2024 東京発 夏休み海外旅行特集
【最新版】カタール航空搭乗記(成田~ドーハ~マレ)

【最新版】カタール航空搭乗記(成田~ドーハ~マレ)※2024年4月24日更新

『スカイトラックス』が発表した2022年「エアライン・オブ・ザ・イヤー」で、見事世界1位を2年連続受賞したカタール航空。成田~ドーハ~マレ空港間は、乗り継ぎ時間も含めて約20時間。長時間搭乗する航空会社なら評判や、サービスのクオリティが気になりますよね!今回は実際に搭乗した体験記をたくさんの写真とともにご紹介します。

カタール航空ってどんな会社?

中東のイメージがあり、ヨーロッパ方面での渡航に利用する印象が強いカタール航空ですが、実は日本からモルディブへ行く際にも利用できるんです!!ヨーロッパにお住まいの方がドーハ経由でモルディブへ行くので、ドーハ~マレはかなり需要のあるルート。日本から直行便が飛んでいるドーハまで行けば、ドーハ~マレのフライトにアクセス可能です。

『スカイトラックス』が発表した2022年「エアライン・オブ・ザ・イヤー」で、見事世界1位を2年連続受賞したカタール航空。アライアンスはワンワールドです。業界初の個室タイプのビジネスクラス「Qsuite(キュースイート)」を導入し、「ワールド・ベストビジネスクラス」でも1位に輝いています。

カタール航空の機影

2024年4月現在 日本~ドーハ~マレ フライトスケジュール

現在成田空港または、関西国際空港からドーハ経由でモルディブへ行くことができます(成田発着および、羽田発着は9月29日まで同日乗り継ぎができません)。さらに、羽田発着なら、国際線のフライトはカタール航空と日本航空の共同運航便となり、機材・乗務員は日本航空となります。

2024年4月24日現在の最新のフライトスケジュールをまとめました。

フライトスケジュール

●成田発
成田発(22:30)→ドーハ着(04:30)
ドーハ発(07:50)→マレ着(14:25)

●羽田発
羽田発(22:50)→ドーハ着(04:40)
ドーハ発(07:50)→マレ着(14:25)

●関空発
関空発(18:30)→ドーハ着(23:20)
ドーハ発(01:15)→マレ着(07:50)

カタール航空 成田~ドーハ~マレ 搭乗レポート

成田~ドーハ 機内レポート

それではここから2024年4月某日に実際に搭乗したときの様子をご紹介していきます!

成田空港第2ターミナルにチェックインカウンターがあります
荷物に関してのご案内

22時半発のフライトに乗るため、20時過ぎに成田空港に到着。空港内でWi-Fiルーターのレンタルコンセントの変換プラグの買い物を済ませてからチェックインカウンターに並びました。列に並び始めてからチェックイン完了まで約45分。ビジネスクラスのお客様が少なくなってからは、エコノミーのお客様もビジネス専用カウンターへ誘導し、スムーズにチェックインが進んでいる印象でした。

少し出発時間が早まりました
エコノミーとビジネスクラスの分かれ道・・・
ドーハ以遠のチケットもまとめて受け取ります

エコノミークラスは、3-4-3の配列です。この日の搭乗率はほぼ100%でした。後方クラスは真ん中も3列になりますが、今回は3列に切り替わる列の左側の座席を指定しました。1席減る分スペースに余裕があり、足を伸ばして快適に過ごすことができました!

エコノミークラスの座席
シートピッチもじゅうぶん!
3-4-3が3-3-3に切り替わる列を指定しました。

座席前のモニターでは映画やゲームを楽しめます。日本語表記を選べるのでご安心ください!座席には、枕、ヘッドフォン、アメニティ、ふかふかの毛布の用意がありました。毛布はかなりしっかりしていて、寒い機内も問題なく過ごせます。モニターの下にはUSBがあり、スマホの充電も可能です。

豊富なアメニティ
USBやイヤホンジャックもあり
細かいことですが、ポケットが複数あるのは嬉しい!

離陸後約1時間で機内食が配られます。この日はチキン、パスタ等から選択可能で、チキンにしてみました。最後の日本食として親子丼を食べましたが、デザートはかなりの甘さで食べきれませんでした…。ビールを飲んでぐっすり就寝しました。

親子丼・サラダ・デザート・パン

着陸の約2時間前にも機内食が配られます。ベルギーワッフルまたは、マッシュポテト&ソーセージから選択可能でした。1回目の機内食からぐっすり寝てただけなので、あまり食欲はなく…これまた少ししか食べられませんでした。でもとっても美味しかったです!

ワッフル・フルーツ・デザート・パン

ドーハ・ハマド国際空港の様子

無事に着陸!遅延もなくオンタイムでの到着でした。飛行機を降りて道なりに進むとすぐに乗り継ぎのための手荷物検査があります。スーツケースは最終目的地まで運ばれますので、ドーハでのピックアップは不要!検査を終えると目の前には森が!?自然溢れるショッピングエリアが広がっていました。

ドーハは看板も大きく分かりやすいです
免税店が集まるショッピングエリア

まずは、電光掲示板で次のゲートを確認します。成田空港で受けとった搭乗券に記載の便名を掲示板で見つけて、自分が向かうゲートを探します。今回は「C92」を目指します!

掲示板だとQR674便はC92となっています。
マップで分かりやすく表示されています
目安の所要時間まで!10-15分で着くなら買い物でもしようかな・・?

ドーハの空港内には無料のモノレールが走っていて、空港内の移動に利用可能です。今回は利用せずに歩いてみましたが、時間も問題なく乗り継ぎができましたよ。とにかく看板が大きくて多い、そして分かりやすい!迷うことなくずんずん進めました。

空港内を走るモノレール
①看板に沿って進む
②看板に沿ってずんずん進む
③このエスカレーターを下りたらゲートはすぐ!

乗り継ぎが約3時間あったので、空港内を探検しました。ドーハ空港で絶対見たいのは「ランプベア」。なぜかランプと一体になったかなり大きなクマです。空港内にはランプベア以外にもアート作品が多数点在しています。

ランプベア
なんでそんなにうなだれているのか・・

まだまだ時間があるので、カフェで時間を潰しました。内装も可愛いオレオカフェでは、オレオを使ったドリンクやスイーツを注文可能!オレオのシェイクは冷たくて甘くて美味しかったです。

オレオのシェイク
スイーツもたくさん!
外観も可愛いオレオカフェ

ドーハ~マレ 機内レポート

C92のゲートから、飛行機まではバスで移動します。エコノミー、ビジネス、ファーストクラスでそれぞれ乗車するバスが異なり、ランクが上がるとバスの座席の質も良くなります。移動時間は5~10分程度でした。

Maleの文字にワクワク
扉の向こうに見えるバスに乗ります
たくさんバスがいました

ドーハ~マレ間は3-3-3の配列で、搭乗率は80%くらいでした。枕、ヘッドフォン、毛布が座席に用意してあり、こちらもモニターの下にUSBとイヤホンジャックを完備。しっかりオンタイムで出発し、離陸後約1時半で機内食が配られました。ドーハ~マレ間は4時間半のフライト。いよいよモルディブに到着です!!

ドーハ~マレ間の座席
ゆったりと足を伸ばせました
機内食

14時20分にモルディブに到着!降りたら飛行機の目の前で待っていたバスでターミナルまで移動します。マレ空港は小さいので道なりに進めば外に出られますよ!荷物を受け取ったら出口へ進みます。出たところで現地のガイドさんが名前を書いたボードを持ってたくさん待っています。合流したらホテルへの移動手段のスピードボートまたは水上飛行機乗り場へ移動!いよいよリゾートライフの始まりです♪

モニターで環礁がみえてきた!!

最後に・・・

ドーハ経由のため少し遠回りになるカタール航空ですが、そのサービスクオリティとホスピタリティは確かなもの。「エアライン・オブ・ザ・イヤー」受賞歴のあるカタール航空で、モルディブ旅行をしてみませんか?

カタール航空で行くツアーはこちら
トラベル・スタンダード・ジャパン
TEL:電話で無料相談する
TOP