GoToトラベル一時停止延長

GoToトラベル一時停止延長決定!キャンセル方法・詳細はこちら!※2月3日最新情報

旅先:

    一時停止中のGoToトラベルキャンペーンが、3月7日まで停止の延長が決定。これは2月2日、11都府県に出されていた緊急事態宣言が10都府県(栃木県のみ解除)としながらも3月7日まで延長が決まったことから合わせて対応したもの。旅行会社に入った最新情報とキャンセル方法を速報でお届けします!

    GoToトラベルキャンペーン全国停止延長決定!※2月3日最新情報

    2021年2月7日まで11都府県に出されていた緊急事態宣言。政府は10都市(栃木県のみ解除)の緊急事態宣言を3月7日まで1ヶ月延長すると発表。

    これに合わせGoToトラベルキャンペーンの全国停止も2021年3月7日まで延長となります。

    2月3日早朝、キャンセルなどの最新の情報が国土交通省から旅行会社や宿泊施設に通達されました。詳しくわかりやすく説明します!

    GOTOトラベル 全国停止

    何となく分かってた・・・わかってたけど残念

    GoToトラベルキャンペーン 全国停止って何?これまでの経緯

    2020年7月22日に、丁度新型コロナウィルス感染第二波が拡大中の東京を除外した形でスタートを切った旅行事業者への支援事業、GoToトラベルキャンペーン。二波が少し収まった2020年10月には、東京都も晴れて参加。しかし東京都が参加して1ヶ月もしないうちに、多くの旅行業者が販売を割引率を引き下げたり販売を中止したりと、多くのトラブルが起こります。

    GoToトラベルキャンペーン東京予約開始

    本当に色々あったGoToトラベルキャンペーン・・・

    そんなトラブルも解決し、やっと本来のGoToトラベルキャンペーンを使い、国民が国内旅行を心から楽しみ、宿泊施設や旅行会社が新型コロナウィルス感染拡大で失った売り上げを取り戻そうとしていた矢先・・・第三波の感染の波が、日本に広がり始めました。

    11月末には大阪市、札幌市が目的地となるGoToトラベルキャンペーンを一時停止、12月に入り広島市、名古屋市が目的地となる旅行の一時停止が決まります。

    また、これまではどんなに感染者が増えようと、あくまで「命を守る」という基本的な感染対策のみを打ち出し感染リスクのある高齢者や一部の基礎疾患を持っている方の「自粛」のみにとどまっていた東京都も、12月には一時停止を決意。

    政府は上のように「勝負の三週間」の名づけ、GoToトラベル事業の一部感染拡大地域の一時停止や自粛と、居酒屋などの飲酒を伴う飲食業者への時短要請の「お願い」など、はたから見ても弱い対策を導入。「政府が経済重視ならそれでいいや」という意識も植え付けられていきます。

    当然感染の拡大が止まらず、国内の新規感染者が過去最多の2972人となった12月10日、政府はGoToトラベルキャンペーンの一時停止も含めた検討に入りました。

    12月11日に行われた新型コロナウィルス関連の分科会では、小見会長よりGotoトラベルキャンペーン全体の一時停止など厳しい対策を求める意見もありましたが、この時点で菅総理大臣は「ニコニコ生放送」のインタビューで「ガースーです」と自らをガースー呼びしつつ「今の時点で一時停止をするという考えはない」と発言するなど、この状態でもGoToトラベルキャンペーンは続行か?という雰囲気さえありました。

    コロナ後 海外旅行 ビジネス

    茶目っ気出して「ガースー」と言ってみたものの時期悪く叩かれる

    国民にはとっても意外だったGotoトラベル全国停止が決定!

    去る2020年12月12日、吉村大阪府知事はニュース番組で12月15日まで一時停止が行われている大阪市が目的地のGoToトラベルキャンペーンについて、延長する方針であると発言。具体的に「これまで12月15日までの一時停止や、自粛要請をしていますが、この措置に関しては12月15日以降もお願いしたいと、西村経済再生担当大臣にお願いしています」と述べ、この時点で大阪府の一時停止延長がほぼ決定状態に。

    大阪市の場合は医療提供体制が手薄になりがちな年末年始の入院患者を減らすべく、延長するとしても期間は年末前まで。12月25日までか12月28日までになるのかは、最終的には政府の判断に委ねる方針を明らかにしました。

    これを皮切りに、同様の措置を取っている札幌市の一時停止延長が12月25日まで、一部自粛中の東京都は自粛から一時停止への変更、そして新たに名古屋の一時停止も検討されていることが判明。

    ただし小池東京都知事は政府の提案に対し、2つほど異なる見解を示していました。
    ◆一時停止の期間:政府の提案12月25日まで➔東京都の要請2021年1月11日まで
    ◆東京都出発の旅行に関して:政府の提案「23区内の人に絞って在住の全ての人に自粛を呼びかける」➔東京都の要請「一時停止と同じ東京都在住の全ての人に自粛してもらう」

    年末年始の東京旅行が覆ってしまうほどの大きな食い違い(泣)!感染対策ということはわかっていますが・・・年末年始という最も高額になるツアーやホテルの宿泊プランがGoToトラベルキャンペーンでお得になっていたから予約をした、という人にとっては、出発の半月前に持ち上がった東京一時停止2020年1月11日まで説に、ハラハラドキドキ。

    誰しもが「でも一部地域の一時停止と出発自粛だけで新型コロナウィルス感染拡大って止められるの?」と思いつつも、経済活動との両立を目指すのなら、このままいくつかの都市への旅行の一時停止と自粛になるものだと思い始めていました。

    しかし、12月14日、新型コロナウィルス感染対策本部で発表された内容は、これらのいきさつを大きく変える予想外の決断でした。

    GoToトラベルキャンペーン全国一斉一時停止!

    しかも期間は2020年12月28日から2021年1月11日までという誰もが楽しみにしていた帰省や年末年始旅行が含まれるスケジュールだったのです!

    Gotoトラベルキャンペーン 一時停止

    仕方がないとはいえ罪なき子供はさぞやがっかりしたスケジュール

    緊急事態宣言に合わせGoToトラベルキャンペーン全国停止延長決定!

    年末年始、感染が収まることはなかった・・・

    2020年年末年始になんとしても新規感染者を減少させ、医療現場のひっ迫を抑え込みたかった首都圏一都3県(東京・埼玉・千葉・神奈川)は各鉄道会社へ大晦日の週夜運行を呼びかけるなど、GoToトラベルキャンペーンの一時停止だけではなく、様々な対策を投じました。

    もちろん、全国の皆さんも、忘新年会を中止したり、初詣を延期したりしましたよねっ?多くの飲食業の方も一年で最も稼げるという時期の時短要請に協力し、頑張ってきたはずですが・・・その甲斐虚しく、年末年始という限られた検査結果しか得られない環境の中でも、新規感染者と重症者数が増え続けます。

    2021年1月4日には東京・埼玉・千葉・神奈川の都知事が政府に「緊急事態宣言」の発令を要請。 政府は当初GoToトラベルキャンペーンの一時停止の扱いについて、年始に発表するとしていましたが、首都圏一都三県の知事からの緊急事態宣言要請を受け

    「緊急事態宣言発令となれば、GoToトラベルキャンペーンの再開は難しい」 と述べ、この時点で「GoToトラベルキャンペーンの一時停止が延長されるかも・・・」という嫌な予感が全国に広がっていきます・・・。

    GoToトラベルキャンペーン ニュース

    Gotoトラベル達人には決定まで胃が痛い問題だった

    菅総理大臣・緊急事態宣言発令!

    2021年1月7日、日本国内では新たに6139人の新型コロナウイルス感染者が確認されました。東京都の新規感染者はなんと2447人!少し前の1600台でも大変な衝撃を受けましたが、ここまで来るとさすがに感染が身近に感じられ、危機感がひしひしと・・・。

    また、東京都だけではなく、千葉県450人、神奈川679人という1日あたり過去最多の感染を確認。

    そしてこの日、東京・埼玉・千葉・神奈川に緊急事態宣言が発令されました。期間は2021年1月7日から2月7日までの1か月間。

    GoToトラベルキャンペーン 東京一時停止

    逃げ出すことなく常に戦っている人がいることを忘れないで!

    GoToトラベルキャンペーン全国停止も延長決定!

    緊急事態宣言発令に合わせ、菅総理大臣は1月7日、GoToトラベルキャンペーンの全国停止も2021年2月7日まで延長すると発表。

    この時点でGoToトラベルキャンペーンは昨年12月28日から全国で停止状態。先行で一時停止をしていた大阪市・札幌市に至っては、2020年11月25日(水)から一時停止を行っているため2か月以上継続してGoToトラベルキャンペーンを停止することに。

    GoToトラベル 全国停止延長

    その調子です!

    GoToトラベルキャンペーン一時停止、3月7日まで延長!※2月3日最新情報

    1月下旬には東京都は新規感染者が1000人を切る日が増え始め、2月1日、2日と全国的にも減少は見られてきたものの、1日の新型コロナウィルス感染症による死者数は最高人数に達する日が出るなど、新規感染者だけでは判断できない部分にまだまだ深刻さがうかがえる日々。

    政治は諮問委員会を開き、11都府県に出されていた緊急事態宣言を、栃木県のみを解除。他はそのまま継続して緊急事態宣言を出し続けることを決定。

    2月2日夜、菅総理大臣が2021年3月7日まで1ヶ月の延長を記者会見で発表します。

    20時近いその発表を受け、国土交通省から早朝、各旅行会社・宿泊施設に通達された内容によれば

    「GoToトラベルキャンペーンも緊急事態宣言延長に合わせ、2021年3月7日まで一時停止を継続します」

    とのこと。この国土交通省からの通達を元に、キャンセル内容など最新情報をお知らせします。

    GOTOトラベルキャンペーン どうなる?

    GoToトラベル事業は政府の肝入り。本当は再開したい

    GoToトラベルキャンペーン一時停止延長期間は?

    前回の延長は2021年1月12日(火)0時から2021年2月7日(日)23時59分まで。

    今回の延長はそのまま引き続

    2021年2月8日(月)0時から2021年3月7日(日)宿泊分※3月8日(月)チェックアウト分のGoToトラベルキャンペーンのツアーや宿泊プランは、2020年12月28日からの一時停止から引き続き予約ができません。

    ただし、今回はステージ2という目安が設けられているため、3月8日再開、と強く言い切れません。

    ステージ2ってどんな状態?

    2月2日の菅総理大臣の緊急事態宣言延長発表以前に、実は1月26日、西村経済再生担当大臣は記者会見でGoToトラベルキャンペーンの再開条件について「政府が緊急事態宣言を解除する目安の『ステージ3』より厳しい条件である『ステージ2』まで下がることが条件」と説明しています。

    これまで病気の進み具合でしか聞いたことがない『ステージ』ですが、『ステージ4』がどんな場合でも大変厳しい状態であることだけはよくわかります。ではステージ3、ステージ2とはどんな状態なのでしょう。

    ステージ3➔直前1週間の10万人あたりの新規感染者数が15人以上。東京都にあてはめると、1日の感染者数が約300~500人に相当

    ステージ2➔明確な数値の目安はないが、ステージ3より下

    ステージ2で「いきなり明確な数値がない」という曖昧さにビビりますが、要するにステージ2というのは1日の感染者数が300人以下なのでは?などと想像だけはつきますね。

    GoToトラベル一時停止延長

    3月8日以降のGoToトラベル対象旅行予約はできない

    これまでのGoToトラベルキャンペーン停止時には、期限以降の対象旅行の予約ができましたが、今回は違います。

    「きっと3月8日に再開されるからGoToトラベルキャンペーン予約しよう。予約してもきっと今まで同様、キャンセルは政府負担だろう」

    なんて思った方も多いですよね。今回はダメです!

    GoToトラベルキャンペーン事業は延長が閣議で決定されていて、旅行会社への正式延長通達も2月末まで行われました。もちろん元々の予定でも6月までの延長は計画されていましたが、延長分の販売開始は国土交通省からの通達待ちなのです。

    そのため今、旅行やツアーを予約しても、GoToトラベルキャンペーンの対象にはなりません。GoToトラベルキャンペーン再開と、延長分の販売スタートが決定してからの予約をしましょう。

    GoToトラベルキャンペーン 得するシミュレーションーション

    そうだったんだ・・・先の予約もダメか・・・

    予約済みのGoToトラベルキャンペーン対象旅行はどうなるの?

    ◆2021年2月8日(月)0時から2021年3月7日(日)宿泊分※3月8日(月)チェックアウト分のGoToトラベルキャンペーンのツアーや宿泊プランは予約済みであってもGoToトラベルキャンペーン対象外となります。

    全国停止延長は予約が自動的に削除されるものではありません。そのまま放置しておくと、GoToトラベルキャンペーン対象外の料金で予約をしていることになり、全国停止はまた延長になったから出かけない・・・ということになれば、無断キャンセルや不泊扱いになり、全額支払うハメに・・・。

    予約済みの人が取り得る対応策!

    予約済みの人が取るべき対策は以下!

    ①今の日程でどうしても旅行に行きたい場合、GoToトラベルキャンペーン対象とならない料金でツアーに出発または宿泊➔高いけれど旅行ができないわけではない!ただし、今回は政府から非常事態宣言発令中。旅行は自粛すべし

    旅行や宿泊をキャンセルする➔キャンセル料政府負担

    ③日程をずらすGoToトラベルキャンペーンの正式延長発表通達はまだ2月末まで。3月8日に再開しても、GoToトラベルキャンペーンの商品が2021年2月3日現在購入できないため不可能。今後、感染状況をみながらGoToトラベルキャンペーン対象商品販売再開が各旅行会社や宿泊施設から発表されるため、一度取り消して、再開を待つこと。

    GoToトラベルキャンペーン一時停止延長分のキャンセル方法

    通常料金で旅行は可能だけど、やっぱりGoToトラベルキャンペーンのお得な料金でこその予約・・・通常料金の旅行はハードルが高い、という人も多いでしょう。

    まず安心していただきたいのですが、キャンセル料は政府負担となるため、利用者の負担はありません。

    ちなみに筆者は某大手宿泊サイトでガラになく高級旅館を予約していましたが、出発の4日前までキャンセル料無料のプランだったため、GoToトラベルキャンペーン一時停止の延長、再開どちらでも関係なく、あっさり管理画面上からキャンセルできるものでした。直前までキャンセルを受け付けている宿泊予約サイトやツアー予約サイトを利用している方は、あまり関係ないかもしれませんが、その先にある宿泊施設の方々のためにも早めにキャンセルの手続きを行ってあげてくださいね。

    GoToトラベルキャンペーン東京予約開始

    キャンセル料無料、めちゃくちゃ大事!

    超重要!キャンセル料無料の取り消し日は2月12日まで!

    無料キャンセル期間:2021年2月2日22時(火)~2021年2月12日(金)23時59分まで

    必ず上の期間に自分のGoToトラベルキャンペーン対象旅行の予約取り消しを、旅行会社や宿泊施設などの予約先に連絡して取り消してもらうことが無料キャンセルの条件です。

    この期間、既にキャンセル料を支払ってしまった!という場合は、旅行会社や宿泊施設に、返金を求めることができます。

    ただし、GoToトラベルキャンペーン対象外になってもそのまま追加料金を支払って旅行に出かけた場合は「GoToトラベルキャンペーン対象外の旅行」と見なされるため、キャンセルの対象外です。

    全国停止延長に関わる無料キャンセルができる対象旅行とは?

    無料でキャンセルできるGoToトラベルキャンペーン全国停止延長関連の対象旅行商品は以下に決められています。

    予約先に旅行取り消しを申し出る

    GoToトラベルキャンペーン一時停止期間中の対象旅行は、全て対象外になったまま予約されています。

    予約者自身が、予約先に必ず連絡し「◎月◎日のGotoトラベルキャンペーン対象旅行の取り消しをお願いします」と、伝えなければ取り消されません。

    GoToトラベルキャンペーン事業の対象旅行・宿泊商品の予約であること 

    GoToトラベルキャンペーンに参画していない宿泊施設が意外に多いのはご存知でしょうか?・・・GoToトラベルキャンペーンはとても面倒ですからね!また、GoToトラベルキャンペーンに参加している旅行会社や宿泊施設でもGoToトラベルキャンペーン対象外の宿泊プランや旅行商品がたくさんあります。

    GoToトラベルキャンペーン対象の商品でなければGoToトラベルキャンペーンの割引は受けていないものになります。というわけで、 GoToトラベル対象外の宿泊プランやツアーは一時停止の対象ではありません。ご安心を!

    それと同時にキャンセルしたくても、キャンセル料金無料の対象になりません。 例えば「感染拡大が恐いからキャンセルして、感染者の少ないエリアに旅行へ・・・」という気持からのキャンセルでも、予約した旅行会社や宿泊施設が「手数料が必要な期間に入っています」と言えば、支払わなければなりません。

    政府の正式発表までに予約されていた旅行に限る

    先行一時停止期間の無料キャンセルは、政府が「一時停止を延長します!」と正式に発表した日までの予約しかできません。

    それ以降に予約した人は、GoToトラベルキャンペーンの対象外の旅行として予約されてしまいますので要注意!

    2月2日24時までに予約を入れてしまった人のみがGoToトラベルキャンペーン対象ツアーや宿泊プラン予約の無料キャンセルの対象ということですが・・・これまでの一時停止などの様子を見ていると、政府の正式発表は大部分が18時すぎ(笑)!コロナ禍でモロに煽りを受けた旅行会社の大部分は時短営業を余儀なくされていて、業務を終了していた旅行会社が大部分。そのため正式発表翌日までの予約であれば、無料キャンセルが認められています。

    そんなこともあり、深夜にネットで予約してしまった、なんていう人は予約先に必ず問い合わせを。

    2021年3月7日23時59分出発までの旅

    全国停止の延長は2021年3月7日23時59分まで。無料でキャンセルできるGoToトラベルキャンペーン対象旅行も2021年3月7日23時59分出発の旅までです。

    「2021年2月8日出発だけど、感染が不安だから無料でキャンセルできますか?」なんていうことはできませんが、どうしても、という場合、かなり先の旅行なので、旅行会社や宿泊先によってはまだキャンセルできる期間のところもあるはず。それに「◎日前までのキャンセルは無料」としている宿泊予約サイトも多いですよね。

    旅行会社や宿泊施設によって、対応は変わって来るので、まずは予約先に問い合わせましょう。

    ただし今回は、多くの旅行会社や宿泊施設がGoToトラベルキャンペーンの販売を2月末までとしていました。そのため、3月にかかってくるGoToトラベルキャンペーン対象旅行はないのでは?

    地域共通クーポンはどうなるの?

    GoToトラベルキャンペーン対象の料金では旅行できないけど、どうしても旅行がしたい!その場合、地域共通クーポンはどうなるのでしょうか?

    地域共通クーポンはあくまでもGoToトラベル事業の一環。GoToトラベル事業自体が全国停止をしている状態となるため、残念ながら地域共通クーポン券は受け取ることができません。

    GoToトラベルキャンペーン地域共通クーポン

    「みなさん。再開までサヨナラ・・・」

    3月8日、延長したGoToトラベルキャンペーンを使いまくろう!

    「なんだよ!結局GoToトラベルキャンペーンって全国停止や、一部一時停止や、色々ありすぎて使えないうちに事業終了予定の1月30日を迎えてしまうじゃないか!?」と思っている人も多いでしょう。

    政府は既に6月末頃までの延長を予算案に盛り込んでいるため、感染状況を見ながら徐々に期間を延長していく構え。しかも12月28日から完全に止まってしまったこの事業の予算はまだたっぷり余っている上に、GoToトラベルキャンペーンの予算もたんまり計上されたようです(良いのか、悪いのか・・・でも、旅行業界や旅行好きには良いことです)。海外旅行に当分行けそうもない雰囲気の今、停止している期間の予算をプラスすると、夏休み頃まで続きそうではありませんか?

    だから、今、GoToトラベルキャンペーンが利用ができなくても、ガッカリしすぎず、余裕を持った旅行計画を立てておきましょう。

    筆者はこんな不安定な時期は、ツアー予約は電話で色々質問できる旅行会社トラベル・スタンダード・ジャパンのツアーを利用しています。もちろんGoToトラベルキャンペーン対象ツアーも、GoToトラベルキャンペーン対象外のツアーも(格安です)揃っています。

    今行きましょう、とは言いませんが、計画くらい立ててもいいですよね!

    何が凄いって、既存のツアーの予約についても泊まりたいホテルにアレンジしてくれたり、GoToトラベルキャンペーン対象商品なのに、自由自在に要望を聞いてくれるんです。たとえば、好みのフライトから宿泊先まで旅行を全てGoToトラベルキャンペーン対象商品に組み替えてくれるフリーオーダーもあるんですよ。これ、すごくおすすめです!

    3月8日以降、感染状況がステージ2となり、GoToトラベルキャンペーンが再開したら、自分だけの「Gotoトラベル・オリジナルツアー」を作ってもらってもいいですね!

    トラベル・スタンダード・ジャパンのGoToトラベルキャンペーンの予約が再開したら、まっ先にお伝えしますね!

    この記事のカテゴリー・旅先・キーワード

    旅先:

      ツアーアレンジ自由自在!
      お気軽にご相談ください
      どこよりも早いスピード対応!!

      メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

      月-土 10:00-18:30/日祝 休業

      03-6630-0202
      TOP