GOTOトラベル 東京 自粛

東京のGoToトラベル一時停止再開はいつから?キャンセル方法は?※1月8日最新情報

旅先:

GoToトラベルキャンペーン全国停止延長について1月8日旅行会社に入った最新情報をお届けします。1月12日再開予定のGoToトラベルキャンペーンの全国停止が2月7日まで延長に!キャンセル方法や詳細をお知らせします。また、都民割「もっとTokyo」の一時停止はどうなるのでしょうか?

GoToトラベルキャンペーン一時停止が延長に!

2021年1月7日、東京・埼玉・千葉・神奈川に緊急事態宣言が発令されました。期間は2021年2月7日まで。

これに合わせGoToトラベルキャンペーンの全国停止も2021年2月7日まで延長となります。

政府としては2021年1月17日までに予約した旅行会社や宿泊施設にGoToトラベルキャンペーン対象旅行の取り消しを申し出た場合のみ、取り消しに生じるキャンセル料を負担したい考えを明らかにしています。

そして1月8日早朝、キャンセル料などの詳細が、国土交通省から旅行会社や宿泊施設に通達されたため、以下のブログにまとめました。停止期間中に予約している方!キャンセル料は政府負担となりますが、締め切りがあるため、必ず早急にご確認ください!

また、GoToトラベルキャンペーンの一時停止についてよく分からないという人は、これまでの経緯をこれから先のブログで、復習を。

新型コロナウィルス感染拡大および縮小状況で、再開時期は今のところ読めませんが、コロナ禍で生まれた政府初の事業ということで、とにかく変更が多いことが特徴。

再開と同時にうまく使いこなせるようにしておきましょうね!

Gotoトラベルキャンペーン全国一斉一時停止

12月14日に行われたGoToトラベルキャンペーン対策本部において政府は年末年始にあたる12月28日から2021年1月11日までの間、GoToトラベルキャンペーンの利用を全国で一斉に停止すると発表。

また、東京都と名古屋市については、全国の一斉一時停止前の12月27日まで先行一時停止。大阪市・札幌市についてもこれまでの一時停止を延長する方針だったため、先行一時停止に加わります。

さらに12月16日には広島市も先行一時停止に加わることが発表され、何が何だか分からない状態に!

東京に関わるGoToトラベルキャンペーン一時停止をチェック!

新型コロナウィルス感染拡大防止を抑えるため、政府が「勝負の3週間」と銘打った3週間・・・GoToトラベルキャンペーンの感染拡大エリアの一部停止や、GoToイートキャンペーンの一時停止、飲食店への時短要請などを行ってきたものの、ニュースでは毎日「過去最高値」の新規感染者、重症患者、お亡くなりになった数値が常に更新される始末。

東京都に限っては「感染リスクの高い65歳以上と、感染すると「元々持っている症状から合併症を引き起こす恐れがある基礎疾患をお持ちの方」の「自粛」だけ。

しかしですよ!現在の65歳以上の方は、想像以上にお元気でアクティブであることは、皆サンご存知ですよね!

筆者は「勝負の3週間」中、感染拡大に注意を払い、こそっと伊豆高原へ行っていましたが、品川駅発「踊り子」内に、70歳以上かと思われる集団の紳士・淑女が20人ほどで乗り込まれてきました。それも大声ではしゃぎながらマスクを外して駅弁食べ、酒を飲み、更にマスクを外したまま通路挟んで「ぎゃははー」と笑い、飛沫を飛ばしまくり・・・その人たちのすぐ近くの席だったため、感染させられる!と思い、逆にめちゃくちゃ恐かったです。

よく「若い人の感染が・・・とか、若い人が飲みに行くから・・・とか、ご高齢の方は家にいるので」なんてニュース番組でもおっしゃってますけど・・・

はっきり言ってそんなことはございません!守るべき人たちが守ろうとする人にウィルスをまき散らすこともあるのですね。むしろ、若いカップルや、若い女性客はマスクをしっかりとし、小声で話していて、きちんとGoToトラベルキャンペーンのマナーを守っていました。

もちろんきちんと「自粛」していた対象者の方が多いことでしょう。でも「自粛」って、何の拘束力もないんですよね。

GOTOトラベル 東京 自粛

ご年配の方が家から出れない、っていうのは全体の話ではない!

こんな現状を目の当たりにしてから、12月14日政府発表の「全国一斉一時停止」までは皆さん同様、全く予想できずにかなり慌てましたが、その後、東京都の発表した先行一時停止には大いに賛成ですっ!

ということで、東京の皆さん、そして東京旅行を楽しみにしていた皆さんに、東京都に関わるGoToトラベルキャンペーン先行一時停止と、全国一斉一時停止について旅行会社に入った最新情報をお届けしていきます。

東京の先行一時停止および全国一斉一時停止期間は?

東京都を目的地とした一時停止期間は

◆2020年12月18日0時から2020年12月27日23時59分まで

さらに全国一斉一時停止期間は

◆2020年12月28日0時から2021年1月11日23時59分まで

つまり東京都を目的地としたGoToトラベルキャンペーン対象のツアーや宿泊予約は

2020年12月18日0時から2021年1月11日23時59分まで、新規予約の一時停止、既に予約したツアーや宿泊予約がGoToトラベルキャンペーン対象から除外されます

先行一時停止5都市には猶予あり!

何言っちゃってるの!もう直前だからGoToトラベルキャンペーンが利用できないと困るよ!というアナタ!

そんな方たちのために、東京都が目的地のGoToトラベルキャンペーンの旅行には、猶予期間があります。2020年12月21日(月)までに開始する旅行については、支援の対象です

(例)12月20日から東京旅行⇒12月23日にチェックアウト、帰宅は支援対象

これに関しては、大阪市・札幌市・名古屋市も同様です。

後から先行予約に追加された広島市に関しては、2020年12月23日(水)までに開始される旅行については支援の対象になります。

広島市を始め、他の先行一時停止の都市について知りたい方は以下のブログにまとめましたのでご確認ください。

東京都在住の方のGoToトラベルキャンペーンでの旅行は?

東京都在住者の方の他県へのGoToトラベルキャンペーン対象旅行は、全国一時停止になる12月28日以前出発の旅行は、「自粛」であり「一時停止」ではありません。

出発できるツアーや宿泊プランの行先が東京同様の先行一時停止エリアへはGoToトラベルキャンペーン対象での旅行はできません。

更にその後は、2020年12月28日0時から2021年1月11日23時59分まで全国一斉一時停止期間に入ります。そのため新規の予約も、すでに予約を済ませている旅行もGoToトラベルキャンペーン対象外。GoToトラベルキャンペーン対象の旅行としての出発はどこにもできません。

◆東京都内のツアーや、宿泊プランは12月18日から2021年1月11日まで利用不可(既存予約は12月21日23時59分出発まで猶予あり)
名古屋市・大阪市・札幌市は12月14日から2021年1月11日までのツアーや宿泊プランが利用不可(既存予約は12月21日23時59分出発まで猶予あり)
◆広島市の12月16日から2021年1月11日まで利用不可(既存予約は12月23日23時59分出発まで猶予あり)

上のように、スタート日や、猶予期間はそれぞれ微妙に違っていますが、先行一時停止の最終日は同じ。東京都在住の方はもちろん、全国の方が、東京都・名古屋市・大阪市・広島市・札幌市のGoToトラベルキャンペーン対象旅行を予約することはできず、猶予期間以外の予約している旅行もGoToトラベルキャンペーン対象外となります。

もちろん、GoToトラベルキャンペーン対象外の旅行であれば、どの期間でも旅行は可能ですが、政府は感染を縮小に向かわせるため、人の流れを抑えるための対策として、GoToトラベルキャンペーンの先行一時停止と全国一斉一時停止期間をもうけました。

この時期は、通常の旅行も控えるべき時期だと認識した方が良いでしょう。

GoToトラベル 東京

自粛って、本音では、すごーく悩みますよね・・・

超重要!12月28日をまたぐ旅、終わる旅

今回の一時停止に関して注意事項!

12月28日以前の出発の旅の場合、12月28日チェックアウトで、宿泊が絡んでいなければ、ぎりぎり対象になります。

12月27日が最終の宿泊日であり12月28日チェックアウトで帰宅というスケジュールであれば28日もGoToトラベルキャンペーン対象旅行となり、地域共通クーポンも12月28日23時59分まで使用可能です。

駆け込みで全国一斉一時停止前になんとかGoToトラベルキャンペーンの旅行予約をしたい・・・という人は、12月27日に宿泊が終了するスケジュールを立ててツアーや宿泊予約をすること。

GOTOトラベル 全国停止

28日23:59分までに宿泊を終える旅はGoToトラベル対象。帰宅時間が遅れても関係ない

先行一時停止と全国一斉一時停止のキャンセルについて※12月24日最新情報

12月14日、政府はGoToトラベルキャンペーン全国一斉一時停止と先行一時停止の東京都を含む5都市の旅行取消にかかるキャンセル料を以下の条件を満たせば無料としています。

このキャンセルは先行一時停止5都市の「出発自粛」のためのキャンセルも含まれます。

また、東京都の場合、これまで65歳以上の方と、基礎疾患のある方を「自粛」としていましたが、12月18日0時からの自粛は全東京在住者が「自粛対象」です。

しかしですよ、皆さん!観光庁から12月24日にちょっとしたクリスマスプレゼントがありました。

12月17日にお知らせしたキャンセル期日の締め切りは2020年12月14日(月)20時~12月24日(木)24時までだったのに・・・

2020年12月27日(日)24時までに延長されました!

今日、旅行会社や宿泊施設にキャンセル期間延長の通達が届いたのですよ!旅行者の皆さんへの配慮ということですが、旅行会社と宿泊施設の現場は、大混乱が起きています。かなり同情しますが、これでキャンセルを忘れていた人が少しでも減るのならと、現場の皆さん、頑張っています。

よくある勘違いですが、旅行は放置していても勝手に取り消しになる訳ではありません!必ずこの期間に自分の旅行の予約取り消しを、旅行会社や宿泊施設などの予約先に連絡して取り消してもらうことが無料キャンセルの条件です。

先行一時停止の「東京都」の旅行とは?

愛知県、大阪府、北海道に関しては名古屋市、大阪市、札幌市と、感染拡大が著しい「市」のみを対象としている中、東京都に関しては「東京都全域」となっています。

これには大島などの島嶼部も含まれ「東京都」と住所に着く場所へのツアーや宿泊全てが2020年12月18日から2021年1月11日23時59分まで、GoToトラベルキャンペーンの対象外となります。

もっと楽しもうTokyotokyo

大島も・・・

GoToトラベルキャンペーン自体は2月末まで延長※1月4日最新情報

国土交通省は2021年1月末までとしていたGo To トラベルキャンペーンの実施期間を2月末まで延長することを決め、各旅行会社や宿泊施設に通達しました。正式発表は2021年年明けとなる模様。今後も少しずつ様子を見ながらの発表となりそう。旅行会社や宿泊施設への通達には、3月1日以降のGotoトラベルキャンペーン延長については改めて通達すると明記されています。

既にいくつかの旅行会社がGo To トラベルキャンペーンの期間を「2021年3月1日チェックアウト分まで延長!」と発表。日帰り旅行に関しても2021年2月28日出発分までが対象になります。

ただし、ここで注意!2月1日以降のGoToトラベルキャンペーン対象旅行は今すぐ予約できるわけではありません。予約受付開始日などは、2020年12月30日現時点では未定。Go To トラベル事務局から正式な発表があるまでお待ちください。

また、Go To トラベルキャンペーンの一時停止が2021年1月11日に解除されるかどうかも、新年に判断の上発表するとのことで、新規感染が拡大する今、確実なことが言えない状態です。延長に合わせて発表が行われる可能性が高く、いずれも新年の発表が待たれます。

都民割「もっとTokyo」一時停止も延長※12月17日最新情報

東京都民が東京都内に旅行する際の都民割として華々しく登場した東京都民割「もっと楽しもうTokyoTokyo(もっとTokyo)」。1泊1名につき5000円、日帰りなら1人2500円が割引になるということで「GoToトラベルキャンペーンと併用すると、とんでもなく安くなる!」と話題に。

ただしどこで予約できるか凄くわかりづらい上に、予約も外タレのライブ並みに競争率が激しかったため、諦めた人も多いこの都民割。

皆さんもご存知の通り、GoToトラベルキャンペーンの全国一斉一時停止が決定し、東京を含む5都市が先行一時停止に入ったため

「もっとTokyo」についてもGoToトラベルキャンペーンの一時停止の規定に合わせることになりました。

これまでも12月17日まで新型コロナウィルス感染拡大を受け新規予約の一時停止と一部の方の利用自粛を呼びかけてきましたが、今後はそんなに甘いものではなく、厳しい制限が加わります。

「もっとTokyo」一時停止期間

12月17日23時59分の旅行出発まで新規予約を一時停止していた「もっとTokyo」ですが、引きつづき新規予約ができなくなりました。

制限期間:2020年12月18日(金)0時から2021年1月11日(月)24時まで

一時停止期間のもっとTokyo予約済みの旅は?

もっとTokyo旅行を一時停止期間中に予約してしまったという人の旅行取り消しにかかるキャンセル料は無料です。ただし必ず

2021年12月14日(月)20時から12月24日(木)24時

までの間に予約した旅行会社や宿泊施設に連絡し、旅行取り消しを申し出てください。予約は自動的に取り消されるわけではなく、自分で取り消しの申し出をしなければキャンセルになりません。

12月21日24時出発分までは「もっとTokyo」の対象!

「いくら何でも急すぎる!」とお怒りの方。ごもっともです!しかも旅行会社や宿泊施設にキャンセル詳細の通達があったのは、なんと本日12月17日朝です。

という訳で12月21日(月)24時の出発分までは、もっとTokyoの対象旅行として、割引料金で旅行ができます。

ちなみにこれはGoToトラベルキャンペーンの東京の一時停止と同じ条件なので、GoToトラベルキャンペーンの対象旅行期間とも重なります。GoToトラベルキャンペーン+もっとTokyoの旅行としてお得な旅行に出かけることが可能です。安心してくださいね。

Gotoトラベルキャンペーン 全国一斉一時停止

ドタバタでしたね、東京都様・・・

「もっとTokyo」の一時停止についての詳しい情報は、下のブログを必ずお読みください。

全国一斉一時停止と先行一時停止5都市の詳細は・・・

GoToトラベルキャンペーンの全国一斉一時停止や他の先行一時停止エリアの情報は以下のブログに詳しくまとめましたので、GoToトラベルキャンペーンの予約を済ませていた人は、合わせてチェックしてくださいね!

東京のGoToトラベルキャンペーンキャンセルほか最新情報は随時お知らせ!

GoToトラベルキャンペーン全国一斉一時停止と東京都の先行一時停止に関する2020年12月17日現在の最新情報をお知らせしました。

2021年1月11日以降のGoToトラベルキャンペーンについては、感染者数の減少や重症患者の減少、そして亡くなった方の数などから判断して、再開か否かが発表されます。最新情報が入り次第、この記事でお知らせしますね!

何かがあった時、頼れる旅行会社で予約しよう!

クリスマスシーズン、年末年始・・・誰もが最も賑やかに過ごしたい時に、新型コロナウィルス感染拡大の第三波がやってきました。感染拡大のため打撃を受けた旅行会社・宿泊施設の皆さんの書き入れ時である、年末年始シーズンにGoToトラベルキャンペーンが全国一斉一時停止とは、本当に厳しい状況です。

またGoToトラベルキャンペーンを停止したところで、感染が収まる訳ではなく、このことがどのような意味を持つのか考えて日本国民が感染予防に向けての意識を高め、行動することが何よりも大切です。

2021年1月11日以降のGotoトラベルキャンペーン再開に向け、新たな旅をリサーチしたり「どこ行こうかな?」なんて友達とネット飲み会しながら決める年末年始にして、旅心を忘れず過ごしましょう。

それにしても・・・新型コロナウィルス感染拡大だけではなく様々なことで内容が変わるGoToトラベルキャンペーン。このキャンペーンの予約は、何かあった時にすぐに相談に乗れ、細やかな対応をしてくれている旅行会社で予約したいもの。

筆者が予約したのは旅行会社トラベル・スタンダード・ジャパン。もちろん発表すぐだというのにスムーズにキャンセルに対応してくれました。

ブルネイ コロナ 入国

泣くほど親切?って大げさか・・・

しかもこんな問題が起こる前のツアーの予約についても泊まりたいホテルにアレンジしてくれたりと、GoToトラベルキャンペーン対象商品なのに、自由自在に要望を聞いてくれました。フライトから宿泊先まで旅行を全てGoToトラベルキャンペーン対象商品に組み替えてくれるフリーオーダーもおすすめです!

2021年GoToトラベルキャンペーンが再開後の旅は、自分だけのGoToトラベルキャンペーン対象ツアーを作ってもらっちゃいましょう。なんたってGoToトラベルキャンペーンは2021年6月末まで延長決定。使いまくりましょう!

この記事のカテゴリー・旅先・キーワード

旅先:

ツアーアレンジ自由自在!
お気軽にご相談ください
どこよりも早いスピード対応!!

メールは当日or翌営業日にご返信!お急ぎの方はお電話をご利用ください。

月-土 10:00-18:30/日祝 休業

03-6630-0202
TOP