NYの主要スポットを巡るおすすめ観光ツアーを紹介

1日でニューヨークを制覇! NYの主要スポットを巡るおすすめ観光ツアーを紹介

アメリカ東海岸にある世界最大級の都市ニューヨーク。常にファッションやアートの最先端を行くエキサイティングな都市はいつも活気に満ちています。魅力的な観光スポットも数多く、正直どこから周ればいいか悩んでしまうほど。
そんな方におすすめなのがニューヨークの主要ポイントを巡る観光ツアーです。今回ご紹介するツアーでは、ベテランの日本人ガイドが主要ポイントはもちろん、通なスポットまで案内してくれます。参加すれば誰もが一度は映画やテレビで見たことのあるニューヨークの名所から穴場まで、1日でニューヨークを制覇できちゃいます。

滞在先までお出迎え!まずは車窓から観光スポットを眺める

ニューヨーク・タイムズスクエア

いつも人で賑わうタイムズスクエア

指定範囲内のホテルであれば専用車がピックアップをしてくれるので、出発時も慌てる必要はありません。慣れない土地で集合場所へ向かわなければならない、わずらわしさがない点は嬉しいですね。

まずは、大晦日の派手なカウントダウンでおなじみのタイムズスクエア、ニューヨークで今最もクールでスタイリッシュなミートパッキングエリア、アートと文化の村グリニッジビレッジ、歴史建造物も多いおしゃれな街ソーホー、人種のるつぼと言われるニューヨークを実感できるリトルイタリー中華街を車窓から観光します。

同時多発テロの跡地「グラウンドゼロ(9/11メモリアル)」

ニューヨーク・グラウンド・ゼロ、ワールドトレードセンター

犠牲者の名前が刻まれた慰霊碑

誰もが目を疑い、衝撃を受けたアメリカ同時多発テロ事件が起きた2001911日。その被害にあったワールドトレードセンターの跡地がグラウンドゼロ(9/11メモリアル)です。ツインタワーの建っていた場所に造られた2つの四角いプールを囲うように、犠牲になった方々の名前が刻まれた慰霊碑があります。

ニューヨーク・ワン・ワールド・トレード・センター

高層ビル群の中でも、抜きんでた高さのワン・ワールド・トレードセンター

ここに立つと、平和を願わずにはいられない、そんな身の引き締まる場所です。悲しい過去を乗り越え、新たに建てられた高層ビルワン・ワールド・トレードセンターもとても印象的です。

世界金融の中心「ウォール街」

ニューヨーク・ウォール街

金融の街で知られるウォール街

映画でも有名な金融の街ウォール街。世界の経済の中心とも言えるウォール街には高層ビルが立ち並び、ビジネスマンが行き交う街です。世界一上場審査が厳しいと言われているニューヨーク証券取引所18世紀にアメリカ発の首都としてニューヨークが認定された後、議事堂として使用された連邦ホール(フェデラルホール)を訪れます。連邦ホール入り口には初代アメリカ大統領ジョージ・ワシントンの銅像があるので、撮影をお忘れなく!

アメリカの象徴「自由の女神」~フェリーから観覧~

ニューヨーク・自由の女神

自由の女神を海から眺めるフェリー

その昔、街を守った砲台 (バッテリー)からその名が付けられたバッテリーパークを車窓から観光した後、スタッテン島行きのフェリーに乗船します。3階建ての大きなフェリーは、いつも多くの観光客やスタッテン島の住民に利用されています。人気なのは2階と3階にあるオープンデッキ。風に吹かれながら美しいロウアー・マンハッタンの高層ビルを眺めていると、右手に自由の女神が近づいてきます。

アメリカの独立100周年を記念し、フランスから贈られた自由の女神は、誰もが知っているアメリカのシンボル的存在。ユネスコ世界遺産にも登録されており、アメリカだけでなく世界の自由の象徴として人気のスポットです。

ニューヨーク・自由の女神

自由の女神を正面から撮影できる

フェリーは自由の女神の前を通り過ぎるので、正面に来た時がまさにシャッターチャンスです。その後、ニューヨーク・ヤンキースの2軍「スタテン・アイランド・ヤンキース」の球場があることで知られているスタッテン島に到着し、そのまま往復してバッテリーパークへ戻ります。

アメリカで最も古い吊り橋「ブルックリンブリッジ」とおしゃれな「ブルックリン地区」

ニューヨーク・ブルックリンブリッジ

堂々たる姿のブルックリンブリッジ

ブルックリンブリッジは、14年の歳月をかけて1883年に完成したアメリカにある古い吊り橋のひとつです。重厚かつ美しい橋で、驚くのはそのワイヤーの数。世界で初めて鉄鋼ワイヤーを使って作られた橋としても有名で、国定歴史建造物に指定されています。数々の映画にも使われているので「見たことある!」と思う人も多いのではないでしょうか。

ブルックリンブリッジを渡り、おしゃれでアーティスティックな街ブルックリン地区へ。対岸からマンハッタンのビル群を眺めることができます。橋の背後に広がる高層ビルはとてもフォトジェニックな風景。絶好の撮影スポットです。

国際的な話し合いがおこなわれる「国連本部」

ニューヨーク・国連本部

国連加盟国の国旗が並ぶ国連本部

第二次世界大戦後、国際平和と安全維持のために設立された国際連合。その本部がニューヨークにあります。敷地内には、堂々とそびえ立つ39階建ての事務局ビル、屋根に浅い円形ドームがある総会議場ビル、事務局と総会議場を結ぶ理事会議場ビル、膨大な書籍や国連文書が収蔵されている図書館があります。

西側の正面には加盟国の国旗がずらりと並び、国際的な場であることを実感できます。事務局ビル左前あたりの少し下がった位置から撮影すると、国旗と事務局ビル全体が入り、いい感じの写真になるはずです。ぜひお試しください。

【出発地別】ニューヨークへ行くツアーはこちら

コロンバス・サークル前に建つ大型複合施設「タイムワーナーセンター」~ランチタイム~

ニューヨーク・タイムワーナー

ツインタワーが目立つタイムワーナーセンター

名作「ティファニーで朝食を」の舞台となったティファニー本店がある5番街を通り、次に向かうのは大きなコロンブス像を中心とした円形交差点コロンバス・サークルの前に建つ大型複合施設タイムワーナーセンターです。

上層階はオフィスやホテル、住居となっており、アメリカのメディア企業タイムワーナーもオフィスを構えています。下層階にあるショッピングモール「ショップス・アット・コロンバスサークル」には、コーチやコールハーンなどのファッションブランドなど数多くのショップやレストランが入っています。また地下階にはアメリカの人気スーパー「ホールフーズ」もあるので、ちょっとしたお土産を買うこともできます。こちらでランチタイムとなります。

ジョン・レノンも住んでいた「ダコタハウス」

ニューヨーク・ダゴダハウス

クラシックな雰囲気のダコタハウス

セントラルパークの近くに建つ高級アパートメントダコタハウス。立ち並ぶ近代的な建物の中に現れる中世的な美しい装飾が施された建物は、ひと際目をひきます。

高級アパートメントが多いニューヨークで最も入居審査が厳しいと言われており、単にお金を持っているだけでは入居許可はおりないそうです。かつてビートルズのジョン・レノンが住んでおり、この玄関前で撃たれて亡くなったことはあまりにも有名です。現在でもファンの聖地として、数多くの人が訪れています。

ニューヨーカーの憩いの場「セントラルパーク」

ニューヨーク・セントラルパーク

広々としたセントラルパーク

都会のなかのオアシス的存在のセントラルパークは、映画のロケ地などでもよく使われる人気の公園です。まさにマンハッタンの真ん中に位置しており、緑豊かな広大な敷地にはサイクリングコースや並木道、ボートに乗れる池、さらに遊園地や動物園などがあります。広々とした芝生にレジャーシートを敷き、近くのデリで買ったランチを楽しむ人も多く、忙しいニューヨーカーの憩いの場となっています。

アメリカ自然史博物館、コロンビア大学、セント・ジョーンズ・ディバイン大聖堂を車窓から観光

ニューヨーク・セント・ジョーンズ教会

未完成のセント・ジョン・ザ・ディバイン大聖堂

恐竜などの古代生物や宇宙や地球に関する展示といった、さまざまな分野が楽しめるアメリカ自然史博物館、アイビー・リーグに属する名門大学で数多くのノーベル賞やアカデミー賞の受賞者を輩出しているコロンビア大学100年以上経った今も未完成であり「St. John the Unfinished(未完成のセント・ジョン)」とも呼ばれているセント・ジョン・ザ・ディバイン大聖堂を車窓から観光します。

ネオゴシック様式の美しい「リバーサイドチャーチ」

ニューヨーク・リバーサイドチャーチ

ステンドグラスが美しいリバーサイドチャーチ

この一帯でひときわ存在感を放つネオゴシック様式の教会リバーサイドチャーチ。アメリカの大富豪、ロックフェラー家によって建てられたきらびやかな教会です。中世ヨーロッパを彷彿とさせる外観はとても重厚で荘厳な雰囲気を漂わせています。

一歩足を踏み入れて、まず圧倒されるのは天井の高さ。高い位置にある大きなステンドグラスから漏れる光はとても美しく、ため息がでるほどです。公民権運動のリーダー、マーチン・ルーサー・キング牧師が反戦演説を行った場所としても有名です。

南北戦争の英雄「グラント将軍の墓」

ニューヨーク・グラント将軍のお墓

大統領も務めたグラント将軍の墓

ハドソン川のほとりに南北戦争で北軍の司令官として名をはせたアメリカの英雄グラント将軍の墓があります。のちに第18代アメリカ大統領を務め、US$50紙幣の顔にもなっているグラント将軍はアメリカでは知らない人はいません。

ローマ風の円柱が印象的な白亜の建物はパリにあるナポレオン廟を参考に造られていて、北アメリカで最大級の墳墓(廟)と言われています。グラント将軍の棺と妻ジュリアさんの棺が並んで安置されています。

最後に…ハーレム、メトロポリタン美術館などを車窓から楽しんで

ニューヨーク・メトロポリタン美術館

世界最大級の規模を誇るメトロポリタン美術館

最後に、以前の治安が悪いというイメージを払拭し、近年はおしゃれなショップやカフェなどができて観光客も増えているハーレム市街地ハーレムの中心にある黒人音楽のメッカとして有名な劇場アポロシアター、カタツムリのような変わった外観が目を引くグッゲンハイム美術館幅広いコレクションが魅力の世界最大級の美術館メトロポリタン美術館を車窓から観光し、セントラルパーク近辺のミッドタウンにて現地解散となります。

 いかがでしたか?ニューヨークのメジャー観光スポットを1日で見て回れるツアーは、お得感満載です!「でも、まる1日拘束されるはちょっと…」「午後からは自由に過ごしたい」という方には、半日ツアーへのご参加も可能です。半日ツアーでは、タイムズスクエアから国連本部までを巡ることができます。弊社のツアーはアレンジ自由自在!お客様の希望に合わせてオプショナルツアーの組み合わせを提案させていただきます。北米エリア専門のスタッフへお問い合わせ・ご相談ください。

【出発地別】 マンハッタンを完全網羅できる1日観光ツアー付き!ニューヨークへ行くツアー

  • 成田発
  • 羽田発

【アメリカン航空利用】ニューヨーク『ホテル ウォルコット』に宿泊

ニューヨーク(3×4)
5端末まで使えるWi‐Fiレンタル付♪「ニューヨーク半日観光ツアー」をご希望のお客様は、お問い合わせの際にスタッフへご相談ください。
  • 5日間
  • 6日間
  • 7日間
  • 8日間
1名様あたり

101,000円311,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

113,000円341,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

126,000円358,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

133,000円372,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

【アメリカン航空利用】ニューヨーク『ホテル ウォルコット』に宿泊

ニューヨーク3×4
5端末まで使えるWi‐Fiレンタル付♪「ニューヨーク半日観光ツアー」をご希望のお客様は、お問い合わせの際にスタッフへご相談ください。
  • 5日間
  • 6日間
  • 7日間
  • 8日間
1名様あたり

102,000円311,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

114,000円341,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

126,000円358,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

133,000円372,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

トラベル・スタンダード・ジャパン
(北米・中南米・オセアニア専門ダイヤル)
TEL:03-6634-7799 電話で無料相談する

ニューヨーク旅行についてはこちらも
参考にしてください

この記事のカテゴリー・旅先・キーワード
ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月-土 10:00-18:30/日祝 休業

03-6630-0202
TOP