沖縄ラグジュアリーホテル「ハレクラニ」
GoToトラベル いつから?

GoToトラベルキャンペーン最新情報!得するには?期間はいつまで?12月6日更新

カテゴリー:

GoToトラベルキャンペーン最新情報・お得情報はこちら!GoToトラベルキャンペーンの新しい割引料金やワクチン・検査パッケージ活用が発表されたもののオミクロン株登場で不穏な空気に。GoToトラベル再開は1月中旬から2月頃予定。前回1人1泊2万円だった上限が1万円に引き下げられるなど援助はかなり低めに設定されました。

もう旅行はしてもいいの?

政府が全国民に旅行を促す「GoToトラベルキャンペーン」が再開しなければ、旅行はしてはいけないと思っている人も多いようですが、そんなことはありません。

緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解除されている今、県境移動は許容されています。感染防止策を取れば旅行は十分可能なんです!

さあ、皆さん!GoToトラベルキャンペーンを含め、お得な旅の情報をキャッチしていきましょう。

旅行に必要な感染防止策とは?

・4人以下の少人数を推奨(現時点では要請ではありません)
・マスク着用
・密を避ける
・ワクチン未接種の方はPCR検査を受けることを推奨(現時点では要請はありません)
・毎朝の検温

コロナ禍以前は多少熱っぽくても現地で治るだろう、なんていう強引な旅も多かったと思いますが、新型コロナウィルスの恐さは風邪やアレルギーなど初期症状は分かりづらいこと。ウィズコロナ時代の旅行は少しでも体調が悪ければ、一緒に行く仲間のためにも、旅先で出会う人のためにも自重するようにしましょう。

GoToトラベルキャンペーン待ちで平日の予約が入らない中、多くの旅行会社や宿泊施設が底値のツアーや宿泊プランを出しているので、混雑が苦手な方はGoToトラベルキャンペーン前に旅行をするもおすすめ!

緊急事態宣言完全解除か?旅行再開

感染対策をしていれば大丈夫!

GoToトラベルキャンペーン詳細決定!

国土交通省は11月19日、観光支援事業GoToトラベルキャンペーン再開時に2020年時のものと変更する内容を正式に発表しました。

これまで停止していたかのようなGoToトラベルキャンペーンの公式サイトも、生き返りました(笑)

新GoToトラベルキャンペーン

生き返った!GoToトラベルキャンペーンの公式サイト

出典:GoToトラベルキャンペーン公式サイト

2020年にGoToトラベルキャンペーンを使って旅行した皆さんはちょっと衝撃的かもしれません。報道では割引額が引き下げられるなど、随時情報はありましたが、お得感は以前ほどありません。

でも仕方がありません。GoToトラベル事業は新型コロナウィルス感染拡大で大打撃を受けた旅行業の皆さんを支援するもの。安心で高級宿泊施設も良心的な料金の宿泊施設も平等に。極端に落ち込む平日の集客の一翼も担う必要があるからです。

新GoToトラベルキャンペーン

出典:GoToトラベルキャンペーン公式サイト

ワクチン・検査パッケージ導入

2022年のGoToトラベルキャンペーンの決定事項で、最も私たち利用者が協力しなければならない事こそ「ワクチン・検査パッケージ」。

ワクチン接種証明か、新型コロナウィルス検査の陰性証明(PCR検査・抗原検査いずれも可)を宿泊旅行の場合はチェックイン時、日帰り旅行の場合は購入時またはツアー参加の際に提示することとなります。

ワクチン接種証明書は自分の住んでいる自治体の市役所や県庁へ郵送で必要書類を送って発行してもらいます。ワクチン接種証明書の申請については以下の記事を参考にしてください。

ちなみに、ワクチン接種証明書を必ずしも申請しなくても大丈夫。ワクチン・検査パッケージでは、予防接種済証のや接種記録書の提示でも可能です。

また、GoToトラベルキャンペーンでワクチン・検査パッケージを使う場合、旅行中なので原本を紛失すると大変。ワクチン接種を証明する各種証明書に関しては、コピーや撮影した画像でも提示可能。ただし証明書が本人の物である確認が必要となるため身分証明書(保険証・免許証・パスポートなど住所が明記されているもの)は必ず持参することになります。

ワクチン・検査パッケージの導入

接種記録書

出典:大津市公式サイト

日本は新型コロナウィルスワクチンの接種はあくまでも本人の意志に任せています。また、ワクチン接種が体質的にできない人もいます。

様々な理由からワクチン接種を証明するものが提出できない場合、PCR検査などの新型コロナウィルス感染症の陰性証明書の提示が必要になります。
ただし陰性証明証でのGoToトラベルキャンペーン参加の面倒な点は、有効期限があること。提示した際に有効期限を過ぎていた場合は、GoToトラベルキャンペーンの割引からは外され通常料金で宿泊することになるのでご注意を!

陰性証明書の有効期限
PCR検査:3日間
簡易検査キットによる抗原検査:1日間

前日に検査を受けたとして簡易検査キットによる抗原検査の陰性証明は数泊宿泊をする旅行が可能なのか否か気になるところです。2021年11月20日現在は、今のところそのことについて触れた発表はありません。

割引率30%に引き下げ

2020年12月28日まで行われていた従来のGoToトラベルキャンペーンの旅行援助額は「国内旅行の35%の割引+15%の地域共通クーポン券=1人につき旅費の50%を政府が負担※上限は1人1日2万円」までとされていました。

まずは35%の割引が引き下げられました。

2020年のGoToトラベル割引率 35%

2022年のGoToトラベル 割引率 30%

上限額10000円に引き下げ

前回は国民の旅行の半額を支援(1人1泊最大2万円※クーポン込み)の旅費支援ということで「ここで税金を取り戻すぞ!」という我々の意志は固く(笑)、最大限の支援を狙った国民が1泊1人4万円相当のホテルや旅館に飛びつきました。

そのため、贅沢なツアーや、高級ホテル・旅館の宿泊に予約が集中し、リーズナブルな料金のツアーを出している旅行会社や、ホテル・旅館が恩恵を受けられないという不平等さがありました。それを受けての決定です。

●2020年のGoToトラベル宿泊旅行上限額
1人1泊につき14,000円

●2020年のGoToトラベル日帰り旅行上限額
1人7,000円

◎2022年のGoToトラベル宿泊旅行上限額
交通付き:10,000円(ツアー)

宿泊のみ: 7,000円

◎2022年のGoToトラベル日帰り旅行上限額
1人 3,000円

クーポンは平日3000円・休日は1000円一律

岸田総理の「平日と休日のポイントを変える」発言で注目を浴びたGoToトラベルキャンペーンの平日と休日の区別化の件にあたりますが…。

●2020年のGoToトラベルの地域共通クーポン券
旅行代金の15%分

◎2022年のGoToトラベルの地域共通クーポン券
平日:3000円

休日:1000円

前回利用の際は、地域共通クーポン券が1万円なんていうこともあり、結構な贅沢ができたわけですが、驚きの引き下げ方!

しかし、ツアー利用の場合、週末は飛行機の座席が満席なんていうことも珍しくなく「密」そのものの旅行になっていたことも事実。また宿泊施設にすれば、平日と週末との差が激しく、平日の宿泊客はぜひとも欲しい所でしょう。

平日・休日の割引率を変えるという案も出ていましたが、現場での負担や混乱がないことが大切でもあり、最も単純な方法で、平日と休日の差をつけた形となります。

筆者としては昨年の課題となっている「電子クーポン使える店少ない問題」は何とかしないのかな?と思っています。電子クーポンを使える場所が少ないせいでクーポンが使い切れなかったという人が続出しているのです。某有名宿泊予約サイトなんかは、あまりにもクレームが多いので紙クーポンに変更した、なんていう話もあり、そのあたりの改善については現時点で触れられていません。

GoToトラベル 電子クーポン

もうこんなに高額な地域共通クーポン券が出ることはない

GoToトラベルキャンペーン参加事業者続々決定

とはいえ、再開が1月中旬から2月頃を予定していたら、予約できる旅行や施設がないと大変!ということでGoToトラベルキャンペーンの準備は水面下で少しずつ進んでいます。

既に参加事業者や地域共通クーポン券が利用できる店舗が日を追って増えてきているので今からチェック。割引率が下がったことで、前回狙っていた高級ホテルや旅館、ゴージャスツアーから2ランクほど下げて中級ホテルや旅館、そこそこお得なツアーをリサーチしておきましょう。

GoToトラベルキャンペーン参加ホテルや・旅館、旅行会社や宿泊予約サイト一覧はこちら!➔GoToトラベルキャンペーン公式サイト(事業者用)

GOTOトラベル参加ホテル・旅館

まだ検索はできないけれどリストで確認可能

GoToトラベルキャンペーン再開はいつ?終了はいつ?※12月6日最新情報

GoToトラベルキャンペーン再開はいつから?

GoToトラベルキャンペーン再開については10月の緊急事態宣言全万解除から、様々な報道がされています。

①山口公明党代表が2022年2月と明言
②斉藤国土交通大臣は年末年始の感染拡大の様子を見て判断しなるべく早く開催したいと発言

最近の上の①②報道から、GoToトラベルキャンペーンの再開は1月中旬~2月という見方が濃厚です。

再開までは後述する自治体主催の旅行を使うなどしてお得な旅行を楽しんじゃいましょう!

GoToトラベルキャンペーン再開はいつまで?

国土交通省の資料によれば、2022年に再開されるGoToトラベルキャンペーンについては、ゴールデンウィーク直前までを予定。
ゴールデンウィーク以降はGoToトラベルキャンペーンを国家事業から自治体の事業に切り替え、割引率を段階的に引下げていく計画も検討されています。
まだまだ未決定事項も多く、GoToトラベルキャンペーンの公式サイトでも決まった事項は随時更新していくという明記があります。最新情報が入り次第、この記事でも紹介していきますね!

GOTOトラベル得するには?

出典:国土交通省

最新報道は「オミクロン株の状況次第」

11月末から急に流行し始めた「オミクロン株」。報道されてわずか1週間の間に日本にも上陸したという、凄まじい速さの拡がりを見せるウィルスです。
これを受けて斉藤国土交通大臣は12月3日、「オミクロン株の感染状況を見て判断したい」と記者会見で述べ、この変異株が最悪の場合はGoToトラベル再開時期にも影響を与える可能性も出てきました。

日本は現在、感染が激減した状態をキープしているものの、群馬県で42人のクラスターが発生するなど、完全に抑え込めた訳ではありません。年末年始の人流による感染状況も条件も再開の条件に入れるという発言も既に出ていることから、確実視はまだできそうにありません。

なお、政府はGoToトラベルキャンペーンの再開判断を年明けに行うと発表しています。

GoToトラベルの代わりに県内旅行がお得!「地域観光事業支援」とは?

政府は2021年11月20日現在、都道府県が独自に実施している自治体主催の旅行割引キャンペーン(県民割など)を支援する「地域観光事業支援」を行っています。国土交通省の発表によればGoToトラベルキャンペーンの予算から捻出しているため、GoToトラベルキャンペーンの一部だと思った方が良いでしょう。

実は緊急事態宣言中は県内在住の人が県内を旅行するというものでしたが、今は、自治体が主催になり、全国の人を対象に割引してくれるものもあるんですよ!

県内・自治体内旅行の支援内容

県内・自治体内旅行の条件
・新型コロナウィルスの感染状況がステージ2であることが条件です。感染拡大の場合、一時停止となります

幸いなことに、現在大部分の都道府県のそれぞれの指標がステージ2に落ち着いてきました。多くの自治体が10月から再開しているので、興味のある県の自治体の公式サイトを要チェック!

支援内容
・支援内容は旅行費用の半額補助(最大1人1泊5千円)と地域の買い物や食事に使えるクーポン合計で1人1泊あたり最大7千円を補助
・上の補助は政府が一律で各自治体の旅行キャンペーンを支援する部分で、自治体自体が追加で援助もしている可能性もあり、必ずしもすべてのキャンペーンが一律同額の旅費補助があるわけではありません。
・GoToトラベルキャンペーンのような国家事業とは異なるため、参画の旅行会社や宿泊通販サイトを利用するのか、直接旅館やホテルの公式サイトや電話などで予約するのか、などなど運営方法も異なります。

GoToトラベルキャンペーン開始まで政府は自治体旅行を支援

GoToトラベルキャンペーン「後から割引」が拡大中

GoToトラベルキャンペーンの再開が近い!そんな話題が日本中を駆け巡る中、現在、大手旅行会社が「後から割引き」なる対応に動き始めています。

「後から割引き」とは、GoToトラベルキャンペーンが再開された時、既にGoToトラベルキャンペーン対象のツアーを「再開する」と見て予約していた利用者が、宿泊予約やツアー予約を取り直すことをしなくても、そのままGoToトラベルキャンペーンの割引を行うというもの。

ただし、この「後から割引き」はGoToトラベルキャンペーンが再開しなければ、割引されない上に、以下のような危険性があります。

◆既にGoToトラベルキャンペーンは、前回と同じ割引額ではない可能性が高く、割引が引き下げられるという報道が一般的です。
割引だけではなくクーポンの配布枚数、平日・休前日・祝祭日の割引率などが変わる可能性も

◆GoToトラベルキャンペーンが適用されない場合でも、旅行会社はキャンセル料を規約通り徴収する
◆政府の発表からキャンペーン開始までの期間により「後から割引き」が間に合わない可能性も

このような状態なので「キャンペーンが再開しようが、しまいが、この時期に旅行をする」という人が「GoToトラベルキャンペーンが再開して後から割引きされたらラッキー」と、いう程度の期待で予約をしておくのが良いかもしれません。

もし利用したい、という方は上の点に気を付けて、キャンセル発生日などをきちんと教えてくれる旅行会社での予約が安心です。

GoToトラベルキャンペーンが再開したらどうなる?

そっか!2020年7月からスタート時は、クーポンが間に合わず損してる感じで、後から申請も面倒だし、何よりも東京都は除外で10月1日からやっと使用できるようになったけど、国土交通省の指示ミスで、各旅行会社や予約サイトでトラブルが続出している間に、感染拡大で早いところは11月後半から使用自粛、12月28日からは全国一斉使用停止になったから、ほとんど使っていないやー…

とか、

せっかく予約したのに、全国一斉停止で全部予約キャンセルしたんですけど…

なんて人はGoToトラベルキャンペーンよくわからないままでしたよね。ここからは2020年わずかな期間行われた政府が支援する夢の国内旅行キャンペーン「GoToトラベルキャンペーン」(なんやそれ?)をしっかりおさらいしておきましょう。

ただし、GoToトラベルキャンペーンは再開した場合、大幅に内容に変更事項が生じます。現在変更が加えられたところのみ更新していきますが、それ以外のことが継続されるのか、改訂されるのかは2021年11月20日時点では未発表です。

GoToトラベル一時停止延長

こんなこともありましたね。

ではそもそも「GoToトラベルキャンペーン」って一体何だったのでしょうか?

まずはそれからおさらいしていきましょう!

GoToキャンペーンとは?しっかりとおさらい

新型コロナウイルス感染拡大により、私たちの生活は外出自粛を余儀なくされました。人が外出しなくなると、各方面に大きな打撃が出ます。特に被害を受けたのが、人が流れ、そして人が集まることで活性化する宿泊、交通、観光、飲食、サービス、そしてエンターテイメント業界でした。

そこで、日本政府が2020年4月に「Go To キャンペーン事業」を発表。

このキャンペーンは特に大きな打撃を受けた日本の景気・経済を再興すべく、下の4つの事業で構成されたキャンペーンです。

①Go To トラベルキャンペーン・・・旅費を半額援助する事業

②Go To イートキャンペーン・・・飲食店の食事代を援助する事業。10月スタート。すでに「トリキ錬金術」なる問題も起きる

③Go To イベントキャンペーン・・・エンターテイメント鑑賞料金を援助する事業

④Go To 商店街キャンペーン・・・商店街でのイベント、プロモーション、観光商品開発など、商店街を活性化させる事業

GOTOトラベルキャンペーン

GoToトラベルキャンペーンだけ前倒しで始まる

上の4つの事業は同時期に始まると思われていましたが、2020年7月、本来オリンピックが行われるはずだった4連休を割引の対象にするために、GoToトラベルキャンペーンのみ7月22日に前倒しでスタート。

参加を希望する旅行会社や宿泊施設の申請、登録、準備などが間に合わないばかりか、本来は「旅行会社や宿泊施設で購入すれば割引された商品を購入できる」という簡単なものを目指していたGoToトラベルキャンペーンの根幹が覆ります。

予約スタート時に間に合わなかった旅行会社や宿泊施設の商品予約をした人は、援助を受けるためにとても面倒な還付金申請をすることにもなるなど、波乱含みのスタートでしたが9月1日にはすべての参加旅行事業者の準備が整い、還付金申請など、面倒なものはすべてなくなりました。

「Go Toトラベルキャンペーン」基礎知識

この記事では、旅行好きの皆さんにとっては、一番大切な事業「Go Toトラベルキャンペーン」のおさらいをしていきます。

スタート当初は

旅費を半額援助する事業

が事業の目的でした。

GOTOトラベルキャンペーン

短い期間でもお得で楽しかったGoToトラベルキャンペーン

停止前のGoToトラベル旅費支援条件

支援対象旅行:国内旅行の宿泊旅行・日帰り旅行

①国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の50%相当額を支援
②支援額の内7割(35%)は旅行代金の割引に、3割(15%)は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与
2022年再開時の変更点➔支援額の内30%は旅行代金の割引に。旅行先で使える地域共通クーポンは平日上限3000円・休日上限1000円で付与
③ 一人一泊あたり2万円が上限(日帰り旅行については1万円が上限)
➔2022年再開時は交通を含むツアーについては一人一泊当たり1万円・宿泊については上限7000円/日帰り旅行については上限3000円

④ 7泊以上の旅行は対象外。ただし利用回数の制限なし

GoToトラベルの支援は現金ではない!

GoToトラベルキャンペーンの援助方法は、旅費にかかった金額を、半額現金で還付してくれるものではありません。2020年7月22日から9月1日までは、GoToトラベルキャンペーンを前倒しにした結果、還付金申請をせざるを得なくなったことはありますが、2020年9月1日以降は本来あるべき姿で旅行ができることになりました。

あるべき姿とは・・・既に援助額分割り引かれた旅行商品や宿泊プランを購入するというもの。元の金額から割り引かれた価格のみ支払うので、GoToトラベルキャンペーン事務局から、個人への金銭のやりとりは発生しません。

GoToトラベル対象の各旅行会社や宿泊予約サイトのツアーや宿泊プランを購入すれば自動的に割り引かれているようになってからも、意外と多くの人が「政府からの還付金がある」と思っていた人も多く、その噂で「申請が面倒なので利用しない」となってしまった人も数多くいるもったいない事業です。

もっとTOKYO 予約できない

援助額は既に割引された商品を買う、ということで還付される

地域共通クーポンとは?

旅行先の都道府県と、隣接する都道府県で、旅行期間中に限定で使用できる地域共通クーポン券。交通機関、飲食店、アクティビティ、土産物店など、加盟店のみで使用できます。ちなみに店舗が登録さえしていれば、コンビニエンスストアやドラッグストアも対象になるので、想像以上に金券としての利用価値大。

2020年のGotoトラベルキャンペーンでは支援部分の15%を地域共通クーポンでいただけましたが、2022年再開時は平日3000円・休日1000円です。

1枚1,000円単位でおつりは出ないので、地域共通クーポンと硬貨を組み合わせて損の内容に使いましょう。紙クーポンと電子クーポンがあり、それぞれ受け取り方法や使い方が異なります。詳しくは以下のブログをチェック!

GOTOトラベルキャンペーン

出典:国土交通省 Go To トラベル事業関連情報

GoToトラベルキャンペーン地域共通クーポン

これが地域共通クーポン(紙クーポン)様だ!

GOTOトラベルキャンペーン

出典:国土交通省 Go Toトラベル事業関連情報

金額が異なる旅のそれぞれのイメージは、以下の国土交通省Go Toトラベル事業関連情報の資料図が非常に分かりやすいです。

※2022年の割合の図解が出たら、すぐに差し替えます!

GOTOトラベルキャンペーン

出典:国土交通省 Go Toトラベル事業関連情報

GoToトラベルキャンペーンには回数制限がなかった

1泊の支援金額は決まっているけれど、泊数、回数には限度はありませんでした。国内パッケージツアーは2泊3日、3泊4日が主流だと思いますが、上限の2万円まで支援してほしい場合は、1泊が1人40000円になるよう計算して上手にツアー商品を購入するのが良いとされていたんですよ。
ただし高額すぎる旅行は35%の支援に当てはまらない場合がありました。

ここでもお得になる計算でシミュレーション!

――――――――

例:北海道へ3泊4日の旅行をした!合計金額は1人120,000円=支援額は1人60,000円
※援助額は1泊20,000円の上限ぴったり!×3日でちょうど良い塩梅

例:ここぞとばかりに沖縄の一流リゾートホテルでスイートルームに宿泊。6泊7日の旅をした!合計金額は1人500,000=支援額は1人120,000円
※半額といっても1日の上限は限られているので、半額支援に満たない

7泊以上の旅行は対象

スタート時、GoToトラベルキャンペーンには泊数制限はありませんでしたが、2020年10月29日国土交通省の発表で、泊数制限がかかりました。

1回につき7泊までの旅行が支援の対象

理由は8泊以上の国内旅行の大多数がビジネス客利用であり「観光目的での宿泊がご く少数」だったという利用実態を踏まえての結果。

GoToトラベルキャンペーンの割引を最大限に使った「日本一周」ツアーを企画していた旅行会社が話題になりましたが、残念ながらこちらは対象外に。

ただ確かに「旅行のためのツアー」の場合は7日以上のものは見かけない上に、それこそ日本1周、九州1周、北海道1周・・・のようなものでなければ必要はないのかもしれませんね。

また、ツアーではなく、宿泊で同じホテルに長期滞在するのであれば、2回連続で予約を入れれば、8泊以上の滞在は簡単にできるので、そこには抜け道がありそう。

これについては2022年も同様、8泊以上の旅行は対象外になる可能性が高いです。

GoToトラベルキャンペーン 11月変更

GoToトラベルキャンペーンの対象になる旅行とは?

さて、ここまで読んでいても「GoToトラベルキャンペーンはどんな旅行でも、ツアーやホテルの料金が日本在住者なら35%割り引いてくれるんだ!?ラッキー!」と思いがち。

ちがいます!

もっとTOKYO 予約できない

実はGoToトラベルキャンペーンは「旅」にまつわるものすべてが援助の対象ではありません。しっかりと割引対象になる旅を見極めていきましょう。まず絶対条件として・・・

GoToトラベルキャンペーンに参画している旅行会社、ホテル・旅館、交通などの旅行事業者の旅行商品でなければ援助の対象にはなりません。GoToトラベルキャンペーンに参画している事業者はGoToトラベルキャンペーンの公式サイトから確認することができます。

 

GOTOトラベルキャンペーン最新

※GoToトラベルキャンペーン公式サイトより

対象その①個人旅行

個人手配で旅行をしたい人の場合

①対象になるのは宿泊費のみ

②宿泊予約サイト(じゃらん・一休など)上からの予約の場合は「Go Toトラベルキャンペーン」カテゴリーや「Go Toトラベルキャンペーン対象」と表記のある旅館やホテルの「GoToトラベルキャンペーン対象宿泊プラン」でなければ援助の対象になりません。

③ホテルや旅館などの公式サイトから予約する場合、宿泊施設が感染症対策などの参加条件を満たした上で、Go To トラベル事業に参加登録していることが条件。キャンペーンの参加登録をしていないホテルや旅館は対象外になるので、気になる宿泊施設の公式サイト上に「Go Toトラベルキャンペーン対象商品」の表示がない場合は、予約前にホテルや旅館に必ず確認しましょう。

④交通機関・宿泊を合わせて個別手配する場合は、宿泊料金はGo Toトラベルキャンペーン対象となりますが、交通機関は対象にはなりません。

⑤ただし、宿泊サイト予約サイトが航空券や鉄道をプラスして「GoToトラベルキャンペーン対象」として販売している場合は、対象

【重要】フェリーや寝台車は宿泊を伴う認識となるため、交通機関ではなく、宿泊施設対象になります!ただし「座席で座ったまま寝る」タイプではなく「ベッドタイプ」「個室」など規定が決まっているので、不安な場合は予約の際に確認しましょう!

個人旅行で得をする人

・近場の高級ホテルに泊まり、宿泊代金をすべて割引対象にしてもらう

対象その②パッケージツアー

GoToトラベルキャンペーンで最も簡単で、お得感のある対象が、GoToトラベルキャンペーン事業に参加登録申請をし、事務局から承認された旅行会社が販売するパッケージツアー。

なぜお得かと言うと交通手段や宿泊費がパッケージツアーを購入することでどちらも対象となり、沖縄や北海道ツアーなどはレンタカー料金も含まれている場合があるからです。この場合、レンタカー料金もパッケージツアーを購入すれば割引の対象に。

初認された旅行会社が販売するパッケージツアーから、GoToトラベルキャンペーンの還付対象の旅行を予約したい場合

①政府から認証を受けたキャンペーンに参加している旅行会社や旅行・宿泊予約サイト(じゃらん、一休など)から飛行機や鉄道がセットになったパッケージツアー(日帰り含む)を予約します。

パッケージツアーを使って得をする人

・エコノミーホテル宿泊で、遠方に出かけるため通常は交通費の方が値段が高い。ツアーだと交通手段が含まれているので航空券や新幹線など全部対象に含まれお得に。

・沖縄や北海道のようにレンタカーなどを駆使した長い旅は断然ツアーがお得!

GOTOトラベルキャンペーン

宿泊の場合/出典:国土交通省 Go Toトラベル事業関連情報

GOTOトラベルキャンペーン

日帰り旅行の場合/出典:国土交通省 Go Toトラベル事業関連情報

乳児・幼児・子供も大人一人と同カウント!家族旅行がお得!

1泊1人上限2万円で旅費の35%の割引と、15%分の地域共通クーポンが付くのはわかったし、対象となる旅行もわかったけど・・・それって子供や乳幼児はどうなるの?特にホテルや旅館の予約の場合、乳幼児が無料だったり、1,000円だったり、そして子供は大人より料金は安いのが普通。

GoToトラベルキャンペーンの場合、旅のメンバーに無料の乳幼児がいる場合、そして料金の安い子供がいる場合はお得になるシステムなのです。

支援の割引は一つの旅の合計金額から行われるので、例えば無料の人(乳幼児)がいた場合もその人の割引援助がで適用されるから、まるっと一人分の援助金がきちんと割引される仕組み。

ただしパッケージツアーに関しては乳幼児・子供の適用がないものもあるので、乳幼児でも大人分の料金がカウントされている場合もあります。特にフライト込みのパッケージツアーの場合、子供は2歳以上、大人と同じシート料金のため、しっかりと大人料金が取られていることも多いですよね。その場合は、あまりお得感はありません。

乳幼児や子供が多い人は、ホテルや旅館の予約をして車で行く旅や、近場旅行がお得!

詳しい料金シミュレーションは下のブログで紹介しているので、要チェックです!

GoToトラベルキャンペーン 得するシミュレーションーション

GoToトラベルキャンペーンでやってはいけない損パターン

これまで見てきて、GoToトラベルキャンペーンで、あまりお得とは言えないパターンが生み出されました・・・

――――――――――

➔例:ここぞとばかりに修善寺の超高級隠れ料理旅館で彼女と宿泊。1泊2日の旅をした!合計金額は1人100,000=1人の支援額は20,000円

「何コレ!半額支援どころか4分の1支援じゃないかっ!」と思った方。正解です。「GoToトラベルキャンペーン」でやってはいけないパターンとは

◆◆1泊2日のゴージャスな旅行は半額支援してもらっている感はほぼない◆◆

とはいえ、停止直前まで旅行回数の制限がないというGoToトラベルキャンペーン。最高ではないか!

せっかく政府が旅費の支援をしてくれるのだから、リベンジして、上の勝ちパターンである1日一人丁度40,000円あたりを狙いましょう!

忙しくて1泊しかできない、とか、夏休みが取れない、という人も多いでしょう。あまり得できなかった旅行と「元から取ってやったぞ」的な旅行を分けて割り切りましょう。そう。これは我らの税金であるということを忘れずに、有意義に使おうではありませんか!

――――――――――――――

このようなゴージャスな旅は2022年再開時には不可能です。・゚・(ノД`)・゚・。

GOTOトラベルキャンペーン

割り勘ならなおさら、最初に調べておこう!

GoToトラベルキャンペーン2020年11月より対象除外ツアー続出!

10月29日の国土交通省の発表により、GoToトラベルキャンペーンに多くの変更事項が生じています。これまで対象とされながら対象外になるものや、以下のGoToトラベルキャンペーンの理念に合わないツアーが対象外になっています。

GoToトラベルキャンペーン事務局が対象商品として適切であると認める旅行商品は以下

① 観光を主たる目的としていること
② 感染拡大防止の観点から問題がないこと
③ 旅行商品に含まれる商品やサービスの価額が通常の宿泊料金の水準を超えないこと
④ 旅行者自身が旅行期間中に購入又は利用するものであること

2020年11月から対象外となった旅行とは?

◆最も早く除外の対象に!「自動車免許取得合宿商品」11月1日から
自動車免許取得の講習やテストの代金が旅費の大部分を占めているため、予算で旅費以外を援助している事となる

◆上の免許取得に近いことから除外に!「研修・講習・免許取得のためのツアーや宿泊プラン」
これもヨガライセンス講習や、英会話講習付き宿泊プラン、ダイビング免許付き宿泊プランなどの「学び」や「免許取得」のツアーと宿泊プラン。これも料金の中に「講習」部分が多分に含まれ、旅費の部分が少ない可能性があることで除外!ダイエット合宿に参加したかった筆者。不安に思ってGoToトラベルキャンペーン事務局に問い合わせたところ、なんとこれも除外!ただしエステ付きのプランの場合は「講習」ではなく「サービス」と見なされ対象内なのだとか!

◆当然と言えば当然「コンパニオンサービスを含む宿泊プラン」
大手旅行予約サイトなど目に触れる部分には倫理上滅多に載っていませんが、公式サイトには堂々と載せている宿泊施設も多く見かける殿方の大好きなこのプラン。そもそも国民の税金を投じる国家事業の対象商品に、これを選んでいる自体、大問題。それだけではなく旅行者に対して接待等を行うことを主な目的としているため、GoToトラベルキャンペーン参加の際に参加事業者と旅行者に求めている「感染拡大防止」の徹底から逸脱した内容ということで除外に。

◆換金性の高いものが特典についたツアーや宿泊プラン
ちなみに今回除外とされた一例は以下。似たようなものは対象から外されます。
・金券類が含まれるツアー(商品例:QUOカード等)
・通常の宿泊料金(1万円程度)を著しく超える、館内のルームサービスや食事等で宿泊期間外も利用できるホテルクレジット(3万円程度)付宿泊プラン
・通常の宿泊料金(5000円程度)を著しく超える商品(3万円程度)付の宿泊プラン
QUOカードほか金券は、いつでもどこでも使えるので、その土地のためになるかと言い切れず、いつでも使える宿泊施設内のルームサービスであれば、GoToトラベルキャンペーンの援助内で、GoToトラベルキャンペーン後も使える上に、下手すれば錬金術に使われる可能性も。

ただし宿泊費や交通部分と今回対象外とされたものの料金が別々であれば、GoToトラベルキャンペーンの対象となる部分のみ援助してくれるので、完全に全部除外!という訳ではありません。料金を旅行と関係ないものを一緒にして、援助を上限までもらおう、という旅行心理をあおるプランは対象外、ということ。

――――――――――

これらは2022年の再開時も継続される可能性が高いです。

GoToトラベルキャンペーン 11月変更

残念でした

ビジネス出張も対象外に!

国土交通省は2020年10月29日に
「ビジネスを目的とした旅行についても支援の対象としておりましたが、人の動きが回復してきている中、更なる観光需要の喚起の観点から、ビジネスを目的とした旅行については、本事業の利用を控えていただくよう、必要な措置を講じることとします。」
と発表。ただしこの除外についてはとても線引きが難しくGoToトラベルキャンペーン参加事業者に、ビジネス対象の商品を出さないようにお願いすることが限度となりそうです。出張であっても、出張者が個人でホテルを取り、領収書を提出して会社から経費をもらう企業の場合は、発見は無理。事業者のへのお願いは以下。

◆ホテルや旅行会社のホームページ等で「ビジネス目的での利用はできない」とわかりやすく掲示する
◆ホテルや旅行会社で「出張パック」や「法人カード決済」など、法人利用を前提とした旅行商品をGoToトラベルキャンペーン対象としない
◆法人の出張手配専門の予約サイトからの予約を割引の対象外にする

GoToトラベルキャンペーン 11月変更

宿泊先で宿泊施設がビジネス出張かどうかを見極める必要はナシ

会社名記入の領収書を宿泊施設が拒否

前述のビジネス旅行は対象外について追加事項となる追加情報!

2020年11月13日、国土交通省はGoToトラベルキャンペーンにおける会社名記入の領収書の発行を宿泊施設が拒否しても良い旨を発表しました。

しつこく宿泊施設に会社名入り領収書を迫った場合はどうなるのか見てみましょう!

◆割引前の宿泊代金を支払わなければならない
◆支払った場合のみ、それに合わせた同額の会社名の領収証等を発行してもらえる
◆未使用の地域共通クーポンの返却
◆宿泊施設からGoToトラベル事務局へ旅行者の情報が報告される

また、例外もあります。それは修学旅行に関して。領収書に学校法人名を記載してもらうことは可能です。これに関しては、GoToトラベルキャンペーンが教育旅行の支援も対象にしているため、とのこと。つい最近、大人の研修や講習が多分に含まれたパッケージツアーや宿泊プランは禁止になったばかり。大人の学びの旅は「教育旅行」に含まれないんですね・・。

地域共通クーポン 社名入り領収書

ロボットフロント係は絶対に融通が効かなさそう・・・

団体ツアーはバス内の食事禁止!

食事人数制限と同時の発表に、団体ツアーでのバス旅行で、バス内の食事は禁止のお達しも。

団体バス旅行の行程には「バスの中でお弁当」というスケジュールも見かけます。密状態でマスクを取り、会話が弾む行為を行うツアーも考えうるわけで、禁止のお達しがある前に、旅行会社などが禁止していなかったことの方がむしろ衝撃的。

ただそうなると列車内の規定も欲しいものです。GoToトラベルキャンペーンで利用者の増えた新幹線内では、みなさん騒ぎながら駅弁をつついています。中には大人数で通路を挟んで会話しながら、駅弁を食べながら騒いでいる人たちも。

発表はなくともコロナ禍の旅行である緊張感は、どんな場面でも持ちながら、楽しい旅行を!

地域共通クーポン 社名入り領収書

バス旅のお楽しみが消えちゃうけど、今は我慢!

TSJの「Go Toトラベルキャンペーン後から割」はアレンジが自由!

GoToトラベルキャンペーンの再開時のために、対象のツアーも予習しておきましょう。おすすめは旅行会社「トラベル・スタンダード・ジャパン」のツアー。

何が凄いって、アレンジ力が凄い!

「GoToトラベルキャンペーンのツアーに好みのホテルがない」「この一番安いツアーでホテルだけ変えてもらうことって可能?しかも全部GoToトラベルキャンペーンの対象にしてもらえる?」なんていうこともやってくれちゃいます。


GoToトラベルキャンペーン取り扱いの旅行会社の商品は、ここまで細やかな対応ができないはず。それでも、やってくれます!
すべて今後GoToトラベルキャンペーンが始まった時にその値段に対応できる商品です!

GoToトラベルキャンペーン おまかせ

ツアーなのに自由自在にアレンジできちゃう!安心の旅行会社

GoToトラベルキャンペーンの対象を探して予定を組むのは嫌だけれども、何も考えずに楽をしたい!好きなホテルや旅館、対象の交通機関を使いまくったお得な旅をしたい、という人は、トラベル・スタンダード・ジャパンのオーダーメイドフォームから気軽に連絡を!

驚くほど安く、GoToトラベルキャンペーンの恩恵をすべて受けられるよう、ツアーを組み上げてくれますよ!

トラベル・スタンダード・ジャパン
(ヨーロッパ・中近東専門ダイヤル)
TEL:03-5956-3035 電話で無料相談する
この記事のカテゴリー・旅先・キーワード

カテゴリー:

ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月~金 10:00-18:00/土日祝 休業

03-5956-3035
TOP