福岡のお土産は定番の博多辛子明太子で決まり!おすすめの名店10選

博多辛子明太子は、アツアツごはんの上に乗せて食べたり、料理の味付けに使ったり、お酒のおつまみにしたりなど様々な使い方ができるとても魅力的な食材です。大切な人や、自分へのお土産としてもピッタリなので、博多を訪れた時に買う人は少なくありません。ここでは、美味しい博多辛子明太子が買える名店10選を紹介していきます。

やまや

イメージ写真

博多辛子明太子の老舗であるやまやは、福岡に本店を構えている名店です。168時間秘伝のたれに漬け込まれて、熟成した状態の明太子にはうまみが凝縮されています。柚子風味で、後を引かず、舌にのせた瞬間にピリッとした辛みを感じるのが特徴です。「美味辛子明太子100g」(税込1,080円)や、いろいろな明太子の味が楽しめる「美味100g玉手箱和セット」(税込み3,070円)など、豊富なラインナップの中から選ぶことができます。

やまや本店

住所:福岡市東区松島5-27-5
電話番号:092-629-5959
営業時間:10時~18時
定休日:元旦
アクセス方法:西鉄バス松島5丁目より徒歩5分
公式ホームページ:https://www.yamaya.com/corporate/

あき乃家

イメージ写真

あき乃家の明太子は、まろやかな味わいが特徴です。ワインや天塩、そしてりんごや昆布、かつおなど全部で16種類もの食材を使い、じっくりと低温熟成させていきます。そのため、コクのある味わいや、爽やかな触感を味わえるでしょう。ロングセラーになっている「<本漬>ワイン仕込からし明太子(100g)」は税込972円です。博多駅構内にあるエキナカマイングうまか通りにある博多駅マイング店や、地下鉄唐人町駅前にある唐人町店でも販売していますが、愛宕にある本店では工場も併設されているため、新鮮な明太子を購入することができます。

あき乃家本店

住所:福岡市西区愛宕2丁目1番4号
電話番号:092-884-2579
営業時間:9時~19時(祝日は10時~)
定休日:日曜日

かねふく

イメージ写真

原卵にこだわっているかねふくでは、下ごしらえの工程をもっとも重要視しており、厳しい検査にも合格できた高い品質の明太子を手に入れることができます。プチプチ感がしっかりしていることでも有名です。直売店では、定番である博多辛子明太子はもちろん、特別企画品やセールなどでお得に購入することができるため、自分へのお土産にもぴったりです。贈答用にも最適な「<無着色>化粧箱入り辛子明太子200g」は税込2,160円で販売しています。

かねふく博多工場直売店

住所:福岡市東区東浜1-5-17
電話番号:092-631-3090
営業時間:10時~18時
定休日:水曜日(祝日の場合は翌木曜日)
アクセス方法:箱崎宮前駅から徒歩約10分

福さ屋

イメージ写真

福さ屋は、地元福岡では「味がピシャっとついとう」というフレーズでおなじみのお店です。コクのある味わいが特徴で、程よい辛さも持ち合わせているため、明太子選びで迷った時におすすめです。定番の「まろやかめんたい90g」(税込1,080円)や、豊かな風味が特徴の「紫蘇香るめんたい90g」(税込1,080円)なども販売しています。

福さ屋本社売店

住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街5-14
電話番号:092-461-2938
営業時間:9時~18時
定休日:正月1日、2日
アクセス方法:博多駅から約1分
公式ホームページ:https://www.fukusaya.info/

ひろしょう

イメージ写真

ひろしょうの明太子は、北海道で水揚げされた魚卵を使ったものです。厳選された食材と熟練した職人の技によってつくられた明太子からは、プチプチとした粒子感や卵本来の風味を感じ取ることができます。辛子めんたいこは、100g入ったものを税込1,080円で販売しており、お得な切子であれば、同じ価格で170gも入っています。販売店はいくつかありますが、太宰府にあるひろしょう太宰府店であれば、お参りの際に立ち寄ることができます。

ひろしょう太宰府店

住所:福岡県太宰府市宰府3-2-65
電話番号:092-928-5100
営業時間:10時~17時
定休日:年中無休
アクセス方法:太宰府駅から徒歩約2分

椒房庵

茅乃舎だしで人気の久原本家の系列店です。北海道のスケトウダラを生のまま塩漬けし、特製辛子たれにゆっくり漬け込んだ明太子は、たらこの旨味がしっかり味わえるようその後もたれの吸い具合を丁寧に調整していきます。上品な味わいが特徴のあごだしめんたいこシリーズ(税込2,160円~)は、焼きあごだしを贅沢に使ったもので、お土産にもおすすめです。福岡空港店をはじめ、博多駅デイトス店などいくつものお店を構えており、総本店は糟屋郡にあります。

椒房庵久原本家総本店

住所:福岡県糟屋郡久山町大字久原2527
電話番号:092-976-3408
営業時間:10時~18時
定休日:元旦
アクセス方法:博多から車で約33分
公式ホームページ:https://www.kubara.jp/shobouan/

福太郎

深いコクと旨味を持つ福太郎の明太子は、調味液に二度漬けをすることによってつくり出されています。また、おしゃれな小瓶に入っている明太子のTHEMENTAIシリーズ(税込570円~)は、お土産にもぴったりです。定番の味の他に、チーズやバジルなど様々な味のバリエーションがあり、明太子の新しい味を楽しめます。本社売店にはカフェも併設されており、工場見学もできるとあって人気を集めています。

福太郎本社売店

住所:福岡県福岡市南区五十川1-1-1
電話番号:092-413-4455
営業時間:9時~17時(カフェは11時~16時)
定休日:元旦
アクセス方法:竹下駅より徒歩約7分
公式ホームページ:https://www.fukutaro.co.jp/

ふくや

ふくやは、昭和23年に日本で最初に辛子明太子の製造や販売を行ったお店です。中洲本店をはじめ、博多駅地下街店や福岡空港店など、県内にはいくつもの直営店があります。老舗だけあって、明太子以外にもツナと明太子のハーモニーが楽しめるめんツナかんかんシリーズ(税込300円~)など、とても豊富なラインナップを持っています。定番である明太子は、100g入ったもので税込1,080円となっており、基本の味であるレギュラーの他、辛さが控えめのタイプや辛さと旨みを追求したタイプなど味のバリエーションも豊富です。

ふくや中洲本店

住所:福岡県福岡市博多区中洲2-6-10
電話番号:092-261-2981
営業時間:8時30分~24時(日祝は9時~19時)
アクセス方法:西鉄バス東中洲バス停下車 徒歩4分
公式ホームページ:https://www.fukuya.com/lp/hitosuji/

稚加栄

有名な料亭が手掛けた稚加栄の明太子は、素材本来が持つ味わいだけでなく、見た目の美しさを楽しむこともできます。福岡市中央区にある本舗の他、福岡空港や博多駅デイトスなどでも購入することが可能です。贈答用の辛子明太子は148gのもので税込2,160円となっています。さんまめんたいこ(税込1,728円)は、脂の乗ったさんまの中に辛子明太子が丸ごと入っており、料亭の味が楽しめるおすすめの一品です。

稚加栄本舗

住所:福岡市中央区大名2-2-19
電話番号:092-771-4487
営業時間:10時~21時
アクセス方法:地下鉄赤坂駅4番出口より徒歩5分
公式ホームページ:https://chikae.co.jp/

博多まるきた水産

芳醇な旨味と唐辛子が持つ辛みが絶妙なバランスで調和を取り、卵本来の旨味が味わえる明太子です。辛子明太子のあごおとしは、農林水産大臣賞を受賞したこともあります。定番の「辛子明太子博多あごおとし100g」(税込1,080円)の他、ゆずや日本酒バージョンのものもあるので、食べ比べを楽しむこともできます。博多阪急店の他、福岡市西区にある工場直売店でも購入することが可能です。

博多まるきた水産

住所:福岡県福岡市西区石丸4丁目9-15
電話番号:092-883-8321
営業時間:9時~18時
アクセス方法:中村バス停から徒歩約5分
公式ホームページ:https://www.agootoshi.com/

【まとめ】自分へのお土産にもぴったり

明太子を販売しているお店を覗くと、まずそのバリエーションの豊富さに驚いてしまいます。明太子を様々な形にアレンジしているため、いろいろなタイプを買って食べ比べを楽しむこともできます。もはや、明太子はごはんのお供という存在だけではありません。大切な人へのお土産だけでなく、自分へのお土産としても購入してみてはいかがでしょうか。

~オンラインで即完結~福岡ツアーはこちら!
~スタッフと相談&アレンジできる~福岡ツアーはこちら!
トラベル・スタンダード・ジャパン
03-6630-0202 電話で無料相談する
TOP