「竹のはしご屋さん?」我が家にも1つ欲しくて、機内に持ち込めないかと本気で考えました(笑)

「竹のはしご屋さん?」我が家にも1つ欲しくて、機内に持ち込めないかと本気で考えました(笑)

ベトナム・ハノイ 夫婦旅行体験記・レビュー

コロナ明け、久しぶりに夫婦で海外年越し
「ハノイ」でグルメ・観光・カフェ・マッサージなど
ベトナム流に年末年始を過ごしました!
投稿者/旅行形態:
50代女性 / 夫婦旅行
滞在都市:
ハノイ
旅行期間:
2023年12月30日~2024年1月2日までの4日間

ハノイ(ベトナム)旅行体験記・レビュー『コロナ明け、久しぶりに夫婦で海外年越し!「ハノイ」でグルメ・観光・カフェ・マッサージなどベトナム流に年末年始を過ごしました!』。【トラベル・スタンダード・ジャパン】をご利用されたお客様によるクチコミ・評判をご紹介します。当社では自由にツアーアレンジが可能、オリジナルのハノイ(ベトナム)旅行をお楽しみいただけます。

ハノイ市内の街歩きと日帰りツアーで充実した夫婦時間

コロナ前は海外での年越しが恒例でしたが、コロナ禍の年末は国内でスキーをしていました。「コロナも明けたし、今年は暖かいところで過ごしたいね」と主人と話していて、いろいろ行先を調べ「ハノイ」で2024年を迎えることになりました。どこもかしこもクラクションが鳴り響き、怒号が飛び交っていましたが、そんな混沌とした様子にベトナムらしさを感じ、大満足の夫婦旅行となりました。

「フンフン通りの壁画」観光客も少なく、貸し切りでした。

「フンフン通りの壁画」観光客も少なく、貸し切りでした。

1日目 「ベトジェットエア」で関空からハノイへ移動

余裕をもって2時間前にはきちんと空港に到着したのですが、年末年始だったことと、国際線のベトジェットエアはQRコードでチェックインではなく、窓口での手続きが必要なことも重なり、出発ゲートで名前を呼ばれてしまうほど、ギリギリの搭乗になりました。

「有料なので機内食は食べず、ハノイに到着したら空港でベトナム料理を食べよう」と話していて、13時過ぎにハノイに到着したころには、ちょうどいい具合に腹ペコ。空港でベトナム料理の代表フォーを食べました。

食べ終わったら路線バスで市内に向かったのですが、日本では考えられないほどの大渋滞。バイクは割り込んでくるし、クラクションは鳴り止む時間がないほどずっと鳴っていて、早速「ベトナムに来たな」って感じました(笑)。

バスを降りてから歩いてホテルに向かったのですが、ホテルの近くまで来ているはずなのに迷ってしまって…人に聞いたらホテルまで一緒に案内してくれたのですが、2軒先がホテルでした(笑)。無事、「ハノイ パール ホテル」にチェックイン。

ホテルに荷物を置いて、市内散策と下調べしていたホアンキエム湖をテラス席から見下ろせる「Highlands Coffee」(ハイランズカフェ)へ。ベトナム流にコンデンスミルクを入れたら激甘になりました(笑)。ホアンキエム湖の赤い「棲旭橋」や湖の周辺を歩きながら、旧市街も散策しました。

2日目「ホアルー&タムコック」ツアーに参加!

ホテルの朝食を食べてから、事前予約していた「ホアルー&タムコック日帰りツアー」へ。さすがに前日までに集合時間とかの連絡が来るだろうと思っていたのですが、出発日の寝ている深夜に「7時頃ホテルまで迎えに行きます」と連絡がありました(笑)。他のホテルに滞在されている方もピックアップするので、最終的には8時過ぎにハノイを出発して、「古都ホアルー」へ。そして竹(バンブー)のお土産屋さんに寄って、昼食を食べてから、お目当ての「タムコック」のボート乗り場に到着。

「タムコックのボート乗り場」辰年にちなんで、コカ・コーラ缶も龍模様でした。

「タムコックのボート乗り場」辰年にちなんで、コカ・コーラ缶も龍模様でした。

本当は世界遺産「ハロン湾」に行きたかったのですが、調べたら年末年始はかなり混むとのこと。ハムロックは「陸のハロン湾」と紹介されていて「ハロン湾と同じかな」と思ってタムロックにしたんです(笑)。私たちは夫と2人だけのボートでしたが、船頭さん(漕ぎ手)が笑顔の素敵な方で1人で70分もずっと漕いでくれました。「チップ攻撃がすごいかもしれませんが、不快に思わないでください」という案内メールを頂戴していたので、どんだけすごいんだろう(笑)と思っていただけに、とてもいい船頭さんで拍子抜けしました。

市内に戻ってきたのは20時頃。カウントダウンステージが設けられ賑わっていた市内は、大晦日当日でボルテージは最高潮。ステージではベトナムの有名人らしき人が踊ったりして、大賑わい。想像以上の賑わいには、恐怖を感じるほどでした(笑)。

3日目 ハノイ大教会、カフェ、水上人形劇など盛りだくさんな最終日!

朝食を食べてから、ホアンキエム湖を散策して「ハノイ大教会」へ。事前に調べていた目の見えない方が8割ほど働く指圧マッサージ「オマモリスパ」へ。英語で「痛くないですか」と聞かれるので自分の求める心地いい痛さで60分指圧してもらえ、とても気持ちよかったです!そのあとは、乗ってみたかったEVタクシーで「ドンスアン市場」へ。市場はプライスカードがないので、値段の交渉がいります。

「ハノイ大教会」さすが教会、新年が明けてもクリスマスモード全開です。

「ハノイ大教会」さすが教会、新年が明けてもクリスマスモード全開です。

お昼は食べたかった「バインミー25」へ。あまりにもすごい行列で、並ぶ時間がもったいないのでハノイ名物なまず料理を食べに「チョーカーラボン」へ。急な階段を上がったところにあるお店で、席に座った瞬間「チョーカーラボンしかありません」というメニューを渡され(笑)、「なまずの姿煮が出てきたらどうしよう」と少し心配したのですが・・・一度焼いてからカレー風味にされており、香草、ピーナッツ、唐辛子などを入れて食べました。アヒージョみたいでおいしかったです!

「バインミー25」あまりの大行列で断念…でも大丈夫、ちゃんと空港で美味しいバインミーを食べられました。

「バインミー25」あまりの大行列で断念…でも大丈夫、ちゃんと空港で美味しいバインミーを食べられました。

ハノイ旧市街のフンフン通りにある壁画ストリートで絵を見ながら、写真を撮りました。旧市街の北側にあるのですが、観光客が少なくて穴場スポットです。歩いているとハンディエウ通りにお洒落な3階建ての「ahaカフェ」を発見。「English black tea」を注文して、ウェイトレスさんも「Black teaね」と復唱してくださったのですが、飲んだらとっても甘い紅茶でした(笑)。

「ハンディエウ通りのahaカフェ」3階窓から手を振っているのが私です。

ハンディエウ通りの「ahaカフェ」3階窓から手を振っているのが私です。

テラスから見た竹のはしご屋さん(?)が気になったので立ち寄り、ライトアップされているハノイ大教会を見に行きました。そのあと「水上人形劇」が気になったのですが、お支払いは現金のみ。この時点で両替した現金をきれいに使っており、現金がなかったんです(涙)。もう帰るのに今更両替しても仕方ないからあきらめようかと話したのですが、結局5,000円だけ両替をして、水上人形劇を見学しました。ラッキーなことに両替所のレートは空港のレートよりもよかったです。

21時にホテルで空港送迎をお願いしていたのでホテルに戻ったら、「ホテルのスパを使ってくれればシャワー使えるよ」と言ってくれて、足のマッサージを受けてシャワーを使わせてもらいました。1日歩き回っていたので、すっきりして帰国しました!

野沢さん、お世話になりました!

トラベルスタンダードジャパンさんは以前も利用させていただいたことがあります。その際も今回も、空き状況の確認連絡などいつも手際よくレスポンスがきて安心できました。
今回の旅行では、野沢さんにホテルの変更等でお手数をおかけしましたが、丁寧にご対応をしていただきました。本当にありがとうございました!

当社のツアーはアレンジ自由自在!
当社のツアーはアレンジ自由自在!

お電話でもご予約・ご相談承ります。営業時間:

こちらの記事もオススメ

お客様のご旅行日程

1日目
関空発~ハノイ着(ベトジェットエア)
市内散策
【宿泊】ハノイ着
2日目
ホアルー、タムコック
【宿泊】ハノイ
3日目
ハノイ大教会、ドンスアン市場、フンフン通りの壁画、水上人形劇
ハノイ深夜発~
【宿泊】機内
4日目
関空着(ベトジェットエア)
TOP