アンコール・ワット(左)ハロン湾(右)

アンコール・ワット(左)ハロン湾(右)

カンボジア・シェムリアップ、ベトナム・ハノイ 家族旅行体験記・レビュー

世界遺産を巡るのがライフワーク! 家族でカンボジアのアンコール・ワット&ベトナムのハロン湾の2カ国周遊旅行へ!
投稿者/旅行形態:
50代女性 / 家族旅行
滞在都市:
シュムリアップ(カンボジア)、ハノイ(ベトナム)
旅行期間:
2023年8⽉19⽇〜8月24日の6日間

シュムリアップ(カンボジア)、ハノイ(ベトナム)旅行体験記・レビュー『世界遺産を巡るのがライフワーク!家族でカンボジアのアンコール・ワット&ベトナムのハロン湾の2カ国周遊旅行へ!』。【トラベル・スタンダード・ジャパン】をご利用されたお客様によるクチコミ・評判をご紹介します。当社では自由にツアーアレンジが可能、オリジナルのアジア周遊旅行をお楽しみいただけます。

カンボジア、ベトナム旅行の訪問スポット

息子が来年社会人になるので、行けるうちに家族全員での旅行へ

家族でカンボジア&ベトナムの2カ国周遊旅行に行ってきました。私と夫と2人の息子の4人での参加。息子の1人は今年社会人、もう1人は来年社会人になるので、4人での家族旅行も難しくなるだろうと今回の旅へ。2カ国周遊の旅は、世界遺産巡りがライフワークの私たちには最適なプランでした! 国内でも海外でも世界遺産を巡るのが好きで、今回はヨーロッパ方面も検討していたのですが、休める日数に限りがありますし、現地滞在時間を長くしたいのでアジア方面へ行くことに。新聞の折込チラシを見たり、ネットで探したりしていると、2カ国周遊が魅力でしたのと、コスパがよさそうでしたので、トラベル・スタンダード・ジャパンさんのツアーを利用させていただきました! 暑さは大変でしたが、とても充実した旅になりました!

1日目、カンボジアのシュムリアップに到着し軽くホテル周辺を散策

8月19日、ベトナム航空で成田を10時頃に出発しハノイで乗り継いで、滞在1都市目のカンボジアのシュムリアップには17時頃に到着しました。空港〜ホテル間はツアーに送迎が付いていたので、問題なく送迎車に乗ってホテルまで移動しました。チップの要不要がわからず、この時はチップは渡さずでした。ホテルにチェックイン後、外にお散歩に出てみると、田舎っぽい風景に驚きました。歩ける範囲で軽く散策を楽しみました。

ホテルのお部屋からの景色

ホテルのお部屋からの景色

夕食はホテル向かいのクメール料理のレストランにて。おかずを頼むとサービスでご飯が付いてきて、定食みたいなかんじでした。あとはホテルに冷蔵庫があったので、飲み物などスーパーで買い出しをしてからホテルに戻りました。

クメール料理

クメール料理

アンコール パラダイス ホテルの外観アンコール パラダイス ホテルの外観

アンコール パラダイス ホテルの外観

シュムリアップで宿泊した「アンコール パラダイス ホテル」は、新しくはないですがリゾートホテルというかんじで広々としていました。お部屋の中もゆったりとしていて快適でした。

2日目、遺跡群の観光へ、やはりアンコール・ワットが素晴らしかった!

8月20日、まずはホテルで朝食ビュッフェをいただきましたが美味しかったです。その後はアンコール遺跡群の観光へ。オプショナルツアーは付けずに、自転車をレンタルして自分たちでまわる予定にしていました。ホテルから歩ける距離のところで自転車をレンタルし、入場ゲートに行ったら、そこではチケットは買えませんでした。市内にあるアンコール遺跡群チケット販売所で購入が必要で、6ドル出せばバイクで送ってあげると言われ、主人に市内に戻って買ってきてもらいました。1時間くらいロスしてしまいました(汗)。

自転車での観光

自転車で自由に観光

遺跡巡りの中でもメインの「アンコール・ワット」はやはり素晴らしかったです。現地ツアーに参加したわけではないので写真スポットなども分かりませんでしたが、遺跡とその周辺の風景はとってもきれいで感動しました! 日本では木の建造物が多いので復元しているものが多いですが、アンコール・ワットは以前の姿がそのまま残っていて非常に見応えがありました。

アンコール・ワット

アンコール・ワット

アンコール・ワットへの1本道

アンコール・ワットへの1本道

後は「アンコール・トム」を見に行って、その他小さい遺跡をいくつか見学しました。全て自転車でまわりましたが、とにかく暑くて暑くて大変でした。テントを張った露店がたまにあるので、そこでペットボトルをしょっちゅう購入しました。お水が1ドル、ポカリが2ドルくらいでした。何度も給水しながら5〜6時間かけて観光しました。暑い時期で大変でしたが、自分たちで自由に巡る楽しさは味わえました! 市内までも時間がかかるので、15時くらいにはシュムリアップ市内への帰路につきました。

アンコール・トム

アンコール・トム

樹木が遺跡と一体化して神秘的

樹木が遺跡と一体化して神秘的

夕方に市内に戻ってきて、喉がカラカラなのでいろんなものをがぶ飲みして、2人の息子のうち1人は疲れてホテルに戻りました。私を含め3人は「オールドマーケット」へ行き、お土産を購入しました。この時は値切ることを知らなかったので、そのままの料金で買ってしまいました。

自転車を返却して、夕食はシーフードバーベキューのお店へ。このお店の近くに日本食のお店があったのですが、すごい高級だったので入りませんでした。シーフードバーベキューの味のほうはまあまあ。エビ、肉、などに甘酸っぱいタレをかけて食べたりしましたが、1日目の定食のようなお店のほうが美味しかったです。

3日目、シェムリアップ市内を観光してから2都市目のハノイへ

8月21日、朝食をいただいてからシェムリアップの市内観光へ。「アンコール国立博物館」へ歩いて向かいました。翻訳オーディオを2つ借りて、2〜3時間かけてゆっくりと見学しました。仏像などがあって結構見応えがありましたが、長居しすぎて途中からだんだん飽きてきました(笑)。

アンコール国立博物館へ

アンコール国立博物館へ

午後15時頃にホテルに送迎車が迎えに来るので、12時過ぎに慌てて「オールドマーケット」に行って、お土産を購入。前日のリベンジに値切って交渉を楽しみました。お得なピザのお店があったので、昼食もとりました。そこからホテルへはトゥクトゥクに乗って戻りました。たった3ドルでしたので、前日から暑さにうんざりしている息子たちは、はじめから乗ればよかったとブーブー言っていました(笑)。

緑が多いシェムリアップ

緑豊かなシェムリアップの街

15時過ぎに送迎車が迎えにきて、シェムリアップ国際空港へ。18時頃の飛行機でシュムリアップを出発し、ハノイには20時頃に到着しました。

シェムリアップ国際空港にて

シェムリアップ国際空港にて

ハノイでは空港〜ホテル間の送迎がツアーに付いていなかったのですが、タクシーなどは利用せず自分たちで事前に送迎を予約しておきました。ただ、ガイドさんが全然声をかけてくれなくて、こっちから探し当てたら「あー、あなたが○○?」みたいなかんじでかなりイージーでした。悪い人ではなかったけれど、運転もすごい雑で怖かったです(汗)。なんとかホテルに到着し、もう遅い時間だったので、ホテル周辺を少し散歩して、夕食はとらずに就寝しました。

4日目、ハノイから世界遺産ハロン湾クルーズへ

8月22日、ハノイのホテルもビュッフェ形式の朝食で、こちらも美味しかったです。ベトナム名物のフォーがあるのがうれしかったです。この日は御社にご紹介いただいたオプショナルツアーで「ハロン湾クルーズ」へ。8時半頃にツアーバスが迎えにきて、3時間かけてハロン湾へ移動しました。途中、物産館に寄り、ベトナムコーヒーなど買ってくれというかんじでした。ハロン湾に到着すると、すぐにクルーズ船に乗り込み出発。世界遺産に登録されているハロン湾は、広大で神秘的な美しさでした。

ハロン湾クルーズ

ハロン湾クルーズ

船に乗ってすぐに昼食ビュッフェも提供されました。まあまあ美味しいシーフード料理でした。飲み物は別料金。クルージングが進み、まずはじめに停留した場所では、山登りか湾で遊ぶか選べるかんじでした。私たちは山登りを選択。30〜45分のトレッキングで汗だくになりましたが、ハロン湾を見下ろすことができ、素晴らしい景色を楽しめました!

山登り

山登り

そこからクルーズ船で移動して、2カ所目に停留した場所では、カヌーか漕ぎ手のいる小舟、もしくは追加料金のジェットボートの3つから選んで遊ぶかんじでした。カヌーをやりたかったのですが、着替えを持ってきていなかったので、ライフジャケットを付けて手漕ぎ小舟に乗りました。30〜40分くらい楽しんでからまたクルーズ船に戻り、最後の場所「ティエンクン鍾乳洞」へ移動しました。鍾乳洞は想像以上にすごかったです! 規模が大きく、1993年に発見されたそうなのですがしっかり整備されており、歩いて見てまわりましたが、すごい見応えがあり圧倒されました!

ティエンクン鍾乳洞

ティエンクン鍾乳洞

クルーズ船に戻って、サンセットパーティをしながらクルージング。ただ、軽食、飲み物付き、アルコールって書いてあったのに、結局飲み物は別料金でした。1個買うと1個はサービスでもらえるという。なので夫はビールを2本飲んでいました。軽食もガイドの方にサンドイッチなどと聞いていたが、揚げたえびせんと袋のクッキー、現地の果物でちょっと残念でした。オプショナルツアーに含まれるものの記載がいいかげんだなあと。サンセットのクルージング自体はとてもよかったです、ハロン湾の中国風の奇岩が夕焼けで神秘的で、とてもきれいでした。

乗船したクルーズ船

乗船したクルーズ船

帰りのバスは物産館に寄らずに、トイレ休憩にサービスエリアに寄ったのみでした。ハノイ市内に戻ってきたのは21時頃の終日のツアーでした。息子たちはコンビニのポテチでよいと言ってホテルに戻りました。私と主人はぶらぶら歩いて焼き鳥屋さんにみたいな場所で夕食に。ローカルなお店で屋外の簡易なテーブルで食べるかんじです。甘辛いタレの焼き鳥をいただきました。すごい美味しいわけではなかったですが、ひと息つけました。食後は軽くお散歩しながらホテルへ。遅い時間でも現地の人はまだまだ元気。おしゃべりしながら外で食事をとっていて、とっても賑やかでした。私たちは23時くらいにはホテルに戻ったと思います。

ハノイ街中の焼き鳥屋さん

ハノイ街中の焼き鳥屋さん

5日目、ベトナムの首都ハノイを観光してから深夜便で帰国しました

8月23日、深夜の便でハノイを発つので、ひたすらハノイ観光を楽しみました。まずは「ホアンキエム湖」周辺をお散歩。次に「ベトナム女性博物館」へ行ったのですが、ここは別に行かなくてもよかったかなというかんじ。後は街並みを楽しんだり、立派な建物「ハノイ歌劇場」の外観を見たり。ホーチミン博物館はちょうど12〜13時のお昼休憩の時間に行ってしまい入れませんでした。

ホアンキエム湖周辺

ホアンキエム湖周辺

ハノイ歌劇場

ハノイ歌劇場

「ハノイ旧市街」ではお土産をひたすら物色しました、現地の服を買ったりと。帰国して気づきましたが、豆菓子の固めたのなどポロポロして食べにくいお菓子ばかり買っていました(笑)。昼食にはフォーを食べたり、その後も散策を楽しみました。

昼食のフォー

昼食のフォー

セント・ジョセフ教会

セント・ジョセフ教会

最後は「タンロン遺跡」に行きました。博物館や資料館もあり世界遺産に登録されている場所です。戦争時の飛行機や防空壕などを見学し、観光を終了しました。

タンロン遺跡

タンロン遺跡

ホテルに荷物をピックアップに行ったら、シャワーを浴びさせてくれました。暑かったので助かりました。ハノイで宿泊した「ベスポーク トレンディ ホテル ハノイ」は、ここにホテルがあるの?みたいな小さなホテルでしたが、おもてなしをがんばってる印象でした。ちょっと手狭感はありましたがビジネスホテルっぽくて内装もきれいでしたし、朝食もオシャレで美味しく、立地も観光に便利でしたので満足しています。しかも帰りはホテルから空港まで、タクシーで無料で送ってくれました。

深夜、日がまわって8月24日なった0時過ぎにハノイを発ち、成田には7時半頃に到着しました。利用したベトナム航空は、サービス精神はあまり感じませんでしたが、機内食は美味しかったです。ちなみに行きは気流が激しくてずっとベルトマークが付きっぱなしで、飲み物サービスも中止で楽しみにしていたコーヒーが出ませんでした。帰りは無事コーヒーも飲めてよかったです。

神谷さん、楽しい家族旅行になりました、ありがとうございました!

担当いただいた神谷さんとは基本メールでやりとりしていたのですが、とてもよくしていただきました、ありがとうございました。神谷さんが不在の際も、他のスタッフが代わりに仮押さえしてくれたりと安心できる対応でした。ひとつ、知人にカンボジアに行くと言ったら危険地帯と言われました。危険レベルは低いのかもしれませんが、予約する際にこのような案内もほしかったです。もうひとつ、フリープランなので現地での行動は自己責任なのかもしれませんが、チップの有無を知りたかったです。ハロン湾ではチップを要求されました。そんなこともありましたが大きなトラブルもなく楽しい旅となりました。2人目の息子も来年社会人になるので、家族4人での旅行はこれが最後になるかもしれません、よい思い出ができてよかったです!

当社のツアーはアレンジ自由自在!
当社のツアーはアレンジ自由自在!

お電話でもご予約・ご相談承ります。営業時間:

こちらの記事もオススメ

お客様のご旅行日程

1日目
成田午前発〜ハノイ経由〜シュムリアップ夕方着(ベトナム空港)
【宿泊】シュムリアップ
2日目
自転車で遺跡巡り(アンコール・ワット、アンコール・トムなど)
【宿泊】シュムリアップ
3日目
シュムリアップ観光(アンコール国立博物館、オールドマーケット)
シュムリアップ夕方発〜ハノイ夜着(ベトナム航空)
【宿泊】ハノイ
4日目
ハロン湾クルーズのツアーに参加
【宿泊】ハノイ
5日目
ハノイ観光(ホアンキエム湖、ベトナム女性博物館、ハノイ歌劇場など)
ハノイ深夜発〜
6日目
成田朝着(ベトナム空港)
TOP