新型コロナウイルス×海外渡航 人気海外旅行先コロナ関連情報
イギリス いつ行ける

イギリス旅行いつから行ける?入国制限完全解除!安心できる旅行法教えます!

イギリス旅行いつから行ける?イギリスは入国制限を解除しました。イギリスへの入国はコロナ禍以前と同じ、パスポートと航空券だけで可能。ただ、ヒースロー空港ではコロナ禍の職員のリストラによる空港職員不足で、各旅行会社に航空券販売の一時停止をお願いしています。個人旅行は不安な時期。どうすればいい?良い方法を教えます!

イギリスの入国制限は完全撤廃

EUを離脱して以来、独自のスピードで新型コロナウィルスの行動制限緩和や水際対策の緩和を積極的に行ってきたイギリスは2022年3月18日、英国入国の際に義務づけられていた乗客追跡フォーム(Passenger Locator Form)への入力申請・ワクチン接種を完全に済ませていない人の出発前検査と入国後検査を完全に撤廃しています。

乗客追跡フォーム(Passenger Locator Form)はイギリス最後の入国制限だったためイギリス入国制限はここで完全に撤廃されたのです。

また今回の完全解除はイギリスで言う「イングランド」だけではなくスコットランドなど全土が完全解除となったことになり、地方への旅行もコロナ禍同様、通常通りに旅行できるようになっています。

イギリス いつ行ける

ホントなのか!?ほんとです!

ヒースロー空港で問題勃発!夏休みのイギリス渡航は旅行会社経由が安心

せっかくイギリスの入国制限が緩和されているというのに、ちょっとおどろきのお知らせが。

2022年7月29日現在、イギリスの空の玄関口、ロンドンのヒースロー空港が、空港職員の人手不足からサマーバケーション中のヒースロー空港利用者の上限を設けると発表。
入国制限を完全に解除したイギリスに、どっと観光客やビジネス客が押し寄せる中、コロナ禍でリストラしたヒースロー空港職人の人手は回復しておらず、飛行機へのバゲージ搬入や空港への搬出などが滞り、出入国手続きに長蛇の列ができるレベル!

ヒースロー空港は7月12日に出発する旅客数を1日当たり10万人に制限することを発表。日本からすれば、羨ましい数字ですが、9月11日までの2カ月間、この制限を継続するとしています。

これがどう影響するかと言うと、現在、ヒースロー空港への航空券は、一部販売停止などが行われている状況なのです。

この夏、イギリス旅行したい!と思っている人は個人旅行だと不安ですよね。こういう時は、旅行会社に相談するのが得策。ヒースロー空港の情報を含めて、世界中の航空会社や空港の情報が旅行会社に入って来るのです。

イギリスにどうしても行きたい筆者は、立派な臆病者でして、個人旅行がとても不安だったんですよね。そこでツアーを検索しまくりました。

ありました!ありました!大手旅行会社だと白目になるほどお高いイギリスツアーが、トラベル・スタンダード・ジャパンという旅行会社は「え?安い。」と思う料金。

イギリス旅行を具体的に考えている人も、今回のヒースロー空港の一件で諦めるのであれば、諦めないでっ(ちょっと古くないか?)!

これなら自分で不安な状況で航空券を手配しての旅立ちより心身的にも、お財布的にも安心だと思いませんか?まずはこちらからトラベル・スタンダード・ジャパンのイギリスのツアーや諸々のサポートについて、チェックしてみて!

イギリスは映画の聖地巡礼(ロケ地巡り)も楽しい!

イギリスと言えば、素晴らしい映画のロケ地でもあります。「007シリーズ」「ボヘミアン・ラプソディ」などイギリスに行ったら尋ねたい場所がいっぱーい。

「ハリーポッター」の聖地巡礼の地としても知られ、筆者の友人も巡っていました!

ロンドン1日観光

ロンドン・レドンホールマーケット 美しい!

イギリス レイコック

旅行したい国が入国制限を完全撤廃すると、もうそれだけでワクワクしますよね!

ヒースロー空港の職員不足については、一日も早く解決していただきたいものの、旅行会社のツアーを使って安心な旅行を楽しむもよし、秋以降、年末年始など先の予約を取るも良し…まずはイギリスの2022年7月29日最新の入国情報を見ていきましょう。

イギリス最新入国方法

「コロナ前と同じですよ!」と言われても、はて、海外ってどうやって行くんだっけ?なんて少し忘れかけてる人もいるかも!
中には海外旅行の方法を忘れちゃったな~…なんていう人もいるかも?

2022年7月29日現在のイギリス旅行の手順をみていきましょう。

日本国籍なら観光の入国のビザ査証は免除

コロナ禍以前と同じ入国方法でイギリス旅行ができるということは、ビザの申請など面倒なものはすべてない様態ということです。
日本国籍の方は 6か月未満の観光・商用・短期留学等での滞在は、原則ビザ査証免除!本当に、コロナ禍以前と同じです。

ただし、18歳未満の旅行者がビザ査証なしで片方の親同伴または単独で渡航する場合、渡航しない親・保護者からのの英語での同意書が必要です。

同意書に明記する内容
1.渡航する18歳未満の方の氏名、生年月日、住所 及び 保護者との関係性
2.親・保護者の方の連絡先の詳細と渡航する18歳未満の方が英国に旅行することを同意する旨の記載
3.同行しない親のサイン
※渡航者が16歳未満(障がいがある場合は18歳未満)かつ 近親者でない者が28日以上世話をする場合は、訪問する地方自治体への通知もあわせて必要となります。

これは人身売買など児童が国際的な犯罪に巻き込まれないための制限。コロナ禍のためのものとは異なります。

イギリス旅行いつから行ける?入国制限完全撤廃!4月7日最新情報

入国制限完全解除のイギリス最高!

パスポート残存期間

海外旅行が困難になってから約2年半。
パスポートが切れていたら完全にアウト。早めに確認をしておきましょう。

イギリスでのパスポート有効残存期間は基本的に、滞在する日数より多ければ許可されるとされていますが、ビザと同様に6か月以上であることを推奨されています。

航空券を取る

先ほどお話した通り、ロンドンのヒースロー空港や、イギリスの主要空港では、コロナ禍のリストラによる人手不足で、フライトキャンセルが頻発。個人では航空券を取ることが不安な状況です。

7月12日~9月11日まで、ヒースロー空港は航空券発券の一時停止を各旅行会社に依頼しており、いきなりキャンセルなんてときはどうなってしまうの?誰に相談すればいいのと途方に暮れてしまいそう。

まずは下のボタンから航空券の相談と、安心安全なツアーについて相談してみましょう。

前述べしたトラベル・スタンダード・ジャパン。この時期のイギリスツアーがとても安いです。

それもそのはず。燃料サーチャージを取らないカタール航空や同じく中東経由のゴージャスなのにお得なエミレーツ航空のツアーなど、イギリス旅行のウラザワである航空会社を駆使したツアーが豊富。

もちろん航空券だけの相談にも乗ってくれるので、チェックしてみて。

新型コロナウィルス感染症補填の保険加入を強くおすすめ

日本でも感染が爆発的に増えている新型コロナウィルス・オミクロン株系列のBA.5などの影響で、7月前半から中半までは1日の新規感染者数が15万人~20万人も発見されていたイギリス。

7月27日から10万人を切り減少傾向ですが、イギリスでは現在屋外では(屋内も特定の場所以外は)誰もマスクを着用していません。

後ほど説明しますが、日本は帰国時に割と大きな入国制限が残っているので、イギリスで陽性になるとかなーり厄介。

しかもイギリスの医療費はとても高額です。

悪いことは言いません。保険に加入しておきましょう。先日、筆者は自分の加入している航空会社系のクレジットカードを確認したところ、なんと付帯の海外旅行傷害保険が勝手にアップグレード!新型コロナウィルス治療費もカバーされているものでした。

こんなこともあるので、カード会社に問い合わせてみるのも手ですよ!

イギリス いつ行ける

イギリスの空港についたら?

① 入国審査
18歳以上の日本国籍者が日本のIC旅券を用いて英国に入国する場合、自動化ゲート(ePassport Gates)を利用が可能です。入国審査で並ぶのは長旅の後、本当にイヤになってしまいますよね!限られた国の人しか許可されていないので、ちょっと嬉しい!
ただし、短期留学生など一部の方は入国審査官による入国スタンプの押印が必要です。
 ↓
② 受託手荷物受取
 ↓
③ 税関検査
申告する物が無い場合はグリーンチャネル、申告する物がある場合はレッドチャネルに進みます。
 ↓
④ 空港を出たら公共交通機関を利用して移動できます。

日本への帰国はどうするの?

イギリス渡航は、コロナ禍以前同様にできることになりました!
「よぉし!じゃあ今すぐイギリス旅行を計画しよう!」と思っている方、ストップ!

イギリス帰国時に、日本入国のための制限があることをご存知ですか?

イギリス いつ行ける

ストップできません!

帰国時に日本政府指定の陰性証明書を取得

イギリスから帰国する72時間前に日本政府が指定する新型コロナウィルス検査を受検し、日本政府が指定する陰性証明書を取得する必要があります。

この陰性証明書は帰国の搭乗便のチェックイン時に提示を求められ、提示できなければ搭乗拒否。事実上の日本入国拒否となるので、必ず取得しなければなりません。どうしても取得できない場合は在英国日本国大使館に申し出る必要があります。

日本の入国制限緩和

日本政府が指定する陰性証明書。

また検査を受けるのは、イギリスのどこの検査機関でも良い訳ではないのが面倒なところ。日本政府の条件を満たす陰性証明書を出してくれる検査機関は信用できる施設に限られます。
日本でも面倒なのに、異国で自力でさがすのか?

日本で必死でリサーチしてから出かけることをお勧めします・・・と言いたいところですが、旅行のリサーチがしたいのに、検査機関を探して予約をする時間が惜しいですよね。

そんな時は、帰国時の陰性証明取得のためのサポートをしてくれている旅行会社を利用しましょう。なんて便利。まずは下のボタンから手配内容を要チェック!

ええっ?陰性証明書のサポートの料金が高い?コロナ禍前にはなかったものだから「ええっ?料金たかーい」なんて思いますよね?

ロシア上空が飛べない今、中東経由のエミレーツ航空やカタール航空を指定することで、通常の直行便より遥かに航空券を浮かすことが可能です。トータルで考えると…検査予約代行をお願いしても、以前と同等か、お安い旅行の計画を立てることも可能。

後述しますが、日本も入国制限を6月に大幅緩和しています。ただし皆さんもご存知のように、日本は新型コロナウィルス感染拡大第7波の真っただ中。

こうなると、唯一の日本の入国検疫になる陰性証明書の提示は、しばらく継続されそう。料金はお高いですが、お願いした方が安心度が格段に違います。

予算感を伝えて、トラベル・スタンダード・ジャパンのPCR検査サポートやツアーの問い合わせをしてみましょう。

日本の水際対策とは?

日本政府は3月と6月の2回に分けて日本帰国者の水際た対策を緩和しました。

前述した帰国時の陰性証明書はイギリスだけではなく、どの国に行っても日本帰国時に必要なものです。

現地の検査機関で行うことになりますが、これさえできていれば、イギリスから日本へ入国する際、とても簡単ですよ。

イギリスは日本政府が感染低リスク国「青グループ」に指定しています。

日本の入国制限

イギリスは日本政府が認めた低リスク国

そのためイギリスからの帰国条件は以下の表の青グループのものとなり日本では入国条件が緩和されているグループとなります。

トルコ旅行いつから行ける

ファストトラックを忘れずに

帰国用のワクチン接種証明書が取れたら、スマートフォンでMY SOSを取得。

日本入国が圧倒的に早く、楽になるファストトラックをの登録申請を行いましょう。

スマートフォン上で「My SOS」をダウンロード。アプリ上で日本入国に必要な申請や証明を登録していくものです。

出発6時間前に登録を済ませておけば、日本入国時には検疫の一部が終了しているというもの。

ファストトラックの登録をすませておかないと、質問票のページに入力をしたり、機内で宣誓書を書かなくてはいけなかったり、入国時の検疫にとても時間がかかります。

ファストトラックはスマホ一つでできる上に入国検疫もスムーズ。

・アプリ上に提示される質問票の記入
・アプリ上に提示される誓約書の記入
・ワクチン接種証明書の登録(任意)※必要な部分をキャプチャーで撮影し、JPGなど指定されたファイルで登録
・出国前72時間以内の検査証明書の有効性の確認※撮影し、JPGなど指定されたファイルで登録

詳細はこちらから⇒厚生労働省ファストトラック

面倒ですがこれはコロナ禍に旅行したすべての旅行者が「登録しておくべき」と太鼓判を押しています。

2022年入国制限完全撤廃のイギリス旅行は旅のプロに相談しよう!

イギリスの入国制限完全撤廃はとてもうれしいことですが、冒頭で開設した通り、航空便の激減など不安なこともたくさんある2022年8月~9月のイギリス旅行。

こんな時期にはいつも個人手配が当たり前だった人も、旅のプロに頼った方が良いですよ!

相談はもともと海外旅行専門の旅行会社だったトラベル・スタンダード・ジャパンがおすすめ。筆者もあれこれ無料で相談したけれど、航空便はお任せしちゃおうと思いました。

まずは下のボタンからフリーフォームに飛んで、無料で相談しちゃいましょう!

トラベル・スタンダード・ジャパン
(ヨーロッパ・中近東専門ダイヤル)
03-5956-3035 電話で無料相談する
TOP