【カールズバッド洞窟群国立公園】アメリカ・ニューメキシコ州の地底洞窟を探検しよう!世界遺産の魅力と基本情報を紹介

【カールズバッド洞窟群国立公園】アメリカ・ニューメキシコ州の地底洞窟を探検しよう!世界遺産の魅力と基本情報を紹介

アメリカ・ニューメキシコ州にある「カールズバッド洞窟群国立公園」は、世界遺産にも登録されている貴重な洞窟群。広大な園内の地下深くには100以上の洞窟と大小さまざまな地下室が広がっていて、まるで地底世界を探検しているような気分を楽しめます!今回はそんなカールズバッド洞窟群国立公園へのアクセス方法や見どころ、観光の際の注意点など、旅行前に知っておきたい基本情報をまとめて紹介していきます。

世界遺産「カールズバッド洞窟群国立公園」の基本情報

カールズバッド洞窟群国立公園

カールズバッド洞窟群国立公園

カールズバッド洞窟群国立公園(Carlsbad Caverns National Park)はアメリカのニューメキシコ州エディ郡、グアダルーペ山脈に位置する国立公園です。世界最大級の規模を誇るこの洞窟群は、1995年に世界遺産に登録されました。決してアクセスの良い場所ではありませんが、それでも訪れる人は多く、毎年夏には観光客でいっぱいになるくらい混雑する人気の観光地でもあるのです。

園内には2億9900万~2億5100万年前の化石礁があるカールズバッド洞窟をはじめ、世界最深かつ世界5位の長さを誇る「レチュギア・ケイブ(Lechuguilla Cave)」など、現在発見されているだけで113もの洞窟があることがわかっています。

洞窟内には巨大な地下空間が存在しており、人気のある「ビッグルーム(Big Room)」をはじめ、大小さまざまな地下室も存在しています。広大な敷地面積なのですべて見てまわるのは大変ですが、地下空間の探検は大人でもワクワクすること間違いなし!童心に帰って探検を楽しみましょう!

エレベーター完備なので移動も楽ちん

洞窟群の最深部まで遊歩道が整備されているほか、ビジターセンターからエレベーターで一気に降りることもできるので、体力に自信がない方も安心です。エレベーターは往路・復路共に利用できます。

アクセス情報

日本からカールズバッド洞窟群国立公園へ行く場合、まずアルバカーキ空港まで飛行機で移動し、そこからレンタカーなどで現地に移動する方法が一般的です。日本からアルバカーキ空港までは現在直行便は運航されていないため、ロサンゼルスやヒューストン、ダラスなどの都市を経由して乗り継ぎ便を利用する必要があります。経由地によって多少差はありますが、フライト時間は平均約13時間です。

アルバカーキ空港からはレンタカーで約2.5時間

アルバカーキ空港からカールズバッドまでは車で約2.5時間かかるため、個人で行くよりもオプショナルツアーを利用した方が便利です。オプショナルツアーもいくつかありますが、ホテルまで送迎してくれるものもあるので、上手に活用して移動のストレスを減らしましょう。

「カールズバッド洞窟群国立公園」へ行く観光付きツアーはこちら

  • 羽田発

【羽田発着】アラモゴード&サンタフェ[5端末まで使えるWi‐Fiレンタル付き]

アメリカ・カールズバッド3×4
日本語ガイドがご案内!地底洞窟「世界遺産カールスバッド」&真っ白な世界「ホワイトサンズ国立公園」夕日観賞&サンタフェ観光付き
  • 6日間
1名様あたり

272,000円370,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

世界遺産「カールズバッド」の観光ポイント

世界遺産にも認定されているカールズバッド洞窟群国定公園には見どころがたくさんあります。そのなかでも特におすすめの観光ポイントを4つ紹介していきます。

ビッグルーム

ビッグルーム(Big Room)

ビッグルーム

洞窟内には巨大な地下空間が存在しており、地下室も多く点在していますが、その中でも最も人気なのが「ビッグルーム(Big Room)」と呼ばれる洞窟部屋です。

ビッグルームまではエレベーターで地下まで一気に降りるか、ナチュラルエントランスから2kmに及ぶ遊歩道を進むか、どちらかのルートで移動します。エレベーターならビッグルームまであっという間ですが、体力に自信がある方はぜひ遊歩道の方を選択してみてください。くねくねと曲がっているところも多く、急な下り道ばかりですが、地下約230mまでの道なりはより冒険心を盛り上げてくれますよ。

ビッグルームはその名の通りとても広大な地下室で、高さは約80m。ぐるっと散策するだけでも1時間以上かかると言われています。広い空間の中には、つららのようなたくさんの鍾乳石をはじめ、大小さまざまな鍾乳石が存在していて、何とも神秘的な光景を生み出しています。

ナチュラルエントランス

ナチュラルエントランス

ナチュラルエントランス

「ナチュラルエントランス(Natural Entrance)」は洞窟最深部まで続く遊歩道の入り口です。地面にぽっかりと空いた穴へ入っていくとだんだん日の光が届かなくなり、奥深く、闇の中を進んでいくことになります。徐々に洞窟のライトアップが見えてくるころにはテンションも上がっていることでしょう。ちょっとしたトレジャーハンター気分を味わえますよ。

アンダーグラウンドランチルーム

ちょっと小腹が空いたときに便利なのが、地下約230mに位置する「アンダーグラウンドランチルーム(Underground Lunchroom)。レトロな雰囲気の店内では、サンドウィッチやサラダなどの軽食が食べられます。お昼をまたいで散策を楽しむときにも便利ですよ。

ドールシアター

ドールシアター

ドールシアター

「ドールシアター(Dolls Theater)」はほかの観光ポイントと比べると小さなポイントではありますが、独特の景観が楽しめるので、ぜひ見逃さずにチェックしてみてください。小さな空間のなかにつららのような細い鍾乳石が幾重にも下がっていて、その名の通り人形劇が開演されていそうな雰囲気。鍾乳石の白色がより強く出ていて、少し不気味ですが美しい光景が楽しめます。

カールズバッドの代名詞!コウモリの飛翔を見よう

コウモリの飛翔を見よう

コウモリの飛翔を見よう

洞窟の入り口であるナチュラルエントランスの前に広がる円形の劇場では、毎年5月中旬~10月中旬まで、毎日夕刻に洞窟から一斉に飛翔するコウモリ(Bat Flight)を見ることができます。洞窟内にはおよそ100万匹ものメキシコ・オヒキコウモリが生息しているそうで、春~秋の夕方だけエサを求めて大群が飛翔するのだとか!目の前の空を覆いつくすような真っ黒なコウモリの大群が、方向を変えながら次々と飛んでいく姿はまさに圧巻です。

コウモリの飛翔は毎日無料で見学できますが、席は先着順なので時間に余裕をもって移動するようにしましょう。ちなみに飛翔中はコウモリの保護のため、カメラなど電子機器の使用は全て厳禁。肉眼で絶景を楽しみましょう。

世界遺産「カールズバッド」の観光ベストシーズン

観光ベストシーズンは6~9月上旬

観光ベストシーズンは6~9月上旬

カールズバッド洞窟群国立公園の観光ベストシーズンは6~9月上旬。8月がコウモリの飛翔のピークなこともあり、この夏のシーズンは大変混雑します。

洞窟内は1年を通して13℃に保たれているので、夏暑い時期に訪れる際は、何か羽織れる上着を持参すると便利です。洞窟周辺は冬は非常に寒く、夏は猛暑になる日も多い気候。特に冬は雪が降る日も珍しくはないので、天候情報をチェックして出かけるようにしましょう。

世界遺産「カールズバッド」観光の際の注意点

洞窟内は1年を通して13度とひんやりしています

洞窟内は1年を通して13℃でひんやり

カールズバッド洞窟群国立公園はとても広く、エレベーターを使ったとしても結構な距離を歩くことになります。そのため、散策の際は動きやすい服装や滑りにくい運動靴を着用するようにしましょう。

また、先ほども述べましたが、洞窟内は1年を通して13℃とひんやりした気温となっています。夏でもジャンバーなど何か羽織れるものを持参するようにしましょう。また、洞窟内は基本的に暗いので、携帯用の懐中電灯があると便利です。

洞窟内は水以外の飲食は禁止

洞窟内を散策するうえで守らなければいけないルールもいくつかあります。例えば「むやみやたらに鍾乳石に触らない」「禁煙」「落書き禁止」などは、どの場所も共通しているルールなので厳守しましょう。また、洞窟内は水以外の飲食も禁止されています。先ほど紹介した「アンダーグラウンドランチルーム」や、売店で買ったものなら休憩スペースで飲食することができますよ。

世界遺産「カールズバッド洞窟群国立公園」へ行こう!

カールズバッド洞窟群国立公園のアクセス方法や見どころ、観光の際の注意点などを紹介してきました。いかがでしたでしょうか?

園内にはこの世のものとは思えないほど美しく神秘的な光景が広がっているので、ぜひカメラを片手に足を運んでみてください。ライトアップされた鍾乳石を見ながら薄暗い道を進んでいると、まるで地底世界を探検しているかのような探検家気分も味わえますよ。春~秋頃のコウモリの飛翔も必見です!ぜひ神秘あふれる洞窟群の魅力を堪能してみてください。

当社の「カールズバッド洞窟群国立公園」観光付きツアーがおすすめ

ホワイトサンズ国定公園

ホワイトサンズ国定公園

トラベル・スタンダード・ジャパンでは、世界遺産「カールズバッド洞窟群国立公園」の観光付きツアーを催行しています。ホワイトサンズ国定公園やロズウェルUFO博物館、サンタフェの街の観光も含む、見どころたくさんのツアーです。

カールズバッド洞窟群国立公園ではおよそ3時間かけて、一番人気の観光ポイント「ビッグルーム」を散策します。近隣の観光名所もあますことなく巡れるお得なツアーとなっておりますので、ぜひこの機会にいかがでしょうか?

「カールズバッド洞窟群国立公園」へ行く観光付きツアーはこちら

  • 羽田発

【羽田発着】アラモゴード&サンタフェ[5端末まで使えるWi‐Fiレンタル付き]

アメリカ・カールズバッド3×4
日本語ガイドがご案内!地底洞窟「世界遺産カールスバッド」&真っ白な世界「ホワイトサンズ国立公園」夕日観賞&サンタフェ観光付き
  • 6日間
1名様あたり

272,000円370,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

トラベル・スタンダード・ジャパン
(北米・中南米・オセアニア専門ダイヤル)
03-6634-7799 電話で無料相談する

アメリカ旅行についてはこちらも
参考にしてください

TOP