日本 入国制限緩和

日本が渡航制限緩和と14日間待機を一部免除!海外旅行はいつから?

キーワード:

日本の水際対策が緩和!入国時に必要だった14日間待機が一部不要に。また渡航制限レベル3(渡航は止めてください)からレベル2(不要不急の渡航は止めてください)に引き下げられた国も。まずはビジネスメインの行き来からですが、海外旅行で渡航できる日が近付いてきたのではないでしょうか?最新情報をお伝えします!

日本が入国制限緩和へ!

11月1日から、日本の入国制限が緩和に向けて大きく動きます。

政府は10月30日に開催された新型コロナウイルス感染症対策本部の会議を経て様々な入国についての対策変更を発表。まずが限られた人からにはなりますが、日本と海外をつなぐ何かが一つ繋がったといって良いでしょう。

主だった動きは3つ
①海外短期出張者・帰国時の14日間待機の免除
②72時間以内の短期滞在に限った海外からのビジネス渡航者の条件付き受け入れ※ただしこちらは11月中ではなく、先送りになり着実に進める方向
③感染拡大以降初となる9つの国と地域の入国拒否の解除やレベル引き下げ

今すぐ海外旅行!とはいかなくとも、これは大きい。海外旅行へ行ける日まで、しっかりとこの国の渡航制限完全解除までを見守っていこうではありませんか!

日本 入国制限緩和

日本の空が少しだけ広くなった感じ!

海外短期出張者・帰国時の14日間待機を免除

まずは海外へ出張するビジネスマンにとっての朗報。これまではビジネストラックに入っていた国への出張ですら先方に隔離措置があり、帰国しても待機期間があり、出張するといっても長い時間を隔離された室内で過ごすこととなり、とても大変でした。

しかし日本政府は短期出張の日本在住ビジネス関係者の帰国時に、日本の水際対策で行われている14日間の自宅などでの待機を免除することを決定。ただし日本国内の新型コロナウィルス感染状況が10月以降、微増傾向であることにも触れ「限定的な範囲内でビジネス活動を可能とする」としています。

日本 入国制限緩和

ビジネス関係なら14日間の待機免除!?

対象となるビジネス関係者とは?

「ビジネスと言う名で渡航すればいいの?」とか「ワーケーションもビジネス?」「フリーのストリートミュージシャンだけど仕事だからいいんだよね?」など、各々の解釈で盛り上がっている方!

残念ながら、今回14日間待機を免除されるビジネス関係者は、政府が言うとおり、とても限定的です。

①すべての国・地域への短期出張
・相手国の隔離要請期間を除く、滞在期間が7日以内
・帰国または再入国時に防疫措置を確約できる受入企業・団体があること※帰国前もしくは帰国後PCR検査を受ける必要があるため
・日本在住の日本人と特別永住者及び在留資格保持者

日本 入国制限緩和

企業下の管理に置かれた出張に限られるのでフリーの人はまだダメ

14日間待機免除の出張に必要な事

14日間待機免除でも、もちろんPCR検査を受けなければなりませんし、渡航国の入国条件を守る必要があります。アジア圏は入国制限が厳しいので、早く緩和してもらいたいですね。

①相手国・地域への入国・入境後は、現地政府の定める防疫措置(PCR検査と英語の陰性証明取得・14日間の隔離措置など)を守る

日本 入国制限緩和

頑張れ!

②業務上必要最小限の場所に滞在し、マスク着用、手指消毒、「3密」回避を徹底
③渡航先への滞在期間は7日以内に限定
④日本帰国前14日間の検温を実施

これまであった出張先での飲み会とか、観光とか・・・お楽しみは、控えねば、いや回避を徹底です。

日本 入国制限緩和

そのお楽しみはまだ先になりそう・・・

渡航先が感染症危険情報レベル2以下の国・地域への出張

渡航先の出国前72時間以内(検体採取から搭乗予定航空便の出発時刻までの時間)に新型コロナウイルスに関する検査を受け、陰性証明書を取得するか、帰国後、企業の責任下で「海外渡航者新型コロナウイルス検査センター」などを利用し、医師によるPCR検査または抗原検査を受け、陰性の結果が出るまでは自宅等で待機

渡航先が感染症危険レベル3以上の国・地域への出張

入国時の空港検疫で新型コロナウイルス検査を受ける。検査結果の判明までは原則として空港内待機。

日本 入国制限緩和

待機は免除でもPCR検査は免除になりません!

入国から帰国

入国から帰国も色々と大変です・・・でも14日間の待機が不要になるなら耐えられそう?それに出張であれば、かかってくる費用も会社持ちです。

・機内で配られる記入済みの「質問票」、現地でPCR検査を受けた場合は「陰性検査証明」「誓約書」の写し、「本邦活動計画書」の写しを入国時に提出
・日本に再入国後14日間は公共交通機関の使用不可
・自宅と用務先の往復など「本邦活動計画書」に基づき検疫所長が指定した場所以外には滞在または移動をしない
・健康フォローアップの実施
渡航先が感染症危険情報レベル2以下の国:企業の管理の下で実施
渡航先が感染症危険情報レベル3以上の国:受入責任者がLINEアプリにより実施
・地図アプリで位置情報を保存し、接触確認アプリを導入し利用
・帰国後14日間はマスクを着用してください(渡航先がレベル3以上地域の場合は誓約事項)

うーん・・・帰国後14日間、交通公共機関が使えないということは、毎日タクシー通勤?自宅勤務になるなら、自宅待機とあまり変わらないような・・・。いやいや、出張であれば、かかってくる費用も会社持ちです。きっと出勤が必要な場合、会社がタクシー代を出してくれるはずですよ(多分)!

必要書類の詳細については経済産業省の公式サイトに詳しくまとめてあるため、近々に出張が必要な人や、企業の方は読み込んでおいてくださいね!

日本 入国制限緩和

帰宅は対応しているハイヤー、レンタカー、家族の迎えの車のみ

それでも海外旅行への第一歩

えっ?・・・だったらいっそ14日間待機で良いです・・・ですって?諦めないでください!日本のビジネス関係者の皆さんの海外出張待機免除は、私たち一般人が海外旅行に行くための、実験台・・・あっ、嘘です・・・礎なのです。

例え厳しい条件があっても14日の待機期間なしのPCR検査のみで、感染がどれだけ抑えられるかの基準は、皆さんにかかっています!頑張ってくださいね。

短期滞在海外ビジネス渡航者の条件付き受け入れ

政府は滞在72時間以内の海外からのビジネス関係者を受け入れ方向で動きを進めています。こちらは11月中の実施予定でしたが、着実に進めるため、先送りの予定。

条件は
①PCR検査の受診
②公共交通機関の使用禁止
③活動計画書の提出

上を条件を満たすことで、14日間の待機を免除するというもの。そりゃそうですよね。72時間しかいられないのに14日間待機できないですからね。

このような条件になった経緯は「経済界では短時間滞在のニーズが高く、入国制限を緩和してほしい」という声があったためなのだそう。

対象となる国は既にビジネストラックを開始しているシンガポール、韓国、ベトナム、そして中国、タイ、台湾、オーストラリア、ニュージーランドなど経済的に関係の深い30カ国・地域を対象に協議を進めています。

経済的に関係が深いアメリカ・インドは今後の感染状況を見ながら慎重に進めていくとのことですが、あまり遠方で72時間滞在だとかわいそうな気がしなくもない・・・。それでもやはり大きな一歩の中の一つです。

日本 入国制限緩和

こんな人も出てくると思う・・・

海外旅行にリーチ!渡航制限引き下げ!

さあ、お待たせしました!

日本から海外旅行に行くには、まず日本が新型コロナウィルス感染拡大から行っていた感染症危険情報による入国拒否の解除やレベル引き下げ!
茂木外務大臣は新型コロナウィルス対策で出している感染症危険情報について9つの国と地域をレベル3である渡航中止勧告からレベル2の「不要不急の渡航はやめてください」に引き下げたと発表!

11月1日から実施されます!

渡航レベル引き下げ対象国は?

今回、レベル2に引き下げられた国は以下

・韓国
・シンガポール
・タイ
・台湾
・中国(香港・マカオ含む)
・ブルネイ
・ベトナム
・オーストラリア
・ニュージーランド

日本 入国制限緩和

レベル2になるとどうなるの?

レベル2になると日本入国の際の条件が変わります!

◆該当する地域からの帰国・入国の際は国籍にかかわらず、これまで必要だった日本入国の際の新型コロナウイルス感染症の検査が原則として不要
◆外国人の新規入国及び再入国の場合、これまで必要だった出国前72時間以内に受けた新型コロナウイルス感染症の陰性証明を入国時に提出することが原則不要に
※ただしビジネストラック及び日本在住ビジネスパーソンの短期出張スキーム利用者は除く

とはいえ制限あり・・・

えっ?じゃあもう海外旅行に行けるんじゃないの?なんてワクワクしてしまった皆さん・・・実は・・・制限がまだあります。

◆日本入国後14日間は自宅などで自主待機
◆日本入国後、空港から自主待機場所への公共交通機関の利用禁止
◆ビザ免除の停止は続けられるため、対象国から日本に入国できるのはビジネス関係者などに限定

外務省が出している以下の表が非常に分かりやすい・・・

日本 入国制限緩和

※外務省:感染症危険情報の変更及びそれに伴う水際措置等手続の変更より

つまり・・・レベル2の国にビジネス以外で渡航できるのは以下の人のみ

◆対象国の入国に隔離措置があった場合、実費で2週間ホテルで隔離される財力と、忍耐がある人
◆日本帰国後、公共交通機関を使わず帰れる距離に住んでいるか、それ以外の方法で帰れる運転力と財力がある人。もしくは家族が迎えに来てくれる人
◆日本帰国14日間自宅にいられる人。在宅勤務で済む人なら問題なし

観光での旅行で帰国すると2020年11月現在どのような様子なのかは以下の記事をご確認を。・・・こうなってくると、日本の問題ではなく相手国の問題にもなってきますなあ・・・。

日本 入国制限緩和

ちょっと、ぬか喜び?

レベル2になった国は海外旅行の第1候補国!

ガッカリしないでください!日本が渡航制限を引き下げたのは新型コロナウィルス感染拡大以降、初のことです。これは本当に意義のあること。

当然レベル2になった国は、感染リスクが低く、しかも相手も一日も早く観光客が戻って来るのを望んでいます。自国の隔離措置などを免除、もしくは短縮しないままでいられるわけがありません。今回日本がレベル2にした国こそが、記念すべきあなたの海外旅行の再開第1回目になる可能性が高いのです!

もちろん今すぐには行けませんが、どこよりも早く海外旅行に行ける確率が高い!

だったらもう、レベル2になった国の2021年の海外旅行のリサーチを開始しましょう!

「今」の予約で2021年のツアーが激安に!

気付いている人は既に気付いていると思うのですが、コロナ禍の今、海外旅行のツアーの料金が「大暴落」しています。例えば2020年11月時点で2021年の旅行を予約すると、ゴールデンウイークは「そんな値段でゴールデンウィークのピーク時に旅行して良いの?」という料金だし、平日発の旅行なんて「何この値段!?国内旅行より安くない?」という世界。ちなみにツアーによってはもう2021年の夏休みやシルバーウィークまで予約できちゃうんですって!

「確かにそうだね!日本の渡航制限レベルが1にを引き下げられて、行きたい国が入国制限を緩和したら予約しよう!」と思った人も多いでしょう。

でも、この信じられないほど安いツアー料金は、新型コロナウィルスの影響で海外に行ける状況ではない中で、弱気に出している料金(あっ!言っちゃった)。

日本が渡航制限を引き下げ、入国後の制限を緩和した瞬間に、いきなり跳ね上がります。

何故でしょうか。理由は3つ

◆海外旅行が大好きな人たちが、これまで我慢していた分、一斉にツアー予約や航空券のチケットを取る

◆一番安い価格帯が売り切れても、今まで行けなかった分、多少高くともチケットやツアーを予約する

◆飛行機のキャビン内でもソーシャルディスタンスを取るため、以前よりも席が少ない

うー、くやしい!これまで我慢した分、なんとかレベル2になった国に旅行可能になった時、「コロナ禍」にあやかった激安価格で行くことはできないのでしょうか!

良い方法がありますよ!今、この激安料金で、先の予約を済ませてしまいましょう。

状況が変わらなければ全額返金!トラベル・スタンダード・ジャパンのツアー

そうは言っても日本の渡航制限レベルが1に引き下げられる時期も、渡航国の隔離措置がいつ解除されるのかもわからない今、「来年の予約を今しちゃおうぜ!」なんて、この人おかしいんじゃないの?って今言った人いますよね。聞こえましたよ!

でも・・・この前調べた時に見つけた旅行会社が凄かったので、声を大にして紹介します。

トラベル・スタンダード・ジャパンのツアーは、日本の渡航制限が「1」に引き下げられない上に、日本の入国後の制限緩和が遅れ、14日間の自己待機を含め、旅行がスケジュール通りにできない状況が続けは、ツアー催行を中止します。

そして返金してくれます!

個人で航空券を購入すると「この人は日本で14日間自己待機しても大丈夫な人なんだ」と判断されるため、日本の入国後の措置が今のままであっても、飛行機は飛ぶし、返金はしてくれません。

しかし!ツアーは違います。予定していた通りの日程で旅行が催行できなければ、成立しないのです。トラベル・スタンダード・ジャパンなら旅行直前に「これは催行できそうもない」と判断した場合、「ツアーが中止になったので、返金致します」という電話が予約担当者からかかってくるので安心です。

「新型コロナウィルスのおかげ」のこのツアー料金で海外旅行ができるチャンスは2度とありません。

「お金が返ってこないから予約できない」と思う方は断然トラベル・スタンダード・ジャパンのツアーで2021年の少し先の旅、ゴールデンウイークや夏休みの予約をしておくことをおすすめしたいのです。

※ツアーエリアにより一部返金できない料金が発生する場合があります※直前の個人判断による旅行のキャンセルについては返金できません※返金に関する詳細はお気軽にお問い合わせください。

40日前までならキャンセルも全額返金!

とはいえ、ツアー中止の返金の場合は、出発ギリギリ。自分の判断でキャンセルできる時期があれば、同じレベル2の国の中でも先にレベル1になる国や、隔離措置を排除した国から先に行きたい・・・状況を確認しながら行き先を決めるのに・・・。

キャンセルをして、返金してくれるのなら予約する!・・・というあなた!

わかります、わかります!筆者もそのタイプです!するとますますトラベル・スタンダード・ジャパンのツアーがイイですね。

なんと40日前までのキャンセルなら、返金してくれます!エリアによっては30日前までキャンセル受付してくれるので、もう問い合わせちゃった方が良いかも。

ただし、国内移動手段のチケットやオプショナルツアーの予約、エリアなどによっては、この条件を満たさないものもあり、一部返金できない料金が出てくることもあります。そこは予めご了承くださいね!

これなら2021年のゴールデンウィークや夏休みなど、かなり先の旅行の予約を、今だけしか出ない底値で予約しても、自己判断ができますよね。あっ!その場合、キャンセルの有効の日は忘れないようにしておきましょうね。

GoToトラベルキャンペーン おまかせ

これなら安心して予約できる・・・(´;ω;`)

レベル2になった国の中からコスパ最高ツアーをご紹介!

今回レベル2になった国の中から特に「このコスパは凄い!」と思った2021年のツアーをご紹介。損しないなら予約を抑えるだけ抑えて、あとはプランを立てながら、旅の再開を待ちましょう!

タイ

タイは魅力的な都市がたくさんありますが、このコロナ禍で最もコスパが高いのがプーケット島やサムイ島のアイランドリゾート。ローコストキャリアではなく、評価の高いキャセイパシフィック航空やシンガポール航空利用のツアーでも、今予約してしまえば「え?今までそんな値段で行けたっけ?」という値段で行けちゃいます。このコスパはほんっとに今だけ!

プーケットはキャセイパシフィック航空利用でゴールデンウィークが始まる4月後半でも48800円から。シーズンを外せば3万円台のツアーもあります。通常ならこのキャリアだと渡航費の半額程度の金額です。有り得ない・・・。

タイ プーケット 外国人受け入れ開始

プーケットの3つのビーチが見渡せるビューポイント

このエアライン使ってこの激安価格?衝撃のプーケットツアー

サムイ島の空港はバンコクエアウェイズと言う航空会社がほぼ独占しているため、通常ならサムイ島の空港に乗り入れるツアーはお高め。筆者は泣く泣くローコストキャリアで近郊の空港に着き、バスと船でサムイ島に渡ったことがあります。

でも・・・今ならシンガポール航空利用で5万円台から!しかもホテルは安くても人気のホテルが多し。コロナ前ならこんな値段で良い航空会社のサムイ島のツアーは見つけられなかった・・・。本当に「今」がチャンスです!

日本 入国制限緩和

手つかずの自然と素朴な街並み、澄み切った海が魅力

シンガポール航空利用でこの値段!?うれし泣きのサムイ島ツアー

シンガポール

美しき庭園都市シンガポール!今ならシンガポール航空利用でも5万円台からと言う衝撃の安さのツアーがずらり。でも、海外旅行一発目をキメるなら、やっぱりあのホテルじゃないですか?うふふふ!

そう!マリーナベイサンズです。海外旅行再開一発目でマリーナベイサンズに泊まった、と言えば、ちょっとした自慢。それに何か2021年こそ、イイことがありそうな気分になっちゃうのは単純ですかねえ。「でもお高いんでしょう?」って、テレビショッピングみたいなことを言っているアナタ。今、2021年のツアー予約をしてしまえば79000円からありますよ!

日本 入国制限緩和

凄い存在感!シンガポールはここに泊まりたい!

マリーナベイサンズ泊シンガポール航空利用でこの値段?びっくり価格ツアー

「マリーナベイサンズは見るものだ。泊まっていては姿が見えぬ」というアナタ。その通り!シンガポールには星の数ほど素敵なホテルがありますよね。自分で選びたい!という人は、旅の目的に合わせてこちらからどうぞ。表示されてなくても夏休みや秋まで予約できるツアーもあるので、まずは気楽にお問い合わせを!

日本 入国制限緩和

ホーカーズで屋台グルメを堪能したーい!

素敵なホテルもいーっぱい!より取り見取りのシンガポールツアーはこちら!

台湾

みんな大好き(?)台湾!夜市で食い倒れたり「千と千尋の神隠し」の舞台のひとつと言われる九份でお茶を飲んだり、ランタンも上げたいなー・・・。 でも台北で泊まるなら、あの宮殿みたいなホテルに泊まりたいんですよ。そう。グランドホテル(圓山大飯店)!でも5つ星だしお高いんでしょう?なんて、自分もテレビショッピングみたいに呟いていたら、このコロナ禍で安くてびっくりですよ。

しかもこれもローコストキャリアではございませんっ!キャセイパシフィック利用で43000円から、チャイナエアラインで44000円から!どちらも直行便の上評価も高い。こんな値段であの宮殿に泊まれるなんて―・・・。

日本 入国制限緩和

これよこれ!

とはいえ台湾にも、たっくさん素敵なホテルもあるし、選びたいですよね。最新のおしゃれホテルもあるし。しかも一番リーズナブルなホテルに泊まっても31000円から!五つ星ホテルとそんなに大差ないのが嬉しいじゃないですか。海外旅行一発目なら、ちょっと贅沢してもいいかも。

日本 入国制限緩和

憧れの九份!

とにかく安い!5つ星ホテルでも安い!すぐに行きたい台湾ツアー

ベトナム

ベトナムは話題のインスタスポットとビーチが楽しめるダナンはいかが?見た目もびっくり「ゴールデンブリッジ」の「神の手」。ダナンビーチは、アメリカのフォーブス誌が選定する「世界の魅惑のビーチベスト6」に選ばれたこともある実力派ビーチ。サラサラの白い砂浜が50kmも続きます。ほかにも王朝があった五行山など見どころだらけ!ベトナム航空利用で39500円から!LCCのツアーではありませんぞ!安すぎてびっくり。

日本 入国制限緩和

何だこりゃ?の迫力

見どころありすぎ!ダナンのツアーが

ほかにも女子旅で行きたいランタンの美しいホイアンなど、おすすめの都市がいっぱい。ただコロナ禍で利用する航空会社によっては出揃っていないツアーもあるようです。やはりベトナムの活気がガンガン伝わるホーチミンにも行ってみたいし、ローコストキャリア同等の値段でベトナム航空利用のツアーがあるのが今の魅力。人気のシーズンも取り放題なので今のうちにゲットしたいですね!

日本 入国制限緩和

アオザイも作りたーい!

ベトナムツアーはベトナム航空利用で38500円から!今のうちの予約を!

オーストラリア

2020年は海外でビーチリゾートできませんでしたねえ・・・。だからこそ、最初の海外旅行はビーチでしょ!?と言う方!オーストラリアのゴールドコーストはいかが?約60キロにも及ぶ美しいビーチやテーマパークもあり、思う存分遊べます。カンタス航空利用で今ならゴールデンウィークを含む5月でも104000円から。ゴールデンウィークも使える4月後半出発なら97000円から!しかもゴールデンウィークピークの緩やかな料金上昇も注目です。他の時期にずらせば88000円から。

日本 入国制限緩和

まっすぐに伸びる美しいビーチ!

ケアンズへのツアーなら、な、な、なんと66000円から!また、夏休みなどの料金が出ていないツアーも、見積もりや予約ができるものもあるそうなので、気軽に問い合わせてみましょう!

ホテルも自由自在にアレンジしてくれるし、ツアーによってはwi-fiが無料で付いてくるプランも!迷ったら最初から「こことここと、ここに行きたい!」なんて言うフリーオーダーも可能なんですって。

日本 入国制限緩和

コアラさんにも会いたーい!

なんと66000円から!アレンジ自由!コアラも待ってる魅惑のオーストラリアツアー
この記事のカテゴリー・旅先・キーワード

キーワード:

ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月-土 10:00-18:30/日祝 休業

03-6630-0202
TOP