【定山渓温泉】おすすめホテル&定山渓観光スポットご紹介!

札幌市内から車で1時間以内とは思えないほど、豊かな自然に恵まれた「定山渓温泉」。秋には色鮮やかな紅葉を眺められることで有名な観光地ですが、緑が眩しい夏も魅力たっぷりです。札幌の湯の杜 定山渓温泉の夏だからこそ楽しめる魅力的な観光スポットと人気の宿をご紹介します。

「定山渓温泉」自然に囲まれて過ごす休日が魅力的♪

支笏洞爺国立公園内に位置する定山渓温泉は、山に囲まれた自然たっぷりの温泉地。         年間240万人ほどの観光客が訪れており、札幌観光でゆっくりしたい方や、いつもと違う札幌の雰囲気を楽しみたい方におすすめの観光地です。美しい緑を湛える山々と、その合間を流れる豊平川、そして青空とのコントラストは癒し効果抜群。毎日の忙しい日々から解き放たれて静かに過ごすにはピッタリです。このご時世、混雑する街中で滞在するよりも安心感もあり、身体だけではなく気持ちの面でもリラックスできるでしょう。

自然たっぷりの定山渓で心身ともにリフレッシュ

定山渓温泉のみどころ

定山渓温泉とは

定山渓温泉の歴史は古く、およそ155年前に岡山県の修験僧の美泉定山(みいずみじょうざん)がアイヌの人々に案内されて源泉と出会ったのがはじまりと言われています。その後、何年にもわたり温泉開発に力を注いだ定山の功績を讃えて、「定山渓」と名付けられました。泉質は、貧血症や冷え性、神経痛などに良いとされるナトリウム塩化物泉。泉源は56カ所もあり、6080度の温泉が自然湧出しています。その湧出量はなんと毎分8,600リットル!その豊富な湯量に驚かされます。また、『かっぱ伝説』が語り継がれている地でもあり、いろいろな作家が作ったかっぱの像が点在しています。散策しながら、かっぱを探してみてもおもしろいですね。

湯量豊富な定山渓温泉(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
定山渓温泉の開祖 美泉定山の像(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
とてもユニークなかっぱ像(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)

定山渓温泉の観光

定山渓温泉といえば、泉質・湯量ともに評判の高い温泉で札幌市内から1時間以内で行くことができる北海道屈指の温泉郷として人気です。宿泊してゆっくりと過ごすのが一番ですが、気軽に利用できる日帰り温泉や足湯があるのも嬉しいポイントです。例えば、無料で楽しめる「足のふれあい 太郎の湯」。国道沿いにあり、タオルの自動販売機もあるため、思い立った時にすぐに立ち寄れる手軽さが嬉しい足湯です。

 赤い屋根が印象的な「定山渓神社」は、「大己貴神」「少彦名神」など五柱を祭神として祀っており、1950年には温泉の基礎を築いた定山も合祀した神社で、パワースポットとしても知られています。毎年9月には宵宮祭および例祭が行われ、冬には雪灯路と呼ばれる幾多のスノーキャンドルが灯される幻想的なイベントも行われます。

気軽に立ち寄れる、足のふれあい 太郎の湯(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
秋は美しく色づく紅葉が有名(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
赤い屋根が印象的な定山渓神社(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
定山渓神社の冬の名物 雪灯路(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)

定山渓の絶景観光スポットは日帰りでも楽しめる!

白糸の滝

国道から内陸に入り、道がだんだん細くなり周囲の緑も濃くなっていくその先にある、白糸の滝。北海道で稼働する最古の水力発電所「定山渓発電所」の戻り水が流れ落ちてくることによってできた人工の滝です。滝の目の前にある橋から見えるのは、落差10メートル以上の豪快な滝の様子。発電所の稼働状況によって水量が変わるので、その時々で違う表情も楽しめるのもポイントです初夏から夏にかけては、木々の緑がとても美しく映えてマイナスイオン効果も倍増します。紅葉が色づく秋は木々の色と滝のコントラストがとても美しく彩るので絶対に訪れたい場所となっています。

マイナスイオンを感じる豪快な白糸の滝(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
真冬は全く異なる表情になります(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
白糸の滝

住所:〒061-2302 札幌市南区定山渓温泉東2丁目

電話:011-598-2012(定山渓観光協会)

HP:https://jozankei.jp/shiraito-wfall/4526

定山渓ネイチャールミナリエ

定山渓ネイチャールミナリエは、毎年7月から10月にかけておこなわれるライトアップイベントです。陽が落ちた定山渓二見公園が出発地。歩みを進めると目に入ってくるのはレーザーの光が映し出す世界。周囲の木々と石畳とのコントラストも美しく、幻想的な風景が広がります。自然の岩や木々に浮かび上がるプロジェクションマッピングのゾーンでは、光で照らされた森が眠りから目覚めるような演出が印象的です。最後の折り返し場所は、定山渓の名橋「二見吊橋」。橋の床から渓谷へとライトアップが行われ、光の花々が咲いているかのような絶景が拝めます。不思議な夏の夜の夢を体感すべく、ぜひ訪れたいイベントです。

美しい青い光が石畳を照らします(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
まるで無数のホタルが木々の合間を飛んでいるよう(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
花々が散りばめられたような二見吊橋(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
幻想的な風景が広がります(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
定山渓ネイチャールミナリエ

開園期間:2021年61日~1020

開催地:定山渓二見公園~二見吊橋

HP:https://jozankei.jp/jozankei-nature-luminarie

定山渓ダム(さっぽろ湖)

定山渓温泉街から車で10分程度のところにある定山渓ダム。豊平峡ダムに次ぐ札幌の水がめとして建設されました。下から見あげると圧巻の高さ!それもそのはず、堤高はおよそ117メートルもあり、北海道で2番目の高さを誇るダムです。ダムの麓には定山渓ダム下流園地があり、ダム資料館やダム内を見学できる通路などの観光スポットもあります。資料館の脇の遊歩道を登りきると、眼下にはダムを堰き止めた時にできた人造湖さっぽろ湖を見渡すことができます。はっと目が覚めるような青々とした自然と、大きな湖を望む風景は息を呑むほどの美しさです。

圧巻の高さを誇る定山渓ダム(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
周囲の山々の緑が美しい夏のシーズン(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
雄大な自然に囲まれたさっぽろ湖(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
定山渓ダム下流園地

住所:〒061-2302 北海道札幌市南区定山渓8

電話:011-598-2513(定山渓ダム資料館)

開園期間:2021429日~113

開園時間:ダム園地 9001700

          ダム資料館 9001600

※ダム資料館は月曜休館(月曜日が祝日の場合は最初の平日へ振替となります)

HP:https://www.city.sapporo.jp/ryokuka/midori/shizen/jyouzankei/index.html

定山渓観光は温泉だけじゃない!定山渓の自然&体験

定山渓ファームでいちご狩りとさくらんぼ狩りを楽しむ

森の中にある21ヘクタールにおよぶ農場、定山渓ファーム。降り注ぐ太陽と澄んだ空気、そして森で湧く豊かな水によって甘く大きく成長し豊かに実るフルーツは、大自然の恵みそのもの。6月から8月上旬にかけては、北海道でのみ栽培される道産子いちご「けんたろう」や、「佐藤錦」などの高級さくらんぼの果物狩り体験ができます。大自然を生かしたツリートレッキングやジップライン、釣りや小さなお子様向けの遊び場などアクティビティも充実しているので、摘みたてのフルーツを味わった後に楽しんでみてはいかがでしょうか。

さくらんぼ狩りを体験できます(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
自然の恩恵を受けたつやつやのさくらんぼ(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
いちごも美味しい!(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
ジップラインではスリルを味わえます(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
定山渓ファーム

住所:〒061-2301 北海道札幌市南区定山渓832

電話:011-598-4050

営業時間:51日~9月末 9:0017:00

101日~10月末 9:0016:00

5月はGW・土日のみ営業

※定休日:毎週水曜日

料金:入園料

大人(中学生以上)660円 子供(4歳以上)550円 ※札幌市民割引あり

   いちご狩り30分食べ放題コース

大人(中学生以上)1,600円 子供(4歳以上)1,500

   さくらんぼ狩り 時間無制限食べ放題

    大人(中学生以上)1,400円 子供(4歳以上)1,200円 ※札幌市民割引あり

 ツリートレッキング&ジップライン1回(初級/小学生以上65歳以下) 1,800

   など

HP:https://jozankei-farm.com/

かっぽんラリー

定山渓温泉の夏の恒例イベントといえば、かっぽんラリーです。定山渓温泉のマスコットキャラクター「かっぽん」にちなんだスタンプラリーで、毎年テーマが変わります。昨年2020年のテーマは『かっぽん探偵団』~秘密の方角をさがせ~。クイズを解きながら温泉街にあるかっぱ像を巡り、正解者には抽選で豪華賞品が当たるという、ファミリーでもカップルでもワイワイ楽しみながら参加できるイベントです。2021年の予定は未定ですが、開催されるとしたらどんなテーマになるか楽しみですね。

可愛らしいマスコットキャラクターのかっぽん(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
クイズを解きながら温泉街をまわる、かっぽんラリー(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
ファミリーでワイワイ楽しめます(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)

AMUSE SPORTS カヌー&ラフティング

豊平川上流の穏やかなエリアで、木々に囲まれながらのんびりと景色を眺められるカヌーツアー。初夏から秋にかけて楽しめるツアーです。鮮やかな緑が眩しい定山渓の絶景を見上げていると、日頃の疲れからリフレッシュできること間違いなしです。また、春の雪解けによって水量が豊富な4月から6月にかけてしか体験できないのが、豊平川の激流を下るラフティング。プロのガイドが同乗し、レクチャーしてくれるので初心者でも安心です。なかなか味わうことができない大自然のダイナミックな川の流れを体感してみてください。

カヌーツアーでは、定山渓の絶景を見上げながら静かな時を過ごせます(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
おいしい自然の空気を吸いながらリフレッシュ(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
大迫力のラフティング(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
プロのガイドが同乗してくれるので初心者でも安心(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
AMUSE SPORTS

電話:0570-011-411(夏期専用)予約受付時間 10001700

料金:カヌーツアー 大人 4,000円 子供 3,000円 幼児 1,000円 ※対象年齢 3歳以上(保護者同伴)

      ラフティングツアー 大人  5,500円 ※対象年齢 中学生以上(保護者同伴)

HP:https://amuse-sports.com/

定山源泉公園

定山渓温泉の開祖である定山の生誕200年を記念して、2005年に完成した定山源泉公園。2017年夏にリニューアルして、さらに魅力的になりました。公園内には、新鮮な源泉を楽しめる広々とした足湯があり、散策で疲れた足を手軽に癒すことができます。ちょっと面白いのが、高温の源泉で温泉たまごを作れる「おんたまの湯」。小さな湯船に自分で生卵を入れて、20分程度で温泉たまごを作ることができるのです。生卵は、園内にある売店で購入もできるので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょう。また、公園内にはさまざまな種類の木々が植えられているため、四季を通じて景色を楽しむことができます。

開祖 定山の生誕200年を記念して造られた定山源泉公園(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
定山渓温泉の源泉を楽しめる広々とした足湯(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
おんたまの湯では、自分好みの温泉たまごを作ることができます(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
定山源泉公園

住所:〒061-2302 北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目 (月見橋のたもと)

電話:011-598-2012 (定山渓観光協会)

営業時間:通年営業 7002100

料金:無料

HP:https://jozankei.jp/jozankei-gensen-park/262

定山渓のおすすめレストラン&お店

雨ノ日と雪ノ日

ジェラートとピザのお店「雨ノ日と雪ノ日」。自然と一体化したような佇まいに、白壁に木のテーブルを配したシンプルなインテリアがお洒落なお店です。毎日14種類用意されているジェラートは、北海道 美瑛町のジャージー牛乳をベースに、厳選された素材を使った優しい味が特徴。季節によってフレーバーが変わるので、四季を通じて様々な味が楽しめます。また、自家製の生ハムや新鮮なモッツァレラチーズを使ったトマトベースの「雨雪の贅沢サラダピザ」や、山わさびを使ったクリームソースベースの「雨雪の和風ピザ」のほか、季節のピザも堪能できます。

森の中に佇むお店 雨ノ日と雪ノ日(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
常時14種類が揃うジェラート(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
天気のいい日は裏庭のベンチで食べるのもおすすめ(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
自家製の食材を使ったピザは絶品です(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
雨ノ日と雪ノ日

住所:〒061-2303 北海道札幌市南区定山渓温泉西2-41

電話:011-596-9131

営業時間:100018001730ピザ ラストオーダー)​

定休日:なし

価格例:ジェラートダブル 470円、ジェラートトリプル 570円、雨雪の贅沢サラダピザ 1,850円など

HP:https://www.amenohitoyukinohi.com/

バーチテラス ベーカリー&カフェ

定山渓万世閣ホテルミリオーネ内にあるバーチテラス ベーカリー&カフェは、ホテル内のビュッフェの朝食に焼きたてのパンを提供したいという想いからオープンしたパン工房です。厳選された小麦粉を使用し、徹底した温度管理を経て、毎日約20種類のパンを焼き上げています。木のぬくもりを感じる店内は、穏やかでとてもホッとする雰囲気。目の前に自然が広がるテラスには、なんと足湯が設置されています。テーブルもあるので、そよ風に吹かれながら焼きたてのパンとドリップコーヒーをお楽しみいただけます。のんびりと時間を過ごしたい人におすすめのカフェです。

木の温かみを感じる店内(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
バターたっぷりのクロワッサンは人気メニューのひとつ(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
コーヒーにぴったりの甘いペイストリー(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
バーチテラス ベーカリー&カフェ

住所:〒061-2302 北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目

営業時間:8001700 (パンはなくなり次第終了)

価格例:クロワッサン 180円、バゲット300円、バーチコーヒー 500

HP:https://www.milione.jp/floorguide/birch-terrace/

心の里 定山

心の里 定山は、森の中に佇む足湯ラウンジです。滝の音を感じる足湯をはじめとして8カ所の足湯があります。もちろん、お湯は定山渓のナトリウム塩化物泉。タオルやひざ掛け、湯上り後のボディクリームなども用意されており、至れり尽くせりです。ヒーリング音楽が流れるラウンジでは、のんびりとお昼寝をしたり、窓から滝を眺めたり、思い思いに過ごすことができます。さらに、手作りのクッキーや和菓子などに加え、コーヒーやハーブティーなども用意されており、全てお替わり自由という嬉しいサービスも。広々とした敷地をゆっくり散策するのもよし、800冊を超える自然専門書を備えたライブラリーで読書をするのもよし、1日中楽しめます。

静かな場所に位置する心の里 定山(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
小鳥のさえずりを聴きながらのんびりと足湯に浸かれます(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
ヒーリング音楽をBGMにくつろげるラウンジ(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
広い敷地内を散策するのもおすすめです(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
心の里 定山

住所:〒061-2302 札幌市南区定山渓温泉西4丁目372-1

電話:011-598-5888

営業時間:10001800

料金:1,500円 足湯&ラウンジ利用、茶菓子&お飲物料金込

 ※小学生以下は利用不可

HP:https://www.kokorono-sato.jp/

大黒屋商店

定山源泉公園の道路を挟んで向かい側にある大黒屋商店昭和6年創業で定山渓温泉の中では一番の老舗です。こちらのお店でおすすめしたいのは定山渓の温泉まんじゅうです。温泉まんじゅうは毎朝手作りで、中は黒糖を使用している餡が入っているおまんじゅうは、地元の人気スイーツです。

値段は1つ75円で販売しており定山渓に来たら手に入れたい一品。温泉まんじゅうはお土産としても観光客からとても人気なので、売りきれになってしまうこともあるそうです。温泉まんじゅうを手に入れたい方はなるべく早く大黒屋商店に行くことをおすすめします。

定山渓に来たら絶対食べたい一品(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
お土産にもおすすめできる定山渓温泉まんじゅう(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
大黒屋商店の外観です(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
大黒屋商店

住所:〒061-2302 北海道札幌市南区定山渓温泉東4丁目319

電話番号:011-598-2043

営業時間:8:00~20:00 定休日:毎週水曜日

定山渓温泉まんじゅうの価格:1個75円                           

定山渓でおすすめの温泉宿

ぬくもりの宿ふる川

古き良き旅館の優しい慈しみを感じる ぬくもりの宿ふる川。コンセプトが『故郷』というだけあって、どこか懐かしさを感じる雰囲気が漂います。定山渓の岩や石をふんだんに用いて力強さを表現した月地の湯などの大浴場や、開祖定山が湯守をしていた壱の湯を再現した露天風呂などさまざまなお風呂があり、定山渓温泉を存分に満喫できます。宿内では『相田みつを・心のギャラリー』のほか、北海道の作家のギャラリーなどアートも楽しめます。夕食には、旬の食材を使った和食会席や1日限定10名の囲炉裏会席などが味わえ、朝食には野菜たっぷりの田舎風和食バイキングか数量限定の料理長特製の朝食膳をいただくことができます。忙しい日々を忘れて、温泉に浸かって美味しい料理を食べるという、シンプルかつ贅沢な欲求を満たしてくれる温泉宿です。定山渓ネイチャールミナリエ会場からも近いので、夜遅くなっても安心です。

どこか懐かしさを感じる ぬくもりの里ふる川(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
石や岩が力強さを感じる露天風呂(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
限定の囲炉裏会席(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
ぬくもりの宿ふる川

住所:〒061-2303 北海道札幌市南区定山渓温泉西4丁目 353

電話:011-598-2345

HP:https://www.yado-furu.com/

章月グランドホテル

章月グランドホテルは全室が定山渓の渓流側に面した、1934年創業の老舗ホテルです。20214月末にリニューアルオープンしたばかり。老舗のいいところをそのままに、新たに生まれ変わりました。この宿の自慢は、なんといっても75℃の源泉かけながしのお風呂。広々とした大浴場で楽しむことができます。ほかにもサウナは苦手…という人には湯気を使った蒸し風呂もおすすめ。肌に無理なく発汗できて効能もより豊かに感じられます。客室は、100㎡もの広さを持つ特別室のほか、和洋モダンルームやファミリルームなど種類も多彩。どの部屋からも豊かな緑を湛えた自然の姿を眺めることができ、癒し効果も抜群です。素材の味を生かし、目にも美しい夕食の和食会席と、一人ひとりにお膳で提供される朝の和定食も滞在時の楽しみのひとつです。伝統ある宿で、こころと味のおもてなしを受けてみてはいかがでしょうか。

老舗の風格が漂う章月グランドホテル(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
源泉かけ流しのお湯が楽しめます(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
旬の食材を使った目にも鮮やかな和食会席(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
章月グランドホテル

住所:〒061-2302 北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目239

電話:011-598-2231

HP:https://www.shogetsugrand.com/

定山渓万世閣ホテルミリオーネ

自然に囲まれた全312室の大型リゾートホテル、定山渓万世閣ホテルミリオーネ。無数の気泡が心地よいジェットバスやごろりと横になって浮遊感を味わう寝湯を含めた5つの内風呂に、定山渓の移ろう景色が楽しめる露天風呂が自慢の宿です。全身リラックスしたそのあとは、地元北海道の海の幸や新鮮な野菜をメインとした約80種類の料理がいただけるビュッフェでお腹を満たしましょう。なかでも自家製生地を使って石窯で焼いたピッツァや、目の前で職人が握る寿司は人気。ゆっくりとくつろぎたいゲストには部屋食も提供しています。客室は、まるで家にいるかのような安心感を持ってもらうため、装飾はあえてシンプルで普通にしているそう。スタッフのホスピタリティの高さも相まって、心安らぐ滞在ができるホテルです。

山の中の大型リゾートホテル 定山渓万世閣ホテルミリオーネ(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
家でくつろいでいるように過ごせる客室(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
自家製生地を使ったピザは石窯で焼き上げます(写真提供:定山渓観光協会公式サイト)
定山渓万世閣ホテルミリオーネ

住所:〒061-2302 北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目

電話:0570-08-3500

HP:https://www.milione.jp/

羽田発JAL利用 『定山渓万世閣ホテルミリオーネ』泊 夕朝食付き <北海道/定山渓温泉>2日間

札幌の温泉街「定山渓温泉」に宿泊して北海道の温泉を満喫しよう♪

¥34,600~

最新情報やお得な情報がGETできるTSJのメールマガジン登録がおすすめ!

TSJではメールマガジンの配信を行っています。メールでは海外・国内の観光スポットの最新情報や、コロナウイルス感染対策情報、また旅行のお得な割引情報も簡単にメールマガジンから入手できます。

メールマガジンは、登録無料なので登録してみてはいかがでしょうか♪                 登録は下記フォームから簡単に登録できるので是非してみてください!                   メールマガジンに登録してお得に旅行を楽しみましょう!

トラベル・スタンダード・ジャパン
03-5956-3035 電話で無料相談する
TOP