長崎のおすすめ観光スポットと端島(軍艦島)見学にベストなホテルは?

旅先:

江戸時代、日本でただ1つ、外国との窓口としてユニークな風俗・文化が育まれた長崎。街を歩けば名所・旧跡だらけで、特に歴史が好きな人には魅力が溢れています。出島やめがね橋がある長崎市の中心部から少し足を延ばせば、明治維新以後の日本の産業発展を支えた歴史遺産がたくさん残っており、その中でも人気があるのが軍艦島です。今回は軍艦島見学と合わせて訪ねてみたい長崎の隠れた名所と、おすすめのホテルを紹介します。

軍艦島とはどんなところ?ベストシーズンやアクセス方法は?

軍艦のようにみえる島

軍艦島は通称で、正式には端島といいます。端島(軍艦島)は長崎の南に浮かぶ小さな島でしたが、明治以降、海底炭鉱の入口として利用され、石炭採掘施設、積み出し港として周囲の埋め立てが進み、さらに炭鉱で働く人たちの住宅が整備されて、海に浮かぶ小さな町になりました。それが対岸からみると軍艦のような姿に見えたので、通称軍艦島として知られています。戦後、ピーク時には5,000人以上の人々が小さな島に住んでいましたが、石炭の採掘が終了し1974年に閉山、島は無人島になりました。軍艦島はそのユニークな形から人気がありましたが、次第に歴史的価値が注目され、世界遺産への働きかけもあり、2015年に「明治日本の産業革命遺産」として登録が決まりました。島には宿泊施設はなく、長崎市中心部から船で行く上陸ツアーが催されています。

軍艦島観光のベストシーズン

端島(軍艦島)へのツアーは1年を通して運行されていますが、冬場は波が高くなることもあって、島への上陸が難しいときもあります。やはり春先から秋までが観光のおすすめシーズンです。長崎観光と組み合わせて訪れるなら、5月の大型連休のタイミングや、10月上旬に長崎の町がたいへんな盛り上がりを見せる諏訪神社の例祭、「長崎くんち」の時期を狙ってみてはいかがでしょうか。

東京から長崎へのアクセス

東京から長崎を訪ねるには、羽田空港から長崎空港への直行便の利用が便利です。日本航空・全日空とも一日数便ずつ運航しています。長崎空港から長崎市中心部へは、高速バスを使うと40分程度で着きます。出島道路経由の便だとバスは市内中心部のバス停を1つずつ止まっていきますので、行きたいスポットのすぐ近くまで直行できます。郊外を回る予定があるときは、長崎空港からレンタカーの利用をお勧めします。

軍艦島の歴史や魅力とは?

老朽化が進んだ建物

軍艦島はその軍艦に似た形がまず話題になりますが、歴史的な価値が詰まっています。海にポツンと浮かぶ島で明治時代に石炭採掘が始まり、大正時代には次第に人が住み着きました。日本で最初の鉄筋コンクリート造の集合住宅は、1916年にここ軍艦島で建てられました。容易に本土と行き来ができないので、戦後は小さな島が1つの町のようになり、小中学校、病院、映画館、理髪店・美容院、遊技場など、すべてが島の中で済む世界ができ上がりました。島で育った人の笑い話では、デートをしようにも島の中には人目に付かない場所がなかったということです。軍艦島は、究極の職住接近の団地生活が、日本で初めて生まれた場所なのです。

すでに無人島となって時間が経っており、堅固なコンクリートの建物・施設も長年の風雨にさらされて、老朽化が進んでいます。ツアーでは上陸後、島の南側の安全なエリアを中心に回りますが、そそり立つ建物・施設を間近に見るとたいへんな迫力を感じます。この小さな島で5,000人もの人がそれぞれの人生を歩んでいたと思うと、とても感慨深いものがあります。

軍艦島は長崎港からそう遠くはないものの、いわば外洋に浮かぶ小さな島なので、台風などが来るたびに激しい風雨にさらされてきました。そう思うと今でもこれだけの建物・施設が残っていることが不思議にも思えます。ツアーに参加する前に、軍艦島や、長崎の歴史を学ぶ施設を訪ねておけば、ツアーで得られる実感がグンと変わってきます。学ぶことで楽しみが増す観光スポットなのです。

軍艦島を訪れるときに一緒に見ておきたい長崎のスポットは?

修学旅行の定番スポットめがね橋

せっかく長崎の違った魅力を訪ねて軍艦島を訪れるのなら、修学旅行の定番スポットの出島やめがね橋のほかに、長崎の歴史的な価値を知ることができる観光スポットを回るのもおすすめです。

軍艦島デジタルミュージアム

軍艦島について徹底的に予習しておきたい人には、「軍艦島デジタルミュージアム」は欠かせません。世界遺産の大浦天主堂のそばにあり、最新のデジタル技術で軍艦島の生活を蘇らせる展示が工夫されています。ここを一緒に訪れればリアルの軍艦島と、バーチャルの軍艦島が一つになって、完全な軍艦島体験ができます。大浦天主堂やグラバー園のちょうど足もとにあるので、定番の長崎観光スポットのすぐそば。ツアーの船が出る港にも近く、ちゃんぽんや皿うどんの名店、四海樓の目の前にあります。軍艦島ツアーとセットの割引も受けられます。

軍艦島デジタルミュージアム

URL:https://www.gunkanjima-museum.jp
住所:〒850-0921長崎市松が枝町5-6
アクセス:長崎電気軌道「大浦天主堂」すぐ
電話番号:095-895-5000
営業時間:9:00~17:00
休日:不定休
入場料:一般1,800円

長崎歴史文化博物館

長崎の歴史にはポルトガル、オランダ、中国などいろんな国が現れて、とても興味深い変遷を辿っています。歴史を知りたい人が絶対に訪れなければならないのが、中心市街地のやや北の方にある「長崎歴史文化博物館」(通称れきぶん)です。歴史文化博物館は、江戸時代に長崎奉行所があった場所にあり、長崎くんちで知られる諏訪神社のすぐ近くです。特に江戸時代の長崎の歴史がよく分かり、奉行所のお白州を舞台に寸劇が演じられることもあります。明治以降に長崎がなぜ産業都市として大きく発展したのか、その流れを知るためにも歴史文化博物館はぜひ訪ねておきたい施設です。

長崎歴史文化博物館

URL:http://www.nmhc.jp/index.html
住所:〒850-0007長崎市立山1丁目1番1号
アクセス:長崎電気軌道「桜町」徒歩5分
電話番号:095-818-8366
休館日:毎月第3月曜日
観覧料:大人630円

小菅修船場跡

「明治日本の産業革命遺産」では軍艦島の人気がナンバー1ですが、他にも三菱重工長崎造船所にあるジャイアントカンチレバーなど、町の中から遠望できるものもあります。グラバー園にある旧グラバー住宅も、世界遺産に指定されました。そのトーマス・グラバーが建設に関わった施設でやはり世界遺産に指定されたのが「小菅修船場跡」です。これはグラバー園の下からさらに南へ行ったところにあります。知らないで通り過ぎると、小さな入り江にレールのようなものが敷かれているだけですが、日本初の洋式スリップ・ドックです。船を乗せた台を蒸気機関で陸に引き揚げそこで船の修理をした施設で、明治の初めにグラバーの祖国であるスコットランドから装置を取り寄せたものです。施設の多くは失われてしまいましたが、蒸気機関とそれを収めたレンガ造りの建物が残っており、日本最古のレンガ建築物です。桜の季節は花が赤いレンガによく映えます。

小菅修船場跡

URL:http://www.japansmeijiindustrialrevolution.com/site/nagasaki/component01.html
住所:〒850-0934長崎市小菅町5
アクセス:長崎バス野母半島方面乗車、小菅町下車徒歩5分
電話番号:095-829-1314(長崎市観光推進課)
入場料:無料

長崎では名所・旧跡がもうありとあらゆるところに溢れていますが、少しだけ足を延ばせば歴史をそのまま感じることができるスポットがたくさんあります。軍艦島体験とセットで訪ねてみることをお勧めします。

軍艦島観光で泊まってみたいホテルは?

長崎で軍艦島の見学に行くなら、ホテルは長崎港の近くにもたくさんありますが、郊外の伊王島にあるi+Land nagasaki(アイランドナガサキ)がリゾート気分に溢れていておすすめです。伊王島は長崎市の南の方にあり、島と言っても伊王島大橋で本土と繋がっていますので、クルマでのアクセスも便利です。距離的には、ちょうど長崎市中心部と軍艦島の中間あたりです。

温泉やアウトドアアクティビティも楽しめます(イメージ)

伊王島全体をテーマパークのように活用

アイランドナガサキは、伊王島全体をテーマパークのように活用して、宿泊・温泉はもちろん、アウトドアアクティビティも楽しめる総合レジャー施設です。テーマは「春夏秋冬を遊び尽くす、海と山と風の島」。いろんな機能と楽しみが一カ所にギュッと詰まっています。宿泊にはホテルとロッジがあり、カップル、家族・グループ、愛犬と一緒に行きたい人もそれぞれ、使いやすい施設から選ぶことができます。レストランも和食からダイナーで、お肉・魚などあらゆるチョイスができます。家族連れには海辺のバーべキューレストランもあります。長崎は新鮮な魚はもちろんのこと、和牛の名産地としても知られていて、ブランド牛は全国的に人気があります。

アクティビティも充実

アクティビティも充実していて、子供向けのプレイキッズランドや、島を回るレンタサイクル、セグウェイも利用できます。釣りはもう本場ですし、夏は海水浴が楽しめます。体験型マルチメディア・ナイトウォーク「アイランドルミナ」はきっとカップルの思い出になります。歴史ある長崎の街並みを楽しむ旅とは一味違った、リゾート地としての長崎を堪能できるホテルです。

軍艦島ツアーを催行

アイランドナガサキではもちろん、ホテルのロケーションを行かして軍艦島ツアーを催行しています。ホテルの目の前にある伊王島港からツアーが出ており、地の利を生かして軍艦島への到着も早くなります。船が苦手の人には、乗船時間の短いのが何よりです。温泉につかっておいしいものを食べて、ゆったり泊まっていろんな遊びを楽しめるのはアイランドナガサキだけと言ってよいでしょう。

i+Land nagasaki(アイランドナガサキ)

URL:https://www.islandnagasaki.jp
住所:〒851-1201 長崎県長崎市伊王島町1丁目3277-7
電話番号 : 095-898-2202
アクセス:車利用の場合、長崎市中心部から約30分
JR長崎駅から無料送迎バスも利用可能
宿泊プランは施設ホームページから

【まとめ】長崎で大人の修学旅行を

軍艦島を通して長崎の歴史を深く知りましょう

修学旅行で長崎を訪れた人もいるかもしれませんが、長崎はとても多くの表情を持つ町です。大人の修学旅行のつもりで軍艦島を見学し、あらためて長崎の歴史を深く知れば、ドラマや映画で長崎のエピソードに触れたとき、見方が変わってくるかもしれません。修学旅行の時とは違って、大人が楽しめるリゾートホテルに泊まり、新たな角度で長崎を楽しむのもおすすめです。海風に吹かれて、過去と現在を楽しむ旅行にしてみませんか。

最新情報やお得な情報がGETできるTSJのメールマガジン登録がおすすめ!

TSJではメールマガジンの配信を行っています。メールでは海外・国内の観光スポットの最新情報や、コロナウイルス感染対策情報、また旅行のお得な割引情報も簡単にメールマガジンから入手できます。
メールマガジンは、登録無料なので登録してみてはいかがでしょうか♪ 登録は下記フォームから簡単に登録できるので是非してみてください! メールマガジンに登録してお得に旅行を楽しみましょう!

トラベル・スタンダード・ジャパン
TEL:03-5956-3035 電話で無料相談する
この記事のカテゴリー・旅先・キーワード

旅先:

ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月~金 10:00-18:00/土日祝 休業

03-5956-3035
TOP