絶品タルティーヌ、美味しい紅茶とともに

ベルギー周遊は
伝統で彩られています
文化好きにおすすめしたい旅

投稿者/旅行形態
50代女性 / 一人旅
滞在都市
ブリュッセル
旅行期間
2018年3月22日〜2018年3月27日(6日間)

ベルギー(ブリュッセル、アントワープ、ブリュージュ)旅行体験記・レビュー『ベルギー周遊は伝統で彩られています!文化好きにおすすめしたい旅』。【トラベルスタンダードジャパン】をご利用されたお客様によるクチコミ・評判をご紹介します。当社では自由にツアーアレンジが可能、オリジナルのベルギー旅行をお楽しみいただけます。

きめ細かい対応のトラベルスタンダードジャパンさん

今回の旅行先はベルギーのブリュッセルにしたんですけれども、それは2013年にあのあたりを回ったことがありまして、その時にベルギーにはもう一度行きたいと思っていたんです。そんな折に年度末までにリフレッシュ休暇を取らなければならず、それほど準備時間もないので、行き慣れないところは難しいな、と思い、ベルギーに決めました。トラベルスタンダードジャパンさんには、ギリギリまで受け付けてくれたということが大きかったです。旅行について調べ始めたのが3月に入ってからだったので、他のところだとゴールデンウィークの話しかできない状態だったのですが、御社はギリギリまで相談させてくださって、複数の候補も出していただいたというのが決め手になりました。

有名な彼! グランプラスの近くにあります

有名な彼! グランプラスの近くにあります

現地のガイドさんを頼んでみました。

ブリュッセルに着いた日は遅かったのでそれほど観光はしなかったのですが、2日目はアントワープをまわってきました。私、ウォーキングツアーが大好きで、いろんなところに行っては申し込んでいるんですが、大抵8人から10人のグループになるんですよ。だけど今回、はじめて日本人のガイドさんのツアーに参加したんです。そうしたら、申し込んでいたのが私だけで、マンツーマンでついていただくことになりました。案内の大雑把なスケジュールは決まってはいたんですが、マンツーマンだったためか、ずいぶん融通をきかせてもらいました。

午前中はブリュッセルのグランプラスのあたりを案内してもらって、そのあと電車で一緒にアントワープまで行きました。アントワープは初めてです。世界遺産になっているプランタン・モレトゥスという印刷博物館があって、これは素晴らしかったですね。時間も長く取ってくれたので、十分楽しめました。

運河用のリフト(エレベータ)@アントワープ

工事中ですが、アントワープの街の様子

​チーズのクロケット@アントワープ。アントワープの名物。

​アントワープの名物、チーズのクロケット

さすがフランダースの犬!圧巻のルーベンス!

以前ベルギーに行った時には、フランドルの時代から絵が豊富すぎるので、18世紀、19世紀、20世紀に絞って見てたんです。ですから古典といわれるものは今回初めてしっかり見ました。アントワープの聖母大聖堂にはルーベンスの絵だけがあるのだろうと思ったら、いろいろな画家の絵があったんです。教会なのに美術館なみの見応えがありました。ルーベンスの絵については、脂肪がぷにゅぷにゅしてるよねぇ、という話をガイドさんとしていました(笑)。驚いたのは、フランダースの犬に出てくる「キリスト降架」「キリスト昇架」は、ルーベンスの脂の乗った時代ではなく、20代の時に描かれたものだということです。ガイドさんは本当に詳しくて、こちらの意図を汲んで見学場所を変えたり、ルーベンスの生涯の話もしてくださいました。

そのほかにも、マグリット美術館、世紀末美術館、近代美術館と、午後いっぱい美術館をまわりました。マグリット美術館は、価格の割には小規模かな、とちょっと思いました。マグリットは好きで、前にも行ったんですけれど、その時とはだいぶん展示が入れ替わっていましたね。それはよかったです。いろんな作品があるものですね。

 ベルギー4都市周遊ひとり旅!充実のベルギーツアーはコチラ

鉄道ファンにはたまらない⁉Train World

3日目はまずはブリュッセル北駅から1駅のところにあるTrain Worldというところに行ってきました。日本ではあまり知られていないようですが、Trip Advisorを見たらとても評判が良かったんです。行ってみたら、とてもおもしろくて。

Train Worldの建物

Train Worldの建物

展示されているのは鉄道に関する歴史や現代の技術だったりするんですが、現物もたくさんあって、一部の車両に乗れたりする以外に、映像と組み合わせた展示など、見せ方が工夫されていましたね。土曜日の朝早くに行ったんですが、最後に実際に運転を試せるコーナーがあって、あとで調べたら並ぶほどの人気のコーナーらしいんですが、私が行った時はたまたま空いていました。乗ってみたら臨場感があって、鉄道運転シュミレーターで盛り上がる人の気持ちが初めてわかりましたね。その他、Train Worldではデザインの可愛い絵葉書や本、路線図が描かれたノートを買ってお土産にしました。

Train World 古い行先表示板やランプ、時計、重量計なども良い感じ

Train World 古い行先表示板やランプ、時計、重量計なども良い感じ

​Train World  昔の1等車両。古いタイプライターが載っています

​Train World 昔の1等車両。古いタイプライターが載っています

美術館は見せ方が大事!

次の日はブルージュに行きました。ヒストリウムに行こうと思っていたんですが、2日目のガイドさんに、あそこは展示におもしろみがないですよ、といわれて。実際そうでしたね(笑)。でも運河クルーズは楽しかったです。英語とフランス語でガイドがあって、要所要所のタイミングがぴったりでしたね。

ブリュージュの水先案内人。知識豊富です。

ブルージュの水先案内人。知識豊富です。

午後にはGroening美術館というところに行ったんです。常設展には古いキリスト教の絵が並んでいたんですが、特別展の方が見せ方に工夫があっておもしろかったです。ブルージュに一時期いた印刷業者をテーマにした特別展で、その人は数年しかブルージュにいなかったにもかかわらず、文化的生活を一気に花開かせて、活字体を2つ考案して、文化人サークルを作り……というブルージュの文化発展の基礎のような方です。ただ、後年、経済不況のためにブルージュを去らなくてはならなかったようです。

Groening美術館でたまたま見た特別展

ブルージュのGroening美術館でたまたま見た特別展

ブルージュ。ホット(ベルギー的にはHOTではなくWarm)チョコは、小さ目の牛乳瓶みたいなものに入っていました。

ホットチョコ(ベルギー的にはHOTではなくWarm)は、小さ目の牛乳瓶みたいなものに入っていました。@ブルージュ

 ベルギー4都市周遊ひとり旅!充実のベルギーツアーはコチラ

最終日は主にルーヴァンに行ってきました。ルーヴァンは事前にアプリを落としておくと、今近くにこんなスポットがあるよ、と教えてくれるんですよ。印象に残っているのはM—Museumでしょうか。歴史とかジャンル別ではなくて、近代と現代を共通のテーマで比較しながら見せたり、オーディオガイダンスでこのテーマでディスカッションしたらあなたはどう思いますか、とか、ここは実際にはどう見えますか、といった内容もあって考えさせられたました。

世界遺産のGroot Beginhof @ルーヴァン

世界遺産のGroot Beginhof @ルーヴァン

ルーヴァン シティーホールツアーガイドさん。驚くほど物知り

ルーヴァン シティーホールツアーガイドさん。驚くほど物知り

クイーンアンホテルは評価いろいろ
朝食はおいしかったです

クイーンアンホテルは、いろんな人のレビューを見ても違うのかもしれないですけれども、私の部屋は薄型のテレビが上の方にあって、あとはベッドがある感じで、必要最低限といったお部屋でした。朝ごはんのビュッフェは、せまかったんですけれども種類豊富で親切でしたね。チーズとかフルーツとか卵とかソーセージ、飲み物がありました。せっかくベルギーにきたのでワッフルなんかも食べたかったんですが、それはなかったですね(笑)。

以前行った時は南駅近くのホテルだったんですけれど、そっちの方が場所的にも機能的にもよかったかな、と思います。クイーンアンホテルは北駅からも南駅からも中途半端な感じで、どちらに行くにも15分から20分くらいかかるんですよ。南駅の周りにはフリーWifiも通っていますし、歩いて観光をするには南駅の方が便利かなと思いました。

ホテル(Queen Anne)のブッフェコーナー

クイーンアンホテルのブッフェコーナー

初めてのエミレーツ航空は高評価♪

エミレーツ航空ははじめてだったんですけれども、聞いた通りすごくよかったです。エンターテイメント設備や機内食がよかったですし、タイミングもよく考えられていました。エンターテイメント設備は、ガイドがとても丁寧で、日本語の字幕が付いている用のページがあったり、音楽も歌手の名前からも調べられるし、時代別に聞くこともできるので、乗っている間は退屈しなかったですね。ご飯は、日本食っぽいのと洋食っぽいのがあって、どちらかには鶏肉が入っているようなもので、もうひとつは牛肉だったりさかなだったりしました。飛行機の中の食事は、量的にはカロリーの高いものがどーんと出てくることがおおいですが、エミレーツは比較的軽くて、味の加減もちょうどよく、サラダとか果物が入っていてよかったです。座席自体の横幅が広く、前後にもゆとりがあり、エコノミーだけどきちきちではない感じがしました。

ドバイの空港

ドバイの空港

柔軟に対応してくださった平岡さんには感謝しています。

出発希望日の2~3週間前にいきなりお問い合わせと、かなりギリギリだったにもかかわらず、複数候補も調べてくださって、大変お世話になりました。要望にも柔軟に対応していただき、本当にありがとうございました!

03-6630-0202
当社のツアーはアレンジ自由自在!
当社のツアーはアレンジ自由自在!

お電話でもご予約・ご相談承ります。営業時間:月-土 10:00-18:30/日祝 休業

こちらの記事もオススメ

お客様のご旅行日程

1日目
羽田発〜ドバイ経由~ブリュッセル着
【宿泊】ブリュッセル
2日目〜
4日目
ブリュッセル及び周辺観光
【宿泊】ブリュッセル
5日目〜
ブリュッセル発〜ドバイ経由
【宿泊】機内
6日目
羽田着
TOP