ニューカレドニア旅行いつから行ける

ニューカレドニア旅行はいつから行ける?入国制限解除!ツアー情報※8月21日更新

カテゴリー:

ニューカレドニアはいつから行ける?ニューカレドニアの入国最新情報をお伝えします。ハネムーン旅行で知られ、天国に一番近い島と讃えられるニューカレドニアは入国制限を解除しました。コロナ禍前と同様の入国が可能です。新型コロナウィルス感染が心配という人も水上コテージのあるホテルや、ステキなリゾートでおこもりすることがメインの旅なら、感染の心配もぐっと減ります。ある種、今こそおすすめの旅先ですよ!

ニューカレドニアってどんな場所?

名前はよく聞くし、ビーチリゾートだということもわかる。なんだか世界のセレブが集っていそうだ…など、名前だけは知っている上に、イメージだけはしっかりあるニューカレドニア。

でも、よほどのリゾートマニア以外は「はてどこだっけ?」とか「何領だっけ?」とか「島だっけ?どこかの大陸のびーちだっけ?」「海以外何のイメージもない」とか「どうやって行くんだろう?」などなど、次に浮かぶのは疑問だらけ。

まずはニューカレドニアはどんな場所なのか、知ってから旅行の計画を立てましょう!

ニューカレドニア旅行いつから行ける

なんかとにかくステキな場所だってことだけはわかる

ニューカレドニアはどこにあるの?

日本では書籍と映画の影響で「天国に一番近い島」で知られるニューカレドニア。天国に一番近いと聞いて「きっと凄く遠い場所に違いない」と思っている人も意外に多いことでしょう。

しかし!意外や意外、日本から直行便なら8時間半。オーストラリアのシドニーやクイーンズランドに近いという立地。

ニューカレドニア旅行いつから行ける

ニューカレドニアはフランス領・日本領事館はオーストラリアのシドニー!

それなんやねんと突っ込みたくなるニューカレドニアの不思議なところ。

まずニューカレドニアはフランス領です。

でもフランスを求めすぎてはいけません。

ビーチ以外の街並みは、もちろん教会やマリーナに集まるセレブのボートなど、ヨーロッパのリゾート地に近い風景を見ることができますが、メインストリートは、どちらかというとグアムやハワイに感じられるリゾーティーな町並みです。

またオーストラリアが近いので、オーストラリアに頼ることもあり。日本人が旅先でお世話になることもある日本総領事館は、なんとニューカレドニアにありません!ニューカレドニアはオーストラリアに近く、シドニーの日本国総領事館が、ニューカレドニアの領事業務を担当。もちろん在住日本人もいることか、出張で領事業務もおこなっているのだそう。

フランス領だけど、多分にオーストラリアで代行することもあるとい不思議な環境。

フランス領だと通貨はユーロ?パシフィック・フランとは?

フランス領ってことは通貨はユーロか!なんて思った方も多いかもしれませんが、違います。

太平洋地域のフランス領で共通で使われているパシフィック・フラン(CFP)が通貨です。ニューカレドニア、ポリネシア、ウォリスフツナの3つのフランス海外領で使用されいています。

両替手数料についてですが、ユーロやドルは日本で両替した方がレートが良いですが、ニューカレドニアの場合、パシフィック・フランは現地の銀行や両替所で交換した方がレートが良い(手数料が安い)安いという声が多いです。

ニューカレドニア旅行いつから行ける

パシフィック・フラン(CFP)

ニューカレドニアの観光スポットは?

首都ヌメアがあるグランドテール島や、南太平洋の宝石箱と讃えられているイル・デ・パン島、日本人的には書籍や映画で知られる「天国に一番近い島」のウベア島など、個性あふれる島めぐりが主な観光になります。

フランスの要素を感じたい人は首都ヌメアの「聖ジョセフ大聖堂」から見るマリーナの光景が有名。

ニューカレドニアのランドマークとして、観光客が多い場所です。水族館など、いわゆる観光スポットがあつまるのもヌメア。

リゾートではなく現地の人の生活になじみたいのだ、という人は、ヌメアには市場などもあるので、町に泊まるというのも手です。

ヌメアには美しいビーチもあり、 ヌメア拠点にいくつかの島に行くのもアリですね!

ニューカレドニア旅行いつから行ける

フランス領っぽい光景を見たい人が観光する「聖ジョセフ大聖堂」

Barefoot - Ouvéa-© Dean Cropp - Access All Angles NCTPS(3)

ウベア島© Dean Cropp - Access All Angles / NCTPS

ニューカレドニアの大きさ・人口は?

面積:ニューカレドニアの大きさは18,575.5km2。日本の四国と同じ大きさです!

人口:約28.5万人。日本で一番人口が少ない鳥取県の人口の、約半分という少なさ!

ニューカレドニアは観光客受け入れも、フランス領の割には遅かった理由がわかりますね。
この小さな美しい島で、新型コロナウィルスが蔓延した際の医療体制などを考えると、頷けるものがあります。

Ouvéa-© NCTPS

Ouvéa-© NCTPS/この海の色!まさに天国に一番近い島!

ニューカレドニア・入国制限解除!

2022年8月21日現在、ニューカレドニアは、入国制限を完全に撤廃。

ニューカレドニアはこれまで世界中の国を3色に分け、入国制限を変えていましたが、全ての色の制限がなくなります。これまで必要だった出国前検査・到着時検査・渡航の理由・誓約書の提示が不要になりました。

もちろん到着後、自宅やホテルでの自己隔離も不要です!

ただし、2022年8月末まで、トントゥータ空港到着時に抗原検査キットを配布しています。検査を受け陽性だった場合は正直に申し出ましょう。
また、国際船が入港できるようになりましたが、2022年8月21日現在は、クルーズ船の入港は禁止されています。

ニューカレドニアと言えば、ハネムーンの聖地として目が飛びでるほど高額なツアーも見かけますが、筆者はケチ、いやしっかり者。

ありとあらゆるリサーチでコスパの高いツアーを探したところ、トラベル・スタンダード・ジャパンのツアーにたどりついてしまいました

ニューカレドニア・最新入国方法

さて、上の条件を入国条件を理解した上で、ニューカレドニア入国方法をチェックしていきましょう。

ピシンヌ ナチュレル

© Toko / NCTPS

パスポート残存期間とビザ

パスポート残存期間:パスポートの有効期限は滞在日数プラス3か月必要です。

ビザ:日本国籍で観光目的の方は3か月以内の滞在であれば査証は免除されます。

しばらく海外旅行に行けなかったから、パスポートの期間が切れていたなんて言う人、結構多いですよ!今のうちに更新しておきましょう。

航空券またはツアーを予約

日本〜ニューカレドニアの直行便といえば、なんと言っても、ニューカレドニアの航空会社「エアカラン」。
首都ヌメアへ、成田国際空港・関西国際空港から直行便が就航しています。

今はまだ通常のスケジュールに戻っていませんが、2022年7月17日現在のスケジュールは以下。

成田国際空港:週3~5便(月・火・水・土・日)
※9/7~10/29の期間は水・日は運休

関西国際空港:運休

旅行プランとしてオーストラリアとニュージーランドがいいなあ、とかニュージーランドとニューカレドニアがいいなあ、なんていう人もいることでしょう。様々な方法があるので、旅行会社に相談してみましょう。

筆者のおすすめは、ないツアーを作ってくれるトラベル・スタンダード・ジャパン。大手旅行会社に勤務する友人に聞いたら「え?ツアーをカスタマイズするの?それは手間がかかるから無理でしょ」って言ってたんですよね。

そのひと手間をやってくれちゃう旅行会社です。

AIRCALIN A330-900 NEO

成田・関空を直行便で!エアカラン©︎Aircalin

今の渡航はいきなり離島、帰国直前まで離島は避けたい

ツアー以外の自由な旅を考えている方。まさかいきなり離島のホテルを予約してないですよね!

ニューカレドニア着の時間は深夜の場合もあるので、初日は空港に近いホテル泊がおすすめ。

また、ヌメアから離れた離島を拠点にするのであれば、出発する72時間以内に日本入国のための陰性証明が必要な事を忘れてはいけません。もちろん離島から検査機関まで出向けばいいのですが、何もない離島の場合、違う島に行ったり、ヌメアに出向いたり…これで陽性だったら、情けないったらありゃしません。

万が一陽性だった場合も考え、最後の2泊3日は、ヌメアなど検査機関のある地区に移動し、町の観光を後半に持って行くスケジュールをたてることをおすすめします。

「そんなこと言われても…絶対忘れて予約する自信がある!」

威張らないでください(笑)!そんな人はますます、今の旅は、旅行会社に相談したり、旅行会社のツアーが一番。

カード付帯の保険の確認や旅行保険の加入

入国制限が撤廃されたニューカレドニアですが、EU加盟国以外の外国人旅行者に対しては、旅行保険の加入を義務付けています。

皆さんもご存知だと思うのですが、日本帰国時には渡航国で新型コロナウィルス検査を受け、陰性証明を取得し、提示できなければ帰国できないため、渡航が増えたこの夏休み、陽性となってしまった帰国難民が増加しています。

そう、他人ごとではありません!今のコロナ禍に忘れてはならないことが、その不安を解消してくれる旅行傷害保険の加入。

通常時でも何が起こるかわからないので加入する人は多いですが、コロナ禍は絶対に入っておいた方が良いですよ!

筆者も渡航が近付いて、保険に加入すべきかな?と思い、カード付帯の旅行傷害保険を調べたところ、なーんと新型コロナウィルス陽性時の隔離費や治療費、予定した搭乗便に乗れず、取り直した際の航空券の費用まで補填してくれる保険に加入していたことに感動!

旅行傷害保険はしっかり状況に合わせたグレードアップしている場合もあるので、確認しておきましょう。

相反して新型コロナウィルス補填の保険が適用されないものもあるので、その場合はオプションで相談するか、旅行期間だけは保障される保険に加入を。

アメリカ旅行いつから行ける

コロナ補填の保険は、今、常識です!

いざ出発当日

ニューカレドニア旅行に必要なものは2022年8月21日現在、パスポートと航空券!

ニューカレドニアの行動制限や感染状況

8月21日現在、ニューカレドニアでは一時期微増状態だった新型コロナウィルスの陽性反応ですが、このところ、少しずつ下がり、1日の新規感染者数は500人~600人に。

ただしニューカレドニア政府は旅行者に対し、以下のお願いをしています。

① 飛行機・空港・病院や高齢者が訪れる場所では、マスクを着用
② ニューカレドニア到着後2日以内に新型コロナウイルスのセルフ検査を実施すること。8月末まで空港でセルフ検査キットを配布しています。

また、到着時または滞在中に発熱などの症状がある場合、またはキットで陽性が判明した旅行者は5日間ホテルなどでの自己隔離と、その後7日間の健康予防措置(マスク着用、他人との接触を避けるなど)を強くお願いしてます。

ニューカレドニアから日本帰国

楽しい楽しいニューカレドニア旅行ですが、日本帰国時に、非常に面倒な、そしてメンタルに応える義務が待っています。

前述した通り、日本に帰国する飛行機の出発時間から72時間前に、ニューカレドニアで新型コロナウィルス検査を受け、日本が承認する陰性証明を取得する必要があるのです。

また、日本政府は入国検疫を簡略化するために、ファストトラックを推奨しています。

詳しく見ていきましょう。

オーストリアいつから行ける?

帰国時の陰性証明はあくまで日本政府の義務なんです!

日本政府が承認する陰性証明書を取得

日本帰国の搭乗便の出発時間から72時間前に、ニューカレドニアで新型コロナウィルス検査を受け、日本が承認する陰性証明を取得します。

これが非常に面倒で、どこの検査機関でも出してくれるわけではありません。

下の画像が、日本政府承認の陰性証明です。厚生労働省のホームページからダウンロードして記入してもらいます。

また、最近は必ずしもこのフォーマットではなくてもよくなりましたが、以下の内容が、英文または日本語で書いていなければ無効となるため、だったら厚生労働省指定のフォーマットを使った方が簡単ですよね?ということのようです。

(1)氏名
(2)生年月日
(3)検査法(有効な検査方法を参照)
(4)採取検体(有効な検体を参照)
(5)検体採取日時
(6)検査結果
(7)医療機関名
(8)交付年月日

ニューカレドニア旅行いつから行ける

離島でのんびりしたい人などは、もう旅行会社に相談して、今のコロナ禍に最適な陰性証明も含んだツアーを組んでもらうのはいかがでしょう?

検査して陰性証明書もらってという時間を入れてのプランニングって本当に面倒ですよね。

そんな時に頼れるのが、ないツアーも作ってしまうというトラベル・スタンダード・ジャパンです。他社はなかなかこれできないそうなんですが、この会社、やるそうです!

予算や、やってみたいこと、泊まってみたいホテルなどリクエストを書いてフリーフォームから相談してみて!

陰性証明書取得さえできれば、後は簡単!

「何だよ!日本の入国制限きびしいじゃないか!」って怒っている人、落ち着いてください。

逆に帰国時の陰性証明書の取得さえできれば、あとはそんなに大変ではないのです。

日本は2022年6月1日に大幅に入国制限を緩和し、現在は海外旅行ができるレベルになっていますが、唯一の制限がこの帰国時の陰性証明です。

でも逆を返せば、これだけ!簡単でしょう?

日本は感染リスクの高い国以外は、ワクチン接種・未接種に関わらず入国ができ、待機が不要になるんです。 ニューカレドニアは日本が指定した、感染低リスク国「青色グループ」!

陰性証明書さえ取得できればこっちのものです!

もちろん、それがあるから海外旅行ができないと思う人もいるかもしれませんが、これまでの2年以上を思えば、随分簡単に海外に行けるようになったと思いませんか?

筆者もこの夏に海外旅行をしていますが、通常の旅行時よりもホテルステイを楽しみ、繁華街で遊ぶような旅行はしません。

しずかにのんびり、いつもできない旅のスタイルを楽しむ予定です。他国はマスク着用を誰もしていない場合がありますが、そこは日本スピリッツ(笑)!混雑している場所は、マスクをさりげなくつける予定ですよ!

陰性証明書を現地で取らなくてはならない以上自分の身は自分で守るべし!

海外旅行いつから行ける?

ニューカレドニアは青チーム!感染低リスク国です!

ファストトラック登録で入国が早い!

さて心配な日本入国ですが、デルタ株感染拡大字と比較すると非常に多くのことが緩和されたので、入国はスムーズです。

ましてや感染低リスク国「青チーム」のニューカレドニアからの帰国は本当にスムーズですよ!

トルコ旅行いつから行ける

青チームからの入国は渡航国での出国前検査以外ナシ!

さきほど「日本入国前の陰性証明書だけ、がんばれ!」と言っているのは、こういう意味なんです。

陰性証明を含め日本帰国時の宣誓書や、帰国時に具合が悪くないか、政府に申請する必要があるのですが、これも、入国時に奨励されているファストトラックを使えば、簡単!

これはスマートフォン上で「My SOS」をダウンロードし、日本入国に必要な申請や証明を登録していくものです。

出発6時間前に登録を済ませておけば、日本入国時には検疫の一部が終了しているというスグレモノ。

日本在住者の日本入国はコロナ禍前とてもスムーズだったんですが、外国人は意外と時間がかかっていました。コロナ禍前からあったら、訪日観光客もスムーズだったでしょうねえ…。

ファストトラックを使わない場合、質問票のページに入力をしたり(政府もファストトラックが困難な場合のみとして、あんまり受けたくなさそう感が漂ってくる)、機内で宣誓書を書いたりして落ち着かない上に、入国時の検疫も時間がかかります。

ファストトラックはスマホ一つでできる上に入国検疫もスムーズ。

・アプリ上に提示される質問票の記入
・アプリ上に提示される誓約書の記入
・ワクチン接種証明書の登録(任意)※必要な部分をキャプチャーで撮影し、JPGなど指定されたファイルで登録
・出国前72時間以内の検査証明書の有効性の確認※撮影し、JPGなど指定されたファイルで登録

詳細はこちらから⇒厚生労働省ファストトラック

ファストトラック利用が困難な場合

スマートフォンが上手く使えない、壊れたなど、ファストトラックや「My SOS」のアプリがダウンロードできない場合は、健康申請と誓約書は以下です。

・健康申請⇒申請はコチラ
・誓約書⇒機内で配布されます

ただしこれは感染低リスク国(青チーム)からの帰国に許された特権です。他国のからの帰国時についてはこの記事をお読みくださいね!

今の旅行はツアーが安心。困った時は旅行会社に相談を

ニューカレドニア旅行いつから行ける

困った時はTSJがあるじゃなーい!

最後の砦、日本入国前の国で陰性証明を取ること以外は、日本の入国制限が旅行ができるレベルで緩和されている事、おわかりいただけましたか?

それでもやっぱり最後の陰性証明で挫折しそうという人は、ツアーで海外旅行再開をしましょう!

ただ一つだけ残った日本帰国前の陰性証明取得だけで海外旅行を諦めるなんてもったいない!ツアーだったら相談窓口も困った時のサポートもして売れる上に、陰性証明取得サポートをオプションにつけるプランもあります。

あの、憧れの天国に一番違い島の旅行がとってもお得なトラベル・スタンダード・ジャパンのツアーをチェック!そしてもっと自由な旅行をしてみたかったら、ツアーをカスタマイズしてもらってください。これは他の旅行会社ではなかなかできませんよ!

トラベル・スタンダード・ジャパン
(ビーチリゾート専門ダイヤル)
TEL:03-5956-3035 電話で無料相談する
この記事のカテゴリー・旅先・キーワード

カテゴリー:

ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月~金 10:00-18:00/土日祝 休業

03-5956-3035
TOP