マルタ島・コミノ島の海

マルタ島・コミノ島の海

壮大で豪華な「ドバイ」
海・街中すべてが美しい「マルタ」2都市周遊

投稿者/旅行形態:
20代女性 / 家族旅行
滞在都市:
ドバイ、マルタ
旅行期間:
2019年6月18日~6月24日の7日間

ドバイ(アラブ首長国連邦)、マルタ島(マルタ)旅行体験記・レビュー『壮大で豪華な「ドバイ」&海・街中すべてが美しい「マルタ」周遊』。【トラベル・スタンダード・ジャパン】をご利用されたお客様によるクチコミ・評判をご紹介します。当社では自由にツアーアレンジが可能、オリジナルのドバイ&マルタ旅行をお楽しみいただけます。

ドバイ、マルタ旅行の訪問スポット

毎回楽しみにしている家族旅行!

年1、2回ほど家族で海外旅行をしています。マルタ島について紹介されている旅行記事をたまたま読んだことがきっかけで、ずっと訪れてみたいと思っていました。マルタについての情報が少なく、どのくらい楽しめるかわからなかったので、マルタだけではなくトランジットのドバイも観光することにしました。

マルタ島・ヴァレッタの街

マルタ島・ヴァレッタの街

ドバイ3大スーク

ドバイ到着後、まずは「リビエラホテル」にチェックイン。その後スークへ。姉と私はゴールドスークで、アラビア語で名前を入れてもらった純金のネックレスを購入しました。スパイススークでは姉が「カプチーノにぴったり」とシナモンスティックと、店員さんおススメのカレースパイスを購入。買い物は楽しいし、もっと時間をかけてみたかったのですが、どこのスークもとにかく客引きがすごいんです。まず中国語で話しかけられて、その後に日本語の意味をわかっているのかいないのかわからないのですが、「太っているね」「おばさん」とか声かけられて…日本語はいいとしても、道をふさいで誘導しようとする方もいて、対応に疲れてしまいました。

ドバイスーク

ドバイスーク

 中東ドバイとヨーロッパのリゾート マルタ 2都市周遊ツアーはコチラ

世界最大級「ドバイモール」へ

サングラスをつけてホテルから出たときにレンズが湿気で曇ってしまったほど、ドバイは本当に暑かったです。外にいると汗が止まりません!スークの後は涼しいところに行きたいと「ドバイモール」へ。とても広いモール内をひと通り見た後、アメリカ発の「チーズケーキファクトリー」でランチ。姉はアメリカに住んでいたことがあって、私も何度も訪れているので、アメリカ発のレストランは懐かしくって、食べたくなります。パスタ、ハンバーガー、お約束のチーズケーキどれも美味しかったです。そして有名な噴水ショーを鑑賞して、夕飯はまたまたアメリカのファミリーレストラン「アイホップ」でパンケーキを食べて、タクシーでホテルに戻りました。
リビエラホテルは日本人滞在者が多いので、日本語を少し話せるスタッフがいたり、朝食も日本人に合った味つけでした。ただ部屋の1部でエアコンの匂いが気になってそこで寝ることができず、姉と私は他の部屋で同じベッドに寝ることになりました。

ドバイモールの噴水

ドバイモールの噴水

2日目 オプショナルツアーに参加

事前にベルトラでオプショナルツアーを予約しており、2日目は「シェイク・ザイード・グランド・モスク&ヒルトンでランチ」というツアーに参加。団体ツアーだったのですが、幸運なことに私たち3人の貸し切りでした。ドバイからシェイク・ザイード・グランド・モスクまでは片道2時間ほど。晴れていたのでモスクの真っ白な外観と青空のコントラストは素晴らしく、モスクはまるで陶器のように輝いていました。モスクの内部は豪華絢爛で、ここは絶対訪れる価値があると思います!

ドバイモスク

ドバイモスク

このあと本当はランチなのですが私たちだけなので特別にお願いをして、「アトランティス・ザ・パーム」に連れて行ってもらいました。中には入らないで、記念撮影だけですが、ここも訪れてよかったです。そのあとホテル「ヒルトンドバイ」でランチをしましたが、ヒルトンは思っていたよりも普通でした(笑)。
食べた後はまたガイドさんにお願いして、ホテルではなくドバイモールで解散してもらいました。前日も来ましたが、まだ見切れていないところをまわって、前日とは違うバージョンの噴水ショーを鑑賞。そして台湾の「ディンタイフォン」で夕食をしてタクシーでホテルに戻りました。

3日目 念願の「マルタ島」へ

マルタ空港で両替しようと思ったら空港内に両替所がなく、急遽ATMでおろすことに。ガイドブックに「タクシーのぼったくりに注意」とあったのですが、実際は係の方に行先を伝えるとドライバーと値段交渉までしてくれて、安心して空港タクシーに乗車。そのまま「ザ ビクトリア ホテル」へ。ホテルはすごくきれいでした!朝食も美味しかったです
翌日予約してあったオプショナルツアーの待ち合わせの場所が不明瞭だったので、事前に場所を確認しに行きました。そのあたりにNEXTとか洋服もの屋さんを見て、スリーマで1番大きいといわれている「ザ・ポイント」というショッピングセンターへ。でも実際は小規模でした(笑)。夕飯はお肉を食べて、ザ ビクトリア ホテルにある屋上バーへ。ロマンチックな雰囲気なので、おススメです。マルタはもっとリゾート風かと思いましたが、想像していたよりもローカルですね。

ホテルの屋上プール

ホテルの屋上プール

 中東ドバイとヨーロッパのリゾート マルタ 2都市周遊ツアーはコチラ

4日目 「ゴゾ島&コミノ島」オプショナルツアー

綺麗な海で有名な「コミノ島」が気になっていたのですが、私自身泳ぐかわからなかったので、ゴゾ島とのセットにしました。まずゴゾ島内にある観光名所をバスで周遊。1番強く印象に残っているのは「タピーヌ教会」です。ゴゾ島名産のお塩も無事にゲットできました。その後20分くらいボートに乗って、コミノ島へ移動。私たちは洞窟巡りのチケットを別料金で購入しました。コミノ島の海はゴゾ島よりも透明度が高くて、コミノ島にも足を運んで大正解!

マルタ島の名物料理はうさぎ!

スリーマ地区に戻ってきて、夜はネットで調べたマルタ島の名物料理が食べられるというイタリアンへ。全体的に料理の量が多かったですね。うさぎの料理は鶏肉のような味わい。日本ではなかなか出会わない食事となりました。

マルタ島で食べたマルタ料理(手前うさぎ肉)

マルタ島で食べたマルタ料理(手前うさぎ肉)

5日目 バレッタ散策&猫スポット

5日目はスリーマからフェリーで、マルタの首都「ヴァレッタ」へ。ヴァレッタには旧市街地もあり、スリーマよりもよりヨーロッパ風で歴史を感じることができました。ヴァレッタに銀細工を販売しているお店があり、可愛いアクセサリーをたくさん買えて大満足!銀線で作られたレースのような細かいデザインのピアス、ネックレスを買ったのですが、手作り感が溢れていて、いい買い物ができました
夕方スリーマ地区に戻り、ネコがたくさんいて猫のオブジェで有名な「インディペンデンスガーデン」までタクシーで行きました。私たちはネコが大好きで、ここもマルタで外せないスポットのひとつ。日本から「ちゅ~る」を10本持参していたので、餌付けしました(笑)。ちゅ~るはマルタ島の猫にも大人気でした!

マルタ島の猫にちゅーるをあげる写真

マルタ島の猫にちゅーるをあげる写真

大橋さん、お世話になりました。

トラベルコちゃんで検索をしたのですが、ホテル未定の旅行会社が多いなか、御社はドバイとマルタのホテルが確定していました。それぞれのホテルを調べたら良さそうだったし、やっぱり事前にホテルが決まっていたほうが土地勘や予定も立てやすいことがあり、御社にお願いしました。大橋さんにはスムーズに対応していただき、感謝しております。また機会がありましたら、どうぞ、よろしくお願いします!

エミレーツ航空で行くドバイ×マルタ

マルタ:美しい海
《マルタ》4つ星ブティックホテル『ザ ビクトリア ホテル』&《ドバイ》ドバイクリークまで徒歩圏内の好立地『リビエラ』宿泊
  • 6日間
  • 7日間
  • 8日間
  • 9日間
1名様あたり

101,000円338,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

112,000円355,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

120,000円370,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

127,000円380,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

03-6630-0202
当社のツアーはアレンジ自由自在!
当社のツアーはアレンジ自由自在!

お電話でもご予約・ご相談承ります。営業時間:月-土 10:00-18:30/日祝 休業

こちらの記事もオススメ

お客様のご旅行日程

1日目
羽田発~ドバイ着(エミレーツ航空)
【宿泊】ドバイ
2日目
ドバイ観光(シェイク・ザイード・グランド・モスク)
【宿泊】ドバイ
3日目
ドバイ発~マルタ着(エミレーツ航空)
【宿泊】マルタ島
4日目~5日目
マルタ観光(ゴゾ島、コミノ島)
【宿泊】マルタ島
6日目
マルタ発~ドバイ経由~(エミレーツ航空)
【宿泊】機内
7日目
羽田着
TOP