リスボン ホテル トリムブルーバード

リスボン最新ホテル宿泊記!観光便利でおしゃれな「トリムブルーバード(TURIM Boulevard)」

ポルトガルの首都リスボンで、観光名所がほぼ徒歩圏、メトロの駅まで1分かからない、おしゃれな最新5つ星ブティックホテル「トリムブルーバード(TURIM Boulevard)」に泊まりました。坂道だらけのリスボンでは、ホテルの立地は重要!「魔女の宅急便」のモデルの街のひとつでもあるおしゃれな街も最高です!

ポルトガルの首都・リスボンは坂道だらけ!ホテル選びの立地が重要

「7つの丘の街」と例えられる、坂道の多いポルトガルの首都リスボン。大西洋に流れ込むテージョ川の河口に位置するヨーロッパ最西端の都市です。15世紀にはじまった大航海時代をけん引し、発展を遂げた街並みは古く、個性たっぷり。海と坂道、オレンジ色の屋根が可愛らしい街並みは「魔女の宅急便」のモデルのひとつでは?と言われるインスタ映えする都市です。

リスボンの荒い石畳の坂道は、徒歩の観光になかなか厳しい環境ですが、焦らず急がずカフェで休憩しながら、街をぶらぶら、ゆっくりと散策するのが良し。さらにメトロ、トラム、ケーブルカーなどに近く、観光地から近いホテルに泊まるのが正解。

リスボン ホテル トリムブルーバード

街を歩きたい都市だからこそホテル選びは立地が命!

リスボンの最近のトレンドは古い建物に入るおしゃれな5つ星ホテル

かつては観光業にそれほど力を入れていなかったリスボン。一時期は歴史的に価値がありそうな、かつての古い屋敷や建物が放置され、ぼろぼろになっていることもありました。最近のリスボンは古い建物に5つ星ホテルや高級レストラン、おしゃれカフェなどが入るようになり、リスボンっ子もお洒落スポットとして注目しています。

今回泊まったホテル「トリムブルーバード(TURIM Boulevard)」もそのひとつ。

リスボン ホテル トリムブルーバードユニークな形の古い建物を改装※1
リスボン ホテル トリムブルーバード赤い外観が際立ちます!
リスボン ホテル トリムブルーバード
リスボン ホテル トリムブルーバード

メトロの駅までわずか36m。おしゃれな通りの最新ブティックホテル

ホテルのあるリベルダーデ通りは、有名ブランドや同じくクラシカルな建物を改装したレストラン・カフェが集まるリスボンで最も大きな通り。1755年のリスボン大地震以降に造られた通りで、曲がりくねった細道の多いリスボンでは珍しく、歩きやすい1直線の大通りなので、この通り自体の散策もとても楽しいです。

実はこのホテル、リスボンの街歩きスポットへはほぼ徒歩圏で行けるので、これだけでも立地は最高。少し遠い場所や、歩くのが面倒、なんていう場合はメトロの駅がホテルを出て36mのところにあり、1分かかりません。近すぎ!

華やかなこの通りの歴史ある建物がいきなり真っ赤に塗装され、クラシカルな雰囲気を保ったまま生まれ変わったのは2019年のこと。筆者は今回のリスボン旅行では「観光に便利で最新のブティックホテルに泊まりたい!」という希望でこのホテルを予約しました。

さて、どんなホテルなのでしょうか!入ってみましょう!

ちなみにホテルに入っているテナントは、なんと「ロレックス」。ハイソサエティな香りが漂いますね。

リスボン ホテル トリムブルーバード光り輝くおしゃれなロビーでチェックイン
リスボン ホテル トリムブルーバード大型ホテルが苦手な筆者はこの個人客向けのロビーが気に入った!
リスボン ホテル トリムブルーバードごてごて感のないゴージャス感。センス良しですねー!
リスボン ホテル トリムブルーバードスタイリッシュな5つ星ブティックホテル
リスボン ホテル トリムブルーバード
リスボン ホテル トリムブルーバード
リスボン ホテル トリムブルーバード
リスボン ホテル トリムブルーバード

トリムブルーバードのシンプルモダンな客室

クラシカルながら斬新すぎる三角形の形や赤い外観、金色に輝くロビーなどを見ているうちに、客室の造りが「こてこて」のデザイナーズルームでアバンギャルドだったらどうしようと思い始めた筆者。遊び心は求めるけれど、眠る場所はシンプルでいてほしい・・・なんというわがまなな旅人なのでしょうか。

リスボン ホテル トリムブルーバード4階の客室にアサインされました!※2
リスボン ホテル トリムブルーバード403号室にお世話になることに。
リスボン ホテル トリムブルーバード
リスボン ホテル トリムブルーバード

お世話になる403号室のゲストルームはどんなお部屋でしょうか?

リスボン ホテル トリムブルーバード

403号室の客室!シンプル!

おおお!良かった。外観や共有部分はデザイン性や華やかさが際立っているけど、客室はクールでかっこいいし、とてもシンプル!窓辺の一人掛けソファが良いではないですか!

備品の中には「有料のお酒かしら?」とミニバーの1品と疑った、おしゃれボトルの無料の飲料水(ただしボトルを持って帰ると請求される)。そして部屋に時計はないので、テレビで時間をチェックしましょう。

コンセントは日本と異なるので変圧器がないと使えないタイプですが、USBポートがあるので、スマホ、パソコンの充電は問題なしですよ!

リスボン ホテル トリムブルーバード

おしゃれすぎてお酒だと思った飲料水。中身だけ無料です!

バスルームにはバスタブはありませんでしたが、今回の冬のリスボン旅で「身体の芯まで温まりたい!」と言うシーンには出会わず、シャワーだけでも問題ないように思いました。もちろんシャワーの湯量も温度も良好。リスボンの冬は日本と比較すると、とても暖かく、今回は2月でしたが日本の4月くらいの温かさでしたよ!

日中はほぼ観光に出て、戻ってきたころにはくたくたでしたが、ベッドの寝心地が良く、ぐっすりと眠れました。翌日は絶対に寝坊ができない郊外観光だったので、モーニングコールをお願いしたところ、現在主流の自動音声モーニングコールではなく、いわゆる「生声コール」(笑)。

男性スタッフがとても丁寧に「ぐっどもーにんぐ、まだーむ」と優しく起こしてくださり、とても好感蝕。思わず滞在中、毎日モーニングコールをお願いしてしまいました!

リスボン ホテル トリムブルーバード

シンプルで使い勝手の良いバスルーム

リスボン ホテル トリムブルーバード

アメニティはオリジナル?「トリム」はポルトガルのホテルチェーン

まるでスイーツビュッフェ!ホテルメイドのスイーツが並ぶかわいい朝食

この旅で「ポルトガルはお菓子の国だなあ」とつくづく感じさせられるほど、ポルトガルには独自のスイーツや世界中に影響を与えたお菓子の元祖が集まっている国。しかし「まさかここまでとは!」と驚愕したのは、このホテルの朝食です。

朝食が含まれた宿泊プランだったので、地下のレストランへいそいそと食べに向かったのですが・・・。

リスボン ホテル トリムブルーバード

団体客がおらず古い建物を利用したクラシックホテルっぽい静かなレストラン

ホームページにもコンチネンタルブレックファーストと書いてあるし、ヨーロッパでは「コンチネンタルブレックファースト」のホテルが多いと信じていたのですが、アメリカン、と言っていいほど豊富なビュッフェ。思わず「やるじゃん!」とつぶやいた後「えっ?」と目が釘付けになったゾーンが・・・。

それは、一番広い場所を占めるスイーツのエリア。

えっ?ホテルの朝食ってこんなにスイーツありましたっけ?

リスボン ホテル トリムブルーバード

一番奥にはエッグタルトも!名物を抑えるところはさすが!

ひと塊が巨大すぎるチョコレートケーキ、数多くのカップケーキ、ポルトガル名物のエッグタルト、卵黄と砂糖で造られたパポ・デ・アンジョ、ザラメ・デ・チョコラーテなどポルトガルの名物お菓子がいっぱい!ほかにはパンケーキ、クッキー、ストロベリー&ブルーベリーのケーキのような物体も・・・。

決してこの日が「スイーツスペシャル」の日ではないのです。滞在中、少しずつメニューを変えながら、大量にスイーツが溢れるさまは圧巻です!

リスボン ホテル トリムブルーバード

ひと切れが大きすぎるチョコレートケーキとポルトガル名物ザラメ・デ・チョコラーテ

リスボン ホテル トリムブルーバード

クッキーの種類も複数!そんなに朝から甘いもの食べる?

もちろん甘党ではない人も安心してください。マッシュルームやナスのソテー、ぷりぷりのソーセージ、ベーコン、スクランブルエッグもあり、卵料理は注文するとオムレツや目玉焼きなど作ってくれます。コーヒーもポットに入れて持ってきてくれるので、一通り食べた後、ついついデザートに走り、慌ただしい観光スケジュールの予定が大幅に変わってしまいました(笑)。

生野菜がなくておどろいてしまいましたが、ポルトガルでは朝食に生野菜を食べる習慣がないのだそう。どこのホテルも生野菜が少なめだとか。その代わりフルーツやヨーグルトはふんだんにあるので、ばっちりいただきました。

とにかく、観光便利なおしゃれホテルというだけではなく、甘党さんにおすすめしたい、朝食から本格的なスイーツビュッフェが楽しめるホテルです。当然、これだけ食べたら消化しなければ・・・「7つの丘・リスボン」を完全制覇すべし!・・・ですね。

リスボン ホテル トリムブルーバード

コンチネンタルブレックファーストと謙遜しているだけかと・・・

リスボン ホテル トリムブルーバード

ベーコンも野菜のソテーも美味しい

夏はルーフトップエリアも見逃せない!

筆者のポルトガル旅行は冬でしたが、ポルトガルが夏を迎える6月~9月はルーフトップにも注目。眺めの良いルーフトップバーと小さいながらも寛げるプールがオープンするのだそう。

フロントの奥にはどのシーズンでも使えるこじんまりとしたバーがあり、こちらもとても静かに飲めるのでおすすめ!

リスボン ホテル トリムブルーバード

ポルトガルのワインは美味しいのでお試しあれ!

何よりもスタッフの皆さんの着かず離れずの丁度良い対応が心地よく、リスボンに行く時にはまた利用したいと思いました。同じ5つ星でもあまりうやうやしく接せられると堅苦しい、なんていう人もいるのでは?とはいえあまりにも事務的な対応をされると寂しくなる、という筆者のようなわがままな旅人さんには最適です。

お世話になりました!

リスボン ホテル トリムブルーバード

おしゃれさんにおすすめです!※2

トリムブルーバード(TURIM Boulevard)

住所:Av. da Liberdade 159, 1250-143 Lisboa

画像出典(※1~2のみ): TURIM Boulevard

自分で探したホテルに泊まりたい!そんなカスタマイズもOKのポルトガルツアー

リスボンの現在のホテルのトレンドは、街並みに会うレトロな建物に入るおしゃれなブティックホテル。5つ星ホテルもあれば、家庭的なホステル、元修道院など日本ではあまり考えられない建物に泊まれるホテルもあります。

古い洋館に入ったホテルでありつつ、おしゃれなブティックホテル「トリムブルーバード(TURIM Boulevard)」は、リスボンの今の感覚に会うホテル。そして、街歩きがメインになるリスボン観光で、有名スポットに徒歩圏の上、メトロの駅も1分以内という完ぺきな立地の5つ星ホテルは、リスボン旅行の強い味方。

坂道だらけの都市では値段重視で「ホテルはどこでもいいや」で決めてしまわないように。現地でかなりつらい思いをします。

激安ツアーでは「〇〇ホテルランク」というあいまいな内容で、ツアーを決めねばならず不安ですよね。トラベル・スタンダード・ジャパンのツアーはカスタマイズ自由自在。一番安い基本のリスボン旅行を見て、そこから「トリムブルーバードに泊まりたいです」と言っていただければ、全てこちらで手配します。

自由自在にツアーを組みなおせる旅行会社では、びっくりするほどお値段がお得!遠慮なくどんどんお問い合わせくださいね!

ホテル・日程なんでもカスタマイズ自由のリスボン・ポルトガルツアーが安い!
トラベル・スタンダード・ジャパン
(ヨーロッパ・中近東専門ダイヤル)
TEL:03-6630-0202 電話で無料相談する
この記事のカテゴリー・旅先・キーワード
ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月-土 10:00-18:30/日祝 休業

03-6630-0202
TOP