奄美大島ヘッダー-min

奄美大島の定番観光スポット10選!アクセスや体験できるアクティビティは?

旅先:

奄美大島と聞いてどんなイメージが湧くでしょうか。奄美大島ってどんなところなんだろう。奄美大島で何ができるの?という疑問もこれを読めばばっちりでしょう。”東洋のガラパゴス”と呼ばれるほど自然の豊かな奄美大島の定番観光スポットや、奄美大島で体験できるアクティビティを詳しくご紹介します。

奄美大島の基本情報

奄美大島は鹿児島本土と沖縄本島のほぼ中間に位置する8つの島で形成された奄美群島の島です。奄美群島の人口は約11万人で、その中でも奄美大島の人口は約6万人と奄美群島の人口の半分以上を占めています。面積は約712㎢で東京都23区や琵琶湖より広く、島の北部から南部までの移動には2時間程度かかります。年間の平均気温は20℃前後と暖かく南国のイメージが強いですが、日照時間が短いのが特徴です。そのため湿度が高く、温暖湿潤な気候のため独自の生態系が築かれています。

令和3年7月26日に「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が世界自然遺産に登録されました。世界自然遺産の基準のひとつ「生物多様性」の基準から推薦され、絶滅のおそれがある野生生物の生息地など、生物多様性の保全にとってもっとも重要な生物の生息・生育する地域として認められています。多様な生物が共存する稀有の島となっており、国土の面積の0.2%に満たない奄美大島において、国内全体の生物種の約13%が確認されています。

奄美大島ってどんなところ?

奄美大島は佐渡島に次いで2番目に大きい離島です。「東洋のガラパゴス」と呼ばれる奄美大島は、豊かな自然が残り、本土で見ることのない亜熱帯の植物が生い茂っています。島の大部分を森が占めていて、山間部の自然は多様性と稀少性を併せ持っています。日本で2番目に広いマングローブ林があったり、アマミノクロウサギなどの絶滅が危惧される固有種が生息していたりと自然豊かな島です。
豊かなのは自然だけでなく、島唄や八月踊りなどの独自の文化も魅力のひとつです。

奄美大島へのアクセス

奄美大島へは、羽田、成田、伊丹、関空、福岡から「奄美空港」へ直行便が運航しています。東京からも直行便で2時間~3時間程とアクセスしやすいです。

<羽田空港>
運航航空会社:日本航空(JAL)
運行本数:1日1便
所要時間:約2時間30分

<成田空港>
運航航空会社:ピーチアビエーション
運行本数:1日1便
所要時間:約3時間

<伊丹空港>
運航航空会社:日本航空(JAL)
運行本数:1日1便
所要時間:約1時間50分

<関西空港>
運航航空会社:ピーチアビエーション
運行本数:1日1便
所要時間:約1時間55分

<福岡空港>
運航航空会社:日本エアコミューター(JAC)
運行本数:1日1便
所要時間:約1時間15分

奄美大島の定番観光スポット10選!

青く澄みきった海や豊かな自然が残る奄美大島で定番の観光スポットをご紹介します。奄美大島にはパワースポットや自然を感じることができるスポットがたくさんありますよ。奄美大島に行ったらぜひ訪れてみてください。

早朝に訪れるのがおすすめ!【ホノホシ海岸】

ホノホシ海岸-min

奄美大島の南部エリアにあるホノホシ海岸は、ドラマ『天国と地獄 ~サイコな2人~』のロケ地として話題になった砂浜にまるい石が一面に敷き詰められているパワースポットです。太平洋側に面しているため、ホノホシ海岸から眺める日の出は最高に美しく神秘的。朝日を眺めながら荒波に打ち寄せられた石の音を聞いていると、何だかすごいパワーをもらったような体験をすることができます。
太平洋に面しているこの海岸は、波が荒く泳ぐのには適していません。ホノホシ海岸の石は持って帰ってはいけないという言い伝えがあるほど、エネルギーに満ちたスポットです。持ち帰ると不運が続くとも言われているので、石を持ち帰るのは控えましょう。

ホノホシ海岸

住所:鹿児島県大島郡瀬戸内町蘇刈
アクセス:奄美空港から車で2時間
電話番号:0997-72-1111(瀬戸内町役場)

神秘的な美しい太陽の滝壺!【マテリヤの滝】

マテリヤの滝-min

高さ12mほどとあまり高い滝ではありませんが、周辺は豊かな自然で覆われていて奄美らしい景色を見ることができます。かつては「「マ・ティダ・ヌ・コモリ」(“本当に美しい太陽の滝壺”の意)と呼ばれており、それが短縮され「マテリヤの滝」と呼ばれるようになりました。夏には滝つぼで泳ぐこともできますよ。

マテリヤの滝

住所:鹿児島県大島郡大和村大金久
アクセス:奄美空港から車で1時間40分。
電話番号:0997-57-2111(大和村役場)

新鹿児島百景にも選ばれた観光名所!【あやまる岬観光公園】

あやまる岬観光公園-min

奄美大島の北部エリアにある太平洋に突き出した岬です。こんもりと丸い地形が綾に織りなす「まり」に似ていることから「あやまる」と名付けられたとされています。公園内には、多くの施設やレジャースポット、アクティビティがあり、お子様連れの方にもおすすめのスポットです。大きな遊具や芝生を滑る芝スキーなどもありますよ。観光案内所やカフェも併設され休憩も可能です。奄美大島のお土産も買うことができるので、ぜひ訪れてみてください。

あやまる岬観光公園

住所:鹿児島県奄美市笠利町大字須野
アクセス:奄美空港から車で約14分
電話番号:0997-63-8885
URL:https://ayamaru.amamin.jp/

奄美のレジャー、観光ならここ!【黒潮の森 マングローブパーク】

黒潮の森 マングローブパーク-min

マングローブ原生林と、絶滅危惧種のリュウキュウアユの生態などを自然とふれあいながら紹介する公園施設です。館内には生物について知ることのできる展示などもあります。奄美大島にしかない貴重な植物を見ることができる「スミヨウガーデン」やマングローブの原生林を上から一望できる展望台、マングローブ内をカヌーで探索することができるカヌー体験など幅広い世代が楽しめるスポットです。

黒潮の森 マングローブパーク

住所:鹿児島県奄美市住用町石原478番地
アクセス:奄美空港から車で75分
電話番号:0997-56-3355
URL:https://www.mangrovepark.com/

恋に効くパワースポット?!【ハートロック】

ハートロック-min

「ハートロック」は奄美大島にあるパワースポットです。沖縄にあるハートロックとは異なり、自然にできた潮だまりがハートの形をしています。ある一定の条件が重なったときにしか見ることができない奇跡のような絶景です。潮位80cm以下の干潮時およびその前後1時間で波が穏やかなときにハートがきれいな形で見られます。
事前に潮位表の確認は忘れずに!
https://www.data.jma.go.jp/kaiyou/db/tide/suisan/suisan.php?stn=O9
恋に効くパワースポットとしても知られ、待ち受けにすると幸運が舞い込むとも言われていますよ。

ハートロック

住所:鹿児島県大島郡 龍郷町赤尾木
アクセス:奄美空港から車で30分
電話番号:0997-62-3111 (龍郷町役場)

海岸から見る夕陽が絶景【大浜海浜公園】

大浜海浜公園は、青い海、白い砂浜、海に沈む美しい夕日が眺められるサンセットスポットとして有名です。大浜海浜公園は市街地から車で約20分の距離にあり、東シナ海に沈む夕日は絶景ですよ。公園内には、「奄美海洋展示館」や「小浜キャンプ場」などの施設もあります。園内には、さまざまな亜熱帯植物が植えられており、南国の雰囲気が漂います。

大浜海浜公園

住所:鹿児島県奄美市名瀬小宿大浜701-1
アクセス:名瀬市街地から車で約20分
電話番号:0997-55-6000
URL:https://www.ohama.marutani-amami.com/

奄美の暮らしと海を学べる【奄美海洋展示館】

奄美海洋展示館は、大浜海浜公園内にある「海と人との共生」をテーマに、奄美の人びとの暮らしと海との深い関わりを知ることができる施設です。奄美の海中地形を模した大水槽ではウミガメや熱帯魚がゆったりと泳ぎ、小さめの水槽では、人々の暮らしになじみの深いエビ・カニ・貝などの生き物を見ることができます。サンゴや砂、貝殻を使ったワークショップ体験も出来ますよ。

奄美海洋展示館

住所:鹿児島県奄美市名瀬小宿大浜701-1
アクセス:名瀬市街地から車で約20分
電話番号:0997-55-6000
URL:https://www.ohama.marutani-amami.com/

奄美の魅力を学べる【鹿児島県奄美パーク】

「鹿児島県奄美パーク」は、航空跡地を利用した、奄美の魅力を知ることができる施設です。パーク内にはいくつか施設があり、「奄美の郷」にある奄美シアターでは、高音質なサウンドで奄美の動植物が遂げてきた進化を学ぶことができます。「田中一村記念美術館」には、奄美の自然に魅了された天才画家・田中一村さんの作品が展示されています。

鹿児島県奄美パーク

住所:鹿児島県奄美市笠利町節田1834
アクセス:奄美空港から車で約5分
電話番号:0997-55-2333
料金:大人 630円、高校・大学生 420円
   小・中学生 310円、幼児(小学生未満)無料
休園日:毎月第1・第3水曜日
開園時間:9:00~18:00
URL:https://amamipark.com/

白い砂浜が美しい海岸【倉崎海岸】

倉崎海岸は、白い砂浜と青く透明度の高い海が美しい海岸です。砂地の上に点在するサンゴ礁が見られ、他とはまた違った光景が楽しめます。シュノーケリングやダイビングも楽しめる海岸で、夏にはキャンプや海水浴などを楽しむ家族連れでにぎわいます。また、ダイビングやウィンドサーフィンのメッカでもあります。

倉崎海岸

住所:鹿児島県大島郡龍郷町芦徳
アクセス:奄美空港から車で約25分
電話番号:0997-62-3111 (龍郷町役場)

奄美の自然を観察できる【奄美自然観察の森】

奄美自然観察の森は、奄美群島国立公園第1種特別地域にも指定されており、自然を生かした広い園内には遊歩道が整備され、奄美固有の植物や野鳥、昆虫などを観察しながら散策できます。1月〜2月はヒカンザクラ、夏はホタルなど、四季折々の自然が楽しめます。一番高い展望台(ドラゴン砦)からは360°のパノラマビューが望めます。エメラルドブルーの美しい龍郷湾が一望でき、天気が良い日には、湯湾岳や喜界島まで見渡すことができます。
※令和4年3月1日~令和4年8月31日まで休園

奄美自然観察の森

住所:鹿児島県大島郡龍郷町円1193番地
アクセス:奄美空港より約40分
電話番号:0997-54-1329
開園時間:9:00~16:00
料金:無料

奄美大島で楽しめるアクティビティ

奄美大島でなにができるのか、あまりイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。奄美大島で体験できるアクティビティをご紹介します。

シュノーケル

シュノーケル_うみがめ-min

ウミガメと一緒に泳ごう

奄美大島は島が大きく、様々な場所でシュノーケルを楽しむことができます。場所によって見られる魚やサンゴの種類が異なり、ウミガメと泳ぐことができるスポットもあったりします。「ドライスーツ」を着てシュノーケルも可能で、寒い冬でもシュノーケル体験ができますよ。

ドライスーツって?

「ドライスーツ」と聞いてピンと来ない方も多いのではないでしょうか。「ウェットスーツ」とはなにが違うのか?などわからないことがたくさんありますよね。

「ドライスーツ」は完全防水仕様で、首、手首ともに密着度の高いシール素材でできており、ファスナーも防水仕様で作られています。ブーツもスーツと一体型になっているので、スーツの中に水が入ることはありません。名前の通り身体を濡らさずにシュノーケルやダイビングを楽しむことができる画期的なスーツです。ダイビングを終えた後はスーツを脱ぐだけでいいので楽ちんです。ドライスーツの中には薄手の長袖Tシャツ、スウェットの様な薄いズボン、靴下を着用します。

ドライスーツ-min

冬でも濡れずに楽しめる「ドライスーツ」

ダイビング

diving_イメージ-min美しい海でダイビング※写真はイメージです
奄美_ダイビング_カメ-minウミガメに遭遇できることも!
diving_イメージ-min
奄美_ダイビング_カメ-min

東に太平洋、西に黒潮がすぐ沖を通る東シナ海が広がる奄美大島は外洋のダイビングスポットに行けば平均30~50mの透明度の高い海を潜ることができます。竜宮伝説の残る奄美大島の「用崎」には”夢を叶えるカメ”の像があるほど奄美大島とウミガメの関係は深く、ダイビング中でも出会えないことの方が珍しいと言われるほどウミガメに出会えると言われています。ウミガメの他にも様々な魚や珊瑚を見ることができます。奄美大島の固有種「アマミホシゾラフグ」が海底のミステリーサークルも有名です。

おすすめのダイビングスポットは?

奄美大島には大きく分けて3エリアのダイビングスポットがあります。各エリアごとにおすすめのダイビングスポットをご紹介します。

<北部エリア>
東シナ海側の北部エリアには龍郷町、笠利町を拠点とするダイビングサービスやダイビングスポットが点在しています。内湾は手軽に潜れるビーチスポット「倉崎ビーチ」やサンセットダイビングでニシキテグリのペアが狙える「ピアテグリ」、外洋側にはオアシスのような癒しの景観が広がる「インオアシス」などがあります。
太平洋側の北部エリアはウミガメとの遭遇率も高く、美しい奄美ブルーや神秘的な光が楽しめるスポットもありますよ。

<中部エリア>
奄美大島の中心”名瀬”のあるエリアです。奄美で大物を見るならここと言われる「美波ちゃん」では、イソマグロやマダラエイを見ることができます。中級車向けの「ぶんぶんロック」ではイソマグロやニザダイ大群など回遊魚を狙えます。

<南部エリア>
奄美大島の南部エリアには海峡を挟んで”加計呂麻島”をはじめとする島々が点在しています。「安脚場」は水深も浅く初心者でも安心して潜ることができるスポットです。日本では珍しいセジロクマノミを見ることもできますよ。南部エリアを代表する地形スポット「奄美ホール」には、水深40m以深から水面に突き出た岩の周囲に大小のトンネルやアーチがあります。メインのホールは水深30mにあるため、中級者以上におすすめです。

フグ_サークル-minアマミホシゾラフグが作るミステリーサークル
ダイビング-min美しいニシキテグリ
ダイビング1-min透明度の高い奄美大島の海
フグ_サークル-min
ダイビング-min
ダイビング1-min

【シュノーケル・ダイビング】おすすめのショップは?

<おすすめのダイビングショップ>
Never Land(ネバーランド)
2017年に新築店舗へ移転した誰でも快適に過ごせるショップです。奄美空港から車で12分とアクセスも良いですよ。ショップの内装はキレイで清潔な印象で、温水シャワーや更衣室も完備しています。奄美で唯一ドライスーツのレンタルをしているダイビングショップです。体験できるアクティビティも豊富で、自分に合ったプランをお選びいただけます。

 

ネバーランド_ショップ外観-min
奄美_ネバーランド-minゆっくりくつろげる空間です。
ネバーランド_更衣室-min温水シャワールーム
奄美_ネバーランド3-min更衣室
ネバーランド_ショップ外観-min
奄美_ネバーランド-min
ネバーランド_更衣室-min
奄美_ネバーランド3-min

〇ファンダイビングメニュー(ダイビングライセンス所持の方のみ)
・1ビーチ (6,600円) タンク・ウエイト・ガイド・ドリンク
・1ボート (9,680円) タンク・ウエイト・ガイド・ドリンク
・ナイト・サンセットダイビング ビーチ (13,200円) ライトレンタル代含む

※全メニューは公式サイトにてご確認ください。

〇マリンメニュー(ダイビングライセンスの無い方向け)
・ホワイトビーチシュノーケル (7,500円) 水中写真、動画プレゼント
 9:00~/12:00~/15:00~(冬季11月~2月は14:00~)
・ウミガメシュノーケル (7,500円) 水中写真、動画プレゼント
 9:00~/12:00~/15:00~(冬季11月~2月は14:00~)
・ボートシュノーケル (8,800円) 水中写真、動画プレゼント
 9:00~/15:00~(冬季11月~2月は14:00~)
・1日ビーチシュノーケルコース (15,000円) お弁当付き、水中写真、動画プレゼント
 9:00~が基本となります。(13:00~ご希望の場合はお弁当は付きません)
・ウミガメ体験ダイビング (15,400円)約2.5時間
 9:00~/12:00~/15:00~(冬季11月~2月は14:00~)の中で、お問い合わせ頂いた日で
 開催可能な時間をお伝えします。
・シュノーケル&体験ダイビングコース (19,850円)約6時間 お弁当付き
 9:00~が基本となります。(13:00~ご希望の場合はお弁当は付きません)
・たっぷり1日体験ダイビングコース (22,380円)約6時間 お弁当付き
 9:00~が基本となります。(13:00~ご希望の場合はお弁当は付きません)

※マリンメニューは全てレンタル器材料金も含まれています。
※ホワイトビーチシュノーケルは4歳、ウミガメシュノーケルは6歳からとなります。
 ボートシュノーケルは6歳からご参加で、4歳から船には乗ることができます。
 体験ダイビングは10歳からとなります。
※11月15日~3月31日ご利用の方
 この時期は水温が冷たいので、水が入って来ないドライスーツと言うスーツを着用して、
 寒さを感じず快適に海へご案内させて頂きます。ドライスーツの中は水着ではない為、
 ドライスーツの中に着る薄手の長袖Tシャツ、スウェットのような薄いズボン、靴下の
 3点をお持ちくださいませ。
※全メニューは公式サイトにてご確認ください。

1日シュノーケル-minシュノーケル体験
シュノーケル_珊瑚-minシュノーケル体験で珊瑚を見よう
シュノーケル体験2-minウミガメと一緒に泳げるかも
シュノーケル体験-minきれいな海でシュノーケリング体験をしよう
1日シュノーケル-min
シュノーケル_珊瑚-min
シュノーケル体験2-min
シュノーケル体験-min

弊社スタッフの体験談

奄美大島は、冬でもシュノーケルができると聞きましたが、”寒くないか心配…”と少し不安な気持ちもありました。そんなときにドライスーツの取り扱いのあるNEVER LANDさんを発見しました。実際に奄美大島でシュノーケルを体験してみると、ドライスーツのおかげで全然寒くありませんでした。海から上がった後にドライスーツを脱いでも全く濡れておらず服を着た状態なので、体が冷えることもありませんでした。大好きなウミガメを見ることもできてラッキーでした!
NEVER LANDさんのダイビングショップは清潔でキレイな印象で、明るく元気なスタッフが案内してくれるので楽しくシュノーケルを体験することができました。奄美大島に行った際は、NEVER LANDさんでシュノーケル体験がおすすめですよ。

Never Land(ネバーランド)

住所:鹿児島県奄美市笠利町大字用1742-1
アクセス:奄美空港から車で12分
電話番号:0997-56-1001
URL:https://www.amami-umikaze.net/

マングローブカヌー

奄美_カヌー-min

マングローブカヌー体験ができます

奄美大島には、マングローブカヌー体験ができる場所が点在しています。マングローブ原生林の水域は川の水と海の潮の満ち引きの影響を受けている場所です。アクティビティでありながら、リラクゼーション効果もあり、カヌー体験とともにサウンドヒーリング(体感音響)という、リラックスのための五感の感覚的開放を楽しむことができます。

奄美大島でカヌー体験が可能な場所は?

・黒潮の森マングローブパーク 道の駅 奄美大島住用
・奄美大島ダイビング&カヌー珊瑚茶屋
・アイランドサービス マングローブ発着所
・奄美ネイチャーガイド
・マングローブ茶屋
・奄美群島国立公園特別保護地区
・奄美大島観光ツアー アマニコガイドサービス

おすすめのショップは?

UNIMARE(ユニマーレ)奄美ガイド&マッサージ
「アクティビティ&リラクゼーション」をテーマに、奄美のあまり知られていない海・森・滝をプライベートツアーをメインにご案内するお店です。ネイチャー系のツアーを多取り扱っています。奄美大島に2年以上居住し、奄美大島で1年以上ガイド実務実績を積んだ奄美大島エコツアーガイドが在籍しています。

〇マングローブカヌー絶景ツアー
 完全貸切プライベートツアーになっています。カヌーは1人乗りか2人乗りがあり、
 小学生位から1人で漕ぐことができます。初心者用のカヌーなので、すぐ漕げるように
 なりますよ。メイン水路から小さな水路まで潮の干満に合わせてコースを変えてご案内
 します。野鳥の声を近くで聞くことができます。ツアー中の写真データをプレゼント
 してくれるので、旅の思い出にぴったりです。

・平日1名参加 ¥8.400 (現金/¥8.000)
・土日祝1名参加 ¥10.500 (現金/¥10.000)
・2名参加 ¥14.700 (2名分料金)(現金/¥14.000)
・3名参加 ¥18.900 (3名分料金)(現金/¥18.000)
・4名参加 ¥24.780 (4名分料金)(現金/¥23.600) 
・5名参加 ¥29.400 (5名分料金)(現金/¥28.000) 
・6名参加 ¥34.650 (6名分料金)(現金/¥33.000) 

※所要時間(約4時間)AMプラン/9:00~13:00 PMプラン/13:00~16:00
※現地集合の場合、約2時間のツアーとなります。
※潮の干満に合わせ、多少前後しての開催、終了となることもございます。

カヌーの他にもおすすめのツアーがたくさん用意されています。
・原生林の滝を訪れるツアー(お散歩コース/アクティブコース)
・奄美絶景フォトツアー(半日/1日)
・シュノーケリングツアー
・原生林の滝に浸かるツアー
・マッサージ選べる2プラン

UNIMARE(ユニマーレ)奄美ガイド&マッサージ

住所:鹿児島県奄美市笠利町大字節田1735-1
アクセス:奄美空港から車で6分
電話番号:0997-63-0702
URL:https://www.unimare.jp/

ホエールウォッチング

ホエールウォッチング_イメージ-min

ホエールウォッチング※写真はイメージです

奄美大島周辺海域ではザトウクジラが毎年冬~春にかけて、交尾・出産・子育てのため温かい奄美の海へやってきます。船でクジラを観察するホエールウォッチングツアーが大人気の奄美大島ですが、タイミングが良ければ陸からもクジラを観察することができます。クジラと泳ぐホエールスイムというアクティビティも注目されています。ダイビング好きの方にはぜひ体験していただきたいアクティビティです。

おすすめのショップは?

ダイブスピーシーズ奄美
「少人数制のんびり安全に、丁寧なケアと楽しさと感動のある海」をコンセプトにダイビングやシュノーケルを中心に取り扱うショップです。ファンダイブや体験ダイビング、シュノーケルなどのアクティビティを体験できるほか、冬季限定メニューのホエールウォッチング・スイムの取り扱いがあるショップとなります。

・ホエールウォッチング・スイム
参加条件:ダイビングライセンス保持者・スキンダイビングライセンス保持者
     ドルフィンスイムなどの経験のある方
最少催行人員:ホエールウォッチング 5名
       ホエールスイム 3名
開催時間:【1日】9:00~15:00
ホエールウォッチング料金:【1日】12,000円(税別)
ホエールスイム料金:【1日】20,000円(税別)
※スイムが出来なかった場合はウォッチング料金となります。

※水着・ウェットスーツorドライスーツor濡れてもいい服装・防寒着・酔い止め 
※バスタオル無料貸出。
※日焼け止めはご自身でご用意ください。

※現在コロナウイルス感染対策のためバスタオルの無料貸出を中止しております。
※ホエールスイムはドライスーツが泳ぎづらい為ウェットスーツをお勧めしております。

ホエールウォッチング2
ホエールウォッチング1
ホエールウォッチング
ホエールウォッチング2
ホエールウォッチング1
ホエールウォッチング
ダイブスピーシーズ奄美

住所:鹿児島県奄美市名瀬幸町5-17
アクセス:奄美空港から車で45分
電話番号:0997-69-3785
URL:https://amamidiving.com/divespecies/

星空観察

奄美_星空-min

都会では見れない星空を見よう※写真はイメージです

空気が澄んでいて街灯が少ない奄美大島では、都会では見ることのできない、満天の星空を見ることができます。季節によっては肉眼で天の川がはっきりと見えるほど!奄美大島は山が多く山を越えればすぐ星空観察に最適な真っ暗な場所に行けるのです。ふらっと星空観察に行けるのも奄美大島の魅力のひとつです。

星空観察ツアーのおすすめは?

DANDERAION MAMAMI(ダンデライオン奄美)
奄美大島・加計呂麻島の綺麗な海や景色を多くの人に楽しんでもらいたいというモットーを持ったショップです。泳ぎが得意ではない方向けのツアーも用意されており、加計呂麻島の見どころを巡りながら海を楽しむツアーが人気です。

・満天の星空を見に行こう!星空撮影ツアー
料金:6,000円(ツアー代金・写真データ)
参加条件:12歳以上
集合場所・集合時間:当日の天候状況で決まります。

星空観察以外にも人気ツアーを多く用意しています。

・一番人気!加計呂麻島満喫シュノーケリングツアー
料金:半日(約3時間半)10,000円(ツアー代金・レンタル機材一式・保険料)
   1日(約7時間)15,000円(ツアー代金・レンタル機材一式・保険料)
参加条件:8歳以上70歳未満の方(8歳未満のお子様がいる場合、予約状況で
     参加可能な場合もあります。まずはご相談ください。)

・ガッツリ泳ぎたい人向け!スキンダイビングツアー
料金:半日(約3時間半)10,000円(ツアー代金・レンタル機材一式・保険料)
   1日(約7時間)15,000円(ツアー代金・レンタル機材一式・保険料)
参加条件:12歳以上70歳未満の方

◎ドローン撮影のオプションもあります。記念の動画撮影はもちろん、
 シュノーケリングをしている姿を上から撮ることも可能です。(10,000円/グループ)

DANDERAION MAMAMI

住所:鹿児島県大島郡瀬戸内町大字古仁屋船津32-4
アクセス:奄美空港から1時間40分
電話番号:090-2519-3787
URL:https://www.dandelion-amami.com/

奄美大島でアクティビティを楽しもう

奄美大島の見どころ、観光スポット、アクティビティをご紹介させていただきました。奄美大島についてあまり知らなかった方も奄美大島の魅力を知ることができたのではないでしょうか。奄美大島では、奄美大島の豊かな自然を感じることができるアクティビティが多くあります。自分に合ったアクティビティや体験してみたいアクティビティを見つけて奄美大島独自の文化や豊かな自然を満喫してみてはいかがでしょうか。

この記事のカテゴリー・旅先・キーワード

旅先:

ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月~金 10:00-18:00/土日祝 休業

03-5956-3035
TOP