子連れにオススメ!ランカウイ島の入場無料のテーマパーク「オリエンタルビレッジ」を徹底解説!

子連れにオススメ!ランカウイ島の入場無料のテーマパーク「オリエンタルビレッジ」を徹底解説!

ランカウイ島の伝説を再現したといわれる美しい山の上の公園『オリエンタルビレッジ』。ランカウイ島に行くなら絶対にはずせないスポットのひとつ。カップルでも子連れでも一人でも楽しめること間違いなしのテーマパークです。今回は、マレーシア在住3年目の筆者がオリエンタルビレッジを徹底レポートします!おすすめのホテルも合わせてご紹介♪

ランカウイ島のオリエンタルビレッジとは?

マレーシアのオリエンタルビレッジ

オリエンタルビレッジはマチンチャン山麓にある野外アトラクションとショッピングモールの複合施設です。2001年にマハティール元首相の発案で作られ、以来ランカウイの一番人気の観光スポットなりました。

オリエンタルビレッジまでの行き方と帰り方

ランカウイ島の北西部にあり、空港からだと車で約20分、島の中心地のパンタイチェナンからは約30分ほどで行くことができます。ランカウイは公共交通機関がないので、オリエンタルビレッジまでのアクセスはタクシーかレンタカーとなりますが、タクシーで移動するのが無難です。

帰り方は、行きのタクシーの運転手さんに帰りをお願いするのも手です!長時間楽しめる場所なので、数時間以上待ってくれるという運転手さんであればラッキー! もしNGだったとしても、とても人気の観光スポットなので、タクシーは敷地内に常駐しています。

詳細情報

名称:Oriental Village
住所:Burau Bay
公式サイト:http://www.orientalvillage.my/
料金:入園無料
定休日:年中無休

オリエンタルビレッジでは何ができる?

オリエンタルビレッジの水上ボールアトラクション

施設内にはアトラクション、レストラン、ショップ、お土産屋、ギャラリー、スパ、など何でも揃っていて店舗数は50を超えるそう。人工池を取り囲むようにアジア各国の伝統的な建物をモチーフにした建物が並んでいて、フォトジェニックなスポットです。親日家のマハティール首相が発案した施設だからか、人工池には「さくらばし」という赤い太鼓橋がかかっていたり日本食レストランもあって、ちょっと日本を感じることもできちゃいます。

また、オリエンタルビレッジの目玉と言えるケーブルカーや、エレファントライド、水陸両用バスツアー、セグウェイガイドツアー、動物と触れ合えるエリアなど、アクティビティも豊富。これだけ充実した施設なのに入場料は無料!驚きですよね。

ちなみに施設内に両替所ATMもあり、タバコやお酒は免税。さすが免税アイランド、ランカウイ!!!ランカウイ・ジオパーク・インフォメーション・センターも敷地内にあります。特にオススメの施設を3つご紹介します。

ランカウイ島へ行くツアーの一覧はコチラ(最安値順)

一番人気のアトラクション「スカイキャブ」

オリエンタルビレッジのスカイキャブ

標高708mのランカウイ山脈の中で2番目に高い山頂に登るスカイキャブは、ランカウイ島内や周りの島々を一望することができます。乗り場から山頂までの総ケーブルは4,400m。 世界で最も急な角度を誇るケーブルカーとして高所好きの旅行者に人気のアクティビティです 。

山頂へ向かう途中には中間駅があり、眼下に広がる360度の大パノラマはまさに絶景!! スカイキャブのゴンドラは6人乗り。 通常のゴンドラ以外に、足元がガラス張りになっているゴンドラ、貸切可能なプライベートゴンドラ、心地よいBGMが流れる中で食事ができるVIPゴンドラなど様々なゴンドラがあります。

もちろん全て別途料金がかかりますが、旅行の記念に試してみるのもいい思い出になるかもしれませんね。スカイキャブのみの単体チケットは販売されておらず、他の施設の入場券がセットになった複合チケットが数種販売されています。チケット売り場前に料金表があるので、必ずチェックしてみて下さいね。

また、マレーシア人と外国人ではチケットの料金が異なるのでご注意を。 スカイキャブはとても人気があり、特に土日祝日は非常に混み合います。午前9時半から運行しているので朝一番に出かけるのがベスト!並ぶのはちょっと…という方は入場チケットとは別に「Express Lane」チケットを購入しましょう。優先レーンで乗車することができますよ。

スリル満点!大迫力のスカイブリッジ

オリエンタルビレッジのスカイブリッジ

山頂に上がると、さらにスリル満点の地上約100メートルの吊り橋「スカイブリッジ」がありますのでぜひ山頂まで行ってみてくださいね。 スカイブリッジは高さ82メートルの単一パイロンから吊り下げられていて、一部ガラス張りになっている箇所もあるんです!山の尾根にかかりクネクネと曲がった変わった形状で、風通しも抜群!高所恐怖症じゃなくても震えちゃうかも…!?

マレーシア最大のトリックアート「3Dアートミュージアム」

オリエンタルビレッジに行ったらぜひ立ち寄ってほしいのが『3Dアート・イン・パラダイス・ランカウイ』。なんとマレーシア国内で最大規模、世界でも2番目に大きい3Dアート美術館(トリックアート館)なのです。

3階建ての館内には約2,000m2の展示スペースがあり、9つのインタラクティブゾーンに分かれています。国際的なアーティストグループ「アート・イン・パラダイス」によって製作された絵画が200点以上展示されていて、製作には5ヵ月以上の時間を費やしたんだとか。

各部屋ごとにテーマがあり、壁面から床まで全てトリックアートで埋め尽くされています。どこにどう立てばいいのか分からない時はスタッフさんが指示してくれるのでご安心を。ビックリするような写真がたくさん撮れますよ!

子供が喜ぶ動物との触れ合いアクティビティ

オリエンタルビレッジ内には、子供が楽しめるアクティビティもたくさん!象に乗ったり、ポニーが引く馬車に乗ったり、ウサギ鹿などに餌をあげたり、トラを眺めながら軽食を食べられるカフェテラスまで!

また、中央の人工池では、大きなボールの中に入って池の上を転げまわって遊べる遊具や、足こぎボートなんかも楽しむことができます。オリエンタルビレッジのメインエントランスには、可愛いアヒルの絵が描かれた水陸両用バスがとまっています。

オリエンタルビレッジを出発してテラガハーバーまでの道路を走った後は、そのまま海へバシャンッ!豪華なクルーザーが停泊するハーバーを海側から眺められます。道路を走っていた車がそのまま水の中に突入するなんて、きっとお子さんも大興奮するはず!ランカウイ島らしい自然いっぱいの中で思いっきり遊んで走り回って笑って、帰りの車は爆睡ですね。

ランカウイ島のオリエンタルビレッジまとめ

ランカウイのオリエンタルビレッジ、いかがでしたか!? ランカウイと聞くと綺麗な海や砂浜を想像する人が多いと思いますが、実はこんな楽しいテーマパークもあるんですよ!全部を遊び尽くそうと思ったら丸1日かかるかもしれません。マレーシア人にも人気のスポットなので週末はかなりの混雑が予想されます。もし日にちに融通の効く方は、平日に訪れるとよいでしょう。

オリエンタルビレッジに「5分」で行けるホテル(2軒)

  • ベルジャヤ ランカウイ リゾート
  • ザ ダナ ランカウイ

「ベルジャヤ ホテル リゾート」と「ザ ダナ ランカウイ」であれば、オリエンタルビレッジに車で約5分で行くことができます。オリエンタルビレッジからさらに5分ほど山を登れば、「セブンウェルズ滝」もあり!

「ベルジャヤホテル」と「ザ ダナ」に宿泊すると、優雅なホテル滞在とアクティビティ系の観光をどちらも効率よく楽しめるのでオススメです!ツアーの最安値はコチラ。

  • ベルジャヤ ホテル
  • ザ ダナ ランカウイ

関空午前発/マレーシア航空利用(最安値)

ベルジャヤ ホテルの全景
広大な熱帯雨林の中で山小屋風のシャレ―に滞在~グループ滞在におすすめ【4名1室】『ベルジャヤ ランカウイ リゾート』指定 ≪のんびり過ごすランカウイの休日
  • 4日間
  • 5日間
  • 6日間
  • 7日間
  • 8日間
1名様あたり

58,000円123,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

67,000円134,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

75,000円145,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

89,000円156,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

92,000円157,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

成田夜発!アフタヌーンティーサービスなど期間限定特典付き

ザダナランカウイのボトムの客室マーチャントルーム
パンタイコックのハーバー隣接*洗練されたコロニアルリゾート『ザ ダナ ランカウイ』指定●往復日本語ガイド送迎&朝食付き●ホテルアレンジやクアラルンプールとの周遊もご相談ください
  • 5日間
  • 6日間
  • 7日間
  • 8日間
1名様あたり

108,000円225,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

136,000円261,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

164,000円297,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

1名様あたり

192,000円332,000円

燃油サーチャージ込み

※諸税等別途必要

重要!

トラベル・スタンダード・ジャパン
(アジア専門ダイヤル)
TEL:03-6732-1908 電話で無料相談する

ランカウイ旅行についてはこちらも
参考にしてください

この記事のカテゴリー・旅先・キーワード
ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月-土 10:00-18:30/日祝 休業

03-6630-0202
TOP