新型コロナウイルス×海外渡航 人気海外旅行先コロナ関連情報
イギリス いつ行ける

イギリス旅行いつから行ける?入国制限完全解除!安心できる旅行法教えます!

イギリスはいつから行ける?イギリスは入国制限を完全撤廃。イギリス旅行は可能です。コロナ禍以前の入国ができるようになりパスポートと航空券があれば入国できます!入国制限を完全撤廃した国は非常に珍しく、今一番行きやすい国と言えるでしょう。イギリスの最新入国方法と帰国時の日本の入国制限を含め「今行けるイギリス旅行」の全てをお知らせします。

イギリスの入国制限は完全撤廃

EUを離脱して以来、独自のスピードで新型コロナウィルスの行動制限緩和や水際対策の緩和を積極的に行ってきたイギリスですが2022年3月18日、これまで英国入国の際に義務づけられていた乗客追跡フォーム(Passenger Locator Form)への入力申請・ワクチン接種を完全に済ませていない人の出発前検査と入国後検査を完全に撤廃しています。

つまりイギリスに入国する方法は、コロナ禍以前と同じとなったのです!もうイギリスには簡単に渡航が可能です!

また今回の完全解除はイギリスで言う「イングランド」だけではなくスコットランドなど全土が完全解除となったことになり、地方への旅行もコロナ禍同様、通常通りに旅行できるようになっています。いやー、素晴らしい!これだけの自由な旅行のためにイギリスを旅行先選びたくなります。

イギリス いつ行ける

ホントなのか!?ほんとです!

日本国籍ならイギリス入国のビザ査証は免除

コロナ禍以前と同じ入国方法でイギリス旅行ができるということは、ビザの申請など面倒なものはすべてない様態ということです。
日本国籍の方は 6か月未満の観光・商用・短期留学等での滞在は、原則ビザ査証免除!本当に、コロナ禍以前と同じです。

ただし、18歳未満の旅行者がビザ査証なしで片方の親同伴または単独で渡航する場合、渡航しない親・保護者からのの英語での同意書が必要です。

内容
1.渡航する18歳未満の方の氏名、生年月日、住所 及び 保護者との関係性
2.親・保護者の方の連絡先の詳細と渡航する18歳未満の方が英国に旅行することを同意する旨の記載
3.同行しない親のサイン
※渡航者が16歳未満(障がいがある場合は18歳未満)かつ 近親者でない者が28日以上世話をする場合は、訪問する地方自治体への通知もあわせて必要となります。

これは人身売買など児童が国際的な犯罪に巻き込まれないための入国制限のためコロナ禍のためのものとは異なります。

イギリス旅行いつから行ける?入国制限完全撤廃!4月7日最新情報

イギリス最高!

イギリスと言えば、素晴らしい映画のロケ地でもあります。「ハリーポッター」の聖地巡礼の地としても知られ、筆者の友人も巡っていました!

ロンドン1日観光

ロンドン・レドンホールマーケット 美しい!

イギリス レイコック

レイコックにある「レイコックアビー」

旅行したい国が入国制限を完全撤廃すると、もうそれだけでワクワクしますよね!

イギリスが入国制限を完全解除した今、もうイギリスに行ける人は、行ってしまいましょう。ただし日本入国時にはまだ一つ大きな壁があります。そのことについては後ほど説明しますが、もう行けるという人は、イギリスの航空券や旅行の相談をイギリスに強い旅行会社に相談しましょう。

もちろん相談は無料です。

2022年5月のイギリス旅行の手順

「コロナ前と同じですよ!」と言われても、本当ですか?と疑ってしまいますよね? 中には海外旅行の方法を忘れちゃったな~…なんていう人もいるかも?

2022年5月7日現在のイギリス旅行の手順をみていきましょう。

イギリス いつ行ける

これくらいうれしい、今回の入国制限完全撤廃

パスポートと航空券だけでOK!日本国籍者のビザ査証なしでの滞在条件

コロナ禍同様、パスポートと航空券があればイギリス入国は可能です。ただし帰国後の行動制限も含めて、スマートフォンは必須。

滞在日数:6か月
入国できる条件:観光・知人訪問・商用・短期留学
パスポートの必要残存期間:帰国時まで有効なもの

コロナ禍前もパスポート期限が3ヶ月、とか6か月なんていう国が多い中でイギリスは寛大ですねえ♪

イギリスの航空券手配は注意が必要

2022年5月7日現在、成田空港からはエミレーツ航空やカタール航空などの中東経由やシンガポール航空・タイ航空などのアジア経由便のみ。羽田空港からも経由便と限られた便の直行便となります。

またブリティッシュエアウェイズに関しては、航空会社と空港でのコロナ禍の大量解雇の穴埋めがいまだできておらず、日本便は欠航しています。ANAやJALも直行便は本数を減便。
また、世界中が関心を寄せるロシアのウクライナ侵攻もフライトを限定させてしまう要因です。現在ロシア上空を他国の飛行機が飛ぶことができず、それを除くとイギリス行きは限られた便となってしまうのです。
このような不安定な時期は、世界中の航空会社の情報を知る、旅行会社に相談するのが一番。

まずは下のボタンからフリーフォームに飛んで相談を。コロナを含め社会情勢が不安定な時期は個人手配よりも、旅行会社の方が安心です。

新型コロナウィルス感染症補填の保険加入を強くおすすめ

イギリス政府は、新型コロナウィルス感染拡大に関わる全ての入国制限を解除したため、入国の義務として「新型コロナウィルス感染症治療を補填する旅行保険に入れ」とは決して言っていません。

感染して重症化したら自己責任でどうぞ、というお話です。

イギリスでは当然日本の保険は使えないため医療費は高額になりますし、イギリスの医療費は日本よりかなり高め。コロナだけではなく盲腸になった、風邪を引いたという場合も「えっ?」と思うほど医療費がかかります。

今は厄介な病気がはびこっていると割り切り、新型コロナウィルス感染症の治療を補填する保険に入りましょう。

イギリスの空港到着後は?

① 入国審査
18歳以上の日本国籍者が日本のIC旅券を用いて英国に入国する場合、自動化ゲート(ePassport Gates)を利用が可能です。入国審査で並ぶのは長旅の後、本当にイヤになってしまいますよね!限られた国の人しか許可されていないので、ちょっと嬉しい!
ただし、短期留学生など一部の方は入国審査官による入国スタンプの押印が必要です。
 ↓
② 受託手荷物受取
 ↓
③ 税関検査
申告する物が無い場合はグリーンチャネル、申告する物がある場合はレッドチャネルに進みます。
 ↓
④ 空港を出たら公共交通機関を利用して移動できます。

イギリス・新型コロナウィルス2022年5月8日現在の様子

水際対策を完全撤廃したイギリス!さぞや感染者が減っていると思えば、完全撤廃の2022年3月18日から急速に感染が拡大。
2022年4月には一日の新規感染者数は未だ5万人超え、死者はなんと1日に3000人近く出ていました。しかし5月に入り新規感染者数が減少傾向。とはいえまだ5月3日には3万人台の新規感染者数を出すなど、まだまだ少ないとは言えません。

イギリスの人口は日本の半分。単純計算で日本と比較しても感染リスクが遥かに高い国であることは自覚しておいた方が良いでしょう。

今、行こうとしているイギリスがそういう状態であることを忘れないでください。

イギリスは水際対策だけではなく新型コロナウィルスの行動制限も完全撤廃しています。報道でも知られている通り、イギリス人はびっくりするほどマスクをしません。郷に入りては郷に従え?きっとイギリス人がマスクをしないからと旅行中はみんなマスクをしないはす。日本に感染を持ち込むリスクは非常に高いことを忘れないように。

イギリス いつ行ける

マスクは苦手!

イギリスに渡航は簡単!イギリス旅行はできるのか?

イギリス渡航は、コロナ禍以前同様にできることになりました!
「よぉし!じゃあ今すぐイギリス旅行を計画しよう!」と思っている方、ストップ!

イギリス帰国時に、日本入国のための制限があることをご存知ですか?

イギリス いつ行ける

ストップできません!

帰国時に日本政府指定の陰性証明書を取得

イギリスから帰国する72時間前に日本政府が指定する新型コロナウィルス検査を受検し、日本政府が指定する陰性証明書を取得する必要があります。

この陰性証明書は帰国の搭乗便のチェックイン時に提示を求められ、提示できなければ搭乗拒否。事実上の日本入国拒否となるので、必ず取得する必要があります。どうしても取得できない場合は在英国日本国大使館に申し出る必要があります。

日本の入国制限緩和

日本政府が指定する陰性証明書。漏れがあっても搭乗できません

これはイギリスのどこの検査機関でも良い訳ではないのが面倒なところ。日本政府の条件を満たす陰性証明書を出してくれる検査機関は信用できる施設に限られます。
日本でも面倒なのに、異国で自力でさがすのか?

日本で必死でリサーチしてから出かけることをお勧めします・・・と言いたいところですが(笑)・・・帰国時の陰性証明取得のためのサポートをしてくれている旅行会社があるんです!なんて便利。まずは下のボタンから手配内容を要チェック!

コロナ禍前にはなかったものだから「ええっ?料金たかーい」なんて思っていませんか?

ロシア上空が飛べない今、中東経由のエミレーツ航空やカタール航空を指定することで、通常の直行便より遥かに航空券を浮かすことが可能です。トータルで考えると…検査予約代行をお願いしても、以前と同等か、まだ安い可能性もあります。

日本も入国制限を緩和しつつありますが、帰国時の陰性証明書はしばらく続きそう。日本の水際対策が解除されるまでの間は、お願いしたほうが格段に旅行が楽になります。

日本は大幅に入国制限を緩和

日本は2022年3月1日に大幅に入国制限を緩和しています。帰国時の現地での検査と陰性証明書取得以外は「えっ?それってもう海外旅行できるの?」と思ってしまうほどの緩和です。

◆前述した通り出発する国で、出国前72時間以内で新型コロナウィルスの検査を受け、その証明を搭乗のチェックイン時に提示すること
◆各種アプリのインストール※スマートフォンがない場合は、検疫所周辺でレンタルさせられます
◆入国時にも新型コロナウィルス感染検査
◆7日間の自宅などでの自主待機(三度目のワクチン接種で免除)。ただし3日目以降に自主的に新型コロナウィルス検査を受け、陰性証明を入国者健康確認センターに提示できた場合、それ以降の待機は免除

なぬっ?色々あって面倒くさい?

これでも日本は大幅に入国制限を緩和しているんです!
まずは公共交通機関で家に帰れること!これでは帰れなかったため、海外に渡航できる人は限られた人しかいなかったのです。

さらに三度目のワクチン接種を受けた人は自主待機が免除となります!

帰国後については以下のブログを参照のこと。

岸田総理大臣は2022年5月5日、訪問先のイギリスで6月には先進国7国(G7)並みの入国制限緩和をすると表明しました。6日には、試験的に少人数のグループ旅行を受け入れる方向で調整に入ったことが報告されています。

つまり日本の入国制限も、このまま緩和に向かっていくということです。

どんどん海外旅行がしやすくなる2022年。もう旅行を始めてしまいましょう!

2022年入国制限完全撤廃のイギリス旅行は旅のプロに相談しよう!

イギリスの入国制限完全撤廃はとてもうれしいことですが、航空便の激減など不安なこともたくさんある2022年5月のイギリス旅行。

こんな時期にはいつも個人手配が当たり前だった人も、旅のプロに頼った方が良いですよ!

相談はもともと海外旅行専門の旅行会社だったトラベル・スタンダード・ジャパンがおすすめ。筆者もあれこれ無料で相談したけれど、航空便はお任せしちゃおうと思いました。

まずは下のボタンからフリーフォームに飛んで、無料で相談しちゃいましょう!

イギリス いつ行ける

準備までして…待ちます(´;ω;`)

トラベル・スタンダード・ジャパン
(ヨーロッパ・中近東専門ダイヤル)
03-5956-3035 電話で無料相談する
TOP