「チチェンイッツァ」ここへ来るためにはるばる日本からカンクンへ

「チチェンイッツァ」と「グランドキャニオン」周遊
幻想的で壮大な世界遺産に大感銘

投稿者/旅行形態
60代男性 / 家族旅行
滞在都市
カンクン、ラスベガス
旅行期間
2018年8月28日~9月3日の7日間

カンクン(メキシコ)&ラスベガス(アメリカ)旅行体験記・レビュー『「チチェンイッツァ」と「グランドキャニオン」周遊!幻想的で壮大な世界遺産に大感銘』。【トラベルスタンダードジャパン】をご利用されたお客様によるクチコミ・評判をご紹介します。当社では自由にツアーアレンジが可能、オリジナルのカンクン(メキシコ)&ラスベガス(アメリカ)旅行をお楽しみいただけます。

カンクン、ラスベガス旅行の訪問スポット

長年の夢だった「チチェンイッツァ」へ

私は高校の英語教員でしたので、出張で海外へ行くこともあり、プライベートと合わせてもこれまでヨーロッパ、アメリカ、東南アジア、オーストラリア、ニュージーランドなど様々な方面を訪れてきました。昔からマヤ文明に大変関心を寄せていて「チチェンイッツァ」へ訪れたいという強い思いを持ち続けていました。今回の旅行で、長年の夢を叶えたことになります。

ラスベガスには一度行ったことがあったのですが、そのときグランドキャニオンへは行きませんでした。今回は「チチェンイッツァ」と「グランドキャニオン」という世界遺産を巡り、素晴らしい思い出を作ることができました。

グランドキャニオン

日本にない「グランドキャニオン」の壮大なスケール

ビーチは目の前!繁華街にも近い「クリスタルカンクン」で贅沢に3連泊

成田からの長時間のフライトとダラスでの乗換えで多少疲れておりましたが、カンクン空港に到着すると出迎えの方が待っていてくださり、ミニバンでホテル「クリスタルカンクン」までスムーズに到着しました。

チェックインを終えてエレベーターで5階に上がると、眼前に広がる美しいカリブ海の眺めに妻と思わず声をあげてしまうほど。ホテルはビーチに近くてロケーションが最高でしたね。妻と海岸沿いを歩いたのですが、ホテルのプライベートビーチだけ綺麗なようでホテル区域外までは掃除がされていないようでした。毎朝トラクターがビーチを掃除しているようです。カンクンはレストランやタクシーの呼び込みは多いですが、観光地化されているので治安もよく終始安心して過ごせる場所です

2日目の午前中は、ホテルの目の前に広がる美しいカリブ海とホテルのプールで泳いでゆっくりと過ごしました。午後はホテルのスパを予約して、妻は贅沢にオイルマッサージを受けました。夜は海沿いのシーフードレストラン「モカンボ」で、美味しいビールとロブスター料理で至福のときを過ごしました。

クリスタルカンクンのプールとビーチのセット

「クリスタルカンクン」のプライベートプールとビーチは素晴らしかったです

 壮大な世界遺産へ!カンクン&ラスベガス周遊ツアーはコチラ

旅の一番の目的「チチェンイッツァ」観光

3日目はいよいよチチェンイッツァ観光です。朝7時にホテルまで送迎がきてミニバンに乗ると、お客は私たちだけでVIP待遇の状況に。ガイドの方がチチェンイッツァについて説明するときに使うボードが可愛らしい手書きのもので、なんだか彼女の熱意が伝わってきてとても嬉しく思いました。彼女はとても明るく、時間にも正確で、気配りのできるガイドさんでした。「エイリアンVSプレデター」という映画はご存知ですか。ピラミッドが出てくるシーンがあるのですが、どうしても「エルカスティージョ」に見えて仕方がないのです。彼女は映画を知りませんでしたが、インターネットで調べてくれて「似てる」と共感してくれました。

古代遺跡「エルカスティージョ」は、そのマヤ暦を表した精緻な構造からも私は宇宙人がつくったのではないかと考えていて、どうしても訪れてみたかったんです。その実態を目前にして、膨大な生命力を感じ、そして受け取ることができました。早い時間帯だったからか気温も暑くなく、また観光客も少なくとてもリラックスした状態で観光することができました。

ガイドさんが撮ってくれました

ガイドさんが撮ってくれた思い出の1枚です

セノーテの泉へ

次にセノーテの泉に向かいました。水着に着替えて、ライフジャケットを借り階段を降りていくと、そこに広がる巨大な洞窟の湖に上空の穴から差し込んでくる光が作り出す神秘的な情景に息をのみました。写真は妻が泳いでいる間に撮ったものですが、少しでもその雰囲気が伝わればと思います。

セノーテの泉

セノーテの泉

 壮大な世界遺産へ!カンクン&ラスベガス周遊ツアーはコチラ

ラスベガス「ルクソールホテル」は外観も内装も迫力がすごかったです

飛行機の遅れもあり、「ルクソールホテル」に到着したのが真夜中の零時でした。まずスフィンクスとピラミッド型のホテルの外観に度肝を抜かれました。外観のエンターテインメント性もすごいですが、ホテルへ入るとカジノの前衛的な豪華絢爛な造りとそこに集う人々の多さに圧倒されました。チェックインが零時にも関わらず、レセプションは10人ほど並ぶ大盛況ぶりでした。

スフィンクスとピラミッド型の外観

「ルクソールホテル」スフィンクスとピラミッド型の外観に感激

いよいよ、「グランドキャニオン」へ

翌朝7時に送迎があり、総勢7人でグランドキャニオン観光へ。女性のガイドさんが運転をしながら説明もされていた姿を見て、驚くと同時にとても関心しました。途中でルート66復活活動の立役者「セリグマン」在住のエンジェルさんが営む理髪店にも寄りました。理容師であるエンジェルさんは高齢のため毎日お店にいらっしゃるわけではないのですが、ラッキーなことにたまたまこの日はいらっしゃいました。この活動を取り扱った長編アニメ映画「カーズ」のシリーズは全作観ていて、とても興味深く見て回れました。

サウスリムビジターセンターに到着して、いざ展望台へ。アメリカの雄大さを象徴するスケールの大きな光景は筆舌に尽くしがたいものがありました。第1展望台からブライトエンジェルロッジやエルトバ・ホテルなどに立ち寄りながら、第2展望台へと絶景を楽しみながら歩いて回りました。「どうすればあんな絶景ができるのだろうか…さすがアメリカだ」と感じずにはいられませんでした。一度は訪れる価値のあるところだと思います。今でも絶景が心に残っています。

山Pの椅子

ルート66を走破した山下智久さんにちなんで「山Pの椅子」と呼ばれているようです(笑)

タイトなフライトスケジュールとなった「アメリカン航空」

成田~ダラス経由~カンクンへのフライトは途中で日付変更もあり、厳しいスケジュールとなりました。事前にある程度予想はしていましたが、これまでの海外旅行で一番きついフライトでした。ただ毎食ワインか缶ビールを飲めたのは、とてもいい思い出です(笑)。

山舘さん、大変お世話になりました。

メキシコとアメリカの世界遺産を巡ることができたのは、トラベル・スタンダード・ジャパンさんの企画力と運営力のおかげであると感謝しております。担当の山舘さんには、日程及びホテルの変更をお願いしたり、事前準備のご案内等々とてもよくして頂きまして、心よりお礼申し上げます。おかげさまで素晴らしい旅行を終えることできました。ありがとうございます。

03-6634-7799
当社のツアーはアレンジ自由自在!
当社のツアーはアレンジ自由自在!

お電話でもご予約・ご相談承ります。営業時間:月-土 10:00-18:30/日祝 休業

こちらの記事もオススメ

お客様のご旅行日程

1日目
成田発~ダラス経由~カンクン着
【宿泊】カンクン
2日目
カンクン観光
【宿泊】カンクン
3日目
カンクン観光
【宿泊】カンクン
4日目
カンクン発~フェニックス経由~ラスベガス着
【宿泊】ラスベガス
5日目
ラスベガス観光
【宿泊】ラスベガス
6日目
ラスベガス発~ロサンゼルス経由~
【宿泊】機内
7日目
成田着
TOP