのですが、そこまでの交通手段がどうも分かりにくい。事前に調べて、コンスエグラのバスの時刻表は分かったけれど、どこのバス会社に頼めば良いのかは分かりませんでした。結局マドリードの到着日に、南バスターミナルへ行ってコンスエグラ行きのバスを確認。その日は「行きは良いけど、帰りのチケットは購入できないよ」と言われて不安でしたが、翌日バスターミナルに行くと往復のチケットを無事に売ってくれました。前日の発言は何だったんでしょうね(笑)。

マドリードはまさかの46℃!

マドリードはまさかの46℃!

 あなただけのスペイン周遊旅行にアレンジも可能!マドリードへ行くツアーはコチラ

コンスエグラの風車は酷暑に注意!

何とかバスに乗って最寄りの駅に着きましたが、なんとバス停からコンスエグラの風車までは徒歩20分ほどかかるそうで。マドリードのこの暑さの中で徒歩20分。しかもまわりは砂漠ですし、照り返しもあって気温50度くらいあったと思います。本当に歩くのが大変でした。コンスエグラの風車は車で行くところですね。バスで行かれる方は、暑さを覚悟して行って下さいね!

.酷暑・強風のコンスエグラ風車群

酷暑・強風のコンスエグラの風車

最終日は美術館で涼しく観光

最終日はマドリード市内観光。といっても外は暑すぎるのでホテル前のティッセン=ボルネミッサ美術館に行きました。外は暑すぎて、とても歩けません(笑)。美術館は人が少なくてゆっくり見れて良かったです。それからプエルタ・デル・ソル(「太陽の門」を意味する広場)に行き少し買い物をしたり、スペイン最終日をゆっくりと過ごしました。

プラド美術館近くの美味しいバル・レストラン

プラド美術館近くの美味しいバル・レストラン

スペインのグルメも楽しみ尽くしました!

サンティアゴ・デ・コンポステーラはバル「ENXEBRE」「cafe casino」が美味しいお店でした。「ENXEBRE」は魚介類が美味しかったです。「cafe casino」はこじんまりしていて温かみのあるお店でした。食べ物のtake outもできます。オビエドでは「MANUEL CAMPA」、サンティリャーナ・デル・マルではホテル カサ デル マルケスの朝食が最高でした。オンダリビアは有名な「La Hermandad de Pescadores」に行きましたが、こちらも美味しかったです!漁業組合の一部がレストランになっているだけであって、魚介が新鮮で美味しかったですね。予約なしでも入店できますよ。マドリードでは「La plateria」のパエリアが美味しかったですね。

オンダリビアの「漁師組合」

オンダリビアの漁業組合の有名レストラン

サンチャゴ・デ ・コンポステーラの美味しいバル・「ENXEBRE」

サンティアゴ・デ・コンポステーラの美味しいバル「ENXEBRE」

プライベート感のあるカタール航空のビジネスクラス

カタール航空の新しいビジネスクラスは、通路に扉がついていて完全な個室になっていました。プライバシーが保たれていて、すごく良かったです。快適で驚きました。

カタール航空のビジネスクラスは快適でした!

カタール航空のビジネスクラスは快適でした!

要望に沿った提案をして下さった新井さん

新井さんにはこちらの要望にマッチした的確なプランの提案をして頂きました。連絡の返信も早く、マメな対応に大変助かりました。新井さん、出発まで良くしていただいてありがとうございました!おかげさまで歴史深いマイナーな街を巡る、素敵な夫婦旅行となりました。

カタール航空の新ビジネスクラス利用!マドリード8日間

カタール航空ビジネスクラス/イメージ
【羽田深夜発】世界最高評価の5スター・エアライン「カタール航空」の新ビジネスクラス利用/4つ星ホテル『エンペラドール』宿泊/他都市と周遊などツアーアレンジ可能!
  • 5日間
  • 6日間
  • 7日間
  • 8日間
1名様あたり

329,000円647,000円

旅行代金+燃油代金 0円含む

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

342,000円659,000円

旅行代金+燃油代金 0円含む

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

355,000円671,000円

旅行代金+燃油代金 0円含む

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

367,000円684,000円

旅行代金+燃油代金 0円含む

※諸税等別途必要

重要!

03-6630-0202
当社のツアーはアレンジ自由自在!
当社のツアーはアレンジ自由自在!

お電話でもご予約・ご相談承ります。営業時間:月-土 10:00-18:30/日祝 休業

こちらの記事もオススメ

お客様のご旅行日程

1日目
羽田発~ドーハ・マドリード経由
~サンティアゴ・デ・コンポステーラ着
【宿泊】サンティアゴ・デ・コンポステーラ
2日目~
3日目
サンティアゴ・デ・コンポステーラ観光
【宿泊】サンティアゴ・デ・コンポステーラ
4日目~
5日目
オビエド観光(サン・ミゲル・デ・リーリョ教会)
【宿泊】オビエド
6日目~
7日目
サンティリャーナ・デル・マル(アルミタラの洞窟)
【宿泊】サンティリャーナ・デル・マル
8日目~
9日目
オンダリビア、サン・ジャン・ド・リュズ観光
【宿泊】オンダリビア
10日目~
13日目
マドリード観光(コンスエグラの風車、ティッセン=ボルネミッサ美術館、プエルタ・デル・ソル)
【宿泊】マドリード
14日目
マドリード発~ドーハ経由~
【宿泊】機内
15日目
羽田着
TOP