夏休み Qスイート

コロナ収束後に行きたい年末年始の海外旅行が激安!カタール航空ビジネスクラスQスイートのツアー!

コロナ収束後の海外旅行はちょっと贅沢したい。世界で最も優れたビジネスクラスに輝いたカタール航空のQスイートは全席個室、業界初のダブルベッド、好きな時に食べられる豪華な機内食などファーストクラスのレベルです。新型コロナウイルス収束前の今、Qスイート利用の冬のツアー料金が激安です。年末年始旅行も今が予約のチャンス!

チャンスは今だけ!世界一のビジネスクラス・カタール航空「Qスイート」のツアー!

ワールド・エアライン・アワードで世界で最も優れたビジネスクラスに輝いた、事実上、世界一のビジネスクラス・カタール航空の「Qスイート」!一度は乗ってみたい憧れのビジネスクラスです。

と言いつつ、実際に乗ってみましたが、噂を超えたゴージャスなシートは、なんと全室個室、業界初のダブルベッド(しかも2人で個室!)もありましたよ!

夏休み Qスイート

中央シートのパーテーションを下ろせば2人だけの個室に!

夏休み Qスイート

そして完全なるフルフラットのダブルベッドに!

もちろんひとり旅の方は完全にプライベート空間!

夏休み Qスイート

ひとり旅には最高の空間!

カタール航空Qスイートシート

ポーチの中身はイタリア「モンカステッロヴィヴィアーノ」のコスメ

機内食はファーストクラスでしか叶わなかった「好きなものを好きなだけ」を可能にしたことも画期的。豊富なメニューから選べる料理は豪華かつカタール航空らしい中東料理も含まれています。航空会社によっては、Qスイートより下のファーストクラスが多数あるほどのレベルです。

夏休み Qスイートファーストクラスでしょ?この機内食がビジネスクラスとは!
夏休み Qスイートワインがすすみまくる前菜
カタール航空ビジネスクラス機内食メニューチーズがとろけるカネロニ
カタール航空Qスイート機内食女性に人気のフムスもある!中東の魅力炸裂の前菜も!
夏休み Qスイート
夏休み Qスイート
カタール航空ビジネスクラス機内食メニュー
カタール航空Qスイート機内食

こうなってくると他社のファーストクラスに乗るのなら、カタール航空のQスイートに乗る方がはるかにコストパフォーマンスが高いことになります。しかも、トラベル・スタンダード・ジャパンのツアーなら、カタール航空Qスイート利用のツアーがとにかくお得。

航空会社によっては直行便のエコノミークラスで行くより、カタール航空のビジネスクラスが安いほど。もちろん旅行日数が少なく、現地滞在時間を重視する人は、直行便がおすすめですが、旅行日数に余裕がある人や、移動そのものを楽しみたい人、ビジネスクラスに乗ってみたい人には、断然カタール航空のQスイートを体験していただきたい!

機内だけではなく「とんでもなく豪華」「宮殿としか思えない」というドーハのビジネスクラスラウンジも乗り継ぎ時に使えますからね!

ドーハ空港カタール空港ラウンジ

ドーハ空港のビジネスラウンジは水で満たされた非日常空間だ!

入国できなければ全額返金!トラベル・スタンダード・ジャパンのツアー

Qスイートに乗って海外旅行に行きたいのに「憎き新型コロナウィルスめー!」と叫んでいる海外旅行好きの皆さん。新型コロナウィルスはいつ収束するのでしょう・・・。残念ながら今は誰にもわかりませんが、少しずつ海外からの旅行者受け入れを発表している国も増えてきました。

海外旅行に行けないなんて・・・海外旅行好きの皆さんにとっては地獄の日々ですが、希望だけは持ちましょう。もう数ヶ月で状況が明るくなってくるはずです。

夏休み Qスイート

もう一度乗ろうと決めていた筆者も同じ心境です

嘘でしょ?年末年始のビジネスクラス利用ツアーが平日と2万円しか変わらない!

まだ渡航できない時期と言うこともあり、いつも安いトラベル・スタンダード・ジャパンのカタール航空Qスイート利用のヨーロッパツアーが、さらに安くなっています。

例えば年末年始のピークシーズンを含む、成田発12月のQスイートで行くスペインツアーの値段を見てみましょう。衝撃の安さ!

・・・ちょっと待って。Qスイートの年末年始のツアー料金344,000円って何事?

しかも2020年の年末年始は9連休できるという、素晴らしい日程。

この値段、当然ですが新型コロナウィルスで入国できない国が多い上、日本も入国後の隔離対策を取っていて、ツアーができない期間だからこその値段。予約する人が少ないからこその値段です。収束した後は、値段は跳ね上がります。早く予約しておかないと!

そう、今がダメなら先の予約を!そして予約料金の安い絶好のチャンスが今なのです!

コロナ収束後 カタール航空

ホテル代込みTSJのQスイート利用スペインツアーが平日と値段あまり変わらない

「何言ってるの!収束していなかったら入金分のお金、無駄になるじゃないの!」と今言った方。ごもっともです。でも・・・トラベル・スタンダード・ジャパンのツアーなら

予約したツアーの目的国に入国できない場合、ツアー催行を中止⇒そして返金してくれます!

例えば「目的地の入国ができない状態が12月も続く!」なんてことが、出国前にわかった場合「ツアー催行できなかったので、返金致します」という連絡がもらえるので安心。

あなたが今「年末年始は絶対に海外に行きたいけど、入国できないままの国が多いから予約できないい!」と思って予約をしないのであれば、トラベル・スタンダード・ジャパンをおすすめしたいのです。

※ツアーエリアにより、一部返金できない料金が発生する場合があります

※個人判断の旅行のキャンセルについては返金できません。

※ツアー中止の場合の返金に関する詳細はお気軽にお問い合わせください。

こんな時は個人旅行よりツアーが安全!

普段、旅行は個人手配でチケットもホテルも自由に組み合わせているという方は多いですよね。実は筆者もそうです。

今回の新型コロナウィルス感染症のように世界的規模の問題が起きている場合の旅行の予約は、個人手配の予約は避けたほうがベター。例えば渡航直前の状況はどこに聞けばいいのか?など、様々な問題が出てきます。海外で問題が起こった時もそう。特に現地の場合、英語が堪能ではない限り、誰に何を尋ねればよいのか苦労しますよね。ツアーの場合は、日本のオフィスはもちろん、海外での緊急連絡先があるので助かります。

また、いくら安いとはいえLCCは航空会社によって対応が異なります。入国ができなくり、チケットが無駄になるときすら返金しない航空会社もありますよ。メジャーなキャリアやその国のフラッグキャリアでも、入国ではなく「フライト自体が中止」にならない限り、返金されない場合もあります。

なんでぇ~?ちょっとひどい!と思うかもしれませんが、事実2週間隔離される条件付きで入国できる国は多数あります。それを承知のうえでチケットを予約していると思われてしまう訳ですね。

ホテルもそう。ホテル予約サイトはどんな理由があって予約取り消し不可、なんていう料金カテゴリーもあります。ホテルのオフィシャルサイトですら、キャンセルできないプランがあるほどです。個人手配の方がエア代やホテル代がどんなに安くなっていたとしても、この状況下「お金が返ってこないかもしれない」状態で、旅行の予約なんてしていられないですよね!

そんな時こそトラベル・スタンダード・ジャパンが頼れるのです。

ツアーの場合、14日も隔離されたら成立しません。だからツアー自体が中止になり、返金になるというシステム。

コロナ収束後 カタール航空

そんなに長く旅行に行ける人はいいですけどね・・・

ツアーは自由が効かない!・・・はウソ

ツアーが苦手な人は

「日程もホテルも自由に決められないからイヤ」

「旗持ったガイドさんと一緒に巡るのダサい」

「お土産屋さんに4軒連れていかれたことがある。2度とイヤ」

なんていう「イヤ」なポイントがあると思いますが「トラベル・スタンダード・ジャパン」のツアーは皆さんが考えているツアーと全く異なります。

ツアーなのに完全フリー。それなのに入国できなければ全額返金と言う手厚いフォローは、添乗員同行のツアーと同じ。さらにこの微妙な時期に行ける場所、日程、ホテルなどを一緒に話し合いながら、旅のプロがあなたの要望に合わせて、アレンジをしてくれます。まさに自由自在のツアーなのです!

しかも完全カスタマイズしてくれたとしても、驚くほど安い!

コロナ収束後 カタール航空

TSJのツアーは団体ツアーではありません!

この年末年始におすすめ!カタール航空ビジネスクラスQスイート利用ツアー

「ヨーロッパはコロナの感染者が多くて大変ねえ」なんてお話、よく聞きますよね。

ところが、ヨーロッパの中には日本より感染者が少なく、すでに新規感染者がゼロの国もあるのです!また、海外からの観光客入国の受け入れを早々に発表した国も!

そういった国であれば、あとは日本が入国の制限を緩和し、水際対策をどうするのか決めさえすれば、意外と早く観光の行き来ができるはず。

スペイン:日本人歓迎!早すぎる観光客受け入れ発表!でもうれしい

まだまだ日本よりはるかに感染者は多いものの、一時期よりはかなり落ち着いてきたスペイン。

そんなスペインはなんと2020年7月から外国人観光客の受け入れを全面的に開始すると発表しました。ほかのEU諸国がEU圏内の旅行者から始めましょうかー・・・と言っている中での大胆発表。慎重派の日本からすると、少し早すぎる気もしますが、スペイン政府観光局の発表では、スペインにとってアジアの中で一番観光消費額の多い国は、日本なのだそう!どーりで通りでスリに合う確率も多いと思った・・・それはさておき、特に日本人はウェルカムなのだとか。

スペインと言えばバルセロナのサグラダファミリアは一度は見ておきたいところですよね。最新技術の投入で急速に工事のピッチが上がったサグラダファミリアは2026年には完成してしまう計算になりました。完成したら工事中の今の光景が、貴重なものになります。

見るなら今のうちですね!

入場の際は今後、人との距離感やマスク着用などの新しいルールに則った入場になるのでは?それでも行きたいですね!

サグラダファミリア全景

2026年には完成してしまう!今のうちにサグラダファミリアを見ておきたい

コロナ収束後 カタール航空

同じくガウディの作品が並ぶグエル公園で写真いっぱい撮りましょう!

温暖なスペインは年末年始も凍えるような寒さは感じられないので、夜の屋外のイベントが増える時期でも、意外と快適に過ごせそう。マドリード、バルセロナともに雪はありませんが、クリスマスマーケットやカウントダウンに参加したいですねえ!バルのはしごも楽しみです。

スペイン バル タパス

スペインでバルめぐり!憧れます

クロアチア:人気のドブロブニクも行ける日近し!

「魔女の宅急便」「紅の豚」などジブリ映画の名作の舞台と言われている大人気のドブロブニクを擁するクロアチアは、新型コロナウィルスの患者が日本の9分の1しかいない優等生。感染者の少ない国同士の観光客受け入れが始まるのも間近ではないでしょうか?

年末年始のドブロブニクは海で泳げるリゾートシーズンではありませんが、12月の平均気温は13℃と東京より高め。凍えるような寒さではなく散策や、シーフードを食べまくる旅にはぴったり。

10月以降の料金が出そろっていませんが、トラベル・スタンダード・ジャパンに年末年始の旅行を希望、と問い合わせの際に明記すれば、料金は教えてくれますよ!他のエリア同様、年末年始の9連休もQスイートのツアー料金は激しい差が出ておらず、とにかくお得!今のうちの料金なので、急いでお問い合わせくださいね!

コロナ カタール航空

旧市街のこの眺めは一度は見ておきたい

首都ザグレブのクリスマスマーケットは、2016年~2018年の3年もの間「旅行者が選ぶ『ヨーロッパ・ベスト・クリスマスマーケット(Best European Christmas Market)』」第1位に輝いていたことで、一気に冬の観光客が増えたこともあり、ザグレブ・ドブロブニク周遊のツアーも楽しそう!

アフターコロナ 海外旅行

ザグレブのクリスマスマーケットに出没するインスタ映えポイント

大小16の湖と92の滝が作り上げるエメラルドグリーンの幻想的な光景が見られる世界遺産プリトビチェ(Plitvice)に泊まるツアーもあります。冬は凍てついた氷瀑にうっとり!

コロナ収束後 カタール航空

世界遺産プリトビチェ(Plitvice)

ポルトガル:外国人観光客の受け入れと旅行者を歓迎するとの発表!

SNS好き女子から「映える!」と人気急上昇。日本の約4分の1の面積に、世界遺産が17件もあるという世界遺産大国ポルトガル。「治安の良い国第3位」に輝いたこともあるヨーロッパの中では飛びぬけて治安が良い国で、人もとても優しい!物価もヨーロッパの中ではかなりお安く、そしてポルトガルグルメは日本人の口に合う事にも知られ、ポルトガルにハマる人の大半は、この食事の美味しさにハマった、と言います。こちらも日本より感染者数は少なく、

入国緩和に対してはとても慎重だったポルトガルですが、外務大臣が新聞のインタビューで「ポルトガルは国境を再開していき観光客を歓迎する」と述べた模様。スペインとの国境は未だ閉鎖されていますが、飛行機で到着した旅行者は強制的な隔離はなく入国を可能にしたいとのこと(健康状態の最小限の確認は行う予定)。

リスボン 街歩き

おしゃれでレトロな雰囲気が女子ウケする街リスボン

もしこれが実現化すれば、日本が入国緩和をすれば、行き来が可能になるわけですが、カウントダウンが最高に盛り上がるので、なんとか年末年始までには行き来ができるようになれば良いですね!

特に世界遺産のカウントダウン花火はおすすめ!首都リスボンのベレンの塔や、第2の都市で街自体が世界遺産のポルトのカウントダウン花火は、2020年辛かったことを全て流してくれそう!

カタール航空ビジネスクラス、Qスイートの値段に注目。この国も平日との差額が2万円しかありません。

ポルトガル 年間イベント 年間フェスティバル

コロナよ、さよならー!と叫びたいリスボン・ベレンのカウントダウン

ポルトガル年間 イベント 年間フェスティバル

リスボンの中心部、コメルシオ広場でも花火が!

ギリシャ:7月から観光客の受け入れ開始!アテネ&サントリーニ島

ギリシャはもう新規感染者ゼロの国。すごい!しかも累計感染者の数も日本の6分の1、死者数も4分の1 ですよ!そんな「ヨーロッパの新型コロナ優等生」ギリシャが6月15日から日本を含め29か国の観光での外国人旅行者を受け入れると表明。 アテネとヨーロッパ屈指のリゾート、サントリーニ島や有名なクラブのあるミコノス島を含めたツアーはいかが?ギリシャのリゾート地で、しばらく旅に出られなかったストレスを、やさ~しく癒してもらいましょう。

行き来できる頃にはサントリーニ島やミコノス島の海で泳げる季節は終わってしまいそうですが、地中海気候で日本より寒くはありません。しかも静か。憧れの洞窟スタイルのホテルも安くなります!

サントリーニ島 コロナ

年末年始は白と青の世界が広がるサントリーニ島でのんびり

アテネの年末年始の花火は遺跡上空に上がります!この光景は一度は見たいですよね。「夏以外はあまりリゾートに興味がない」という人は、アテネへ!

料金表が10月の料金表のカタール航空ビジネスクラスの現時点での値段は出ていませんが、下記ボタンから好みのツアーをクリックし「12月の料金教えて!」と問い合わせをすれば、TSJの旅のプロから返事があります。こちらも平日と年末年始の料金は2万円程度しか変わらないはず。

アフターコロナ 海外旅行

アテネのカウントダウン

世界一のビジネスクラスが年末年始旅行でも激安の今こそ予約を!

ファーストクラスと同等レベルの「世界一のビジネスクラス」が、今の時期の予約限定で安い!

春・夏の旅行に行けなかったこの悔しさ・・・年末年始に贅沢してもバチは当たりません。

特に今回のコロナ騒動で新婚旅行を諦めたなんて人もいるのでは?そんな人は今がチャンス。ビジネスクラスで行く素晴らしいヨーロッパの国々へのハネムーンが待っています!いつもは絶対に手が出ない年末年始の旅行が、激安で販売されている今、予約は済ませて、冬の出発までにしっかりと旅の計画を立てましょう。そうそう!自粛ムードのおかげで今は貯金もできますよね!

万が一、年末年始まで日本の入国緩和が今と状況が変わらず(考えたくないですねぇ)、ツアーが中止になった場合、トラベル・スタンダード・ジャパンなら返金をする体制で、今の時期の予約をサポートしてくれます。この際、不安なことは何でも質問してみましょう。やさしいヨーロッパ旅行のプロが、不安が解消するまで答えてくれますよ!

さあ、激安の今、予約をして、冬は世界一のビジネスクラスでヨーロッパに行きましょう!

カタール航空・日本支社長に語っていただいたコロナウイルス下の取り組み

カタール航空のコロナウイルス下の取り組みと、現在の最新情報を、カタール航空 日本支社長にお話ししていただきました。トラベル・スタンダード・ジャパンCEOとの対談動画です。

トラベル・スタンダード・ジャパンのYOUTUBEチャンネルでは、ヨーロッパ担当者の2人が、新型コロナウィルス感染症収束後のおすすめのエアラインを紹介中。カタール航空の料金はやはり激熱!

トラベル・スタンダード・ジャパン
(ヨーロッパ・中近東専門ダイヤル)
TEL:03-6630-0202 電話で無料相談する
この記事のカテゴリー・旅先・キーワード
ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月-土 10:00-18:30/日祝 休業

03-6630-0202
TOP