イギリスの名物料理ミートパイを食べる少年

イギリス料理はまずい?美味しい?ロンドンで食べたいイギリスグルメ

カテゴリー:

イギリスが好きな人って多いですよね。歴史や音楽、特にカルチャーが好き!なんていう人は非常に多くいますが「オレ、イギリスの美味しい料理で食い倒れてくる」なんていう話は聞いたことがありません。グルメの国という認識はほぼゼロ。それどころか「イギリスって食べ物がまずい」「一体何を食べたらいいんだ」などという嘆きの声がチラホラ。大丈夫です。ロンドンをはじめ、イギリスには美味しい料理がたくさんあります。ここでは、町のパブやレストラン、カフェ、市場やベーカリーで気軽に食べられるイギリス料理を紹介します。旅の参考にしてくださいね!

誰もが知っているイギリスグルメ!「フィッシュアンドチップス」

「イギリスってフィレオフィッシュバーガーのフライの部分みたいな、フィッシュアンドチップスしか食べられないんでしょ?」という偏見、もうやめてください(笑)。揚げたてアツアツの美味しさは、例えようがないほど。ぜひ本場でお試しいただきたい。
この料理がイギリスに定着したのは、イギリス人が魚が苦手な人が多かったからだとか。魚の生臭さを消し、香ばしくいただくにはフライでしょ、ということで爆発的に広まったんですね。特にキリスト教のカトリックの人々は金曜日は肉を食べないという習慣があり「金曜日はフィッシュアンドチップス!」と広まり、イギリスのパブでは「金曜日限定お得なセット」なるものもあります。
様々な魚の料理を食べてきた日本人からすると「ただの魚のフライでしょ」ですけど、日本の漁師町で漁師料理の店が沢山あるのと同様、海辺の町には美味しいフィッシュアンドチップス屋が多いのだとか。そうなると話は別。海辺でサクッとした衣の美味しいフィッシュアンドチップスを食べてみたくなるから不思議ですよね。

イギリス名物グルメフィッシュアンドチップス

日本のように白身フライ=スケトウダラではありません。様々な魚のフライが名物の店も

ジャガイモが主食?イギリスのおにぎり「ジャケットポテト」

ジャガイモを焼いた「ベイクドポテト」は、よく知られていますが「ジャケットポテト」はその一種。皮ごとオーブンで焼き上げるので「芋がジャケットを着ている」という、とてもおしゃれなネーミングの料理です。パブで気軽に食べられるので、是非試してみてください。日本のジャガバタも、最近は様々なトッピングで味わうようになりましたが、イギリスでは昔からやっていること。イギリスではジャガイモが主食の一つ。ご飯に何かを入れたり、乗せるかのごとく、ポテトのトッピングを楽しむのです。
まさに日本のおにぎり!人気があるのがツナというのも、おにぎりに似ていますね。個人的にはツナとチーズのトッピングが最強だと思います。

イギリス名物料理ジャケットポテト

日本人には主食というより、お酒のつまみかおやつの「ジャケットポテト」

日本女子もこよなく愛する「英国式アフタヌーンティー」

「イギリス人って、ランチとディナーの間によくあんな量のサンドウィッチやら、スイーツが食べられるね」と、一度は驚愕したことがある英国式アフタヌーンティー。
イギリス人って大食いなんですか?
いえいえ、そんなこと、どうでもいいんです。3段トレイに乗せられたアフタヌーンティーセットが来るだけで胸がトキメク女子の多いこと多いこと。
まずイギリス人の名誉のために申し上げます。イギリス人は大食いではありません!英国式アフタヌーンティーは1840年頃始まった風習ですが、当時の食事は1日2食だったそうで、少し遅いランチのようなものだったそうです。
正式には、まずは一番下のサンドウィッチからいただき、次にスコーン、そして最後に一番上の、プチケーキの順序でいただくそうですよ。イギリスにはアフタヌーンティー専門のサロンが多数あります。また、ホテルのカフェやラウンジでいただけるので、憧れのホテルに出向き、一流のもてなしを受けながら味わうのもイギリスの素晴らしい思い出になるでしょう。

英国式アフタヌーンティー

せめてランチは抜いて挑みたい英国式アフタヌーンティー

クロテッドクリームが主役?イギリスの「スコーン」はシンプルで素朴

先ほどのアフタヌーンティーから、イギリスの名物であるスコーンをフィーチャーしましょう。イギリス人は、毎回三段トレイでアフタヌーンティーをいただいているわけではありません。イギリス人に「そんなことしたら確実に太る!」と笑って返されたこともあります。
ただし、スコーンは別。ランチを過ぎた午後、ロンドンの町を歩いているとわかります。カフェやパブにやたらと目立つ「Cream Tea(クリームティー)」と書かれた看板。実はこれ、スコーンと紅茶のセットのことなのです。これだけでアフタヌーンティーとすることが多いのだとか。

日本のベーカリーでもよく見かけるスコーン。しっとりとしたものや、スコーンそのものにチョコレートやレーズンが入っていて、スコーンそのものだけでも美味しくいただけます。それと比較すると、イギリスのスコーンは、少しバサバサしていて味がない印象。
一説にはクロテッドクリームや、ジャムをつけた時、最もおいしいと思えるスコーンがイギリス人にとっての「ベストスコーン」だと考える人も多いそうで、スコーン自体は素朴でシンプルなほうが好まれるんですって。たしかに「クリームティー」って言葉も、スコーンは二の次のような響きが・・・。

イギリス名物グルメスコーン

バターより乳成分が多く、さっぱりとしたクロテッドクリーム

豪華でうまい!でも日曜日のみ!「サンデーロースト」

イギリス料理で一番「わあ!ごちそう!」と思われるに違いない料理が「サンデーロースト」。
文字通りローストした肉の塊(肉は何でもOK!牛、鶏、豚、子羊から選択)を切り分け、野菜、ポテトもしっかりと皿に盛っていきます。そこに肉汁から作ったグレイビーソースをたっぷりと。
どこでも食べられそうな料理にも思えますが、イギリスならではの不思議なものが一つ乗っています。その名はヨークシャープディング。
パンでもなく、ましてやプリンでもない・・・食感はシュークリームの皮のよう。グレービーソースを吸い込んだそれは、さながら日本のお麩的存在なのでしょうか?

さて、サンデーブランチですが、イギリスのパブを代表する料理。ただし文字通り日曜日にしか食べられないのでご注意を。こんなご馳走、毎日でも食べさせてくれればいいのに、と思うのはごもっともですが、サンデーブランチはイギリスの習慣に基づいたもの。昔、日曜日に教会へ行った後に家族で囲んだご馳走だったのです。

イギリス名物料理サンデーブランチ

イギリスの一番のご馳走?サンデーロースト

パブでもベーカリーでも楽しめる!イギリス人が愛する「ミートパイ」

日本でミートパイというと、ベーカリーで売っている総菜パンの一つで、こんなイメージ。

イギリス名物グルメミートパイ

日本でも人気の総菜パン「ミートパイ」

もちろんイギリスにも同じスタイルのミートパイがあります。イギリスのパイ料理は実に多種多様で「パイ」の形は様々。メインディッシュとして出される一品でもあります。例えば、ビーフシチューにパイで蓋をした料理も「ミートパイ」。どのタイプのミートパイも、さくっとしたパイ生地が最高に美味しいので、いろいろ試してみてください。

イギリス名物グルメ料理ミートパイ

日本でいう「シチューポットパイ」も「ミートパイ」です!

日本でもおなじみ!ボリューム満点の「スコッチエッグ」

もはやイギリス料理という事を忘れ去られてしまうくらい、日本でもお馴染みのお惣菜であり、お弁当のおかず「スコッチエッグ」。卵をひき肉で包み、衣をつけてカラりと揚げたものです。
日本では揚げたてのアツアツで、卵の黄身がトロりと出てくるタイプが人気ですが、イギリスではピクニック料理として冷えた状態で食べるのがスタンダード。
ロンドンのデパートの総菜コーナーでは、ウズラの卵を使ったミニサイズのスコッチエッグも販売されているので、ホテルでいただくおやつに買ってきてもいいかも!

イギリス名物スコッチエッグ

日本の総菜としてもお馴染み「スコッチエッグ」

イギリスでも国民食のカレー!イギリス風カレー「バルチ」

カレーは日本の国民食ですが、本場インドのカレーとは似ても似つきません。なぜなら、イギリスの植民地だったインドのカレーがイギリスで進化。スープのようなカレーとなり、そこから日本に入ったという経緯があるからです。そう、日本のカレーの元祖はインドではなく、イギリスなのです!
不思議なことに、現在イギリスで食べられているカレーは、また別物。1980年ごろ、バーミンガムで発祥したパキスタン風のカレーで「バルチ」と呼ばれるカレーです。イギリスでの「バルチ」人気は高く10000軒近いインド・パキスタン料理のレストランがあるのだとか!ココイチどころの騒ぎではありません。

レストランだけではなくロンドンの市場で販売されていたり、気軽なテイクアウトショップも多いので、イギリス旅行中に「ガツンとしたものが食べたい」と思ったらイギリスのカレー「バルチ」をいただきましょう!

イギリス名物英国式カレーバルチ

様々な種類があるイギリスカレー「バルチ」

日本では馴染みはないイギリス・スイーツ「スティッキートフィープディング」

日本ではほぼ馴染みがなく、見たことがないという人が多数を占める「スティッキートフィープディング」。デーツ(なつめやし)を使った蒸しケーキで、トフィーソース(砂糖とバターのソース)をたっぷりかけた、甘くて素朴なイギリス伝統のスイーツです。カスタードクリームやアイスクリームとの相性がよく、お店ごとに違ったトッピングが楽しめます。ちなみにイギリス人はスイーツのことを「プディング」と言う事が多く、日本人が想像するプリンのようなものとは全く異なります。レストランのデザートメニューや、パブのメニューに当たり前のように掲げられているスイーツです。

イギリス名物料理SSticky toffee pudding

イギリスの伝統料理は意外と美味しい!安心して旅に出よう

料理がまずい、朝・昼・晩と、何を食べていいのかわからない・・・イギリスに関するグルメ情報は絶望的な評判ばかり。大好きな国に行ってみたいけど「食」だけが心配、なんていう人も多いのではないでしょうか。
こうして探してみると、なかなか美味しそうな料理が多いではないですか!安心してグルメも楽しめそうですね。
そんなイギリスへの旅行は、トラベルスタンダードジャパンで予約してみては?様々な旅のアレンジや、相談に乗ってもらえます。おすすめのレストランを教えてもらえるかも!

イギリス・ロンドンへのツアー予約はこちら!
この記事のカテゴリー・旅先・キーワード

カテゴリー:

ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月-土 10:00-18:30/日祝 休業

03-6630-0202
TOP