バリ島の違う魅力を満喫!ビーチエリアと熱帯雨林のウブドエリアの2カ所に滞在

バリ島のビーチエリアv.s.熱帯雨林!ウブドエリア2ヵ所の魅力をご紹介します

バリ島といえば皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?サーファーに人気のクタビーチや美しい夕陽、伝統舞踊のバリダンス、高級リゾート、緑の田園などなど。通常はどこかエリアを決めてホテルも1カ所に滞在し、そこから観光などにでかけるツアーですが、ここでは全く違うバリの魅力を1度で楽しめる、ビーチエリアと熱帯雨林に囲まれたウブドエリアを両方楽しめるツアーのご紹介です。ビーチエリア、ウブドと2カ所のホテルを利用します。両方に宿泊していただき、海辺と大自然、違う雰囲気を味わえる楽しさ2倍の旅プラン。行きたい場所などご希望のアレンジも可能です。バリ島のいろいろな顔を見れる楽しいツアー、ぜひご検討くださいね。

熱帯雨林に囲まれた芸術の町、ウブドの魅力

ウブドの熱帯雨林の森

ウブドの熱帯雨林の森

一歩足を踏み入れるとなぜかのどかな気持ちになる不思議な魅力のある町、ウブド。大自然に囲まれたマイナスイオンがいっぱいの熱帯雨林が原生するエリアです。

ウブドの大自然

ウブドの大自然

基本、町に高い建物はほとんど無く、あちこちに田園風景が広がります。ウブド中心地には活気のある大きな市場があったり小さなショップやレストランが建ち並び、ショッピングも充実しています。

絶景リゾートやレストランで、のどかな雰囲気を満喫

ウブドへの日帰りのツアーも多いのですが、宿泊することで夜の過ごしやすい涼しい気候やのどかな雰囲気を満喫できます。ホテルも昔からヴィラタイプが多く、緑の自然を眺めながらのんびりしたプライベート感のある滞在ができる多くのリゾートがあります。熱帯雨林と渓谷の眺めの絶景リゾートやレストランも多く、椰子の木群をはじめとする南国のジャングルの壮大な景色を楽しむことができます。

絶景が広がるウブドのリゾート

絶景が広がるウブドのリゾート

リラックス効果の高いヨガが盛ん

ヨガを愛するヨギーニが多く住むことでも知られ、南部の何倍もの多くのホテルリゾート内でのヨガクラスがあります。大自然のマイナスイオンあふれる中でのヨガはリラックス効果も高く、「ヨガバーン」などの毎日オープンしているヨガスタジオもあるくらい、ヨガが盛んなエリアです。町のブティックでもヨガウエアを扱うお店が南部よりも圧倒的に多く、南部に比べるとエキゾチックなファッションが主流です。

マイナスイオンいっぱいの中でのヨガ

マイナスイオンいっぱいの中でのヨガ

さまざまなバリの伝統舞踊が楽しめる

町のあちこちで伝統舞踊のバリニーズダンスが上演され、「レゴンダンス」「ケチャックダンス」「ジュゴグ」など毎日さまざまな場所でさまざまな公演があるのもウブドの特徴です。画家やアーティストも多く滞在しており、バリダンスの習得のための留学にきている日本人も多く見受けられるような芸術の町ともなっています。

バリらしい風情のある町

ウブドは町のあちこちに寺院や村のお寺が点在するバリらしい風情のある町です。有名なファーストフード店などの町の景観を損ねるような見た目のお店は出店させてもらえません。有名なカフェ、スターバックスも、ウブドにあるものは外から見ると石造りの建物で一見スターバックスに見えないようなバリスタイルのデザインとなっています。

町の中でさまざまなバリらしい建物や緑の自然を感じられる、どちらかというとビーチエリアより落ち着いた雰囲気のエリアです。

ウブドの観光ポイント

プリサレンアグン王宮

ウブドの町の中心に「プリサレンアグン王宮」というウブド王宮があります。現在も王族の末裔が暮らし、一部は一般公開されています。夜はレゴンダンスなどのバリ舞踊が上演されます。

ウブド王宮「プリサレンアグン」

ウブド王宮「プリサレンアグン」

アルマ・ミュージアムリゾート

芸術の町らしく、町にはいくつかの美術館があります。プンゴセカンエリアにある「アルマ・ミュージアムリゾート」アグンライ・ミュージアムとも呼ばれ、バリの伝統的な絵画法からバリ在住の海外アーティストの作品まで幅広く展示されています。
バリ島の満月と新月の日には敷地内のステージでケチャックダンスのパフォーマンスが、毎週日曜日にはレゴンダンス、毎週火曜日にはレゴン・テレック、毎週水曜日にはトペンダンス、毎週金曜日にはバロンダンスが催されます。
ディナー付きでの観賞もできますので、ウブドらしい幻想的な雰囲気の中でのお食事が楽しめます。
(ダンス観賞のみRp.8万、ディナー付きRp.155,000/満月、新月のケチャックダンスのみ、ダンス観賞のみRp.10万、ディナー付きRp.175,000)

「アルマ・ミュージアムリゾート」さまざまな絵画やアートの展示

さまざまな絵画やアートの展示

「アルマ・ミュージアムリゾート」バリ伝統舞踊も観賞できます

バリ伝統舞踊も観賞できます

ネカ美術館

サンギンガンエリアにあるネカ美術館はウブドでも老舗の大型の美術館です。
伝統的なバリ絵画からバリに魅せられたオランダ人の描く絵画、現代インドネシア絵画、バリで著名なアーティストによる写真展示室などが展示されています。

プリ・ルキサン美術館

バリの王族とオランダ人アーティストが建てた、ラヤ・ウブド通りにあるプリ・ルキサン美術館はウブドで最も古い美術館です。伝統的なバリ絵画や木彫りの彫刻、バリ島を愛する海外アーティストの作品などが展示されています。美しい庭園の中でバリ島の文化に親しむことができます。ウブド王宮からも歩いて5分くらいなので、観光場所としても好立地。芸術の町ならではの美術館巡りもいいものですね。

プリ・ルキサン美術館

プリ・ルキサン美術館

モンキーフォレスト

そしてウブドには「モンキーフォレスト」という「聖なる猿の森」があります。200匹のサルが生息し、自然保護区となっています。ここには特に何がある!という感じではないですが、緑豊かな大自然とサルのいる森をお散歩するようなイメージです。入り口にサルの餌を売っていたりするので、それを持って入るのも楽しいでしょう。

モンキーフォレストのサル

モンキーフォレストのサル

テガラランのライステラス

車で20分くらい北方面へ行くと、テガラランというライステラス(棚田)が多く見られるエリアがあります。川の渓谷の斜面に沿ってライステラスが作られていて、熱帯雨林のジャングルとライステラスの風景の美しいことで知られています。ここにはたくさんのカフェが建ち並び、ダイナミックなライステラスの景色を眺めながらお食事やアフタヌーンティーを楽しむことができます。

ウブドは観光地へのアクセスが大変良いエリア

ウブドからだと、南部からは遠いけれどウブドからなら比較的近い、といった観光地が多くあります。ですので観光地へのアクセスが大変良いエリアとも言えます。美しい庭園と僧侶の修行の場でもあったと言われる洞窟がミステリアスなゴアガジャ、古代王の遺跡とも言われる巨大な石造りの彫刻グヌンカウィ、世界遺産にも登録されている聖なる泉ティルタエンプルや有名な温泉地やバトゥール湖のあるキンタマーニ高原など、南部からだと2時間以上かかるような観光地でもウブドからなら30〜1時間くらいで行くことができます。このあたりはパワースポットだとも言われていますね。ウブドに来たらぜひこちらの観光地もまわってみてくださいね。

グヌンカウィの巨大石像遺跡

グヌンカウィの巨大石像遺跡

バリ島、ビーチの魅力

開放的で気さくなビーチ

ウブドとは正反対と言ってもいい、バリ島のビーチエリアは開放的な雰囲気がいっぱい。クタの夕陽でも有名なクタエリアでは、遠くまで続くビーチに青い海、ビーチには飲物やお土産を売る人やサーフボードやビーチベッドをレンタルしたりする地元の日焼けしたバリニーズ、と言った気さくな雰囲気です。隣のスミニャックエリアバトゥブリッグエリアチャングーエリアのビーチも似たイメージ。自由でカジュアルな雰囲気に包まれています。そして魚の市場があるジンバランエリアや漁村の色濃いサヌールエリアでは、比較的ビーチでの観光客の数も少なく、静かに過ごせるエリアです。

ラグジュアリーな雰囲気のヌサドゥアエリア

ヌサドゥアエリアは5つ星リゾートが立ち並ぶ、高級リゾート地として開発されたエリアなので、比較的ラグジュアリーな雰囲気が漂います。砂もクタよりは白い砂で、海の色も美しいマリンブルーとなっています。

ヌサドゥアの南国リゾートらしい白砂のビーチ

ヌサドゥアの南国リゾートらしい白砂のビーチ

ビーチ沿いのレストラン

ビーチ沿いにあるレストランも多く、キラキラと輝く海を眺めながらのお食事はまた格別です。クタエリアの「マジョリ」、スミニャックエリアの「ラ・ルチオーラ」、Wホテル内の「スターフィッシュブルー」、ザ・サマヤの「ブリーズ」などはインド洋の美しい海を眺めながらのお食事が楽しめるレストランです。

スミニャック、ザ・サマヤのブリーズレストラン

スミニャック、ザ・サマヤのブリーズレストラン

ヌサドゥアやウルワツの断崖絶壁の上にあるリゾートなどからも壮大なインド洋を眺めることができ、海の絶景の中でのリゾートライフを楽しむことができます。

リッツカールトン、ヌサドゥアのブジャナ・レストランの眺め

リッツカールトン、ヌサドゥアのブジャナ・レストランの眺め

ビーチの観光ポイント

クタエリアで気軽にサーフィン体験

クタエリアではサーフィンのスポットがたくさんあることでも有名で、世界中から良質の波を求めてサーファーがやってきます。クタビーチにあるサーフスクールではサーフィンレッスンを行っており、気軽にサーフィンの楽しさを体験することができます。そしてクタエリアでのポイントはなんと言っても美しい夕陽、サンセットタイムでしょう。サンセットドリンクを楽しみながら、クタビーチに沈む夕陽の眺めは最高の思い出になるでしょう!

ロマンティックなクタの夕陽

ロマンティックなクタの夕陽

ショッピング&ステキカフェ巡り

そしてお洒落なブティックやレストランが軒並み揃うスミニャックエリアでのショッピング&ステキカフェ巡り。洗練されたショップやファッションであふれ、センスの良いインテリアのカフェでのんびり過ごすことができます。スミニャックエリアでも夕陽を楽しむことができますよ。ジンバランエリアでは、「イカン・バカール」と呼ばれる、ビーチ沿いで魚を焼いてもらって食べるジンバラン・カフェと呼ばれるレストランが多数あります。現地で自分で好きな魚や海老、イカなどを選んで焼いてもらい、ビーチで食べるシーフード料理は大変人気があります。17:30くらいまでにカフェに入ると、魚が焼き上がったあたりの時間にサンセットタイムが楽しめますよ。

ヌサドゥアエリアでウォータースポーツを楽しむ

ヌサドゥアエリアではタンジュン・ベノアというエリアでウォータースポーツが楽しめ、少し沖に出たあたりでのシュノーケリングなどに出かけることもできます。サヌールのビーチ沿いでは海の波が穏やかで、ジュクンと呼ばれるバリスタイルの船の浮かぶのどかな景色を眺めることができます。サヌールもまだまだ高い建物は少なく、バリ島らしい風情の残る町です。

サヌールのジュクンのあるビーチ

サヌールのジュクンのあるビーチ

寺院観光と、ケチャックダンス観賞

断崖絶壁の岬の上に建つウルワツ寺院。こちらで上演されるインド洋をバックに観賞するウルワツ寺院の「ケチャックダンス」もおすすめです。空港のあるクタエリアから車で1時間ちょっとのウルワツエリアにあり、だいたい16時半くらいから寺院観光をして、18時からのケチャックダンス観賞を楽しみます。壮大なインド洋を背景に沈み行く夕陽を眺めながら見るケチャックダンスは圧巻です。

夕陽とインド洋を背にしたケチャックダンスは圧巻

夕陽とインド洋を背にしたケチャックダンスは圧巻

海に浮かぶように建つヒンズー寺院、タナロット寺院にもぜひ足を運びましょう。世界の中でも美しい夕陽スポットのひとつと言われており、こちらでもビーチサイドでケチャックダンスを観賞できます。もちろん昼間の時間も美しい寺院と海の融合した景色が楽しめますよ。寺院の下にある岩場の洞窟ではお坊さんがバリ風のスンバヤン(お祈り)をしてくれます。ぜひ家内安全や旅の安全をお祈りしてきましょう。

海に浮かぶように岩の上に建つタナロット寺院

海に浮かぶように岩の上に建つタナロット寺院

ダイビングやシュノーケリングで美しい海を堪能する

バリ島はダイビングスポットとしても名高い島で、東部のチャンディダサパダンバイアメッド方面ではダイビングが盛んです。マンボウやマンタの遭遇率も高いと言われており、美しい海を求めて世界中からたくさんのダイバーが訪れています。アメッドでは珊瑚が群生しており、シュノーケリングでも充分海の中のかわいい魚たちの様子が楽しめます。海沿いには眺めのいいホテルやレストランが点在し、欧米人にも人気があるエリアです。パダンバイでは白砂に珊瑚が点在し、沈没船のあるエリアには美しい魚たちが集まっています。

マンボウに会えるかも

マンボウに会えるかもしれません

西方面の西部国立公園の方まで足を伸ばすと、ムンジャンガン島に続くリゾート「ミンピ・ムンジャンガン」や「ザ・ムンジャンガン」があり、リゾートからのボートでムンジャンガン島の自然保護区である珊瑚が群生するエリアでのシュノーケリングが楽しめます。浅瀬でもかなりの魚の種類が目視でき、そんなに泳ぎが得意でない人でも美しい海を堪能することができます。

ウブドの熱帯雨林とビーチ沿いは見どころ満載!

ウブドの熱帯雨林とビーチ沿いの様子、いかがでしたでしょうか?
どちらも体験していただきたいエリアで、見どころも満載です。バリ島は本当に見ていただきたい観光スポットがたくさんあるので、ウブドとビーチ、ぜひ2カ所に滞在してその良さを存分に味わってみてくださいね。

トラベル・スタンダード・ジャパン
(ビーチリゾート専門ダイヤル)
TEL:03-6634-7788 電話で無料相談する

バリ島旅行についてはこちらも
参考にしてください

この記事のカテゴリー・旅先・キーワード
ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月-土 10:00-18:30/日祝 休業

03-6630-0202
TOP