もっとTOKYO 予約できない

都民割もっとTokyo完売で予約が取れない?なぜ予約できないの?【11月25日更新】

カテゴリー:

東京都民割引「もっと楽しもうTokyoTokyo」のプランが各社で完売。なぜ予約できないの?GoToトラベルキャンペーン上乗せ割引として始まった「もっとTokyo」でしたが販売を開始したホテルや旅行会社は予約が集中し完売。そして11月27日から12月17日まで新型コロナウィルス感染拡大を受け一時停止の発表が!せめて12月18日以降は予約できますように!

【速報】都民割「もっと楽しもう!TokyoTokyo」11月27日から一時停止

GoToトラベルキャンペーンの一時停止について注目が集まった11月25日17時の小池東京都知事の会見。内容は新型コロナウィルス感染拡大の対策についてのものとなり、東京都民の生命を守るため「感染対策短期集中」を掲げ、様々な制限の発表を行いました。

そして、その対策の一部として発表されたのが都民割「もっと楽しもう!TokyoTokyo(もっとTokyo)」の一時停止。発表された内容は以下です。

もっとTokyo新規予約一時停止期間:11月27日から12月17日まで

GoToトラベルキャンペーンと異なり、既に予約した「もっとTokyo」対象プランの旅行や宿泊プランに関しては、停止されることはありません。そのまま旅行しても良いとのことなので安心してください!

とはいえ、この「もっとTokyo」。全然予約が取れません。一体なぜ!?以下の記事でおさらいの上、12月18日からの旅行は何が何でも予約できるように頑張りましょう。

簡単に予約できると思ってたもっと楽しもうTokyoTokyo

すっかり日本の旅の顔となっている「GoToトラベルキャンペーン」。新型コロナウィルス感染拡大で打撃を受けた日本の観光事業を活性化するため、 日本在住者の旅費を半額援助することで、日本国内を沢山旅してもらおうという事業に、日本中が湧き、泣いた(泣いてない・・・)!

もっとTOKYO 予約できない

全日が泣いた!そして当時は都民も狂喜乱舞(大げさ)した

しかし・・・その発表は都民にとって、つかの間の夢。運悪く、事業開始直前に日本全国で新型コロナウィルスの感染が再拡大。全国レベルだって言うのに、一番人口が多いがゆえに「東京在住者の旅行・東京が目的地の旅行」のみ、援助の対象外となってしまいました。

もっとTOKYO 予約できない

あの日の絶望・・・

GoToトラベルキャンペーンは、国家事業、当然使われるのは国民の税金。そう、我々の血税なのであーる!東京都民だけ納めた税金の恩恵がうけられないとは何たる仕打ち!人口が多いだけに、その税金だって納めている額は多いはず。それなのに・・・それなのに。

Gotoキャンペーン続報

オレたち、税金使えないの?

「やばーい。やっぱり除外される東京って感染者多いよね」「東京モノには来てほしくないよね」「うちの旅館は東京の客は露天風呂の使用は禁止だよ」「だって東京除外だもんね!」なんていう東京在住者、および東京を「映画に出てくるような空気感染のヤバい病原菌を持っている人たちがいる都市」みたいな目で見る他県の方々も続出。まあ、仕方がないけど、ちょっと待て!

「除外してやる!」と言っている君の今日のGoToトラベルキャンペーンの旅は、うちらの税金が使われているかもしれないんだぞ!大阪や名古屋だって人口比率から言うと、十分、感染者が多いんだぞ!

・・・という都民の行き場のない悲しみが炸裂する事に。

GOTOトラベル東京除外見直し

空気感染じゃないっての!

晴れて10月1日から東京が対象になったもの、なーんかモヤモヤする。そう。2ヶ月以上ものこのロスはどうなっちゃうわけ?東京都民だけGoToトラベルキャンペーン延長しないのー?

おまけにやっと予約できると思ったら10月1日からわずか10日もたっていないのに、大手人気旅行サイトがGoToトラベルキャンペーン対象商品を完売しちゃったり、少しでも長く販売するために割引の上限は14000円までなのに3000円というショボショボ割引に制限しちゃったり、無制限で予約できるのに1人1回にしちゃったり、どこまでも東京都民として働いて税金納めたのになんだか納得できないことばかり。

GoToトラベルキャンペーン事務局が制限や完売した大手サイト運営会社に予算を再投入したおかげで元に戻ったものの、なんだかやっぱり損してる。

GOTOトラベル東京除外見直し

取り返せてなーい!

小池都知事も「都民だけ割引を上乗せできないか?」と政府に訴えるものもいつの間にかスルー。ますます、もやもやしていたところ・・・東京都が動いた!

それはGoToトラベルキャンペーンと併用しても使えるという「もっと楽しもうTokyoTokyo」略して「もっとTokyo」の投入。これはいわゆる都民割。東京都民が東京を旅行する際に、1泊に付き1人5000円、日帰りなら1人2500円を援助してくれるというもの。

やったー!これで東京都民が損をした分を取り返せるぞー!と鼻息荒く予約開始日の予約開始時間、パソコンの前にへばりつき、予約をしようとした人も大勢いたことでしょう。

テレビでは「ホテルによってはGoToトラベルキャンペーンと併用で数百円で泊まれることになる」「東京都内の旅行が居酒屋で飲むより安くなる」なんて、実際にあるホテルから現地レポートしたりしたものだから、筆者を始め東京都民はこう思ったはず。

「東京都民ならきっと誰でも1泊1人5000円マイナスしてくれるんだ」なんて・・・。実際それくらいの勢いで身構えていたものでした。・・・でも蓋を開けたら全然違った・・・。

もっとTOKYO 予約できない

誰もがそう夢見ていた・・・

スタート時ほとんどの参加旅行会社・旅行サイト・ホテルが準備中

10月23日14:00、待ちに待っていた「もっとTokyo」の予約スタート!

テレワークの筆者も14:00に昼休みを取り「もっとTokyo」のホームページ掲載の参加事業者のホームページを片っ端から見てまわりました。

目指すはあの人気サイトたち・・・。

じゃらんは何も書いていない・・・一休.comは準備が整い次第と明記、他の人気サイトも準備中。人気のホテルもリストから片っ端に巡回。電話で質問した大変迷惑な人になってしまいました。

「準備中です」「準備が整い次第・・・」

たしかに「もっとTokyo」のホームページにもあるように、開始時には事業者の準備が整い次第スタートとなっていました。ええ、知ってます。しかし14:00スタートの時点で、まさか大部分が「準備でき次第」とは夢にも思っていませんでしたよね。

もっとTOKYO 予約できない

気になって気になって・・・

どこのホテル・どのツアーも対象という訳ではない

やっと見つけた「もっとTokyo」対象プランを出していた某大手旅行会社さんのサイトを見て驚愕。

あれっ?これだけ?そこには5つの東京都内ホテルステイのツアーと、離島に行くツアーが並んでいるだけ。

東京都は還付金申請などの都民の面倒な手間を省くために、例えば宿泊施設であればGoToトラベルキャンペーン参画で、割引後の料金が準備できる状態の宿泊施設の中から「もっとTokyo」に参画する宿泊施設のみを対象としています。これはもちろん、ツアー予約ができる旅行会社も同じ。

そして、その「もっとTokyo」に参加する東京の宿泊施設や旅行会社の東京発着のツアーが全て1人1泊5000円割り引かれるわけではなく、「対象」となるプランやツアーのみの割引となるシステム。

そう、ここで多くの都民には大きな勘違いが生じていたのです。

「東京都民ならGoToトラベルキャンペーン対象ツアーから全て1泊1名マイナス5000円してくれる!」

そうではなかった・・・ということ。

もっとTOKYO 予約できない

なんでもかんでも都民なら自動的に割り引いしてくれるわけではない

一番安い価格帯から割引してくれるわけではない

ここに一つの落とし穴があるので紹介しましょう。

筆者は東京が除外の間、東京の各ホテルが底値で出していた信じられないくらいお得なプランでホテルステイを楽しみました。ちなみにGoToトラベルキャンペーンが始まった時に感じた違和感なのですが

「あれっ?GoToトラベルキャンペーンの割引をマイナスしてみても、その時の料金と割引後の料金があまり変わらない・・・。」

「もっとTokyo」での割引シミュレーションをしたときにも受けた違和感があります。

「あれっ?もっとTokyoの割引価格をマイナスした料金と、GoToトラベルキャンペーンの割引後の価格があまり変わらない・・・いや、同じ場合もある」

これ、結構多い!10月27日時点で数少ない「もっとTokyo」予約可能の宿泊施設や旅行会社のプランでそれを感じた人は、東京除外時から相当お得なプランを探しまくった人でしょう。はい!皆さん以上にとってもケチな筆者はもっともっとそれを感じました。

これはなぜ起こるのかと言うと「東京除外」の時に宿泊施設や旅行会社がツアーで出していた価格は、赤字覚悟やほぼ利益のない価格であっても、とにかく人に来てほしい、という気持で、宿泊施設や旅行会社の皆さんが必死で、泣きながら出した、これ以上ない底値価格であった可能性があります。

「もっと楽しもうTokyoTokyo」は東京都民のこれまでの損を取り返すだけのものではなく東京の旅行会社や宿泊施設を支援するためにあり、きちんと利益が出る価格から割引されるもの。そこは理解して予約した方が良さそう。

もっとTOKYO 予約できない

そんなことはありません。よくあることなんです!

準備ができた旅行会社とホテルに予約が集中!

これまでのことを理解して、大好きなホテルが10月26日正午から「もっとTokyo」対象プランを販売するという文言を見かけ、仕事が済んだ夜、ぽちっと予約ボタンを押したところ・・・その画面に表示されたのはこんな文言

【ご好評につき、完売いたしました】「もっと楽しもう!TokyoTokyo」のご利用について、割り当てられました宿泊数終了次第、販売終了となりますので、ご了承ください。

このホテルだけではありません。10月23日の販売前から「実質ゼロ円になる」という女性のためのプランを告知していた某ホテルは販売開始すぐに完売。

5つのプランを出していた某人気旅行会社も5プランとも完売・・・。うそーん!

もっとTOKYO 予約できない

そ、そんな・・・

なぜこのような現象が起こってしまうのかと言うと、現在、ほとんどの「もっとTokyo」参画事業者が準備段階なのです。

ある旅行会社の方にお話を聞きました。

「許可が下りたのが10月26日。販売したら1日で完売」

・・・そう、許可が下りたのは予約開始が始まってからであり、これから準備をすすめるとのこと。まだまだ参画業者が参入してきます。

そのため予約開始前に正式な許可が下り、準備が整っていた数少ない旅行会社や宿泊施設に予約が殺到。今の混乱はそれが原因なのです。

「探してください!」10月26日小池都知事の会見より

もっとTokyoの予約が取れない!という話はあっという間に広まり、ニュースやワイドショーでも取り上げられることに。

「泊まりたいホテルはもう予約完了していました」
「行きたいツアーの予約が完売していました」
「どうやったら予約取れるんですか?」

各局のワイドショーではインタビューされた東京都民の悲痛な答えが・・・。

これを受けて、東京都知事の会見で正義感溢れるマスコミの方が「完売が続出しているそうですが!」と質問を投げかけます。

都知事の答えは

「完売した旅行事業者はまだ三社(10月26日時点)です。まだまだ沢山販売していますし、これから販売する事業者も沢山あります。探してください」

そうです!東京都民は自主的に探さなければ、「もっとTokyo」の恩恵がうけられないのです。

そう思うと常にネットが見られない環境の人や、ネットに疎い世代の人は「もっとTokyo」で旅行が予約できないかも?こういった問題が解決されればよいのですが・・・。

もっとTOKYO 予約できない

・・・という人も多いはず

じゃらん、楽天トラベル完売!旅行サイトの状況※11月2日最新情報

今この記事を読んで「そうだよなー」とか「なるほどー」「そんなことねーわ!」と思ってくださっている皆さんにとって一番身近な存在は、旅行通販サイトだと思います。

これから販売される「もっとTokyo」の一部大手旅行通販サイトの11月2日時点の予定は以下。

一休.com 12月中旬以降予定
Yahoo!トラベル 未定

完売してしまった一部大手旅行会社は以下

ANAトラベラーズ 完売
エイチ・アイ・エス 完売
近畿日本ツーリスト 完売
るるぶトラベル 完売
JTB 完売
じゃらん 完売
楽天トラベル 完売

前回の「大手サイト制限事件」のように、再度予算が配布されるかどうかは11月2日現在は未定ですが、じゃらん、楽天トラベルが即日完売。チーン!・・・筆者も戦いに敗れました。なんだかもう・・・どうなってるのか。

もっとTokyo&GoToトラベルキャンペーンで得する方法

正直言うと、いくらGoToトラベルキャンペーンで何度も旅行ができる・・・と言っても、筆者はそんなに旅行にあてられるお金がありません。・゚・(ノД`)・゚・。

それでもやはり取り戻せるものは取り戻したいし、二度とないかもしれない政府が応援してくれる旅行は金欠だとしても、利用したい。新型コロナウィルス感染拡大がなければなかった税金の還元です。しかもこれまで外国人観光客に乗っ取られていた(言い方!)観光地に今のうちに行けるのはとても魅力的。

でも同じような環境の人は多いですよね。GoToトラベルキャンペーンや「もっとTokyo」で東京都民がどう動けば「東京除外」の元を取れるのか考えてみました。結論は簡単でした・・・。

「もっとTokyo」に頼りすぎない!

「もっとTokyo」にこれから参加する事業者が増えれば確かに予約は取りやすくなります。東京都民にとっては一番安くなる機会ではありますが・・・でもそれを待っていて、予約が取れるまで頑張っていたら、GoToトラベルキャンペーンを利用して他県の人がどんどん人気のツアーやホテルを予約してしまいます。

もともとGoToトラベルキャンペーンで取り返したい部分があるとして・・・7月22日から東京も対象だったとしても、果たして自分は何回旅ができたでしょうか?

それを考えれば、簡単。その分GoToトラベルキャンペーンを利用すれば良いんです。

そう思えば、取りやすいGoToトラベルキャンペーンの旅をおさえてもいいはず。

「もっとTokyo」は取れたらラッキーで構えて、上手くお付き合いしましょう!

また、新型コロナウィルス感染拡大というこれまでなかったことで、初めて動く政府の事業。前例がないだけに、まだまだトラブルはあるでしょう。それは仕方がないことです。大きく構えてお得な旅をしましょう!

「もっとTokyo」取れなくても「GoToトラベルキャンペーン」で元を取ろう

そんなわけで最近はもっとTokyoのリサーチをしつつ、ポイント貯めているサイトのもっとTokyoを待ちつつ、GoToトラベルキャンペーンのリサーチと予約にも命を懸けている筆者。

問い合わせたら「もっとTokyoの販売対象商品は完売しましたー!」と気の毒そうに言ってくれた旅行会社トラベル・スタンダード・ジャパンのGoToトラベルキャンペーンを見直し始めました。あれ?某サイトの「もっとTokyo」対象ツアーより安い?

そう、これまでお話した通り、決して旅行商品の底値から「もっとTOKYOの料金割引」をしてくれるわけではないのです。トラベル・スタンダード・ジャパンの「GoToトラベルキャンペーン対象商品」は全て割引前の価格が載っています。そこから計算したら、びっくりするほど安い・・・これって底値から割り引いてくれるってことですよね。

これだけは各旅行会社やホテルの気持ち次第。良心的な旅行会社のツアーでGoToトラベルキャンペーンしちゃいましょう!

しかもこの旅行会社「ツアーは決められた行程とホテルだから安い」の定義をぶち壊し、行程もホテルのアレンジもしてくれるので、驚きです!こんな旅行会社なかなかありません。

全ツアーは下の画像をクリック!
⇓ ⇓ ⇓ ⇓

GoToトラベルキャンペーン料金計算

「ツアーを探すのも面倒だから、希望通りのツアーをGoToトラベルキャンペーンの対象ツアーとして作ってくれないかなー・・・これはちょっとわがまますぎるかな」

なんて思っているあなた。できちゃうんですって!すごくないですか?

下のボタンからあなたのわがまま旅の案を書き連ねて送付するだけ。あっ!間違ってもいたずらメールはしないでくださいよ。これ本当に便利です。

今回は「もっとTokyo」のリサーチで知ったトラベル・スタンダード・ジャパンのオーダーメイドツアーでしたが、知れてよかった。筆者も相当わがままな旅をフリーフォームに書き込んで送付したところ、なんとか受理されたみたい(笑)。

筆者以外にもオーダーメイドの旅行にもかかわらず、全てGoToトラベルキャンペーン対象のツアーを作ってもらい、何もしていないのに25万円も得した人が嬉しそうに語ってる記事も見つけました。参考にどうぞ!

ではみなさん!頑張って「もっとTokyo」の商品を発見するためにリサーチしつつ、GoToトラベルキャンペーンも忘れずに楽しみましょうね!

TOP