ピシンヌ ナチュレル

ニューカレドニア旅行は美しすぎる離島に行こう!新婚旅行やカップル旅におすすめ!

キーワード:

ハネムーンの旅行先として人気の高いニューカレドニア 。日本からニューカレドニア に行くと、首都ヌメアがあるグランドテール島に到着します。そのままヌメアに滞在するのもいいけれど、せっかくニューカレドニアまで来たのであれば、美しすぎる離島まで足を運んでみてください!今回は、特におすすめの3つの離島をご紹介します。

[海の宝石箱」イルデパン島はマスト!

海の宝石箱と呼ばれているイルデパン島。透明度の高い海に太陽の光が反射してキラキラと輝く様子は、まさに宝石のよう。

Ile des Pins-A. Schmautz NCTPS

宝石箱のように煌く海©A. Schmautz / NCTPS

そんなイルデパン島には、ヌメア市内のマジェンダ空港から国内線で約25分です。1日に3~5便出ているので、日帰りも可能です。けれど、せっかく行くなら宿泊してゆったりとした時間を堪能しましょう!

Baie d'Upi-© M. Dosdane NCTPS

いざ海の宝石箱イルデパン島へ!© M. Dosdane NCTPS

イルデパン島の見どころ

ピッシンヌ・ナチュレル

トリップアドバイサーのユーザー対象アンケート「世界で最も息をのむビーチ・ベスト10」で、8位になったことのあるピッシンヌ・ナチュレル。サンゴの隆起によって、海水がせき止められてできた天然のプールなんです!

Ile des pins-Baie d'Oro - Piscine naturelle-© S. Lebègue NCTPS思わず息をのむほど綺麗な水質© S. Lebègue NCTPS
Ile des Pins-© Ethnotrack NCTPSここは秘密の楽園© Ethnotrack NCTPS
ピシンヌ ナチュレル一生忘れられない景色を2人の心に焼き付けよう© Toko / NCTPS
Ile des pins-Baie d'Oro - Piscine naturelle-© S. Lebègue NCTPS
Ile des Pins-© Ethnotrack NCTPS
ピシンヌ ナチュレル

受付がある入り口から20分ほどジャングルのような森を進むと、神秘的な天然のプールが現れます。道中は蚊が多いので、虫除けを持っていくのがベター。

Piscine Naturelle-© S. Robert NCTPS森の中を進むとピッシンヌ・ナチュレルが現れます© S. Robert NCTPS
Piscine Naturelle-© S. Robert NCTPS(2)森の中にある神秘的なプール© S. Robert NCTPS(2)
Piscine Naturelle-© S. Robert NCTPS
Piscine Naturelle-© S. Robert NCTPS(2)

ピッシンヌ・ナチュレルは、外海からさえぎられているので波もなく穏やかです。シュノーケルをつけて泳ぐと、色とりどりの海洋生物に出合うことができます。水中カメラや、スマホを入れる防水ケースを持っていって、カラフルな魚たちや珊瑚を撮りましょう!

Piscine Naturelle-© Auriane Demeusy NCTPSかわいい魚たちに出合えます© Auriane Demeusy NCTPS
Piscine Naturelle-© Toko NCTPS水中カメラで素敵な写真を撮影しよう© Toko NCTPS
Piscine Naturelle-© Toko NCTPS(2)波も穏やかでとても気持ち良い© Toko NCTPS(2)
Piscine Naturelle-© Auriane Demeusy NCTPS
Piscine Naturelle-© Toko NCTPS
Piscine Naturelle-© Toko NCTPS(2)

クトビーチ&カヌメラビーチ

イルデパン島にある美しい2大ビーチです。クトビーチは、真っ白なパウダーサンドが有名です。あまりにもサラサラで、歩くと足が埋まってしまうほど!クトビーチは西向きなので、サンセットスポットとしてもおすすめです。

Baie de Kuto-© Ethnotrack NCTPS真っ白なパウダーサンドを歩くとふわふわ© Ethnotrack NCTPS
Baie de Kuto-© Terres de lumière NCTPS木陰から写真を撮ると映えます!© Terres de lumière NCTPS
Plage-© Toko NCTPSサンセットタイムもおすすめ© Toko NCTPS
Baie de Kuto-© Ethnotrack NCTPS
Baie de Kuto-© Terres de lumière NCTPS
Plage-© Toko NCTPS

クトビーチと道路一本を隔て対岸にあるカヌメラビーチ。クトビーチから徒歩5分で到着します。こちらは、ビーチと言っても砂浜はほとんどありません。南洋杉に囲まれた入り江になっており、シュノーケリングや今流行りのSUPを楽しむことができます。

Baie de Kuto-© Bastien SERAFIN NCTPSクトビーチとは雰囲気が違うカヌメラビーチ© Bastien SERAFIN NCTPS
Paddle-© Ethnotrack NCTPS(2)こんな透明の海でSUPをしてみたい!© Ethnotrack / NCTPS
Île des Pins-© Mimo NCTPSビーチはないけれどこんなインスタ映えな写真が撮れます© Mimo NCTPS
Baie de Kuto-© Bastien SERAFIN NCTPS
Paddle-© Ethnotrack NCTPS(2)
Île des Pins-© Mimo NCTPS

島外不出のエスカルゴ!?

イルデパン島に来たらぜひ食べてほしい絶品グルメがあります。それがイルデパン島特産の絶品エスカルゴ!数の減少により輸出が禁止されており、この島にいる時にしか食べることができません。

Relais de Kuberka - Ile des Pins-© Marine Reveilhac NCTPS

イルデパン島でしか食べられないエスカルゴ© Marine Reveilhac NCTPS

通常のエスカルゴより身が大きく歯ごたえもあります。ビールやワインのおつまみとして、ぜひご賞味ください。

Ile des Pins - Restaurant-© Mimo NCTPS

お酒にもよく合います!© Mimo NCTPS

イルデパン島のおすすめホテル

イルデパン島には3つ星から5つ星までのホテルがありますが、当社スタッフおすすめは、イルデパン島唯一の5つ星リゾート「ル メリディアン イルデパン リゾート」。

ilpmd-aerial-0698-hor-clsc

1. オロ湾の美しい景色が目の前に広がるル メリディアン イルデパン リゾート

ル メリディアン イルデパン リゾートの魅力

ホテルの目の前に、白い砂浜とターコイズブルーの海が広がっています。先ほど紹介した、ピッシンヌ・ナチュレルまで徒歩圏内で行くことができ、宿泊者は入場料を払うことなく入ることができます。

ilpmd-activities-resort-3038-hor-clsc2. リゾートの目の前にある海でSUPなどのアクティビティができます
ilpmd-beach-2036-hor-clsc3. デイベットで心ゆくまで海を眺められます
ilpmd-infinity-pool-6780-hor-clsc4. ビーチが目の前にあるインフィニティプールもおしゃれ!
ilpmd-activities-resort-3038-hor-clsc
ilpmd-beach-2036-hor-clsc
ilpmd-infinity-pool-6780-hor-clsc

リゾートは、南洋杉やヤシに囲まれ自然豊かな中にありながら、最新設備の客室で非日常空間を楽しむことができます。ホテルの客室は、一棟独立型のバンガロースイートとホテルタイプがあります。

ilpmd-hammock-2015-hor-clsc5. ハンモックに揺られて贅沢なリラックスタイム
バンガローテラスビーチilpmd-view-2006-hor-clsc6. テラスの目の前には美しい海が(バンガローテラスビーチ)
スーペリアルームilpmd-guest-bathroom-3037-hor-clsc7. 清潔感のあるバスルーム(スーペリアルーム)
ilpmd-stars-night-3036-hor-clsc8. 夜は満点の星空を観ることができます
ilpmd-hammock-2015-hor-clsc
バンガローテラスビーチilpmd-view-2006-hor-clsc
スーペリアルームilpmd-guest-bathroom-3037-hor-clsc
ilpmd-stars-night-3036-hor-clsc

画像出典:1〜8 Le Méridien Ile des Pins

イルデパン島に行くツアー

3島周遊ツアーならここ!

美しい離島を心ゆくまで満喫するなら、3島周遊ツアーがおすすめ。当社ツアーで3島周遊ツアーをする際、首都ヌメアがあるグランドテール島とイルデパン島は必ず入ります。残りの1島におすすめの離島を紹介します。

天国にいちばん近い島「ウベア島」

ニューカレドニア自体を天国にいちばん近い島と思っている方も多いのではないでしょうか?実は、ニューカレドニアのウベア島こそ天国にいちばん近い島なんです。そう呼ばれるようになったのは、作家・森村桂の旅行記「天国にいちばん近い島」でこの島を描いたことに由来します。

Barefoot - Ouvéa-© Dean Cropp - Access All Angles NCTPS(3)

ウベア島こそ天国にいちばん近い島 © Dean Cropp - Access All Angles / NCTPS

ウベア島には、マジェンタ空港から国内線で40分で到着します。当社ツアーはウベア島での空港とホテル間も送迎が付いています。 

Ouvea Pont de Mouli-© Riyua Joe NCTPS

ヌメアから国内線で40分!© Riyua Joe NCTPS

ムリビーチ

ウベア島に行くならムリビーチは外せません。透明から藍色へ変わる海のグラデーションがとにかく美しく、何時間でも眺めていられます。絶景を眺め、気持ち良いパウダーサンドに包まれながら、日光浴なんて贅沢すぎませんか!?

Ouvéa Plage du Pont de Mouli-© Maurilio PARMESANI NCTPS一体何種類の青があるのでしょうか© Maurilio PARMESANI / NCTPS
Plage d'Ouvea-© Elena Bianco Lumix GH5 NCTPSムリビーチで最高の時間を過ごしましょう© Elena Bianco Lumix GH5 NCTPS
Ouvéa Plage du Pont de Mouli-© Maurilio PARMESANI NCTPS
Plage d'Ouvea-© Elena Bianco Lumix GH5 NCTPS

ムリ橋

ムリビーチの東端にあるムリ橋は、ウベア島とムリ島をつなぐ橋です。絶景スポットとして人気が高く、運が良いと海ガメやマンタに遭遇できることも!

Barefoot - Ouvéa-© Dean Cropp - Access All Angles NCTPS(2)ウベア島とムリ島を繋ぐムリ橋© Dean Cropp - Access All Angles NCTPS
Ouvéa - From Mouli Bridge-© Ayako KOZONO NCTPSフォトスポットとしても人気です© Ayako KOZONO NCTPS
Plongée sous-marine-WorldAdventureDivers.com NCTPS運が良ければマンタに合えるかも!?© WorldAdventureDivers.com / NCTPS
Barefoot - Ouvéa-© Dean Cropp - Access All Angles NCTPS(2)
Ouvéa - From Mouli Bridge-© Ayako KOZONO NCTPS
Plongée sous-marine-WorldAdventureDivers.com NCTPS

ウベア島おすすめホテル

ウベア島でおすすめのホテルは、世界遺産のウベア環礁が目の前にある4つ星ホテル「パラディ ド ウベア」。なんと日本の有名デザイナー「ヨウジヤマモト」によって、デザインされたホテルなんです!

Hôtel Paradis d'Ouvéa

9. なんとウベア島にヨウジヤマモトデザインのホテルが!

パラディ ド ウベアの魅力

こちらのホテルには日本人スタッフが在中しているので、海外旅行に慣れていない方も安心して滞在することができます。特にウベア島は英語が伝わらず、基本的にはフランス語で会話をしなければならないので、日本人スタッフがいてくれるのはありがたいですよね。

Hôtel Paradis d'Ouvéa10. スイミングプールもあります
Hôtel Paradis d'Ouvéa11. シンプル且つ上品なデザインが特徴
Hôtel Paradis d'Ouvéa
Hôtel Paradis d'Ouvéa

アクティビティが充実しており、シュノーケリング道具やカヤック、マウンテンバイクなどを借りることができます。アクティビティを通して、美しい海を満喫してみてはいかがでしょうか?

Ouvéa-© NCTPS

美しすぎる海の上でシーカヤック© NCTPS

客室はバンガローが3タイプあります。おすすめはバンガロー・デラックスラグーンで、目の前がビーチになっており、夕日を眺めることができます。

5216 (1)12. 部屋からそのままビーチにアクセス可能!(バンガロー・デラックスラグーン)
521613. 床にはめ込まれたバスタブがハイセンス(バンガロー・デラックスラグーン)
5216 (1)
5216

画像出典:9〜13 Hôtel Paradis d’Ouvéa

ウベア島を含む3島周遊ツアー

マリンスポーツを楽しむなら「メトル島」

ヌメアからスピードボートで約20分ほどで到着するメトル島。そのアクセスのしやすさから日帰りで訪れる人も多いですが、メトル島こそ宿泊してほしいです!その理由は後ほど・・・

Ilot Maître-© M. Dosdane NCTPS

ヌメアからボートで20分で行けるメトル島© M. Dosdane NCTPS

メトル島はマリンアクティビティが充実しており、ジェットスキー、バナナボート、アクアサイクル、ウェイクボードなど幅広く楽しむことができます。マリンアクティビティセンター「アクアズール(AQUAZUR)」には、日本人スタッフが常駐しているので言葉の心配もありません!

Escapade Island Resort-GLP hotels New Caledonia NCTPS(2)ジェットスキーで気分爽快© GLP hotels New Caledonia / NCTPS
Escapade Island Resort-GLP hotels New Caledonia NCTPS珍しいアクアサイクルも体験できます© GLP hotels New Caledonia / NCTPS
Escapade Island Resort-GLP hotels New Caledonia NCTPS(2)
Escapade Island Resort-GLP hotels New Caledonia NCTPS

ニューカレドニア唯一の水上コテージ

メトル島に宿泊してほしい理由は、ニューカレドニア唯一の水上コテージがあるからです。1島1リゾートで、このメトル島の宿泊施設は「エスカペード アイランド リゾート」のみ!

Escapade Island-©@ayance__ NCTPS憧れの水上コテージに泊まれるのはここだけ!©@ayance__ NCTPS
MD_10-02 - 0961島1リゾートのメトル島© Donnaventura / NCTPS
Escapade Island-©@ayance__ NCTPS
MD_10-02 - 096

エスカペード アイランド リゾートの魅力

ハネムーナーやカップルの宿泊先として、とても人気があります。エスカペード アイランド リゾートは、全食事付きですべてビュッフェスタイルなので、好きな料理を好きなだけ食べることができます。シーフード料理やグリル料理など豊富なメニューで、ゲストを楽しませてくれます。

l'escapade_overwater_bungalowハネムーンにおすすめのエスカペード アイランド リゾート(改装前)©︎GLP hotels New Caledonia / NCTPS
12 - Escapade Buffetビュッフェで全食事付き!©︎GLP hotels New Caledonia / NCTPS
l'escapade_overwater_bungalow
12 - Escapade Buffet

客室はバンガローが3タイプあります。中でも、水上バンガローは格別!お部屋のバルコニーにある階段からそのまま海に入ることができるんです。水上バンガロー付近には海ガメが住みついており、遭遇率は90%と超高確率!

Escapade ©Ayako Kozono_1

透明度抜群の海に直接入れます!(改装前) © Ayako KOZONO / NCTPS

現在エスカペード アイランド リゾートはホテル施設の改修工事を行なっており、再オープンは2020年11月半ば以降を予定しているそうです。さらにパワーアップしたリゾートに宿泊できる日が楽しみですね!

Capture18_Sサロンバー(改装後イメージ)©︎GLP Hotels
Capture9水上バンガローのリビングルーム(改装後イメージ) ©︎GLP Hotels
Capture18_S
Capture9
メトル島を含む周遊ツアー

当社のニューカレドニアツアーはアレンジ自由自在!

離島って聞くと遠い場所に感じますが、今回ご紹介した離島はヌメアから国内線で1時間以内で着くのであっという間です!まさに天国のような美しすぎる離島で、日常から解放されて心ゆくまでリラックスしてみてはいかがでしょうか?

トラベル・スタンダード・ジャパンは大手他社と違って「丸投げ」がOK。地域別専門スタッフがお客様のご希望やご予算に合わせて理想の旅行をご提案します。
「価格の安さ」と「対応スピード」はもちろん、旅の「質」が高いことも顧客満足度が高くリピート数が多い理由です。あなただけのオンリーワンのプランでひと味違う海外旅行をしませんか?

2020年7月現在の情報です

ニューカレドニアへ行くツアー
トラベル・スタンダード・ジャパン
(ビーチリゾート専門ダイヤル)
TEL:03-6634-7788 電話で無料相談する
この記事のカテゴリー・旅先・キーワード

キーワード:

ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月-土 10:00-18:30/日祝 休業

03-6630-0202
TOP