savannah in the honolulu zoo

【ハワイ】家族旅行で訪れたいホノルル動物園の見どころを徹底検証!

カテゴリー:

ワイキキの繁華街から徒歩圏内!気軽にお散歩気分で立ち寄れるホノルル動物園はご家族でも、お友達同士でも、お子様から大人まで楽しめるスポットです。
ホノルル動物園の魅力や見どころと合わせて、人気のアクティビティ・コーナーをご紹介します。

ホノルル動物園ってどんな動物園?

honolulu zoo

お散歩がてら出かけてみよう!

広大な敷地に1,000種以上の動物が集結!

monkey in the honolulu zoo (2)

日本ではなかなか見られない珍しい動物に会える!

ハワイ州ホノルルにあるカピオラ二公園の北、17ヘクタールの広大な土地を有する「ホノルル動物園(Honolulu Zoo)」。動物園全体を見て回るのに約1時間半〜2時間、のんびりアスレチックなどで遊んでまわると半日くらいになります。

ライオン、象、キリン、シマウマ、サルなどのほ乳類、カメやサンショウウオ、トカゲ、カエルなどのは虫類、フラミンゴやクジャク、フクロウ、ハワイアンダックなどの鳥類など1,000種以上に及ぶ動物たちが飼育されています。もともとカピオラ二公園内で鳥を中心に飼育していたため、鳥類がかなり多いのも特徴です。

希少動物や絶滅危惧種も多数

2 galapagos-tortoise

希少種のガラパゴス・ゾウガメ

ホノルル動物園では国際保護鳥絶滅危惧種の動物たちもたくさん飼育されています。ほ乳類ではエリマキ・キツネザル、クロサイ、大変珍しいアフリカの絶滅危惧種であるリカオン、ワオキツネザルなど。
鳥類ではハワイの固有種ハワイアンダック、プエオ(ハワイアン・フクロウ)などハワイにのみ生息する珍しい鳥たちにも出会えます。爬虫類はソリガメ、ガラパゴス・ゾウガメなど。日本ではまず見ることのできない個性的な動物たちと出会える動物園です。

3 bongo honolulu zoo official site

なかなかお目にかかれないボンゴ/公式サイトより

最近仲間入りした「ボンゴ」は近危急種(準絶滅危惧)に指定されているウシ科の動物です。ホノルル動物園ではハワイ固有種の保護、希少種や絶滅危惧種の動物の保護と保全、繁殖にも力を入れています。

より自然に近い展示法

animals in the honolulu zoo

ひなたぼっこをしているミーアキャット

広大なアフリカのサバンナのような環境の中、「より自然体に近い環境で動物を眺める」という展示法を取っています。そのため動物たちはなかり自然体で暮らしており、暑い昼間は表に出てこないこともしばしばです・・・動物を第一に配慮しているので、出てきたらラッキーくらいの気持ちで。

  • 東京発
  • 関空発
honolulu zoo monkey hawaii tour

全日空で行くハワイへのお得なツアー!

フライト指定可能♪ ファミリー向け『アストンワイキキバニアン』宿泊

このツアーは完売しました

Honolulu Hawaii tour

見どころ満載!ハワイのツアーへ

ハワイアン航空指定●送迎なしプラン●ツアーアレンジは自由自在!

このツアーは完売しました

ホノルル動物園の6つの見どころ

アフリカを体感「アフリカン・サバンナコーナー」

savannah in the honolulu zoo

サバンナコーナーのキリンやシマウマ

アフリカのサバンナを模した一番奥のエリア「アフリカン・サバンナコーナー」にはカバ、サイ、ダチョウ、ライオン、キリン、シマウマ、チーターなどがいます。午前中の涼しい時間の方が肉食動物たちの活動も盛んです。

ユニークな珍獣「コモド・ドラゴン&ネネ」

comodo from bali

大迫力のコモド・ドラゴン /イメージ

インドネシアからはるばるやってきた体長2~3mのコモド・ドラゴンもかなりの迫力で、これもみどころのひとつです。隣にはハワイアングース(通称「ネネ」)というハワイの固有種の鳥がいます。ネネはハワイ島、マウイ島、カウアイ島に生息しており、ハワイ州の州鳥にも指定されています。

お子様が喜ぶミニ動物園「ケイキ・ズー」

「ケイキ・ズー(Keiki Zoo)」小動物のいるお子様向け動物園です。子豚、ヤギ、リャマなどと触れ合えます。ケイキ・ズーの向かいにはアスレチック広場もあります。水分を取りながら、熱中症などに気をつけて遊びましょう!

大人も楽しめる「トワイライト・ツアー」

夕刻時のサバンナ

トワイライトツアーで見られる動物園の裏側!?

「トワイライト・ツアー(Twilight Tour)」は暑さがやわらぐ夕方から始まる動物園のツアー。ガイドさんとまわる約2時間のツアーで、動物たちが寝静まる前や夜から活発になる様子を見学できます。昼間はなかなか姿を現さない夜行性のトラなども、トワイライトツアーでは現れる確率も高いとか。いつもとは違った動物たちの生態が覗けるんです!

あたりも暗くなってくるのでやや大人向けのツアーになります。小さいお子様連れの方はベビーカー(有料で貸し出し)があると便利です。フラッシュ撮影を除いて基本的に写真も撮ることができますが、夜間で綺麗に撮るのはなかなか難しいかも。ここだけの体験ですので、じっくり動物たちの観察に徹するのが良いでしょう!

10月〜3月:毎週金曜日、土曜日の16:30~18:30
4月~9月:毎週金曜日、土曜日の17:30~19:30

 

料金:大人 20ドル≒2,175円/子供 15ドル≒1,630円(5歳以上推奨)

 

※2歳以下のお子様は無料
※要予約

夜の動物園「スヌーズ・アット・ザ・ズー」

スヌーズ アット ズー

動物園内のテントでキャンプスタイルで夜を過ごす「スヌーズ・アット・ザ・ズー(Snooze at the Zoo)」も人気アクティビティです。日が暮れてからのガイドさんとの動物園ツアー、ディナー、キャンプファイヤー、朝食が含まれており、17:00〜21:00までを動物園内で過ごします。園内のテントで過ごす夜はとてもミステリアス!

不定期で行われていますので、スケジュールの確認が必要です。

料金:1名あたり130ドル≒14,140円

 

※子供は4歳以上から受付可
※要予約

ほっとひと息♪「食事スポット」

ホノルル動物園にはアフリカン・サバンナコーナーの「スナックバー(Snack Bar)」、ケイキ・ズー内の「プランテーション カフェ(Plantaion Cafe)」の計2か所の軽食をいただけるスポットがあります。園内はとても広いので、適度に休憩しながらまわりましょう。

ホノルル動物園へ行く前に

アクセス・営業時間・料金

ワイキキの繁華街、カラカウア・アベニューやクヒオ・アベニュー周辺からも徒歩15分ほど。クヒオ・アベニューからはバスでも行けます。

営業時間:9:00〜16:30

 

料金:大人 19ドル≒2,066円/子供 11ドル≒1,196円(3〜12歳)
※2歳以下のお子様は無料

 

ベビーカーの貸し出し:シングル(1人用)7ドル≒760円/ダブル(2人用)10ドル≒1,087円

 

車椅子:10ドル≒1,087円

 

公式サイトはこちら

注意点

★とにかく暑くて、園内には日陰もあまりありません。必ず帽子や日焼け止め、水分補給できるものを用意しておきましょう。

★動物に持参した食べ物を与えないように。叫んだり手をたたいたり、動物に嫌がらせや邪魔をしたりしないようにしてください。

見どころ満載のホノルル動物園へ行こう!

monkey in the honolulu zoo

のびのびとした環境で過ごす動物たち

ホノルル動物園は、希少種や絶滅危惧種の動物の保護や繁殖にも力を入れている奥深い動物園でしたね!日本では見られないかなり珍しい鳥も見られるホノルル動物園、一見の価値ありです。

また、動物園の裏側を除ける夕方からのアクティビティにもぜひ参加してみたいところ。市内からのアクセスも良いので、ぜひホノルル動物園に足をのばしてみてください。思い出に残る体験ができるでしょう。

  • 東京発
  • 関空発
Sunrise at Waikiki Beach hawaii tour

全日空で行くハワイへのお得なツアー!

フライト指定可能♪ ファミリー向け『アストンワイキキバニアン』宿泊

このツアーは完売しました

honolulu zoo hawaii tour

見どころ満載!ハワイのツアーへ

ハワイアン航空指定●送迎なしプラン●ツアーアレンジは自由自在!

このツアーは完売しました

トラベル・スタンダード・ジャパン
(ビーチリゾート専門ダイヤル)
03-5956-3035 電話で無料相談する

ハワイ旅行についてはこちらも
参考にしてください

TOP