絶対に押さえておきたい ローマ観光スポット7選

絶対に押さえておきたい ローマ観光スポット7選

ローマといえば、季節問わずに多くの観光客が訪れるイタリアの首都です。悠久の歴史を肌で感じる観光スポットが数多くあり、映画の舞台になった場所も点在しています。見た目も美しい教会や建築物など、とにかく見どころがいっぱい。絶対に押さえておきたいローマの観光スポット7選をご紹介します。

1.絶対的人気を誇る「スペイン広場」

映画『ローマの休日』で、オードリー・ヘップバーン扮するアン王女がジェラートを食べていた場所で有名な広場がスペイン広場です(※現在は、文化遺産保護のために飲食禁止ですのでご注意ください)。
広場中央にある小舟の形をしたバルカッチャの噴水は、バロック時代の芸術家ベルニーニによって作られました。街中に当たり前のように巨匠の作品があるのも、実にローマらしい一面と言えます。
晴れた日のスペイン階段には、常に多くに人が座っています。階段に座って見下ろす噴水と街並みも、階段から見上げて目に入る白亜のトリニタ・デイ・モンティ教会も、どちらも美しくてフォトジェニックな風景です。

ベルニーニ作のバルカッチャの噴水も歴史的価値のある作品

ベルニーニ作のバルカッチャの噴水も歴史的価値のある作品

多くの人でにぎわうスペイン階段

多くの人でにぎわうスペイン階段

2.「トレヴィの泉」でコインを投げる

ローマにある噴水の中で最大の大きさを誇るトレヴィの泉も、大人気スポットです。泉を背にして立ち、コインを投げ入れると願いが叶うというコインの伝説はあまりにも有名です。1枚投げるとローマに再来訪でき、2枚投げると大切な人と永遠にいられると言われています。
古代の神話をモチーフに作られている彫刻は、躍動感に満ち溢れています。堂々と立つ海の神ネプチューンを中心にトリトンや海馬、女神の石像が配置され、さらに後ろにそびえ立つ神殿には圧倒されます。

投げる枚数によって叶う願いが異なるトレヴィの泉

投げる枚数によって叶う願いが異なるトレヴィの泉

ライトアップされたトレヴィの泉

夜はライトアップされ幻想的な雰囲気に

3.圧倒的なスケールに驚かされる「パンテオン」

およそ2000年前に建てられた古代ローマの神殿パンテオンは、何世紀にもわたって事実上無傷で残っている建築物です。宗派の壁を越えて、あらゆる神を祭るために建てられた万神殿と言われています。高さ12.5メートルの巨大な柱が並ぶ入口を入り、完璧な円形と言われているドームへ。天井を見上げると、整然とした幾何学的な模様とトップにぽっかりと空いた穴が目に入ります。「オクルス(oculus)」と呼ばれるこの穴は、「目」を意味している採光窓です。雨が降った時でも水浸しにならないように工夫され、またオルクスからの降り注ぐ光によってドーム内の表情が変わるようにと、緻密な設計が施されているこの建物は、かのミケランジェロも称賛したと言われています。また、ルネサンス期の巨匠ラファエロがこちらに埋葬されていることでも有名です。
「ローマを旅し、パンテオンを訪れぬ者は愚者で現れ、愚者と去る」ということわざもあるほど見学価値のあるスポットですので、お見逃しなく。

2000年前に建てられた古代ローマの神殿パンテオン

2000年前に建てられた古代ローマの神殿パンテオン

オルクスを中心とした見事な円形ドーム

オルクスを中心とした見事な円形ドーム

4.市内で最も美しい「ナヴォーナ広場」

中央にそびえたつオベリスクを中心に縦長に広がるナヴォーナ広場は、市民の憩いの場でもあります。
広場内には3つの噴水があり、なかでもオベリスクの台座となる「四大河の噴水」は圧倒的な存在感を放っています。ベルニーニが彫刻を手がけており、河川を擬人化した4体の巨人像が印象的な噴水です。広場にある白亜の教会サンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会は、バロック時代の奇才ボッロミーニが設計した教会です。円形のドームとその両脇で対になった鐘楼が美しく、天気の良い日は青空にとても映えます。
同時期を生きた、バロック時代の天才2人の作品を同時に見ることができるのは本当に贅沢と言えます。

ローマ市民の憩いの場でもあるナヴォーナ広場

ローマ市民の憩いの場でもあるナヴォーナ広場

四大河の噴水とサンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会

四大河の噴水とサンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会

5.古代ローマ時代の闘技場「コロッセオ」

映画『グラディエーター』の舞台となったコロッセオ。映画の中では実際のコロッセオは使用されていませんが、当時はあのような剣闘士たちの戦いや、獣と人の戦いなどがコロッセオ内で繰り広げられ、それが当時の娯楽のひとつとして観客を熱狂させていたといいます。ローマ帝国衰退とともに放置され、災害などの被害にもあい、様々な箇所が崩壊してしまっているものの、当時のまま残されている部分も多くあります。
2000年も前から存在する建築物に足を踏み入れられる奇跡をぜひ堪能してください。

ローマ コロッセオ

圧倒的な迫力を放つコロッセオ

さまざまな戦いが繰り広げられていたコロッセオ

さまざまな戦いが繰り広げられていたコロッセオ

6.ローマに来たからには手を入れてみたい「真実の口」

サンタ・マリア・イン・コスメディン教会に飾られている真実の口は、こちらも映画『ローマの休日』で有名になったスポットです。もともと、「嘘や偽りの心を持つ人間が、その口に手を入れると、噛み切られてしまうか手が抜けなくなってしまう」という伝説で知られていました。手を入れて写真を撮るというお決まりの流れですが、こちらも混雑しているため並ぶことは多少我慢しなくてはなりません。
また真実の口だけでなく、6世紀に建てられたという教会内の大理石の床のモザイクも見どころなので、見学することをおすすめします。

多少並んでも体験したい真実の口

多少並んでも体験したい真実の口

真実の口

やっぱり一度は手を入れてみたい⁉

7.「マルタ騎士団の館」で鍵穴をのぞいてみる

真実の口から歩いて15分ほどのところの高台にあるのがマルタ騎士団の館です。マルタ騎士団とは、十字軍遠征のころ巡礼者保護を目的として設立された、領土を持たないが主権国家として存在する組織です。そのマルタ騎士団が所有する敷地のひとつがこちらになります。
人気なのは館そのものではなく、その重厚な正面の扉にある鍵穴です。アーチ型の鍵穴を覗くと、そこにヴァチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂のドームが、額縁の中にある絵画のように姿を現すのです。可愛らしい写真が撮れること間違いなしです。
また、すぐ横にあるアランチ庭園からはローマ市内およびヴァチカン市国を一望できるので、こちらも一緒に訪れてみるとよいでしょう。他の超人気スポットに比べるとまだまだ穴場といえるポイントです。

鍵穴から見えるサン・ピエトロ大聖堂のドーム

鍵穴から見えるサン・ピエトロ大聖堂のドーム

マップで見る!ローマ観光スポット7選

世界遺産や文化遺産が多く存在する観光都市ローマは、とても魅力あふれる街です。ローマが舞台となった映画を観たり、歴史の下調べなどをしてから行くと、より一層楽しめるでしょう。
ご紹介させていただいたスポットは、世界各国から観光客が訪れる場所なので時間によってはかなり混雑しています。残念ながら、そういう場所はスリや置き引きなどのトラブルにあいやすいのも事実です。無防備にならず、気をつけながら観光を楽しみましょう。

当社のローマツアーはアレンジ自由自在!

トラベルスタンダードジャパンは大手他社と違って「丸投げ」がOK。地域別専門スタッフがお客様のご希望やご予算に合わせて理想の旅行をご提案します。
「価格の安さ」と「対応スピード」はもちろん、旅の「質」が高いことも顧客満足度が高くリピート数が多い理由です。あなただけのオンリーワンのプランで一味違う海外旅行をしませんか?

トラベル・スタンダード・ジャパン
(ヨーロッパ・中近東専門ダイヤル)
TEL:03-6630-0202 電話で無料相談する

ローマ旅行についてはこちらも
参考にしてください

この記事のカテゴリー・旅先・キーワード
ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月-土 10:00-18:30/日祝 休業

03-6630-0202
TOP