ローテンブルク 街歩き~ロマンティック街道の宝石箱~

タウバー渓谷の豊かな自然に囲まれて中世の姿を今に伝える街並が最大の魅力。小さな路地を曲った先にはテーマパークのような世界が広がっている。

◆目次◆ 

高い城壁に守られたノスタルジックなおとぎの街
歴史に語り継がれるヌッシュ市長の決死のストーリー
ローテンブルク おすすめツアー

高い城壁に守られたノスタルジックなおとぎの街

ローテンブルク市内MAP

大都市ミュンヘンから列車を乗り継ぐこと約3時間、ロマンティック街道と古城街道が交差する場所に位置し「ロマンティック街道の宝石箱」と称されるローテンブルグのへと到着する。わずか1キロ四方の旧市街は半日もあれば一周できてしまう程だが、ここは世界中の観光客が押し寄せる街道のハイライトだ。それもそのはず、堅牢な石壁に囲まれた街は、中世の建造物がそのまま残されていて、その美しい佇まいは訪れたものの心を虜にする。木枠に囲まれたパステルカラーの家や石畳の道路、時おり聞こえてくる教会の鐘や大道芸人が奏でるバイオリンの音色。時空を超えてタイムトリップしたかのような不思議な感覚にしばし身を包まれる。

絵はがきからそのまま抜け出して来たような情景に思わずシャッターを切ってしまう。

絵はがきからそのまま抜け出して来たような情景に思わずシャッターを切ってしまう。


街の中心となるマリエン広場。近代的な建物が一切ないのでクラシックカーがとてもマッチ。

街の中心となるマリエン広場。近代的な建物が一切ないのでクラシックカーがとてもマッチ。


店の軒先に植えられた可愛らしい花々も目を楽しませてくれる。

店の軒先に植えられた可愛らしい花々も目を楽しませてくれる。


大道芸人の奏でるメロディがさわやかな風を呼び起こす。

大道芸人の奏でるメロディがさわやかな風を呼び起こす。


夜には街のあちこちがライトアップされて幻想的な雰囲気に一変する。

夜には街のあちこちがライトアップされて幻想的な雰囲気に一変する。

 中世の名残りが色濃く残るこの街の中心はマルクト広場。周辺には色とりどりのディスプレイに彩られたショップやスィーツカフェが立ち並んでいるので、その一つひとつをじっくり見て回るのも楽しい。毎日がクリスマスというお店やドイツならではのテディベア専門店もあって、絵本の中がそのままやってきたような可愛らしさ。「雪の玉」という意味の名物菓子シュネーバルは、子どもの頃に楽しみにしていた雪の日を連想させる。街を歩くだけでもあっという間に時間が過ぎてしまって、ここを去るのが惜しくなってくるほど。
 また、一日の流れと共に表情を変えていく街の様子も見逃せない。街全体がうっすらと橙色に染まりだす夕暮れ時から、空がトワイライトブルーに輝きだす夜が最もロマンティックな時間帯。旅に疲れた身体にほっとしたひとときを与えてくれ、つかの間の旅人であるということを忘れさせてくれるかのようだ。ドイツの旅に忘れられない思い出を残したいなら、迷わずこの地に足を運びたい。

ミニチュアのような建物に囲まれた街の通り。古くからこの地方で盛んな鍛冶技術が活かされた看板も必見だ

ミニチュアのような建物に囲まれた街の通り。古くからこの地方で盛んな鍛冶技術が活かされた看板も必見だ


ゴシック様式とルネサンス様式が融合した市庁舎の建物・休日ともなればドイツ内外からの観光客で賑わう。奥に見える白い建物に展望台がある。

ゴシック様式とルネサンス様式が融合した市庁舎の建物・休日ともなればドイツ内外からの観光客で賑わう。奥に見える白い建物に展望台がある。


急な階段をひたすら登る市庁舎の展望台は約60mの高さ。そこには、感動ともいえる素晴らしい眺めが待ち受ける。

急な階段をひたすら登る市庁舎の展望台は約60mの高さ。そこには、感動ともいえる素晴らしい眺めが待ち受ける。


中世の時代に帝国自由都市の中心的存在であった聖ヤコブ教会。150年もの建築期間を経て1484年に完成した。

中世の時代に帝国自由都市の中心的存在であった聖ヤコブ教会。150年もの建築期間を経て1484年に完成した。


聖ヤコブ教会内部にはフリードリッヒ・ヘルリーン作の15世紀の美しい絵画が現存している。

聖ヤコブ教会内部にはフリードリッヒ・ヘルリーン作の15世紀の美しい絵画が現存している。


通りの街灯に明かりが灯りだす黄昏時に、どこか懐かしいような感覚を覚える。

通りの街灯に明かりが灯りだす黄昏時に、どこか懐かしいような感覚を覚える。

歴史に語り継がれるヌッシュ市長の決死のストーリー

街の中心部、市議宴会館にある仕掛け時計が英雄の物語を永遠に刻む。

ローテンブルクを救った英雄の物語は、今から約4世紀ほどさかのぼる。宗教対立から起きた三十年戦争の真っ只中、敵軍に攻め入られ街には危機がせまっていた。そんな中、敵の軍将ティリーは「3.25リットルのワインを一気飲みすることができれば、街を占領しない」と無理難題な約束をふっかける。躊躇いながらも、それを受けて立ったのがヌッシュ市長。周囲が驚きの声を上げる側で、年老いた彼は見事にワインを飲みほし、それによって街は無事に救われた。一気飲みのあと、市長は丸三日間も眠り続けた程だったのだとか。勇気ある行動で街を救った市長の逸話「マイスター・トゥルンク」は、現在まで市民に語り継がれていて、マルクト広場にある市議宴会館にある仕掛け時計によって、ワインの大杯を飲み上げる場面が再現されている。また、毎年、イースターから50日目にあたる聖霊降臨祭の際には、この物語劇が市民総出で催され、祭りのハイライトとしても人気を集めている。

市議宴会館

市庁舎と並ぶようにして建つ市議宴会場。現在1階は観光案内所として利用されている。

市庁舎と並ぶようにして建つ市議宴会場。現在1階は観光案内所として利用されている。


ヌッシュ市長がワインを一気飲みする様子が再現される

ヌッシュ市長がワインを一気飲みする様子が再現される


古くからこの地方はワインの産地として有名だった。

古くからこの地方はワインの産地として有名だった。

Marktplatz 2, Rothenburg
時間/仕掛け時計:10:00-22:00の正時
観光案内所:9:00-18:00(季節によって異なる)
行き方/マルクト広場からすぐ

ローテンブルク おすすめツアー

ローテンブルク&ミュンヘン「ロマンチック街道のハイライト、ノイシュバンシュタイン城観光付き」&フランクフルト「ライン川クルーズ付き」ドイツ3都市周遊ツアー

当社のツアーはアレンジ自由自在!電話orメールで、アレンジ・希望内容を担当者に伝えるだけ。知識豊富なスペシャリストが最適なプランをご案内いたします。相談無料!お気軽にお問い合わせください!

トラベル・スタンダード・ジャパンTEL:03-6630-0202

ローテンブルク旅行についてはこちらも
参考にしてください

この記事のカテゴリー・旅先・キーワード
ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月-土 10:00-18:30/日祝 休業

03-6630-0202
TOP