ニューカレドニア 離島編・ウベア島 リフー島 マレ島を比較!

ニューカレドニアの玄関口グランドテール島の東に浮かぶロイヤリティ諸島は、ウベア島、リフー島、マレ島の3つの島々からなっています。どこまでも続く白い砂浜や青く美しい海は、何もせず、ただのんびりと贅沢な時間を演出してくれます。「忙しい日常を忘れて、静かなビーチでのんびりリラックスしたい」「大切なパートナーと記念の思い出を作りたい」など、それぞれの思いを叶えてくれる島々です。 どの離島に行くか迷われている方、離島でどうやって過ごしたらいいのか不安な方も、具体的な滞在のイメージをつけて、自分にぴったりの離島を見つけましょう。また、島にはゲストハウスなどの宿泊施設もいくつかありますが、今回は観光客によく利用される、おすすめ人気ホテルを3つの島、それぞれでご紹介します!

島の場所を知ろう!離島MAP

ロイヤルティ諸島へのアクセス

ヌメアの国内線発着空港マジェンタ空港から、エアカレドニア(Air Caledonie)で約40分で到着します。曜日によってもフライトスケジュールが異なるのであらかじめ確認しておきましょう。また、ヌメアからの日帰りオプショナルツアーの参加も可能ですできれば、宿泊でゆっくりとした時間を過ごすのがおすすめ!

 *ウベア島:1日2~3便就航
 *リフー島:1日4~6便就航
 *マレ島:1日2~3便就航

トラベル・スタンダード・ジャパンのツアーであれば、「できるだけ長く島に滞在したい」「チェックイン時間に合わせて到着したい」など、専門スタッフのアレンジが可能。お気軽にご相談ください!

天国にいちばん近い島「ウベア島」

ウベア島はどんな島?

映画化もされた小説『天国にいちばん近い島』の撮影地になったことから、一躍有名になったウベア島。西側に20kmも続く、きめ細かいパウダーサンドビーチやパレットで描かれたような美しい青色に輝く風景は、まさに楽園の絶景です。島内は公共交通機関がなく、ホテルの送迎を利用するのが一般的です。ホテルによってはレンタサイクルも可能なので、島をサイクリングするのも爽快です。   

綺麗に咲く南国の花

おすすめ人気ホテル 「パラディ ド ウベア(Paradis d'Ouvea)」

島で最も美しいムリビーチに面している、洗礼された落ち着きのある雰囲気が魅力の4つ星ホテルです。全室が1棟独立の完全プライベートコテージになっている部屋からは、世界遺産のウベア島のラグーンを一望できます。日本人のスタッフがいるので言葉が不安な方も安心して滞在できますね。

パラディ ド ウベア(Paradis d'Ouvea)
海が目の前の客室
パラディ ド ウベア(Paradis d'Ouvea) 

住所:Tribu De Fayawa, Ouvea 98814, Nouvelle-Calédonie
電話:+687 45-54-00
メール:reservation@paradisouvea.com
公式ページ:http://www.paradisouvea.com/

ウベア島では何ができる? おすすめ観光ポイント

ムリ橋・ムリビーチ

ウベア島は、ふたつの島からなっており、空港のある大きな島がウベア島です。ウベア島を南下するともうひとつ島があります。その島をムリ島といいます。ウベア島とムリ島はムリ橋というひとつの橋で繋がっています。パラディ ド ウベアから徒歩15分のムリ橋と、ホテルの目の前に広がるムリビーチは、島で最も美しい観光スポットです。橋の上から見るターコイズブルーのラグーンは時間とともに刻々と色を変え、飽きることなく見入ってしまいます。また、透き通った海を泳ぐ熱帯魚やマンタ、ウミガメなどを見かけることも。

ムリ橋
ムリビーチ

ムリの教会

ムリ島に渡り、南洋杉に囲まれた小道を抜けると、赤い屋根のカラフルな教会が目に飛び込みます。映画の世界からそのまま飛び出したようなかわいらしい外観は、日本人の観光客にもとても人気のある観光スポットです。ホテルからも少し距離があるのでホテル主催の島内観光に参加するか、レンタサイクルで訪れてみましょう。

ムリ教会

アナワのブルーホール

深さ7090mもあるといわれる巨大な穴に、深い青色の水で満たされた神秘的な空間です。上からのぞき込むと、水はどこまでも澄み渡り、小さな魚が泳ぎまわっている姿が見られます。淡水と海水が入り交じったミステリアスな穴は、わくわくとした冒険心をくすぐるような魅力があります。

アナワのブルーホール

▼ウベア島へ行くツアーはこちら

ダイナミックな自然広がる素朴な楽園「リフー島」

リフー島はどんな島?

3つの島の中で最も大きく、面積が沖縄本島と同じくらいです。茅葺き屋根の素朴な雰囲気の家が残っており、どこか懐かしさを感じます。手つかずの大自然には、島を訪れる誰もが心を打たれること間違えなし。また、花のように咲くサンゴ礁や抜群の透明度のなかでのシュノーケリングやダイビングは時間を忘れて潜ってしまいます。魚影の濃さも抜群で多くのダイバーから愛されています。

緑豊かなリフー島

おすすめ人気ホテル「ドレウ ヴィラージュ(Hotel Drehu Village)」

島の中心街、ウェから徒歩約5分。美しいシャトーブリアン湾のルチエラビーチを見渡す砂浜に建てられた、絶景が目の前に広がるホテルです。どこか懐かしく、居心地の良い雰囲気が宿泊客に安らぎを与えてくれます。客室は全てバンガロータイプで、部屋からすぐに海にアクセスできるのも素敵な魅力です。ホテルサービスにも定評があり、レストランのメニューにも日本語表記があるなど、初めての人も安心して滞在できる環境が整っています。

ホテル客室外観
ホテル室内
ドレウ ヴィラージュ(Hotel Drehu Village)

住所:Lifou,Wé,265, 98820 Baie de Chateaubriand
電話:+687 45-02-70 / FAX:+687 45-02-71
メール:reservations@loyaltytours.nc
ホテルURLhttp://www.hoteldrehuvillage.nc/

リフー島では何ができる? おすすめ観光ポイント

ロンガニビーチ

リフー島を東海岸に沿って南下すると、ヤシの木の間から白砂が輝く、ロンガニビーチが現れます。波が穏やかで、人がいないビーチに寝そべると心地よい波の音だけがきこえてきます。そこは最高の癒し空間で、まさに南国の楽園を感じさせてくれるスポットです。

ロンガニビーチ

バニラ農園

リフー島は上質なバニラの生産地として有名です。バニラの栽培を見学できるのは世界的にも珍しく、子供連れのファミリーにも大人気のスポットです。また、収穫したバニラは5ヵ月ほどかけて丁寧に自然乾燥させます。バニラ農園では、乾燥したバニラが商品になっており、お土産として購入することも可能です。リフー島で栽培されたバニラはここでしか買うことができないのでとても貴重!ぜひ足を運んでみましょう!

乾燥させたバニラ(イメージ)

ドキン岬

リフー島最北端にある、高さ30mはある断崖絶壁の展望台です。
切り立った崖に囲まれた湾となっており、訪れた人はその神秘的な美しさに息をのみます。上からのぞき込んでも魚を十分に見られるほど透明度が抜群です。シュノーケリングポイントにもなっていますが、展望台の崖を降りて入水することができないので要注意

美しい海と断崖絶壁

▼リフー島へ行くツアーはこちら

サンゴ礁に囲まれた緑豊かな秘境「マレ島」

マレ島はどんな島?

美しいサンゴ礁に囲まれた、最後の秘境と呼ばれるのがマレ島。この島は緑豊かな自然の中に、人々の昔ながらの生活を垣間見ることができます。日本人の少なさや、ほかの離島とはひと味違う旅行を求める方には、まさにぴったりです。抜群に透明度の高い海でできるシュノーケリングも、また魅力のひとつです。手つかずの森に足を運ぶと、うっそうと茂る木々の中に洞窟があり、大人も童心に返って冒険を楽しむことができます。

マレ島のラグーン

おすすめ人気ホテル 「ネンゴネ ヴィラージュ(Nengone Village)」

ジャングルに覆われた、まさに秘境の中に建つホテル、ネンゴネ ヴィラージュ。ホテル目の前に広がるチェンゲイテビーチは、シュノーケリグに最適でファミリーにも、とても人気がります。1棟独立型のバンガローやスイートルーム、ホテルプールなどのプライベート感があるラグジュアリー空間は、ハネムーンやカップルの滞在も彩ってくれます。レストランの評判も良く、地元食材を存分に使った料理を楽しむことができます。

ホテルフロント
客室
ネンゴネ ヴィラージュ(Nengone Village)

住所:Tribu de Cengeite,BP.154 BP 154,98828 Mare,NEW CALEDONIA
電話:+687 45-45-00
メール:reservations@loyaltytours.nc
ホテルURLhttp://www.hotelnengonevillage.nc/

マレ島では何ができる? おすすめ観光ポイント

戦士の跳躍

戦士の跳躍と呼ばれる珍しい地名のこの崖は、昔、敵に追われた勇者が断崖を飛び越えて、多くの敵から逃れたという伝説に由来しています。ワイルドな大自然が残る、秘境ならではの雰囲気と高い崖の上からの覗き込む深い青の海が美しく、引き込まれます。

マレ島の崖(イメージ)

チェンゲイテビーチ

ホテル ネンゴネ ヴィラージュの目の前に広がるビーチで、ジャングルに囲まれたマレ島の中では簡単にアクセスもできる貴重なスポットです。海水の透明度も申し分なし。美しいサンゴ礁の中でシュノーケリングをすれば、カラフルな熱帯魚がたくさん見られる、まさにお魚天国です。

マレ島ビーチ(イメージ)

ぺトエン洞窟

島の南側の海外線を走る道路から少し陸地に入ると、鍾乳洞のぶら下がる洞窟が見えてきます。長い年月をかけて作られた神秘的な自然の造形はとても美しく、見入ってしまいます。暗い場所で、珊瑚石の上を歩いて進むので現地のガイドと一緒に行くのがおすすめです。また、滑りやすいので必ず、歩きやすいスニーカーを履いて行きましょう!

洞窟(イメージ)

▼マレ島へ行くツアーはこちら

ウベア島 リフー島 マレ島に行くなら当社におまかせ!

行ってみたい離島は見つかりましたか?
訪れた人の心を奪う美しい海と大自然は、これらの島々だからこそ見られる一面です。離島の旅は、一生の思い出になることはもちろん、想像を超える島の魅力を感じさせてくれるはずです。

また島に住む人々のおもてなしやサービスは本当に温かく、日本人でもとても過ごしやすい環境が整っています。こんな、田舎に帰ってきたようなほっとする安心感を南の島の離島で体験してみませんか。

 トラベル・スタンダード・ジャパンは大手他社と違って「丸投げ」がOK
地域別専門スタッフがお客様のご希望やご予算に合わせて理想の旅行をご提案します。「価格の安さ」と「対応スピード」はもちろん、旅の「質」が高いことも顧客満足度が高くリピート数が多い理由です。あなただけのオンリーワンのプランでひと味違う海外旅行をしませんか?

トラベル・スタンダード・ジャパン
(ビーチリゾート専門ダイヤル)
03-5956-3035 電話で無料相談する
TOP