ニューヨーク・ブルックリン2019年! 絶対外せないお薦め&注目スポット5選

ニューヨーク・ブルックリン2019年! 絶対外せないオススメ&注目スポット5選

24時間眠らない街として有名なニューヨーク。オススメしたい観光名所が山ほどあります。2019年、ニューヨークに来られる方にぜひ訪れて欲しい最新スポットは、ハイライン、チェルシー・マーケット、ブッシュウィック、ブルックリン・ブリッジ、そしてナイアガラの滝です。聞いたことがある方、ない方もいらっしゃると思いますが、さて、一体どんな所なのでしょう?場所、見どころ、注意点などを挙げてみました。

1. ハイライン

「ハイライン」はチェルシーに位置する緑豊かな空中庭園で、10年ほど前に完成して以降、市民と観光客の憩いの場所となっています。かつての高架貨物鉄道の線路跡を再生していて、随所に昔のニューヨークの面影が見れます。ここはビルの3階ほどの高さの造りとなっており、エンパイア・ステート・ビルディングやハドソン川などの景色を上から見て楽しむことができ、ぜひ訪れていただきたい場所の一つです。ハイラインは散歩を楽しむだけではなく、ニューヨーカーの生活を垣間見ることができるマンハッタンで唯一の場所でもあるというから驚き!元々ハイラインは、無数のアパートに隣接する形で造られたので、歩いていると実際に居住する人たちのキッチンやバルコニーが丸見えなのです。現在でもハイラインの両脇は建設ラッシュとなっており、今後もビルがどんどん増える予定。ハイラインには休憩場所やトイレが備わっており、夏場はカフェやバーがオープンします。

ハイライン

緑豊かな空中庭園「ハイライン」

場所:10&11番街、Gansevoort St~34丁目 地下鉄A/C/E線14St駅、23St駅、34St-Penn Station駅のいずれか。

2. チェルシー・マーケット

お洒落な若者や地元の家族連れに人気があるのは、ハイラインの目の前に位置するグルメスポット「チェルシー・マーケット」。オレオで有名なナビスコの工場跡地を改装し、今の雰囲気のある建物になりました。ロブスター・サンドイッチが大人気の「ロブスター・プレイス」やパッケージの可愛いブラウニー「ファット・ウィッチ・ベーカリー」など有名店が勢ぞろい。ニューヨーカー女性が大好きなアパレルショップ「アンソロポロジー」では洋服やアクセサリー、キッチン用品などのショッピングも楽しめます。チェルシー・マーケットでの一番のお勧めスウィーツは、若者を中心に人気を集めているバーガー屋さん「クリームライン」のシェイク。1つ$7もしますが、甘すぎず病み付きになる味間違いなし!他にもチョコレート屋さんやギフトショップなどもあり、お土産を探すのにも便利な場所です。ここは完全室内型のマーケットなので、真夏でも真冬でも天候に左右されず1日中楽しむことができます。

グルメスポット「チェルシー・マーケット」

グルメスポット「チェルシー・マーケット」

ロブスター・サンドイッチが大人気の「ロブスター・プレイス」

ロブスター・サンドイッチが大人気の「ロブスター・プレイス」

パッケージの可愛いブラウニー「ファット・ウィッチ・ベーカリー」

パッケージの可愛いブラウニー「ファット・ウィッチ・ベーカリー」

「クリームライン」のシェイクは病み付きになる味間違いなし!

「クリームライン」のシェイクは病み付きになる味間違いなし!

住所:75 9Av New York, NY 10011 地下鉄A/C/E線14St駅下車

3. ブッシュウィックのグラフィティ

今、「世界で最もクールな街」と呼ばれているブルックリンのブッシュウィック。街全体がキャンバスとなっており、観光の新名所として注目を集めています。1970年代を中心に、ニューヨークではグラフィティ・アートの文化が盛り上がりを見せ始めていました。それと同時に治安が悪化し、市や行政側はグラフィティを排除するための規制を強化。現在のグラフィティは、町おこしの一環として合法で行われています。数ヶ月に一度、アートが塗り替えられるので、常に新しいグラフィティを目にすることができます。「インスタ映え」する場所としても有名。 ブッシュウィックはグラフィティ・アート散策だけでなく、お洒落な穴場レストランや本場の老舗のピザ屋さん、ビンテージショップなども増え、世界中から観光客が集まっています。大人数でのオプショナルツアーのグループも多く見かけるようになりました。一歩通りを外れると倉庫街の多いエリアなので、日没後や早朝の一人歩きは避けるよう、注意して下さい。

「インスタ映え」する場所としても有名

街全体がキャンバス

街全体がキャンバス

数ヶ月に一度、アートが塗り替えられる

数ヶ月に一度、アートが塗り替えられる

場所:地下鉄L線 Jefferson St駅下車

4. ブルックリン・ブリッジ

ニューヨークに観光に来る方に必ず訪れて欲しいのが、ブルックリン・ブリッジ。外から見るだけでも圧巻の美しさなのですが、ぜひお天気のいい日に橋を歩いて渡ってみませんか?橋の上から見渡す自由の女神、ウォール・ストリート、エンパイア・ステート・ビルディングなどはまるで絵ハガキを見ているよう。徒歩で渡ると約30分。途中、素晴らしい景色を眺めたり写真を撮ったりしていると、あっという間に反対側の岸に到着しちゃいます。お勧めは、ブルックリンのダンボというお洒落なエリアで朝食やランチを済ませ、ブルックリン側からマンハッタン側へ渡るコース。目の前にウォール街のビル群が押し寄せてくる雰囲気が味わえるので、ワクワク度も大きくなります。ブルックリン・ブリッジは市民が通勤や運動に使用する橋でもあり、自転車に乗った人も多く見かけます。写真撮影の際など、安全第一を忘れず十分気をつけましょう。橋上にはトイレがありませんのでご注意下さい。ダンボには公衆トイレがあります。

目の前にウォール街のビル群が押し寄せてくる雰囲気が味わえる

目の前にウォール街のビル群が押し寄せてくる雰囲気が味わえる

ぜひお天気のいい日に橋を歩いて渡ってみませんか?

ぜひお天気のいい日に橋を歩いて渡ってみませんか?

場所:地下鉄A/C線 High St駅下車

5. ナイアガラの滝

ニューヨークを訪れる人に人気なのがナイアガラの滝のオプショナルツアー。ジョン・F・ケネディ空港からナイアガラ近郊のバッファロー空港までは、飛行機で片道約1時間。日帰りでも行けるのでとても便利です。世界三大瀑布の1つであるナイアガラの滝は、アメリカ滝、カナダ滝、それらの支流にあるブライダルベール滝の3つの滝からなります。オプショナルツアーでは、アメリカ側からカナダ側へ徒歩で渡り、その際レインボーブルッジの橋の上で入国審査が行われるので、パスポートをお忘れなく。ナイアガラの滝を見るだけでも迫力満点なのですが、ここでお勧めしたいのが「霧の乙女号」という船で滝壺近くまで行くという大人気のアトラクション!ポンチョの貸し出しがありますが、ずぶ濡れになること間違いなしなので、ぜひ着替えを持参して下さいね。

ナイアガラの滝オプショナルツアー

ナイアガラの滝のオプショナルツアー

場所:アメリカのニューヨーク州とカナダのオンタリオ州の国境

以上、2019年、ニューヨークの絶対外せないお薦めスポット5選でした。これらは観光名所としても、そして地元の人にも人気の場所となっており、朝一番の混み合う前の時間帯を選んで訪れることをお勧めします。これで貴方もニューヨーク通になれること間違いなしです!

ニューヨークツアーは当社にお任せください!

トラベルスタンダードジャパンは大手他社と違って「丸投げ」がOK。地域別専門スタッフがお客様のご希望やご予算に合わせて理想の旅行をご提案します。
「価格の安さ」と「対応スピード」はもちろん、旅の「質」が高いことも顧客満足度が高くリピート数が多い理由です。あなただけのオンリーワンのプランで一味違う海外旅行をしませんか?

ニューヨークへ行くツアー一覧

当社のニューヨークへのツアーはアレンジ自由自在!

トラベル・スタンダード・ジャパン
(北米・中南米・オセアニア専門ダイヤル)
TEL:03-6634-7799 電話で無料相談する

ニューヨーク旅行についてはこちらも
参考にしてください

この記事のカテゴリー・旅先・キーワード
ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月-土 10:00-18:30/日祝 休業

03-6630-0202
TOP