カナダ・トロント

【カナダ】トロントの観光ガイド 2019-2020

カナダの東部に位置するカナダ最大の都市トロントは、ナイアガラの滝にも近く、アメリカのニューヨーク州にもアクセスが便利な都市です。また、移民が多いことから“人種のモザイク”とも言われています。今回は、そんなカナダのトロントのおすすめの観光地やインスタ映えスポットなどをご紹介します。

カナダ最大の都市「トロント」

カナダ・オンタリオ州の州都トロントへは、羽田空港からエアカナダの直行便が就航しています。直行便を利用した場合、約12時間のフライトで到着することができます。

トロントの気候

トロントには、日本と同じように春夏秋冬の季節があり、四季折々の風景を楽しむことができます。年間の平均気温は約8℃、平均最低気温は約3℃、平均最高気温がおよそ13℃です。

4~5月の春は、朝晩は冷え込みが感じられるものの、桜などの花が咲き乱れ観光におすすめです。

6~8月の夏は、日本よりも湿度が低く、カラッとした晴れた日が続きます。また、30℃を超える日は数日だけなので、とても過ごしやすいです。しかし、カナダの日差しは強いので、サングラスはお忘れなく!

9~10月の秋は、紅葉の見頃がやってきます。紅葉を巡るツアーに適したベストシーズンです。

11~3月の冬の時期は、気温が下がり雪も多く、寒い日が続くこともあります。厚手のダウンやコートなどのアウター、マフラーやニット帽などで防寒対策をしっかりしましょう。

カナダ・トロント

カナダの冬は寒いので防寒対策を忘れずに!

トロントのシンボル的存在「CNタワー」

カナダ・トロント

写真中央にあるのが「CNタワー」

トロントで訪れてもらいたい場所の1つ、それはトロントのシンボルタワーCNタワー(CN Tower)です。年間約200万人の観光客が訪れるこのタワーの高さは、553.33mと北米1位の高さを誇る自立式電波塔だと言われています。

3つの展望台のワイドウインドーからは、トロントの街を360℃一望でき、美しいオンタリオ湖まで望めます。スリリングなアトラクションツアーも好評で、展望フロアからの崖っぷちエッジウォークが大人気。また館内には、眺望を楽しみながら美食を味わえるレストランもあります。特に美しいサンセットや夜景の楽しめる時間帯がおすすめですよ。

カナダ・トロント

夕日が沈みネオンが街に輝き始めたトロント

大迫力!世界三大瀑布「ナイアガラの滝」

カナダ・ナイアガラ

滝つぼ近くまで接近する遊覧船が人気

カナダのトロントを訪れたら忘れてはいけないナイアガラの滝(Niagara Falls)。トロント市内から車で1時間30分ほどの距離にあります。世界でも有名なこの滝は、毎分168,000m3の水量が流れ落ちています。その水量は遠目から見ても十分見ごたえがあります。

もっとナイアガラの滝の迫力を間近で体感したい方は、毎年春に始まる人気のナイアガラの滝遊覧船「ホーンブロワー」のツアーにご参加ください。滝のギリギリまで近づき、びしょ濡れになる絶叫アクティビティ。カナダ滝とアメリカ滝の両方の滝壺に近づける迫力満点のツアーは観光客に大人気です。

夜のライトアップされたナイアガラの滝も幻想的で美しく、カラフルに色を変えるダイナミックな光のショーはいつ来ても楽しめます。

ナイアガラの滝/イメージ

昼間とは違う表情をみせる「ナイアガラの滝」

また、ナイアガラの滝から少し離れた場所にある「ナイアガラ・オン・ザ・レイク(Niagara-on-the-Lake)」という街では、19世紀のブリティッシュの街並みも楽しめます。

トロント市民も絶賛!ナイアガラ・オン・ザ・レイクの「アイスワイン」

カナダ・トロント

葡萄畑が広がる「ナイアガラ・オン・ザ・レイク」

カナダの人気お土産の1つにアイスワインがあります。トロントの南にあるナイアガラ川沿いにあるナイアガラ・オン・ザ・レイク(Niagara-on-the-Lake)は、良質なアイスワインのワイナリーが多数存在していることで知られています。

カナダ・ナイアガラオンザレイク

一級品のアイスワインが並ぶワイナリー

この土地のワインは、世界のワイン愛好者の間でも一級品とされ、芳醇な香りと甘みの強い味が特徴。トロントのカラッとした気候と厳しい冬の寒さが産み出す大地の傑作です。ワイナリーでテイスティングをしてから、お好みのアイスワインを選んで購入しましょう。自分へのご褒美や大切な方へのお土産に上質なアイスワインを選んでみてはいかがでしょうか?

トロントでは外せないインスタ映えスポット!

トロント市庁舎

トロントのランドマーク的存在のトロント市庁舎(Toronto City Hall)は、地元の人々も認めるインスタ映えスポットです。

カナダ・トロント

トロント市庁舎前の広場

ダウンタウンエリアにあるトロント市庁舎は、1965年に設立され、2015年に市庁舎前の広場に巨大でカラフルな「TORNTO」のアルファベットのモニュメントが設置されたことで一躍フォトジェニックスポットとして有名になりました。このモニュメントは、カナダデーと呼ばれている独立記念日には、国旗の紅白に色を変えるのだとか。

カナダ・トロント

冬の期間限定で出現するアイススケートリンク

更に冬の広場は無料のスケートリンクに様変わり。遊び心のあるトロントのインスタ映えスポットは必ず足を運びたいですね。

カナダズ・シュガービーチ

カナダ・トロント

「カナダズ・シュガービーチ」

地元の人々に愛されているビーチカナダズ・シュガービーチ(Canada’s Sugar Beach)は、最近インスタ映えスポットとして取り上げられていることで話題になっています。

白砂にピンクのパラソルのコントラストが可愛いと女性に人気のビーチは、晴れた日の青い空が更にフォトジェニックな最高のロケーションです。トロントの中心部からも徒歩圏内で行ける小さなビーチは、ショッピングの合間にも気軽に立ち寄れるのでおすすめです。

トロントのグルメを堪能するのなら「セント・ローレンス・マーケット」

トロント市民の台所として200年以上も前からあるセント・ローレンス・マーケット(St. Lawrence Market )は、地元の人々だけではなく観光客も連日のように訪れており、とてもにぎわっています。

通りを挟んでノースエリアとサウスエリアに分かれ、外観がおしゃれな赤レンガが特徴的なサウスマーケットの建物は、市庁舎をリノベーションしたもの。この外観もインスタ映えスポットとして観光客に人気があります。

カナダ・トロント

レンガ造りの「サウスマーケット」

地元の新鮮な野菜や肉魚などの食材やオーガニックの専門店、デリやベーカリーのショップ、キッチン用品や雑貨までなんでも揃うので、ここでお土産を探索するのもおすすめです。

移民の多いトロントならではの多国籍料理や様々な食文化の混じり合った創作料理なども味わえるイートインスペースもあるので、色々と挑戦して食べ比べてみてください。

カナダ・トロント

色鮮やかな果物が店頭に並ぶ「セント・ローレンス・マーケット」の店舗

今回紹介したスポットの一覧地図

自然、グルメ、インスタ映えスポットが詰まっている「トロント」

人気の観光地がたくさんあるカナダの中でも、トロントには見逃せない観光ポイントが多数あります。たとえば、旅行では欠かせないグルメも、移民が多い都市トロントならではのバラエティーに富んだメニューが楽しめます。また、有名な「ナイアガラの滝」へのアクセスも良好!さらに、お隣の国アメリカにも近く、ニューヨークの最新ファッションなどの流行もいち早くゲットできるかもしれませんよ。

トロントの自然と伝統文化を楽しみつつ、旅先でのフォトジェニックな写真をインスタにアップしてみませんか?

【出発地別】トロントへ行くツアー

  • 羽田発
  • 伊丹発
  • 名古屋発

エア・カナダ直行便利用!カナダ最大の都市「トロント」

カナダ・トロント(3×4)
巨大ショッピングセンター「イートンセンター」徒歩圏内の便利な立地『ボンドプレイスホテル』滞在

このツアーは完売しました

【東京経由】エア・カナダ利用!カナダ最大の都市「トロント」

カナダ・トロント (3×4)
ダウンタウンに位置する便利なホテル『チェルシー・ホテル・トロント』滞在

このツアーは完売しました

【東京経由】エア・カナダ利用!カナダ最大の都市「トロント」

カナダ・トロント (3×4)
立地抜群デラックスクラスホテル『シェラトンセンター・トロント』滞在

このツアーは完売しました

トラベル・スタンダード・ジャパンは大手他社と違って「丸投げ」がOK。北米エリア地域の専門スタッフがお客様のご希望やご予算に合わせて理想の旅行をご提案します。
「価格の安さ」と「対応スピード」はもちろん、旅の「質」が高いことも顧客満足度が高くリピート数が多い理由です。あなただけのオンリーワンのプランでひと味違う海外旅行をしませんか?

トラベル・スタンダード・ジャパン
(北米・中南米・オセアニア専門ダイヤル)
TEL:03-6634-7799 電話で無料相談する

トロント旅行についてはこちらも
参考にしてください

この記事のカテゴリー・旅先・キーワード
ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月-土 10:00-18:30/日祝 休業

03-6630-0202
TOP